« 新作 | トップページ | 帰って来てはんにゃなぁ »

2023年8月16日 (水)

誕プレ

今年の誕生日に、B男くんから包丁を買ってもらいました。

わたしは普段2本の包丁(ヘンケルスの牛刀と関孫六の三徳包丁)を使っていますが、その使い分けがよくわからないまま、片方が切れにくくなったらもう片方・・・みたいにいい加減な使い方をしています。

包丁を買ってもらうにあたって少し調べてみました。
牛刀は、西洋風で刃渡りが長く、先がとがっていて、元々はかたまり肉を細かく切るためのものです。
三徳包丁は、日本の菜切り包丁と西洋の牛刀を組み合わせたもので、肉・魚・野菜を切る、3つの用途に使える万能包丁です。

わたしは三徳包丁の方が扱いやすく、当然しょっちゅう研がなければなりません。

しかしわたしはこの包丁砥ぎが下手くそなんです。
よく使う部分だけ研ぎすぎるので、まな板に垂直に置いてみると、真ん中あたりが減っていてあちらが見えるほどです。
これを解消しようとして刃元だけ研いだりしますがどうもうまくいきません。
シャープナーではもっとうまくいきません。
なので新しい包丁は、三徳包丁を希望しました。

スーパーの包丁売り場で遠慮がちに3,000円くらいのを手に取ったら
「そんなんでええの?これは?」
B男くんは万円するようなのを勧めます。
「いやいや、そんな上等なん使ったら指を切りそうや」
と間を取って5,000円くらいのにしました。

Photo_20230811154501

関孫六は鎌倉時代から多くの刀剣職人を出してきた岐阜県関市のブランドで、孫六兼元とも言われます。
もうひとつのブランドの和泉守兼定のもとで修業を積んだのが2代目兼元です。

関西では大阪の堺打刃物というものも有名ですが、こちらはプロが使うようなイメージで、わたしはずっと関の包丁を使っています。

新しい包丁は、皮付きのトマト、牛スジ肉、キャベツの千切り・・・それは気持ちいいくらいにスパッと切れます。
使いすぎたらすぐに研がなければならないのでもったいなくて、ヘンケルスも多用するようになっています。
どうかするとヘンケルスばっかり使っています、これはもう本末転倒です。

|

« 新作 | トップページ | 帰って来てはんにゃなぁ »

コメント

れいちさん、誕生日おめでとう🎊

誕生日プレゼントに包丁。
熟年夫婦の地に足が着いたチョイスですね👍
マメにお料理するれいちさんへの感謝の気持ちが伝わります。

研ぐのが勿体ないから、ヘンケルスを多用する、、、わかる、わかる😆

私の住むあたりじゃ、毎月一回スーパーの軒下に包丁研ぎの車が営業してます。
5〜600円位。
プロの仕事だから決して高くはないんだろうけれど、安い包丁なのに何回かソレを払ったらアッという間に本体の値段を超えちゃうと、見向きもしなかったんです。
でも、近年上手く研げなくなって、、、たま〜にプロにお願いするのもいいかもですね。

投稿: bonn | 2023年8月17日 (木) 09時36分

bonnちゃん
暑いねえ、暑いけど食べることが大好きな娘が帰省してますので、おさんどんしてますねん、新しい包丁で。

うちの方のスーパーにも包丁売りと研ぎ屋さんが出店していることがあります。
興味がないからスルーしてました。
今度、片減りしてる包丁持って行ってみようかな。
いやいや、あれはもう捨てかな。

昔は包丁研ぎ屋さん、家の間を回ってきましたよね。
軒先で道具の入った箱を出して、ちゃっちゃと研いでいるのをじっと見ていた覚えがあります。

新婚時代にはピンポーンと回ってこられました。
こちらはやってもらいませんでしたが、高かったような気がします。
bonnちゃんの言うように2、3回で新しいのが買えそうなお値段でした。

今、あの仕事ウケるのではないかと思います。
5〜600円、1日10本くらいじゃダメだな、50本くらい研がなくては。

投稿: れいち | 2023年8月17日 (木) 10時20分

えー?
以前からそちらの方でもありました?
私は、この地に住んで初めて気づいたわ。

金勘定じゃありません。
SDGsの心掛けだねぇ😆

投稿: bonn | 2023年8月17日 (木) 14時44分

bonnちゃん
金勘定じゃない、う〜む、まさにそうですねぇ。
使えるものはとことん使う、リサイクルできるものはする。
それは大事なことだけど、年々、カネで済むことなら、払っちまおう、とも思います。

しかし、包丁が上手に研げる人になりたいもんだね。
慣れ、だな。

投稿: れいち | 2023年8月18日 (金) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新作 | トップページ | 帰って来てはんにゃなぁ »