2018年10月21日 (日)

喧々諤々

温泉年越しに気を良くした我が家では、次の年末年始も温泉に入り、美味しいものを食べながら紅白歌合戦を見ようという意見で一致しました。

賛成です、大賛成です、わたし。
おせち料理やお雑煮などの準備はしなくていいし、愛犬まろんも天国へ行ったから、預けるところを探さなくてもいいし、どこにでも行ける。

だいたい、家族のお出かけのネックとなっていたうーじんの仕事は、今年からカレンダー通りの勤務になったし、この機会を活かさなくてなんとする。

前回の北陸のカニづくしはよかったねぇ。
食べきれないくらいだったねぇ。 (写真はイメージです)

Photo
しか~し、ここにきてモンダイ発生。
最近、あねこはカニやエビを食べるとアレルギーが出るようになったのです。
昨年末、北陸の温泉でカニを食べすぎたのがいけなかったのか、あれ以来、カニやエビを食べると気持ちが悪くなって吐くらしいのです。

そうか・・・
では、和歌山へクエを食べに行くのはどうだろう、おいしいらしいよ、クエ。 (写真はイメージです)

Photo_2

家族がそれぞれの職場を通じた福利厚生システムであれこれ探しました。

あねこが見つけたプランはずいぶん高いとB男くんからクレーム。
B男くんが探したところは旅館の質がちょっと落ちるので女子たちからクレーム。
いつもこういうとき、う~じんはあまり積極的に絡んでこない、たぶん文句を言われるのがいやで一歩引いているんだと思う。
ただ、決まったことに文句は言わない。

とにかく、クエはお高い。
和歌山は、電車で行くにしても車で行くにしても遠いし高くつく。

「お正月はもともと高い」
「安いところはそれなりのところばかり」
「じゃあ、どういうのがええの?」
「全員が満足するのは無理やな」
「やっぱお正月は家でゴロゴロするか・・・?」

そういうわけでクエをやめるか、計画自体を見直すか・・・ただ今我が家のLINEは喧々諤々、混沌としています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

A文庫

職場の若い男子のAくんが、浅田次郎さんの小説のファンだということがわかり

「何が一番好きですか?」
「壬生義士伝かな」
「幕末ものの中でも、あれは最高峰ですね」
「中原の虹とか蒼穹の昴とかの中華ものは読みました?」
「まだです、持ってたら貸してください」

と話が弾み、手持ちの本を交換しはじめました。

ふたりで始まった読書サークルには、Aくんが本を提供してくれることが圧倒的に多いので、Aくんの名前を付けてA◎◎文庫と呼んでいます。
最近では読むのがとても早いT女史も加わり、感想を言い合ったり、Aくんに次のおススメを催促したりします。

記憶に残るものとしては・・・

NHKでドラマになった『満願』がとても面白かったので、さっそくBOOKOFFで原作を買ったと薦めてくれた米澤穂信

同じくドラマになった『乱反射』の貫井徳郎
この人の作品では、映画化されたものの、封切り前に出演俳優にスキャンダルが発覚した『愚行録』

推理ものの中でも題材が地味、でも丁寧な人物と背景の描写に感動する横山秀夫は、はずれなし

実はわたしは、50歳前から手元の細かい字が見えにくくなり、特に暗いところでは本や新聞を読むのが苦痛なので、読書とはすっかり縁遠くなっていたのですが、Aくんの励ましともお叱りともいえる声に後押しされて、老眼鏡の度数を上げて読書に励んでいます。
サークルのオリジナルブックカバーも作りました。
(一部画像に処理をしています)

Img_3247
この3連休は2冊借りてきて、夜もさっさと家事を片づけて、文庫本を持って寝室へいそいそと向かう日々です。
いい作品に巡り合えると心がとっても豊かになる感じがして、今さらながら読書の楽しさを感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月29日 (土)

また、またまた来る・・・

また台風が来ます。

今度の台風24号は、29日午後の時点でこのように・・・

310261wid
日本列島を縦断していく恐れがあるとかで、まだ風のない今日のうちに家回りの片づけをしました。
といっても、台風に始まり台風に終わる9月、備えも慣れたものです。

そんな不安定なお天気の中の一日、滋賀県のお隣の岐阜県が誇る岐阜城へ行ってきました。
高速道路を通らずに下の道を行くと、季節はちょうど彼岸花の花盛り、田圃のあぜ道に沿って真っ赤なラインが続き、ところどころに白い彼岸花も見られます。

Img_3116
そしてこれ、これ、何ていうんだったかなぁ・・・稲刈りの後のわらを束ねて立てたもの。

Img_3119
木曽三川公園の道の駅では地元の野菜を。
この甘長唐辛子、甘辛く煮つけたの田舎のおばあちゃんのお味のようでだ~いすき。

Img_3123
とても懐かしい風景に心洗われていると、空はだんだん晴れてきて、岐阜城に着いたころには暑いくらいでした。

Img_3133
Img_3139
さて、明日と明後日の籠城に備えて食料品を買い込んできましょう。
どうか被害を出さずに通り過ぎてくれることを祈っています。

・・・つい今しがた、台風25号が発生したって、yahooのお天気ニュースで知らせてきました、もうええ加減にしてほしいわ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

お誕生会

じょこの三連休は我が家であねこのお誕生会をやりました。

家族そろって記念行事というものが大好きなう~じんは、新幹線で帰ってきました。
新幹線で往復となると約3万円ほど交通費がかかるので、しつこくカンパを要求され、ついに根負けしました。

あねこの希望は手巻き寿司でした。

手巻き寿司なんてやらなくなってずいぶんたちます。
娘たちも久しぶりなので、たくさん食べました。

Qwertyu
「次は海老とアボカドにしてみよう」
「マグロには何が合う?」
「クリームチーズちゃう?」
「え~?」
「たくあんは?」
会話も弾んで、久しぶりに家族で囲む食卓という雰囲気でした。

あねこはひとり暮らし10年目、う~じんは7年目になります。
こうなると自分の生活スタイルがしっかり出来上がっていて、なかなかこちらの言うことを聞かないし、どうかすると親のわたしが教えてもらうこと、たとえばお掃除とか洗濯のやり方など・・・多々あります。

日々、心配の種は尽きないけれど、あねこは泣き言をいうようなタイプじゃないので、困ったことがあってもどう解決しているのかわかりません。
とにかく、健康で来年も元気に誕生日を迎えてほしいと祈るだけです。
(結婚とかカレシとかって話題は一切ありませんでした)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月 5日 (水)

台風一過

『今季最大級の』とか『25年ぶりの』などと気象庁が警告していた台風21号でしたが、こう次々と台風が襲来しては、感覚が緩んでいたというか、「最近は大げさに言うからなぁ」などとタカをくくっていたところがありました。

自宅待機のわたしは、テレビで刻々と迫ってくる台風関連のニュースを見ていました。
市内で川が氾濫しそうな地区に避難準備情報が出て、スマホがぴろんぴろんと鳴ったあたりではまだまだ平気でした。

『神戸に上陸した』という速報が流れたころ、暴風雨は最大級に達し、ゴーゴーバリバリビュンビュン・・・ときおりボンと叩きつけるような風が吹き、ミシッと揺れました。台風の予想進路の東側にあたる我が家のあたりは雨より風がひどかったです。

途中、ばり~んとトタン板が裂けるような音がして、表に出た隣のおばさんが暴風雨の中で何か叫んでいたので、玄関を細めに開けて
「中に入った方がいいですよ」
と言いましたが、聞こえていたのかどうなのかわかりません。

こういう年よりが被害にあうんだなぁ、きっと。

さて、午後4時ころには暴風雨圏が過ぎ去ったので、外へ出てみると・・・

わが家では、10日ほど前の台風20号で半分倒れた庭の竹垣が、支柱ごとほとんど倒れて少し触るとばらばらと解体されました。
これは想定内だったので良しとしましょう。

Img_2854_2
隣のおばさん方では、2階のベランダの屋根のアクリル板が1枚はがれて道路に落ちていました。おばさんはそれ以上飛ばないようにブロックを置こうとして叫んでいたのです。
このお宅では25年前の台風で、イナバの物置が道路に落ち、電柱に引っかかって止まったということがあったので、以来おばさんは台風をとても怖がります。

関西空港や大阪港など、大きな被害が出たことを思うと、我が家ではこれくらいで済んでありがたいことでした。

ちなみに神戸のあねこのところでは、昨日の午後、どっか~んと爆発音が聞こえて停電、復旧の見通しが立ってないとかで、車でスマホを充電して、水で髪を洗って、真っ暗な中で寝たそうです。

長いこと続くわけではありません、そちらもそれくらいで済んでよかったと思いましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月19日 (日)

着の身着のまま

あねこがこのお盆休みにニューヨークへ行く予定でした。

出発前夜、家族のLINEでひとりだけ既読にならないのは誰だろう、当日の朝になっても既読にならない・・・関西空港に着いているころを見計らって、あねこに電話をかけてみました、出ない、これはおかしいぞ。

それから1時間ほどして、やっと電話がかかってきました。
「寝坊した」
え?
「着の身着のままとはこういうことや」
今どこ?
「電車の中」
海外旅行のチェックインは出発2時間前にすませないといけないのに、すでに1時間前です。

前の晩は飲み会から帰ってお風呂に入らず、着替えもせず、旅行の準備も中途半端で寝てしまったんだとか。

パスポートとスマホと着替えだけは持ったらしいのですが、洗面具・化粧品・常備薬などは持たないで、電車に飛び乗ったそうで・・・。

「とりあえず空港へ行ってみる」

結果、予約して空港で受け取る予定のWi-Fiは長蛇の列なので諦めて、保安検査・出国審査は締め切りぎりぎりに通過して、どうにか飛行機に乗れたそうです。

Img_2317
足元はゴミ出し用のサンダル、JFK空港に着くころには頭から『乞食のような匂いがしてきた』と言ってました。

1週間の滞在を楽しんで無事に帰ってきたからこうしてここに書けますが、なんともはらはらどきどきさせる娘であります・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

誕生日と施餓鬼

今日はわたしの誕生日です。

戦後10年ちょっとして生まれました。
陣痛の前に破水してしまい、羊水が空っぽになってから自力で産まねばならなかったからしんどかった、三日三晩かかったと母から何度も聞かされました。

産婆さんは隣の家の人で、この人は大学病院の付属の看護学校を出たインテリ、当時まだ珍しかった自家用車を乗り回してお産に駆けつけるハイカラなおばあさんで、お産以外にもちょっとした病気やけがではお世話になりました。
この産婆さんからも
「れいっちゃんは大きな子やったから、お母ちゃん大変な思いして産まはったんやで」
と言われました。

その大きな子は、大人になってもやっぱり大きめで、血圧やコレステロールを心配する日々です。
このトシになると、誕生日を迎えた感想とか今後の抱負と言ったらただひとつ、健康で暮らしたい、に尽きます。
来年の誕生日も元気に迎えられるように、精進して暮らしたいと思っています。

さて、毎年わたしの誕生日は、お寺のお盆の行事『施餓鬼』法要の日でもあります。
『施餓鬼』とは、餓鬼に施す・・・

Preta_s
生前の悪行によって仏になりきれていない魂などを餓鬼と呼び、いつもお腹を減らして巷を徘徊しています。
実家の母は、仏壇からお膳を下げるとき、縁側で
「餓鬼に進ぜます」
と言って庭先にお茶を撒いていました。
善い行いをしないと餓鬼になる、とも教えられていました。

今日は、わが家のご先祖様の供養と、この餓鬼の供養とをする日で、お寺に行って順番に法要の列に加わります。

お盆の間には、お墓参り、施餓鬼、棚経と、お寺やお墓にお参りする行事が次々とあり、小さいころは家族や親せきが揃うこの時期が楽しみでしたが、大人になると、お金がかかりせっかくの休みに出かけられないというバチ当たりな考えが浮かんできて、暑さだけではないげんなり感が漂います。
が、しかし、お寺のお線香の匂いの中にいるとそれはそれでありがたく、なにやら邪悪な思いが昇華されるような気にもなるから不思議です。

うちの娘たちは、この休みにそれぞれ海外旅行に出かけてしまい、わたしたち夫婦だけでお盆の行事を執り行います。

毎年、あれやこれや先のことを考えたら、少し気が重くなるここ最近の誕生日でもあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

暑中お見舞い申し上げます

Photo

琵琶湖に花火の打ち上げ台が設置されました。
(申し上げますの「申」の下のあたり、これだと思うんだけど間違っていたらごめんなさい)
こちら側の湖岸はほとんど有料観覧席で、それは毎年拡大され、無料で見られるところなんてほとんどない、ぶつぶつ・・・。
台風13号がゆっくりと近づいていますが、明日の花火大会は無事開催されるでしょうか。

もう・・・
ニッポン列島どうなってしまったんだろうって暑さが続いています。
そして東北では記録的な大雨が降っているとか。

今年も葭簀を立てかけたり・・・

Img_2034
うなぎを食べたり・・・
わたしはうな重より、ひつまぶしと白焼きが好き。

Img_2003
出来たての梅干しで塩分補給をしたり・・・
ちょっと塩辛い、来年への課題。

Img_2013
火を使わなくてもいいように『シマダヤの流水麺』のお世話になったり・・・

Package

シマダヤの流水麺は、うどんやそばは流水でほぐすだけですが、この冷麺は添付のたれをかけて混ぜるだけ、流水でほぐすこともしなくていいんです。
(その分、玉子を焼いたり、きゅうりやらハムやら切らなくてはならないけどね)

そんなこんなで、いつまで続くのかわからない暑さに閉口しながらも、元気で過ごしております。
みなさまも身体をお大事に、この夏を乗り切ってくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

おっさんのクラス会

スーパー猛暑と言われる記録的な暑さが続いていますが、みなさんお変わりなくお過ごしでしょうか。

一旦エアコンをつけたらもう部屋から出られないですね。
こんな日はおとなしく撮り溜めた映画やドラマでも観ているのが得策でしょうか。

そんな中、我が家のB男くんはクラス会に出かけました。

今回幹事のB男くんは早くから準備に余念がありません。
学生時代の写真でスライドショーを作って宴会の途中で上映するらしく・・・

この写真集めを同級生に呼びかけたところ、郵便やメールで送ってくれる人があったり、同級生のお宅に集まって写真選びをしたり・・・すでにここからクラス会は始まっているような雰囲気です。

B男くんは毎晩早めに食事を終えて、自分の部屋にこもり編集をしていました。
荒井由実やハイファイセットの曲を使うのでしょうか、『卒業写真』が流れてきて何とも楽しそうな作業でした。

ところでB男くんは、このクラス会に向けてダイエットをしました。

ジム通いは回数を増やして、食事は糖質制限です。
夜にアルコールと炭水化物を一切摂っていません。
1ヵ月半で6.5kgほど体重が減って、ズボンのベルトの穴が足りないなどと言ってます。
見るからにぷっくりしたお腹は少し引っこんで、背中に反りが出てきました。

誰に見せるためのダイエットなんでしょう?
とりあえず、暑い中、よくがんばりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

土用干し

梅雨が明けたらとたんに猛暑、この三連休は特に暑さが厳しくて、カンカン照りの毎日でした。

今年の土用の丑の日は7月20日(金)です。
少し早かったのですが、この三連休で梅干しを土用干しすることにしました。

「虫やら鳥やら猫が来たら困る」
と、B男くんがこんなものを買ってきました。
さすが今年の梅干し作りの主導権を握っているだけのことはあり、積極的です。

Img_1954

これで梅4kg分です。
ひとつお味見してみたらしょっぱいのなんのって・・・
1個で一日分の塩分をすべて補えそうないきおいのからさですが、天日に当てることで少しはまろやかになるのではないかと期待しています。

しかしこれ、網の目が詰まりすぎてちょっと不向きかと思います。
結局、こういうことになりました。

Img_1979
そして、こちら・・・
生椎茸も切ってから干してみました。

Photo
2日目でこんなにカラッカラになりました。
原木栽培の天日干し椎茸はお高いですね、自分で干した椎茸、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧