2019年2月17日 (日)

長くつ下のピッピの世界展

わたしが『長くつ下のピッピ』に出会ったのは小学校4年生の学級文庫だったと思います。

力持ちで、自由で、大胆で、次々と素敵な行事を思いつく少女に心から憧れ、そこそこ分厚い本でしたがあっという間に読み終え、そして『ピッピ船に乗る』『ピッピ南の島へ』とシリーズを読破しました。

作家はスウェーデンのアストリッド・リンドグレーンという女史で、わたしはピッピのシリーズから始まって、やかまし村のこどもたちのシリーズなどこってりハマりました。

少し大人になって、どうしてもこの本がほしくなり、シリーズを全部、大人買いです。
大事にしていたつもりでしたが、角が少し変色しています。

Img_5299
初版が1964年、わたしの買ったのは1976年の第20刷ですから、12年の間に20回も増刷されたんですねぇ。

さて、こんなピッピの原画を中心とした 『長くつ下のピッピの世界展』 がありましたので、京都伊勢丹の美術館へ行ってきました。

原画のピッピはこどもらしい頭身です。

Img_5278
Img_5280

作品ごとに、その物語の場面が浮かんできて、とても楽しく懐かしい展示でした。
わたしの好きな、床いっぱいに生地を伸ばして生姜入りクッキーを焼く場面の原画もありました。
これは岩波書店版、挿絵は日本の方ですが、こちらの方がわたしにはなじみのあるものです。(手持ちの本の挿し絵から)

Img_5307
会場には、わたしくらいの年齢の方がたくさん来ておられました。
お孫さんを連れたお年寄りもおられましたが、総じて孫世代は退屈していました。
アニメやゲームのあふれた現代っ子にこの世界観を理解してもらうのは無理かも、こどものころに自ら本を読んで、ピッピを心の友としていた人にだけわかる展示会でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019年1月23日 (水)

冬の札幌・・・1

全国的にインフルエンザが猛威をふるっており、わが職場でもばったばったと倒れる人が続出する中、わたしは元気です。

元気に札幌へ行ってきました。

Mf

札幌と言えば渡辺淳一の『北都物語』、心臓移植の『札幌医大』、石原裕次郎の『恋の町札幌』そして・・・ラーメン。
やっぱりわたしは食べ物から記事を書くんですね。

旭川の醤油ラーメン、函館の塩ラーメン、札幌は味噌ラーメン。

Srk
JR札幌駅に隣接する商業ビルESTA10階にある『らーめん共和国』は地元の人気店が8店舗出店しているラーメンのテーマパークです。

正直迷います。
よくランキング形式で紹介しているサイトがありますが、食べ物は個人の好みがあるので、ランキングや星の数はあてにならないとわたしは思っています。

道民歴7年のあねこがおすすめの『白樺山荘』

Img_4750_2
わたしは定番の味噌、あねこは辛口味噌ラーメン
麺は硬めの縮れ麺、きくらげが丸ごとトッピングされているのは斬新です。

Img_4744
次ーっ!
新千歳空港にある『北海道ラーメン道場』
みんなうまいこと名前を付けたもんですね、共和国に道場ですよ。

こちらでは『雪あかり』の味噌バターコーンラーメン
やはり麺は硬めの縮れ麺、チャーシューが豚テイスト満載でわたしはちょっと苦手ですが、スープは濃厚でおいしい。

Img_5025

次ーっ!
円山動物園の北極くまの繁殖を応援している『白クマラーメン』、これは袋麺です。

Img_5034
このかわいいパッケージは円山動物園の公式デザイン。
実は、職場の上司に頼まれて買ったついでに我が家の分も買ったのですが
「お母さん、このラーメン、ナメてたらあかんでぇ」
とあねこが言ったとおり、とてもおいしかったんです。

Img_5035
これはインスタント麺というくくりに入れていいのか?
麺はつるつるしこしこ、スープはあっさりした中にコクのある塩味、とにかく本格的なお味で、と~ってもおいしい。

さて、札幌へはラーメンを食べに行ったわけではありません。
そこらへんはまたおいおいと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

ソウル・我が家女子旅・・・4

Img_3806

さて、最終日です。

この日も早起きして、朝食は『松竹』のあわび粥と決めていました。

ところで・・・
今回の旅程の企画や予約はあねこがしてくれました。
食事とエステ、あかすりなどは全部ホテルから徒歩圏内で決めてくれたので、とっても便利でした。
たとえば、昼間のエステのあとはホテルに戻ってお化粧をし直したいし、出発日の朝のおかゆも荷物はホテルに置いたまま歩いて往復できて楽ちん・・・というふうに。

わたしとあねこの旅、いえいえ家族の旅の主導権はいつのころからかあねこが握ることになっています。

さて、あわび粥。
Photo
これこれ、あわびの肝が全体に混ぜてあり、身もゴロゴロと入っています。
2,000円ほどするのだけれど、おいしかったです。
2人前くらいいけそうでした。

Nソウルタワーは、大気の汚染度をライトで知らせており、青色ならきれいで、緑色、黄色、赤色となるほど、大気の状態が悪いんだそうです。
夜のライトアップは意識して見たことがなかったけれど、この朝は、お天気のせいか排ガスやPM2.5のせいか、街は霞んでいました。

Img_3799
さて、明洞で最後のお買いもの、今回は今とても人気のコスメ、MEDIHEAL(メディヒール)シートマスク(パック)を買うのも目的のひとつでした。
余りの人気にニセモノも出回っていると言うことですが、見た目ではわかりません。
左下の青色のNMFというのが人気No.1なんですって。
たしかにしっとりねっとり、保湿性は抜群でした。
シートが薄いのでかさばらないのも嬉しい。

Diuvgu_uqaailyy
仁川空港で、最後の食事です。
数あるレストランで最後に食べるのは、またまた冷麺とキンパ。
やっぱりここでもキンパは細くて多彩な具材が巻き込んであって、たくあんや肉ソーセージという古典的な具材は消滅の危機なんでしょうか。

Rk
ここから少し余談ですが・・・

10年ほど前に駅のトイレなどで見かけた、入り口で巻き取って個室へ持って入るトイレットペーパーは姿を消し、個室の中に備え付けられていました。

Img_3760_2
そして、「紙はトイレに流してください」と貼り紙があるところも見かけ、ここは流していいのかいけないのか・・・と迷う場面も。
下水事情はよくなってきているようです。

駅のホームなどにあるこれの緊迫感が薄れてきているように見えたのはわたしだけでしょうか。

Img_3695
ああ、おもしろかった。
よく歩いて、よく食べた。
帰りの飛行機内では、次はいつにするぅ?などと相談していました。

【おまけ】
ファンの方へ、今回唯一見つけたイ・ジョンジェ氏です。

Ijjs_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

行ってきま~す、今度こそ!

7月末に台風襲来でキャンセルした韓国旅行、仕切り直しです。

今度はB男くんはお留守番、わたしと娘たちの3人なので、サウナやエステなど女子的なメニューを入れてます。

Big_164064
誰だかわからないくらいきれいになって帰って来たらごめんなさいませよ、おーほっほっほ。

では、行ってきま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月31日 (水)

バーゲンセール女子会

アパレルブランドのワールドは、神戸のポートアイランドに本社ビルがあり、その近くの国際展示場で季節ごとにファミリーセールがあります。

ファミリーセールとは・・・
本来は、アパレルメーカーがお得意様や社員、その家族のために行うクローズなセールです。
たいがい招待券が要りますが、この招待券は一度お買い物をしたらもらえるし、メルカリでも売ってます。

最近やたらとファミリーセールがあるのは、あちこちにできたアウトレットモールに対抗するためじゃないかと、わたしは思っています。

娘たちはお気に入りのブランドのファミリーセールの招待状をいろいろ持っていますが、わたしらくらいの年齢層の者が参加できるのはワールドかオンワードくらいです。

ワールドの場合はアトリエセールといい、体育館のような会場にグループ会社と協賛企業がブースを構え、UNTITLED・INDIVIなど最大70%オフ、アウトレットよりいいものがお安く買えます。 
こんな太っ腹なセールを我が家の女子たちが見逃すはずはありません。

仕事で使うスーツを大人買いするあねこはもちろん、う~じんなんか、わざわざ帰省してまで参加です。
ちなみに、このセールは神戸と東京でやりますので、う~じんは東京会場へ行ったらいいようなものなのに、なぜかわたしたちと一緒に神戸会場へ行きたがります。

さて、先日の神戸・・・
三宮からのポートライナーは、すでに混雑しています。

夏は国際会館1号館・2号館と会場が大きかったのでお客さんも多く、開場時刻ちょうどに行って40分待ちでした。

Photo_3
入場制限ありで、3回目くらいの誘導で会場に入れましたが、試着室とレジは充分な数が用意されていますので、そんなに混雑しているという感じはしませんでした。

秋はちょっと狭めの3号館だったので混雑回避のため早めに行って1時間待ちでした。
しかし、3号館の開催は人気がないのか行列は夏の3分の1くらいです。
期待していたコートなどの冬物があまりなくて、まだ夏物が主だったのと、協賛店が少なくて残念でした。

Img_3500

とはいえ女3人、戦利品を見せ合いっこしながら、三宮でゆっくりとランチを楽しむ秋の1日でした。

次回のワールドアトリエセールはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

セリフのない劇『GEAR』

ニューヨークでは、顔を青く塗って音楽や演劇などのパフォーマンスを見せる『ブルーマン』
韓国では、レストランの厨房を舞台に実際に料理を作りながらのパフォーマンス『ナンタ』
そして京都では『GEAR(ギア)』

これらは、ノンバーバルパフォーマンスと言われる、セリフのない劇です。

先日行ってきました、ギア。
客席は100席ほどしかなくて、ほとんど舞台と一体化しており、実際に出演者は客席にまでやってくるし、観客を舞台に上げたりもします。

ちょっと劇団四季のキャッツのセットに似ていますね。

Img_3381
人形製造の廃工場と言う設定で、出演者は4人の人間型ロボットと人形のみ、プロジェクトマッピングをバックにレーザー光線が飛び交う中、ロボットダンス、パントマイム、ブレイクダンスなど様々なダンスにジャグリングやマジックを織り交ぜて、ストーリーは軽妙に進みます。

笑いと驚きの連続で、ラストには大量の紙が客席にまで吹き飛んできて会場全体が絶好調、こんなにたくさん・・・

Asdfgh
おもしろかったです。
海外からの観光客の方々も楽しんでおられました。

Cdvfg
この日のお人形さん役は、川瀬直美監督作品の『沙羅双樹』という映画の主役の女優さんで、くるくる回る大きな目のとってもかわいい表情のお人形さん。
毎公演、パフォーマーは変わると言うことなので、リピートしてみてもいいと思える楽しさでした。

ちなみに料金は、宝塚や四季の1/3から半額くらいというのも嬉しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 6日 (水)

春の遠足はボケ封じ寺

かねてより友人Bちゃん提案のぽっくり寺参りにわたしが難色を示したためか、ボケ封じのお寺というのを探してくれて、春の遠足は奈良県の『おふさ観音』と『安倍文殊院』に決定しました。

このふたつのお寺は大和長寿道という道路で往来できて、距離にして約4km、おふさ観音の方は花まんだらのお寺、安倍文殊院の方は知恵授けのお寺として有名ですが、どちらもボケ封じのご利益があることでも人気です。

この日はもうひとり同級生のHちゃんも参加表明していましたが、直前に足首をねん挫して参加取りやめとなりました。
ボケを封じる前に根本的なところで加齢が災いしたのですね、残念。

おふさ観音

Img_1292
ちょうどばら祭り開催中で、境内には1,500種類のバラの花が咲き乱れています。
和の寺院に洋花のバラ・・・念仏と線香の煙の香りにバラのアーチの不思議な世界。

ところで・・・
最寄りの駅からここまで来る道すがら、ところどころで『元祖さなぶり餅本舗』という看板に気付いたわたしたち、土地の銘菓が好きなわたしたちは気になって気になって・・・

そしたらなんと、お寺の真ん前にその看板を掲げるお店を発見、しかも一個から買えてイートインできたのです、いわゆる茶店ですね。

「さ」は田の神をさし、「なぶり」は昇りの転訛音で田の神が天に昇るということ、つまり神様に田植えの無事を感謝しお供えする餅のことだそうです。

Img_1289

小麦のプチプチした感触の混じる餅に黄粉と黒蜜をかけていただきます。
お味は信玄餅と似ています、おいしかったなぁ・・・。
この後の4km、頑張って歩けそうだね、Bちゃん。

大和長寿道の途中には、『藤原京』遺跡もあります。
近所の人でしょうか、親子でキャッチボールとかしてるし、だだっ広い広場で、看板に気づかなかったら通り過ぎてしまいそうです。

Img_1285
奈良には歴史的な遺産がたくさんあるのに、古すぎてありがたみがよくわからないと言うか、とにかくもったいない感じがします。

安倍文殊院の金閣浮見堂

Img_1282
日本最古の古墳

Img_1283
安倍仲麻呂・・・安倍清明・・・安倍晋三・・・つながっています。

Img_1296
この日は、午前中に大和八木町で『八木辻の辻交流館』と橿原市今井町の重要伝統的建造物群保存地区の街並みを見学しましたので、万歩計は合計14kmを示していました。

最近わたしの物忘れっぷりといったら笑えないくらいの深刻な状況で、ご利益に期待しているのですが、やっぱりお昼に食べたものをすぐに思い出せない・・・そんな毎日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

マルタ島⑦古都イムディーナ

マルタ共和国の現在の首都は島の東部、海沿いのヴァレッタという街ですが、その昔、最初の首都は内陸のイムディーナというところで、今でも当時の城壁や街並みが残っています。

政治や経済的な機能はもはやない古都は、昔の栄華を偲んで『静寂の町』と呼ばれています。
日本で言うところの京都みたいな位置づけでしょうか。
いや、もうちょっと田舎です。

港町でおいしいランチを楽しんだ後は、またもやバスに揺られイムディーナへ向かいました。
ここは、有名な観光地なので、バスはそこそこ混んでいます。

夕方に向かい、ちょっと雨が降ってきました、寒い。
道路の両側には、大きな墓地やぶどう畑が続き、畑の中に低い建物が立ち並んでいます。
しばらくすると、遠くの丘の上に大きな城塞とそれを取り囲む城壁が見えてきました。

Ajhrtu
城塞都市の入り口の城門

Asfghklpo
城壁の中には、狭い路地が縦横に伸びていて両側にはびっしりと建物が並んでいます。
レストランやカフェ、お土産物屋さんなどに利用しているものもありますが、空き家になっていて、表向きだけきれいにしているものも多くあります。
これは維持が大変でしょうね。

Aqwer
眺めがいいです。
田園が広がっています。

Awsedrftgy
チョコレートのケーキがおいしいと言われているカフェ『フォンタネッタ』に入りました。

Awertv

たしかに、ねっとりと濃厚でチョコレートそのものって感じのケーキです。
(コーヒーについてきた、このクッキーもおいしかった)

Asdfghjkloiuyrtr
最初にここを見たらとても感激したと思いますが、この2~3日こういう建物ばっかり見ているので、感動はうすかったな、正直。

こうして、この島での観光はすべて終わりました。

晩ごはんは、最初の日から気になっていたホテルの前のパスタ屋さんへ。
朝の早くから開いていて、切れ目なくお客さんが入っているので・・・。

店内の装飾がとてもかわいいお店です。

Ajuyym

白い壁に赤色を配して、チーズリナーや麺棒がこんな風に使われています。

Photo

パスタの種類と量とソースを選んで注文します。

Awertu

Agjygikuipoip

ああ、おいしかった。
これで、この国でのグルメも終わりです。
食べるものは総じておいしく、お値段も安かったです。

ホテルの宿泊プランには朝食バイキングが付いていて、温野菜・冷野菜の種類が多く、特にハムとチーズが豊富で、毎朝とても楽しみにしていました。
Adfghhjkliutvbjyt
エスプレッソはちゃんとこうして持ってきてくれました。
あねこは朝からケーキをたくさん食べました。

Aghjghkk
これでマルタ旅行記は終わります。
最後までお付き合いいただいてありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

マルタ島⑥港町マルサシュロック

4日目、この日はマルサシュロックというマルタ島の最南端の小さな港町へ、魚介料理を食べに行くことにしました。
食べる記事が多い?
はい、わたしと娘の旅行では、『食』が大事です。
観光地を調べるときにおいしそうなものを一緒に調べます。
どうかすると、食べたいものを先に決めて、それから観光やショッピングを挟む込むことも多いです、特に韓国旅行ではこのパターンです。

首都のヴァレッタから路線バスで40分ほどかかりますが、田舎の方なので混雑やトラブルはなく、サボテン並木や広大なぶどう畑を眺めながらバスに揺られて行きました。
この町もサンドベージュの建物が多く、街並みはきれいです。
町の中心、ポンペイの聖母教会は漁師たちの信仰の場となっています。

Gggb
ルッツというカラフルに彩色された小さな漁船が港を彩っている・・・はずでしたが、この日は曇り空で、シートで覆われている船が多くちょっと残念。

Gtyui

Gggzou
この港では日曜日になると海岸沿いにマーケットが出てとてもにぎわうらしいのですが、この日は平日だったので、かなり空いていました。
お目当てのレストランも土日は予約が取れないくらいだそうです。

レストランやカフェが並ぶ海岸沿いの通りを進んでいくと・・・
「さかな~、さかな~」
と、わたしたちが近づくと日本語で呼びかけてきたお兄さん。

Gggd
おお、ここはわたしたちが目指していたお店。
この日のシーフードプラッターについて尋ねると、海老・イカ・タコ・貝などで作れるよ、と言います。
うふ、わたしの好きなものばっかり。
パスタもシーフードにしました。

Asdfghjklpoiu

嬉しそうな顔

Ggggggg
パスタのソースはトマトベースなんだけど、魚介のだしがとっても濃厚でこの旅一番の忘れられないお味となりました。

Gggh

ここのワインがまたおいしい。
この国のワインはお安い。

Ggklli
開けっ放しの玄関から港を見ていると、おやまぁ・・・

Ggggge
店内には入ってこないけど、ボールを加えたままずっとここにいました。

「お味はいかがですか?」
お義理で聞いているのではなく、日本人のお口に合うだろうかと気にしてくれている様子。
お店の外観と店内は白と青ですっきりまとめられていて居心地がよく、ここの食事は本当においしかった。

海岸沿いのマーケットを見て回り、思い切りのんびりして帰りました。

Ggggk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

マルタ島⑤ブルーラグーン

マルタ島からはイタリアまでのフェリーも出ていて、シチリア島までは1時間45分という近さです。

3日目、わたしたちはゴゾ島とコミノ島巡りの地中海クルーズに出かけました。
心配していたお天気は上々、波に弱いわたしたちでも乗り切れそうな穏やかな海です。
船内でランチができるプランもありましたが、わたしたちはランチなしのコースを選んだので、サンドイッチとりんごを持ち込みました。
船内ではビールやワインなどの飲み物は無料です、うれしい。

Grysryse
スリーマハーバーから2時間くらいで、ゴゾ島に到着。
マルタ島ほどのおしゃれ感はなく、素朴な漁師の港って感じの風景が広がります。
その後は、島の中の名所を巡るバスに乗るはずでしたが、先に下船した人から順に大型観光バス2台に乗り込んだら、乗れない人が残されました、なんという段取りの悪さ。
わたしたちも乗りそびれ、残留組に・・・。

そしたら残留組の女性がひとり、運転手に猛烈に抗議しました。
運転手は最初、頑張ってお客に説明していましたが、女性が
「そんなジョークで笑えないわよ」
と怒り出すと、運転手はチケット売りのおばちゃんを大声で呼びました。
「ターニャ、ターニャ、まだ乗れない人が残っているぜ」
そういうと非情にも大型バス2台は出発してしまいました。
そこへ、ターニャ登場。

Tyhrs
ターニャはさっさと乗れない人の数を数え、どこかへ電話して中型のバスを2台回してもらい、トイレに行きたいと言うお年寄りにトイレを案内し、無事に全員を乗せて送り出してくれました。
わたしとあねこはこのおばちゃんのことを
『仕切りのターニャ』
と呼ぶことにしました。
ターニャは朝からツナの缶詰工場でひと働き、昼間は港でバスやフェリーのチケットを売り、夜は夜で漁師相手の居酒屋で料理を作って7人のこどもを育てている(妄想です)とにかくタフで頼りになるおばちゃんでした。

さて、前置きが長くなりましたが、ゴゾ島ではさらっと観光を済ませ・・・

Uuioo

説明がないので何を見ているのかさっぱりわからない遺跡

Yrtrr
同上
ここでまたちょっとした出来事が・・・

わたしたちの乗った中型バスの運転手の運転がとっても荒くて、飛ばす、揺れる、狭い路地を曲がろうとして失敗する、ということで次の名所で観光を終えて戻ったとき、大型バスに乗り換える人が続出、わたしとあねこもインド人の女性の後について大型バスに乗り換えたのです。
すると、時間ぎりぎりに大型バスへ戻ってきた人が
「あれ?席がない」
と言うと、その奥さんらしい人がインド人とわたしたちのそばに来て
「そうよ、席はもうない、I don't know why」
と大きな声で言ったのです。
感じ悪いわ、だいたい港でフェリーから降りたとき、われ先に大型バスへ乗り込んだくせに。
インド人、知らん顔、わたしたちもランチのサンドイッチを食べながら穏やかに過ごしていました。
もうお昼を回っていましたが、どこにもランチのできるお店がないことが、みなさんのイライラを募らせたのかもしれません。
日本のガイドブックには、ランチを持っていくことをお勧めしますって書いてあったもんね。

次の名所では、みんなとっても早めにバスへ戻ってきました。
最初のうち、「ここでは20分の休憩」とか言われても、なかなか揃わなかったのに、最後の方ではみんなさっさと戻って席についていました。
運転手は時間が来たら出発します、シビアです。

さて、本日のメインのコミノ島へとまたまたフェリーで向かいました。

場所によって海の色が違います。

Hfghjf
だんだん透明感が増していきます。

Tyjsdfghsada
魚がいっぱい泳いでいます。

Fddase
到着、高台に上がってみました。
空に浮かぶように見える舟、とはいきませんでしたが、このブルーラグーンを見るために「来てよかったなぁ」とつくづく思いました。

Gds_2

パイナップルのカクテルは、中の果実をくりぬいてリキュールの原液を流し込んでいました、一口飲んだ人、むせてびっくりぽん。

Thsfd

この島ではわたしたちのツアーの滞在時間はわずか1時間ちょっとでしたが、たくさんの人が海に入ったり甲羅干しをしたり・・・

Htghsg
わたしたちは丘の上で、フィッシュ&チップス&ビールでひと休み。
陽射しは少し暑いけど、海からのいい風が吹く気持ちのいい午後でした。

Tyutdr

マルタ島に戻ったらこの日はお魚が食べたくて、港のレストランへ向かいました。

Trter

お店のおもてのガラスケースの中に本日の魚が並べられ、魚と料理の仕方を選んで注文、本日の魚にはお値段が書いてない、時価ってやつね、どきどき。
一番人気というシーバスをトマト煮込みでお願いしました。
シーバスとは、日本で言うところのスズキです。
あと、伝統料理のアリオッタという魚介のスープ、お米入りも。
芋とナスの炒め物はサービスです。

Tyhdd
魚は半分ずつ切り分けて。
わたしの背景は明るいですが、このときすでに夜の8時ころ、そろそろ日没。

Rsedtew

魚はふわふわでやわらかくて、トマトの味はあまりせず、薄めの塩味が魚の風味を引き出していておいしかった。
アリオッタは濃厚で、硬めのパンとよく合います。
お箸がなくてもこのとおり、きれいに食べられました。
心配していたお会計は、ワインとビールも入れて全部で5千円ちょっとくらいでした、ほっ。

Uiyt
お店の前はスピノーラ湾、街灯が灯り出しました。
昼間の温かさがうそのように、朝夕は肌寒くて羽織るものがいります。

Tytytydryt
ああ、疲れた、長い一日が終わりました。
この日もホテルに帰ったらばたんきゅ~でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧