2017年11月14日 (火)

米寿のお祝い

実家の両親が今月揃って誕生日を迎えました。
88歳、米寿です。

兄がお祝いの会を計画してくれて、秋晴れの一日、山の中のホテルに、こども、孫、ひ孫が20人ほど集まりました。

お酒が飲めない爺さまのために孫が用意した和菓子のケーキ。
甘いもの大好きの爺さま感激です。

Img_6616

77歳の喜寿のお祝い旅行のときは、兄の長女が結婚した直後で、長男次男は独身でした。
ひ孫たちもいない、10人ほどの集まりでしたから、その後の親族の倍増には時の流れを感じます。

みんなからお祝いの品や寄せ書きをもらって涙ぐむ婆さま。

Photo
爺さま婆さまからのお礼の言葉では
「元気なうちはいいけれど、元気でなくなったら、長生きもそこそこにしておこうと思います」
「迷惑をかけないように、日々過ごしていきたいと思っています」

孫たちは
「そんなこと言わんと長生きしてね」
などと言ってましたが、兄とわたしはうんうんとうなずいてしまいました。

ともあれ、節目をひとつ終えて、肩の荷がおりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

何十年ぶりかのジーンズ

ジーパンを買いました。
あねこと一緒に行ったアウトレットのリーバイスで・・・。

「お母さんが穿けるようなジーンズなんかないやろ?」
「いろんなサイズがあるし、試着してみたら?」
「ほんま?ほんならためしにこれとこれ、穿いてみようか・・・」

こうして試着した〇〇インチがすっこ~んとわたしのお尻とお腹を包み込んでくれたのです。

「2本買ったら3本目は無料やって、お母さんチャンスやで」
すでに2本購入を決めたあねこが言います。

「ほんなら、これ買ってみよか?」
「そやそや、チャレンジや」

専門店で、裾を上げて切って縫ってもらうようなジーンズを買ったのは何年ぶり、いや何十年ぶりでしょう。
ちょっとうきうきしてきました。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

Mのために

台風がふたつ行き過ぎて、朝夕急に空気が冷たくなりました。

今年もガスストーブはリースで調達しました。
スイッチを入れると2秒で暖かい風が出てくるガスストーブは、エアコンや温風ヒーターより便利、毎年リースにしています。

まろんもお気に入りで、一番いい場所を占領します。
しかし最近、温風の吹き出し口にお尻をくっつけてあっつあつになっていたり、後ろ側に迷い込んでコードに絡まっていたりと、高齢特有の危ない場面が増えてきました。

さて、ストーブですが、こりゃ、こどもたちが小さいころに使っていたストーブガードを置かないといけない・・・か?
そんなものはとうの昔に捨てたし、買えば結構お高い、ということで“れいち100均工務店“の出番です。

材料はこれだけ、ワイヤーネットが長短4枚と、結束バンドは切り口がとがって危ないので挟み込むタイプのジョイントを購入。

Img_6565
気になるのか、たびたび邪魔をしに来ます。
まだお散歩ができたころは、溝ぶたの穴やグレーチングの上などは絶対によけて歩いたものですが、視力が衰えてきた最近は、乗ってしまうんですね。

背中の開いたおかしな形の服を着ているように見えます、これはわたし特製のおむつカバー、お腹の方におむつを挟んでいます。

Img_6566
完成です。

Img_6567_2
さっそくごろ~んと寝てました。

Img_6571
まろん、幸せそうね。
10月30日で18歳になりました。
人間で言ったら90歳くらいでしょうか・・・。
がんばれ、まろん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

とうがらし

わたしは、お出かけのときに道の駅を見つけると立ち寄るのが大好き、地元の農産物が安く売り出されていたり、レストランではその土地のおいしいものが味わえるのが楽しみです。

あちこちの道の駅へ立ち寄ってみると、そのレストランや食堂で供されている地元のものは、だいたいうどんに絡めて出されることが多いと気が付きました。

たとえば滋賀県での一例ですが・・・

琵琶湖博物館や水生植物園の近くの『道の駅くさつ』では、地元でとれたレンコンを練りこんだ『ハスの梅うどん』

鮒ずしソフトクリームと言うどんな味や匂いがするのか、怖いもの見たさのソフトクリームで地元感をアピールする『奥永源寺渓流の里』では『近江牛うどん』

抹茶ソフトクリームを自分でコーンに好きなだけ盛れることで人気の『道の駅あいの土山』では、古代の黒米を栽培して、うどんに練りこんだ『黒影米うどん』

・・・などなど。

さて、先日三重県の『道の駅あやま』に立ち寄ってみたら、クリやカキ、サツマイモなどの秋の味覚のフルラインナップでしたが、そんな中でわたしが探していたのは、これこれ・・・

Img_6045_2
唐辛子です、100円。
これを半分は丸ごと、半分は輪切りにして、からからに干してビンで保存、お料理に使います。

Img_6047
韓国で京義線の電車に乗って臨津江(イムジンガン)に向かっているとき、車窓に広がる農村風景の中に、屋根一杯、庭一杯に真っ赤な唐辛子を干している家が何軒もあったなぁ、などと思い出しながら唐辛子をハサミで切っている途中、鼻のあたりがかゆくなり、ポリポリとかいたら、あ~らたいへん、 ヒリヒリして、カッカして、顔を洗ったら余計に熱くなり、しばらく鼻の周りが大炎上しました、とほほでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月29日 (金)

トケイソウ

朝夕は羽織るものが必要ですが、昼間は半袖でもいけるほどの寒暖差です。

しばらく咳こんこんがとまらず、お医者さんに通っていました。

「先生、咳が止まらないんです」
「ほう、それはつらいですね、熱は?」
「ありません」
と言っただけなのに、電子カルテには
『熱なし、食欲あり』
と書かれました。

ま、そのとおりなんだけど、ね。

秋の花が咲いて、花粉症でくしゃみをする人も多いようです。

Img_5722
夏の初めにひとつだけ花が咲いたトケイソウ、今ごろになって次々と花が咲き始めました。
おしべとめしべを指でこちょこちょして受粉を助けてやっていますが、結実するでしょうか・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

がまぐちを作ってみた

かばんを買うと、立派な布袋に入れてくれますね。
かばんを保管しておくには必要なものですが、毎日使うかばんには必要ありません。

NYで買ったヘンリ・ベンデルのかばんにも丈夫できれいな布袋がついてきました。
ヘンリさんのシンボルのしましま模様。
大きめのクッションがひとつ作れそうな大きさです。(茶色いのは裏地用に用意した布)

Rwrwerwerwwrwqrwe
がまぐちタイプのメガネケースが作りたいなぁ・・・。
手芸屋さんへ行ってみたら、がまぐちの口金って結構高いのね。
わたしの欲しいタイプは、1,000円くらいしていて、完成品を買った方が安いくらい。

100円ショップへ行ってみました。
あるある、お手頃なのがあるじゃないの。
失敗したらもったいないので、100円でいいや。
同じコーナーで手芸用のボンドも買いました。

Img_4940
型紙も作り方もついています。
ただ、型紙は小さいがまぐちタイプのお財布だったので、少し縦長にしてみました。

Img_4945

メガネケースには少し横幅が大きかったけど、化粧品を入れるにはちょうどいい大きさとなりました。

製作時間1時間、ボンドを乾かすのに一日くらい放置、楽しく作れました。
秋だなぁ、毎年秋には何か作りたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

マンゴーとアボカドのその後

ふるさと納税マンゴーの記事から約1ヶ月、あのとき水につけた種は・・・

1週間ほどで根が出て、その後すぐに芽が出てきました。

Img_1101

アップにすると、こんな感じです。

Manngo616_2

そして、これは今日のマンゴー

Img_1236_2

そろそろ土に植え替えてもいいころです。

ところでマンゴーって、こんな風に木になるって知りませんでした。
こんなに育ったらウハウハですわ、お~っほっほっほ。

133509xmv

こちらは昨年末、芽が出たものの寒さで枯れたので屋外へ放置したアボカド、冬を越して今年の春にはまた芽が出て来ました、去年より芯がしっかりとしています。

Img_1155
仕事が難しくて厳しい・・・とぼやくう~じんに
「見ろ、このアボカドを。厳しい冬を越したものは、より強くなるんだ」
と言ってやりました。
我ながらいいことを言うと思いましたが娘にはあっさりと聞き流されました。

ちなみにアボカドはこんな風に実るらしいです。

10029f21da7768a40f1a09f16dcecf3f

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

オトコマエ走る

最近気づいたのですが、朝、わたしの出勤時に近所を走っている青年がいます。

背が高くて顔が小さくて、やや長めのちょっとカールした髪は今風男子、関西弁で言うところの『しゅっとしたぼん』です。
Apple watchのCMでおしゃれなジョギングスタイルで走っている青年のような、たとえていうなら金子ノブアキのような・・・

Nobuaki
ある朝、このノブアキ青年と目が合いました。
そしたらなんとなくハッとしたようなあれっというような表情をしたのです、ノブアキ青年が。

う~ん・・・
あねこの同級生はだいたいわかります。
中学校で受験する人は別として、小学校のメンバーがそのまま近くの中学校に進み、他の小学校から来る人はいませんでしたから。
でもこんなオトコマエいたかなぁ・・・?

うーじんが中学生になるころには、隣に新設された小学校の子たちと同じ中学校に通うことになりました。
小学校の同級生は辛うじてわかりましたが、中学校となるとさっぱりわかりません。

だからこの青年はう~じんの同級生かなと思っていました。

さて、先日からメルカリ族となったわたしは、家の中のあちこちをごそごそして、売れるものを物色していますが、台所の棚の奥からバレンタイン用のチョコレートの包装紙やリボンが出てきてハッとしました。

ノブアキ青年の身元に思いあたったのです。

それは、う~じんが小学校3~4年生のころのバレンタインデーにチョコを渡した相手で、同級生ではなくひとつ年上の男の子です。
そのころは、色の黒い目のぎょろっとした暗い感じの子だったのですが、あれまぁ、なんといい青年に成長したことか、名前も覚えています、Kくん(アルファベットにする必要なし(笑))です。

Kくん、う~じんがチョコ渡したこと覚えてます?
その後、ふたりが仲良くなることはなかったけど、Kくんが素敵な大人になっていること伝えておきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

メルカリ族の断捨離

ただ今、我が家の女子はメルカリにハマっています。

メルカリ・・・スマートフォンで売り買いができるアプリです。
現金や妊娠菌付き米などで物議をかもし出してはいるものの、実際に使ってみると出品・発送などの手順がとても簡単で、某オークションサイトより便利、今では一日全体で100万品ほどが流通しているそうです。

GWの後半、あねこがいきなりクローゼットの整理を始め、
「メルカリに出したら売れたよ~」
とLINEで言いました。

さっそく会員登録してあねこのページを見てみたら、あれまぁ、出してる出してる、コートからワンピース、カットソー、バッグ、靴などなど・・・
そしてちょこちょこ『sold out』の赤いタグが付いていきます。

あねこに刺激されたう~じん。
こちらはジャンル問わずの出品で、バッグとかピンバッジとかゲームなどが売れています。

さて、わたしです。
最初はハンドメイドのキッチン雑貨などを出してみたら・・・だめでした。
『いいね!』は付くもののお買い上げまではいきません。
次にバッグ類を出してみたら、リュックサックが売れました。
去年、買ったものの1泊の荷物が入りきらずに放っておいたものです。
定価は忘れましたが、1,500円で売りに出して、値切られて、結構送料が高くついて、わたしの手元には500円くらいしか残りません。
それでも、誰かが使ってくれると言うことは、使わずに眠らせておくよりは嬉しいものです。

売り上げの1割はメルカリ運営者に入る仕組みです。
最近CMがバンバン流れ出しました、そしたら♬ブランド売るならブランビア、と言うCMも対抗するかのように流れ出しました。
なんでもかんでもネットの時代です。

あねこはすでに3万円ほどの売り上げだそうです。
そりゃあほぼ新品ばっかり叩き売ってますからね、そんなんどこに持ってたん?ってくらい次々出てきます。
そして、それだけさばけたらさぞお部屋は片付いたことでしょう、と思ったら、却ってぐちゃぐちゃになったそうです。

Img_0642_2
ほんまや・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

ところが膝が・・・

神戸でロープウェイから降り、北野町の異人館が並ぶ通りを歩いてランチをするところを探していたわたしたちに、いいえ、わたしに異変が・・・

じつはわたしは先月の雨の降った日、仕事の帰り道に歩道で滑って転んで膝をしたたかに打ちました。
皮膚がずるっと剥けて痛いのなんのって・・・
しかし、本当の痛みはこの後に来たのです。

普通に歩けるし膝も曲がる、ということで気が付かなかったのですが、ある日畳に膝をついたら飛び上るほど痛くてびっくり、すぐにお医者さんへ行きました。

結果、膝の皿の一部に小さなひびが入っているけど中の骨には異常がなくて、湿布で様子をみることになりました。
お皿にひびが入っていると言われると、そういう図を想像してしまって、なんかじわじわ痛い気がする。

Rytyy
しかし、毎日歩いて通勤できていたし、徐々に痛みは軽減してきてはいました。

そんな状況での神戸歩きです。
歩くだけなら何ともないと高をくくっていたのが大間違い。
膝はじわじわ痛むし、股関節まで痛くなってきました。

街歩きはそこそこで切り上げて、あねこのマンションへ行き、その日は泊めてもらうことに。
予定にないことをすると機嫌の悪くなるあねこは、母の不調に冷たい。
なんだか肩身の狭い思いで早々に寝てしまいました。

あ~あ、レンガ敷きの歩道よ。
昨年、職場の同僚が同じ場所で滑ってこけて腕の骨を折ったとき
「あらまぁ、お気の毒、お大事にね」
と軽く言いましたが、今、心から同情します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧