« この秋のドラマ | トップページ | 紫の道 »

2023年11月11日 (土)

ゴジラ-1.0

Gozila

ゴジラ生誕70周年記念作品を観てきました。

予告編はこちら

B男くんはゴジラ1作目の公開と同じ年に生まれたものだから、同級生たちはみんなゴジラに特別な思いを抱いているそうです。
「悪いヤツではない」などとまるで友だち感覚、当然全作品を観ています。

結論から言います。
『ゴジラ-1.0』は、おもしろかった。

ゴジラの身体の造り込み方、細かい部分までとても丁寧で、頭部と身体のバランスも安定していました。
人の目線で至近距離まで近づく画面、下から見上げるゴジラ、うまく撮ってるなぁと拍手です。
そしてヤツの破壊力ったらえげつなくて、戦後ようやく復興の兆しが見えた東京の中心をこれでもかと叩き潰す、踏みつぶす。
建造物はコテンパンにやられるけど、人間の遺体や血しぶきなどは直接描かれてなくて、でも充分想像できて恐ろしさ満点。

ゴジラと人間の対決は手に汗握る場面の連続で、そこへ戦争にまつわる重荷を背負った人たちの苦悩や葛藤がプラスされていて、それは日本人にしか描けない世界だと思いました。

久しぶりに大スペクタクル映画を満喫、そしてラストシーンの不気味な映像と尾を引く遠吠え・・・まだまだ続くなぁ。

*映像と画像はTOHOのサイトからお借りしました。

|

« この秋のドラマ | トップページ | 紫の道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この秋のドラマ | トップページ | 紫の道 »