2012年3月17日 (土)

卒業

う~じんの大学の卒業式でした。

4年前、希望する大学じゃなかったけど、浪人するのが嫌で泣く泣く入学した春から・・・早かったなぁ。
無事に卒業できて、親としての役目も大きな山場を越えた気がします。

その日う~じんが選んだ衣装は、わたしの振袖でした。
自分からそれでいいと言いだしたのですが、やっぱりちょっと絵柄が時代遅れな気がして
「貸衣装の袴にしようか?」
と言っても
「2~3時間のことだからもったいない」
と言い張りました。

袴の子が圧倒的に多く、振袖は目立ちました。
「お母さんの着物を着てるねん」
ともだちに嬉しそうに話しているのを見ると、あながち我慢して着ているようでもなさそうでした。

S

う~ちゃん、卒業おめでとう。
どこにいても勉強はできる、悔しさをバネにするということを、身を持って学んだ大学生活でしたね。
その経験は今後も、苦しいときや哀しいとき、あなたの支えになることでしょう。
経験はただ漫然と積むだけではだめ、そこから学ぼうとする姿勢が豊かな人間性を作ることになるんですね。

いつもそばにいたお父さんとお母さんは、これからはちょっと引き下がってあなたを見守ることになります。
今までのようにすぐに手を貸してあげることはできないかもしれません。
自分で考えて、判断して乗り切っていくんですよ。

明るく素敵な未来が待っているように祈っています。

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

おめでとう末っ子甥くん

過去に姪・甥とそれぞれ結婚式を紹介してきましたが、このたび最後の甥の結婚式がありました。

Photo

お料理がよかったです(おいっ!)
キャビア・フォアグラ・トリュフ・・・世界の珍味がた~っぷり出ました。
「こんなハイカラなもん、次はいつ食べられるかわからんから残さず食べよう」
「もったいない、3日くらいに分けて食べたいもんや」
スピーチも余興も何にもないわたしたち夫婦は、感激しながら残さずいただきました。

友人たちのKARAのダンスあり、新郎の教え子のビデオレターあり、これまた泣いて笑って楽しい披露宴でした。

この日の注目はこの子、3年前に結婚した姪のこどもが紋付き袴風の洋服を着てきて、みんなの人気をさらっていました。

Cimg9723

ああ、わたしも孫がほしい。
その前にたくさん出してきた結婚と出産のお祝いをいただく立場になりたい、ぶつぶつ・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

おめでとう!甥くん

先日、甥の結婚式がありました。

Cong

新郎新婦は大学のスポーツ部の部員とマネージャー、ふたり共通の友人がたくさん出席してくれていて、あたかも同窓会のノリでした。
昨年の 姪ちゃんのとき は遠くへ嫁ぐということもあって、式でも披露宴でも泣かされましたが、甥夫婦は実家の両親らとは別居するとは言うものの近くに居を構えるので、家族がひとり増えるという感覚で、親族みんながのんびりとお料理とお酒を楽しみました。

反対に、大事な娘さんを遠くへ嫁がせる新婦の親族はさめざめ泣いておられます。
「B男くん、うちらも覚悟しとかんとあかんねぇ」
「バージンロードっちゅうんかいな、あんなん泣けてくるわ、手と足が一緒に出たら笑えてくるし、あかん、やめてもらおう」
泣けるのか笑えるのかよくわからないことを言ってます。

ウエディングケーキは新婦の実家から『白い恋人』、そして新郎の祖父が丹精こめて作ったぶどうがそれぞれ飾り付けてありました。

Cake2 

さて、先日わたくしこの日に向けて2~3kgほど痩せたいと言いましたが、見事に目標達せず!
-1.5kgほど(う〇こ1回分くらい)体重は減少しましたが、みちった感は拭えませんでしたので、写真はそのまま載せることができません。
モザイクをかけると何も着ていないように見え、これで精一杯、あとは想像してお楽しみください(別にくねっているわけではありません)。

Photo

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

新年のごあいさつ

Photo_5 

昨年の後半はタイトルからかけ離れたような穏やかな日々で、何てことのない話題が続いた当ブログへわざわざお越しいただいた方々、そしてコメントをお寄せいただいた方々、どうもありがとうございました。

早いものでもうすぐ嵐を呼ぶ娘がアメリカから帰ってきます、そしてまた怒涛の毎日が待っていると思うと、年頭に当たりふんどしのひもを締め直して武者震い!の心境です(は~ぁ)。

そんなこんなで体調整えて今年も頑張ります、皆さまなにとぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

初任給

あねはただ今、東京で研修中です。

先日、研修の合間に『初任給を手にしたら』と題して、両親へのプレゼントには何が喜ばれるかというネットでのアンケート結果などを上司が披露してくれたそうです(いい会社だ~^^)。

以前わたしは「旅行券がほしい」と言ってたらしいのですが(言った自分が忘れている)、上司から『現金や商品券などより、またおいしいものをご馳走するというより、形として残るものを贈りましょう』というアドバイスがあったということです。

あねたち新入社員にとっては、初めてのお給料をいただいてすぐGWが来てみんな実家へ帰るというタイミングのよさ(悪さ?)。

そんなこんなであねは、わたしとB男くんに携帯電話のストラップをプレゼントしてくれました。

           Photo

さっそくケータイに付けてみたら・・・                                 わたし愛用の黒いケータイがなんだか古臭く見えるではありませんか。え~い!新しいの買っちゃえ!!

ってことで、機種変更しました。                                     どうでもいいけど、今どきのケータイって高いのですね~。本末転倒という声も聞こえますが、とりあえずこれでストラップに見合うケータイになりました。

そうそう、B男くんはこのストラップのブランドやお値段など、もちろんわかっていないと思われます。このあと行ったサントリー山崎蒸留所のショップで特製ストラップを手に取り「これ、いいなぁ」と言ってましたから~happy02

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

やった~!連休だぁ!!

世間では不景気を反映して嬉しくない16連休のところもあるとか・・・。そんなに休んだら仕事を忘れてしまいそうです、って大きなお世話ですね。とにもかくにもわたしの連休もやっと始まります。

28日の夜、あねが帰ってきました。                                時間がなくてあまりお土産が買えなかったと言いながらも“ピエール・エルメ”のマカロンと“クリスピー・クリーム・ドーナッツ”を持って帰ってきました。

        Photo_2

あねは帰るなり「死んでるんちゃう?」ってくらい寝ました。そして翌日から毎日遊びの予定がぎっしり。「せっかく帰ってくるんだから家にいてあげよう」との親の思いは見事に余計なお世話でした。

ところで・・・

知人から“ぶんたん”というグレープフルーツのような色の大きなみかんをいただきましたので、あねの帰省に合わせてマーマレードを作りました。

        Img_7101

うちは毎朝カスピ海ヨーグルトにゆず茶を入れて食べていまして、この時期このゆず茶が品薄です。特にわたしとあねの好きな“楽園果実のゆず茶”は品切れ状態が続きます。

        Photo

自分で作ったマーマレードは・・・う・う・うまい!!

そのまま食べたら皮の苦いのがちょっと気になるけど、ヨーグルトに入れたら甘酸っぱくてほろ苦くて初恋を髣髴とさせるちょうどいいお味になります。

さあ、あしたから何をしようかな、わくわくsmile

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

お風呂が壊れた、むふっ・・・

昨年夏に交換してもらったお風呂の給湯器、きょうの夕方B男くんが風呂釜をジャバで洗浄しようと慣れないことをして、あらら・・・壊してしまいました。                                                 お湯の出てくる穴のふたを外したら、釜の筒ごと壁の向こうへごとんと落ちてしまったのです。
「あ~ぁ、せっかく掃除しようと思ったのに・・・」
・・・ったく、ぶつくさ言ってないでさっさと業者に連絡したらいいのに、とガス会社の電話番号を押して受話器を渡しました。

きょうは土曜日ですが、この会社は緊急時に備えて土日も夜も当直の人がいます。ガス器具が故障するのは大概夕方から夜にかけてなので、この当直体制は助かります。                                  電話の様子では今日明日には修理に来てくれない雰囲気、わたしならあっさりあきらめて月曜日に必ず来て欲しいと予約するところですが、そこはほれ!しつこいB型のこと、のらりくらりと                                                「え~!?お風呂に入れへんってことですか」                            とか                                                   「月曜日でも夕方でないと家のもんがおりませんけど」                      とか言ってます。そのうちあちらも根負けしたのか、なんとか人の段取りをつけて来てくれることになりました。

ところで、昨年夏にも書きましたが、給湯器の交換に来てくれたのはわたし好みの韓国俳優ソ・ジソプ似のお兄ちゃん。その後ガスストーブ、煙警報機、ガス漏れ警報機・・・何度かその会社の人がガス器具の納入や点検に来てくれましたが、同じ人が二回来たためしがありません。もうそろそろリピートがあってもええんちゃうん!?とわくわくしつつ垂れた靴下を引っ張り上げてお待ちしていましたが、またまたお初にお目にかかる人がふたり来ました。
家の中で作業していた人は、ハン・ジェソクに似ていました。
このガス会社、男前保有率かなり高いです。わたし、日本の男前俳優を10人挙げろと言われたら多分無理だと思うけど、韓国俳優なら瞬時に挙げられます、はい。
ちなみにうちの給湯器は風呂釜に自動洗浄機能が付いていて、ジャバなどする必要はないとのことでした。お疲れさん、B男くん。

Jisopu

 昨年夏、給湯器の交換に来てくれたソ・ジソプくん。憂いを含んだ爬虫類のような目元がたまらなくいい。不幸な役柄が多く、ラストは死 ぬことが多い。

  

Kimhagyun_p

昨年初冬、ガスストーブを取り付けに来てくれたキム・ハギュン氏。 いけ好かない中間管理職を演らせたら天下一品。

Jesoku

本日修理に来てくれたハン・ジェソク氏。ホンモノは韓国の自動車メーカーの重役家庭に育ったええとこのぼんぼんだが、なぜか屈折 した性格の不幸な役柄が多く、ラスト近くでは・・・死ぬ。ラストではな くラスト近くというあたり、脇役の悲哀。

追記:ソ・ジソプくんは7月12日公開の『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』に夜叉という妖怪の役で出演します。人間と妖怪の闘いの裏に秘められた悲しい恋の物語だそうです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

大掃除/ときどきドラマ/のち当たり!

この連休は雨らしい。
「へへ、大掃除は無理だな・・・」
先延ばしにしたところで、いずれはやらなければならないのに姑息な考えにとらわれる自分、いいトシして最低だな、と思うけど・・・。       

夕べ、B男くんは忘年会で遅い帰宅の後こたつで寝てしまったし、わたしは夜中まで年賀状を作っていました。                                        今朝起きたらやっぱり雨。                                       出かける娘ふたりを送り出し、もう一度こたつに潜り込もうとしたら…             「さぁ、台所の掃除するぞ」                                      とB男くんが張り切っていて、雑巾はどれを使うんだ、ワックスはどこにあるんだとやかましいことったら。挙句、住まいの洗剤と換気扇カバーを買いに出かけました。                               「せっかくの三連休やのにばたばたしてからに・・・」                       と、わたしはともだちがおもしろくないとの評価を下した、ぺ・ヨン様の新ドラマなど見出しました。確かに、登場人物が多くて相関がつかめない、CGが多くて目がちかちかする、けど掃除するのいやだからもうちょっと見よう・・・などとぐだぐだしている間にB男くん帰宅。 仕方なくドラマはやめて、ふたりで換気扇、壁、照明などを中心に掃除を始めました。                                                      ところで、我が家のキッチン台と吊り戸棚はL字型になっていて、コーナーのところにはやたらモノが収納できます。奥の方には手が届かなくて何が入っているのか、もう何年も確かめたことがありません。掃除をやり始めたときの意気込みがだんだん失せていくB型に比べ、やりだしたら徹底的にやらないと気がすまないA型のわたしは、そこに手を付けたのです。                                                 Photo Photo_2 ㊧どひゃ~~!!         インスタントコーヒーの空き瓶がごろごろと出てきました。なぜか?㊨こういう使い方をしているから。いつか使うだろうと思って空き瓶を残しておいても、残しておいたことを忘れどんどん棚の奥にたまっていったのです。

あれやこれや捨てて、壁や床をぴかぴかにして、ワックスが乾くまでB男くんとコーヒーを飲んでいたらこんなものが届きました。       やった~!!前から欲しかった黒い土鍋。モランボンさんありがとうございました。これからも辛いもの道を邁進します。Img_4025_3 Img_4026_3

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

さぁ、クリスマスだ!

街にジングルベルの曲が流れ出すと、いいトシした大人でもわくわくして、何となく嬉しいものです。                                                 ここ数年、姑の介護や娘たちの受験で気持ちに余裕がなかったのと、出すのも片付けるのも大人だけの作業に成り果てたのがつまらなくてツリーを飾っていませんでしたが、来年は娘たちがこの家にいないかも知れず、みんなで眺めるツリーもあと何回あるかなしか・・・などと思い至り、出してみました。
わが家のツリーはこれ。
Photo_3

これは、この地に家を建てた年の冬に買ったものです。家が広くなったので調子づいて一番大きいツリーにしました。当時あねは3才、ツリーのてっぺんの星を飾りたがったあねを抱っこしてもその手が届かなくて、抱っこして椅子に乗って飾らせたものでした。
木が大きいと飾るオーナメントや電球などがたくさんいるとまで考えが及ばず、最初のうちは予算の関係でぱら~っとした飾り付け、しかもあねの手の届く範囲ですから下の方だけが飾りたてられたへんてこなツリー。                                    その後、飾り付けにうーじんが参戦してくると、雑誌の付録、靴下、お菓子の箱までぶら下げて、それはそれは賑やかなツリーでした。

ところで、ツリーのオーナメントも業者の策略なのか最近では毎年新しいものが出回ります。りんご、リボン、丸い玉など。わが家でも少しずつ買い足したので種々雑多なオーナメントが段ボールいっぱいになりました。
今年はわたしの好きなものだけ飾ろうと決め、                                           ♪When I was small and Christmas trees were tall~~
なんてビージーズの古い歌など歌いながら、ひとりで飾り付けするのもちょっと楽しい休日の午後でした。Photo_5

散歩の途中で拾ってきた松ぼっくりに金色のスプレーを吹きかけたもの、手足が動くので姉妹で取り合いしたサンタさん、顔が怖いといって泣いた陶器のマリア様、わたしのお気に入りの・・これはなんだろう?木製のカゴ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

あねの誕生日

♪・・・I wanna dance do you like cha cha cha・・・
軽快なリズムの曲が流れ『男女7人恋物語』が始まりました。             明石家さんまと大竹しのぶが演じるカップルの恋の成り行き、心と裏腹な言葉がふたりの間をポンポン行き交うのがおかしくて、毎週このドラマを楽しみにしていました。

と、そのとき・・・臨月でヘソの穴まで伸びきったわたしのお腹に、きゅーんと縛られるような痛みが走ったのです。
ドラマを録画して、車に荷物を積んで、B男くんの運転で慌てて病院へ駆け付けましたが、その後わたしのお腹は緩慢な痛みを繰り返し、ようやく3日後の9月7日、予定日より3日早く産まれた子、それが我が家の長女です。                                               今から21年前のことでした。

Cake 予約しておいたバースデーケーキはこれ。                    およよ・・・またもやバタークリーム、うふっ。
希望どおり、スポンジの間にはレモン風味のジャムが塗ってあり、それが爽やかに香ります。トッピングのチョコは削ったミルク、編み目に固めたややビター、苦み走ったブラック、アクセントにコーヒービートと見た目もお味も多彩です。バタークリームに関してはカスタードかかった色と風味で、まったり感にはやや欠けるもののチョコとのハーモニーは絶妙。
ああおいしかった。今年のバースデーケーキはこれでおしまい。
Photo

あっ!この方の誕生日は来月です。一番かわいがっているあねがケーキを用意するそうです。

                                             

            《Addition》

Photo 誕生日のプレゼントは?とのお訊ねがありましたので、追加で載せます。

これです。中はANNA SUI のキーケースです。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧