« かれこれ半年がかり  | トップページ | たけのこ »

2024年4月13日 (土)

魚のおろし方を注文する

普段あまり行かないスーパーマーケットで鮮魚市をやってるとB男くんが見つけてきました。

どれどれ、週末に2人で行ってみると、鮮魚のコーナーに人だかりができていて、発泡スチロールの箱に魚が丸ごと並べて売られていました。
ブリ、タイ、カツオ、スズキ、ヒラメ・・・
その日の水揚げによって並ぶ魚の種類も値段も変わるようです。

様子を見ていると、いかにも慣れた感じのおじさんが鰤(ブリ)を買って
「半身は刺身用に、あとは焼物用に、アラもつけてや」
と注文していました。
出来上がってきたものを見ると、半分は刺身用の柵に、あとの半分は皮をつけたままの切り身にしてありました。
へぇ、そんな買い方ができるんや、と知りました。

春は桜鯛、初夏の産卵に向けて栄養を蓄えていておいしいとされます。
この日は養殖の真鯛が1,380円、天然物は1,500円で並んでいました。
全部お刺身にすると7〜8人前くらいはありそうな大きさです。

調理の仕方の注文、ちょっと緊張します。
そう言うわたしにB男くんは
「豪気ななりして、何をビビってんねんやら・・・」
意訳すると
『ええトシして、おまけに大きな身体つきしてるくせにノミの心臓かよ』
くらいの意味。

ほっといて!

「半分はお刺身に、あとはしゃぶしゃぶにするから、え~っと」
「全部柵にしときましょな」
こちらの希望を理解してくれた店員さんに感謝。

養殖は柔らかめ、天然は荒波を泳いでいるから身が締まっていると言われます。
この日は養殖にしました、どちらがおいしいとかじゃなくて好みの問題です。
半分をお刺身と鯛めしです。

Img_4827
翌日、残り半分は薄切りにしてしゃぶしゃぶ。

Img_4713

これがまたおいしい。
こうして、すっかり鮮魚市のファンになったわたしたちは翌週も行きました。
色々ならんでいましたがやっぱり鯛が安くて食べ応えありそう。
この日は天然ものにしました。

「全部柵で、アラもつけてください」
ふふふ、2回目は慣れたものです。
隣で様子を見ていた若い夫婦に見せつけてやりました。

Img_4932

この日の刺身はサラダ風にしましたが、なんといっても美味しかったのはアラ煮と鯛めしです。
鯛めしはあらかじめ鯛に塩をして焼いてから生姜と一緒に米の上に乗せて炊くとおいしいです。

孫のAちゃんは鯛めしが大好き、あねこは鯛を買ったら鯛めしの他に昆布じめにしたりするそうです。
あら、それはおいしそう、我が家でもやってみよう。
しかし、そろそろカツオもおいしそうなんですよねぇ・・・。

|

« かれこれ半年がかり  | トップページ | たけのこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かれこれ半年がかり  | トップページ | たけのこ »