2019年4月14日 (日)

引き出物事情

結婚式の引き出物やお祝い返しは時代とともにどんどん変化しています。

タオルやお盆やお湯のみなどをいただいて、押入れの奥にしまったまんまと言う昭和時代から、カタログギフトが中心になってしばらくはとても便利で重宝したものですが、そのうち、特に欲しいものがない、食べ物でもいただいておこうか・・・となり、いったいどなたのお祝い返しなのかわからなくなってしまう、あるいは申込期限が過ぎてしまうという憂き目を見たりしていました、実にもったいない話です。

う~じんは友人の結婚ブーム(やや落ち着きつつありますが)で、大きな陶器のお皿やペアカップをいただいて困っていましたがついに
「何にも欲しいものがない、お母さん好きなもの貰ってもいいよ」
と言いました。
後で送ると言ったカタログはDEEN&DELUCAの電子カタログで、暗証番号を入れると閲覧や申し込みができるんですって。
あれまぁ、パソコンで見て、マウスでぺらぺらとページをめくり、必要な部分は拡大して見られる、ふ~んハイテクだなぁ。

こういうの、便利なのに・・・

Ddbe
わたしはこのすっきりしたデザインが大好きです。
ちょうど欲しかったホーローのポットを見つけたので迷わずいただきました。

Img_5355

1.1ℓ入るポット、休みの日はたっぷり紅茶や日本茶を淹れてちょうど一日で飲み切る量です。
冬場は冷めるから家族がそろったときにしか出さなかったけど、これからの季節、常温好きのわたしは重宝しそうです。

| | コメント (2)

2019年4月 7日 (日)

桜・梅・椎茸

Img_6224

隣町にしだれ桜が有名なお寺があり、毎年見に行くもののいつも少し遅く残念な思いをしていましたが、今年は週末にどんぴしゃの満開、お天気も快晴でいいお花見ができました。

境内から墓地にかけて大きな枝が張り出しており、花の下ではどの墓石も清らかに誇らしげに見えること。
花が散ると青葉が強い日差しを和らげてくれることでしょう、まったく素敵なお寺です。

さて、我が家の鉢植えの紅白のしだれ梅は、今年もしょぼしょぼっと白色だけが10輪ほどの花を付け、それでも精一杯の芳香を漂わせてくれました。
これはB男くんが退職した年に買ったもので、今年で10年、これを機に地へ下してやることにしました。

Img_6264

B男くん管理の鉢なのでわたしは手出し口出しをしないと決めてきましたが、肥料はどこにあるとか聞いてくるし、鉢から抜いた木をそのまんま掘った穴にぼそんと入れようとするし、どうしても口出しせなあかんかったんですよ、奥さん。
こうして梅の木の植え替えは完了、来年は花を付けるか・・・待ち遠しいものです。

お次は、椎茸。
以前、信楽の陶器祭りで買ってきた椎茸の原木、これは面白いように椎茸がぽこぽこと収穫できて、結構食卓を賑わせてくれたものでした。

Photo_4_1

2007年10月、このときの記事を読むと、1本700円で購入したとあります。

今日、農協のスーパーへ行ったらありました、椎茸の原木。
菌を入れてないものが1本300円くらい、菌を植え付けたものは1,400円、すでに菌を入れてある方を買いました。

Img_6269

湿気を保てる場所に立てて置き、菌が早く全体に回るようにときどき木の上下を置き換えて、夏場は水をかけること、そうすれば来年の春ころから椎茸がぽこぽこと顔を出すでしょうとレジのおじいさんが丁寧に教えてくれました。 

気の長い話ですが、楽しみがひとつ増えました。

| | コメント (0)

2019年3月16日 (土)

花粉症にヨーグルト

花粉症で目がかゆくても鼻水が止まらなくても、やっぱり春が来るのは何かしら嬉しいもので、桜の開花予想が気になる季節となりました。

ところでその花粉症ですが、今年の対策は・・・

①うがい これは年中やっているので特記するほどでもない、愛用は『コルゲン123』
②鼻洗い 鼻からぬるま湯を吸いこんで痛くなる手前で流す、プールで水を吸い込んだときのようにやや鼻の奥がつ~んと痛くなるけど、鼻の粘膜に付着した花粉を洗い流す効果が大きい
③目洗い アイボンなどいろいろあるが、わたしはロート製薬の『フラッシュ』 を使用、小さい容器で職場にも持参している

外出から戻ったら、この『3ヵ所洗浄』でほぼ症状は出ません。
お医者さんで薬をもらっていた時期もありましたが、本来の症状に眠くなったりのどが渇いたりの不快感が加わったので、命にかかわる病気じゃないと割り切り、薬は飲まないで過ごしてきたこの数年、わりと穏やかにやり過ごせています。

そしてこれです。

Img_5863_2

紙パックの牛乳にR‐1を1本流し込んでかきまぜセットしておくと一晩でヨーグルトになります。
R‐1のメーカーさんは
「全く同じ成分のものができるわけではない」
とのことですが、アイリスオーヤマさんは
「R‐1菌で培養されたヨーグルトができます」
と言ってます。
全く同質のものではないにしても、全然別のものでもないでしょう。
他にもガセリ菌、カスピ海、ブルガリア、どれでも固まります。

もともと乳酸菌は花粉症予防に効果があると言われています、その中でもR‐1は免疫力を高めるので風邪やインフルエンザにかかりにくくなります。
わたしはこのヨーグルトを食べていることが花粉症の軽減に効果を発揮しているのではないかと思っています。

そして、このヨーグルトメーカー、近くのスーパーで2,970円ですのよ、奥さん!
アイリスオーヤマさまさまですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

対決

お正月に実家へお年始の挨拶に行ったら、姪の長男のSくんとわたしの父が将棋をしていました。

Ss
Sくんは8歳、この子にとって曾祖父にあたるわたしの父は89歳、その年齢差81歳。
Sくんは最近将棋を覚えて、家の中ではパパしか相手がいないので、将棋セットを持ち歩いて相手を探しては勝負をお願いしているのですって。

「攻めてばかりではなく、守ることも考える」
「数手先を読む」

何とも難しい講評をいただいて、世代を超えた将棋対決は隠居じいさんの勝ち。
(ずいぶん手を抜いたようであるが・・・)
Sくん、もっと強くなってまたお相手をお願いするそうですが、ちょっと急がないと隠居じいさんにはそんなにたくさん時間が残ってないかもよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月31日 (月)

年の暮れのご挨拶

F009d43832204a5d9c0fc0c8d8ae341d

関西では、ここ2、3日の荒天から打って変わって穏やかな天候の大晦日を迎えました。

今年も1年、こちらへお越しいただいた方々、コメントを残してくださった方々、ありがとうございました。
ブログタイトルからはどんどん離れ、日々の雑感を綴っただけのなんてことないブログでしたが、毎日たくさんの人にご訪問いただき、ブログを続ける大きな励みとなりました。

来年も変わらないお付き合いをお願いするとともに、皆さま方のお幸せを心よりお祈りしています。
良いお年をお迎えくださいませ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月22日 (土)

ギガよ わたしのギガ

わたしはスマホのモバイルデータ通信量の上限を2GBに設定していて、それを超えると通信速度が遅くなります。

これがめちゃくちゃ遅い。
Yahoo!のトップ画面を開くのに1分ほどかかり、どれかひとつニュースをタップしてもこれまた画面が開くのに延々と待たされるのです。

自宅ではWi-Fiに繋がり、外ではモバイルデータ通信に繋がり、フリーのWi-Fiには繋がないようにしています。
家族で容量を分けあえるプランではないので、正直2GBは厳しいです。
外では動画は見ない、インスタや画像の検索もできるだけしないようにしています。
電話代と車のガソリン代はB男くんが払ってくれているので、せめて電話代だけでも我慢というか節約に努め、誠意を示しているつもりです。
ときどき、使用GB数を確認して、それまでの日数で割って、かける31日にしてみて、お、しめしめ、この調子なら2GBでおさまりそうだ、とか、あれま、オーバーしそうだとか一喜一憂しているのです。

しかし・・・
休みの日に家から一歩も出ないのにGB数が増えているのはなぜ?という事態に直面しました。

調べてみると、なんと・・・
自宅のWi-Fi通信が安定していないと、Wi-Fiアシストとか、Wi-Fi安定制御機能とかいう動作が働いて、自動的にモバイルデータ通信に切り替わることがあるらしいのです。

例えば、自宅でyoutubeなんぞ見ながらWi-Fi電波が届きにくい部屋へ移動しても、途中で動画が止まらないようにしてくれる便利な機能なのですが、おいおい、Wi-Fiに繋がってると信じてるのに、勝手な真似はやめてちょうだい、ってハナシですわ。

これは設定から変更できるようです。
ついでに言うなら、今のスマホに機種変更したとき、お店の人が2GBを超えたらわざわざ申し込みをしなくても勝手に1GB追加されるというプランをなんのお断りもなくつけてくれていて、ひと悶着ありました。

必要なもの、そうでないもの、しっかり見極めて生きていかないと、これからの老後、悪い奴らに騙される恐れが大です。

ボーッと生きてんじゃねーよ、わたし!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年12月14日 (金)

はじめまして・・・

Photo_3
カジュアルな服装で玄関に立った姿は
「ちょっと立ち寄らせていただきました・・・」
って感じで、ご挨拶と自己紹介とあとは楽しい話で時間が過ぎました。

「下劣な話はなし、親父ギャグもなし、いろいろと詮索するような質問攻めもなし、あと、う~ちゃんとか呼ばないこと」
う~じんから事前に釘を刺されてはいましたが、鍋を囲みお酒も進むとだんだん話は盛り上がり、最後はお互いすっかり打ち解けました。

Tくんは背が高いので、家具の上などに積もったほこりが見えるんじゃないかと心配しました。
「大丈夫です、見ません」
と言ってくれましたが、それって見えてるってことね。

だいたいわが家へいらしたお客さんはお泊りすることが多く、Tくんも例外なく一泊していきました。
(そのためにTくん専用のタオルやバスマットを買い足した)

初めて訪問した彼女の家で、家族と一緒にご飯を食べ、お風呂に入り、泊まる・・・
さぞや緊張したことでしょう。

う~じんが、朝食のじゃがいものガレットをおかわりしてさらにおかわりを要求、さらにさらにチキンナゲットのようなものはないのか、と言いました。
「急に言われても、そんなものはありません、Tくん、何とか言うてやって」
「わかりました、ガツンと言うときます」

・・・この子は頼りになりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月 8日 (土)

どうした、わたし!

世界地図を買いにダイソーへ行きました。

店員さんに尋ねて、売っている場所まで案内してもらって手に取りカゴに入れたはずなのに、家に帰ったら、袋に入っていませんでした。
レシートにも記載されていませんでした。
ひょっとして自分のかばんに入れたんじゃないかと思いましたが、そんなことはありませんでした。

レジで並んでいるときに『きゅうりのQちゃんふりかけ』というものが目に留まり、並びながら手を伸ばしてひとつカゴに入れました。
家に帰ったら『ポテチ味のふりかけ』が入っていました。

隣のスーパーで、4個で98円のピーマンを袋に詰めて、セルフレジで5個と打ってしまいました。

Img_4180

戸田恵梨香が若年性アルツハイマーに冒されるドラマでは、彼女の症状に自分が当てはまるものはないかと思いながら見ています。

とにかく最近、物忘れの進み具合が日に日に増していて、とても落ち込むことがあります。
どうした、わたし、しっかりしろ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

喧々諤々

温泉年越しに気を良くした我が家では、次の年末年始も温泉に入り、美味しいものを食べながら紅白歌合戦を見ようという意見で一致しました。

賛成です、大賛成です、わたし。
おせち料理やお雑煮などの準備はしなくていいし、愛犬まろんも天国へ行ったから、預けるところを探さなくてもいいし、どこにでも行ける。

だいたい、家族のお出かけのネックとなっていたうーじんの仕事は、今年からカレンダー通りの勤務になったし、この機会を活かさなくてなんとする。

前回の北陸のカニづくしはよかったねぇ。
食べきれないくらいだったねぇ。 (写真はイメージです)

Photo
しか~し、ここにきてモンダイ発生。
最近、あねこはカニやエビを食べるとアレルギーが出るようになったのです。
昨年末、北陸の温泉でカニを食べすぎたのがいけなかったのか、あれ以来、カニやエビを食べると気持ちが悪くなって吐くらしいのです。

そうか・・・
では、和歌山へクエを食べに行くのはどうだろう、おいしいらしいよ、クエ。 (写真はイメージです)

Photo_2

家族がそれぞれの職場を通じた福利厚生システムであれこれ探しました。

あねこが見つけたプランはずいぶん高いとB男くんからクレーム。
B男くんが探したところは旅館の質がちょっと落ちるので女子たちからクレーム。
いつもこういうとき、う~じんはあまり積極的に絡んでこない、たぶん文句を言われるのがいやで一歩引いているんだと思う。
ただ、決まったことに文句は言わない。

とにかく、クエはお高い。
和歌山は、電車で行くにしても車で行くにしても遠いし高くつく。

「お正月はもともと高い」
「安いところはそれなりのところばかり」
「じゃあ、どういうのがええの?」
「全員が満足するのは無理やな」
「やっぱお正月は家でゴロゴロするか・・・?」

そういうわけでクエをやめるか、計画自体を見直すか・・・ただ今我が家のLINEは喧々諤々、混沌としています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

A文庫

職場の若い男子のAくんが、浅田次郎さんの小説のファンだということがわかり

「何が一番好きですか?」
「壬生義士伝かな」
「幕末ものの中でも、あれは最高峰ですね」
「中原の虹とか蒼穹の昴とかの中華ものは読みました?」
「まだです、持ってたら貸してください」

と話が弾み、手持ちの本を交換しはじめました。

ふたりで始まった読書サークルには、Aくんが本を提供してくれることが圧倒的に多いので、Aくんの名前を付けてA◎◎文庫と呼んでいます。
最近では読むのがとても早いT女史も加わり、感想を言い合ったり、Aくんに次のおススメを催促したりします。

記憶に残るものとしては・・・

NHKでドラマになった『満願』がとても面白かったので、さっそくBOOKOFFで原作を買ったと薦めてくれた米澤穂信

同じくドラマになった『乱反射』の貫井徳郎
この人の作品では、映画化されたものの、封切り前に出演俳優にスキャンダルが発覚した『愚行録』

推理ものの中でも題材が地味、でも丁寧な人物と背景の描写に感動する横山秀夫は、はずれなし

実はわたしは、50歳前から手元の細かい字が見えにくくなり、特に暗いところでは本や新聞を読むのが苦痛なので、読書とはすっかり縁遠くなっていたのですが、Aくんの励ましともお叱りともいえる声に後押しされて、老眼鏡の度数を上げて読書に励んでいます。
サークルのオリジナルブックカバーも作りました。
(一部画像に処理をしています)

Img_3247
この3連休は2冊借りてきて、夜もさっさと家事を片づけて、文庫本を持って寝室へいそいそと向かう日々です。
いい作品に巡り合えると心がとっても豊かになる感じがして、今さらながら読書の楽しさを感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧