« 端午の節句 | トップページ | 「ザ・グローリー」イッキ見 »

2023年5月10日 (水)

かもめ食堂から

この夏は信州あたりのペンションへ行ってみたくなりました。
小林聡美サンがペンションのオーナーとなって宿泊客と触れ合うドラマ『ペンションメッツァ』を観たからです。

Photo_20230505131701

お客は役所広司さんや伊藤健太郎くんや板谷由夏さんなど。

『かもめ食堂』のように事件が起こるわけでも、ハラハラドキドキさせられるわけでもありませんが、1話30分のドラマは次々観てしまいあっという間に7話が終わりました。
休日の夕方にTVでやってる、都会から移住して田舎でカフェやってます、木工や陶芸やってます、って言うスローライフを紹介する番組に似通ったものがある、ゆる〜いドラマです。

聡美さんが宿泊客と交わす会話にちょっと共感することはあっても、それも本当にちょっとです。
なのに続きが気になるのは、やはりこの人が醸し出すおおらかな雰囲気、細かいことは気にしない、明日は明日の風が吹く、美味しいものを食べたら幸せな気分になるわよ、メッツァってね、フィンランド語で『森』って意味なのよ、ほら、木々の間を通る風の音に耳をすませてごらんなさい・・・っていう世界観に惹かれて、でしょうか。

『かもめ食堂』のとき、聡美さんは41歳でした。

Photo_20230505131702

あれから17年、容色が全く衰えてないかと言うとそうでもなく、しかし、いい感じに年齢を重ねてこられたようで、自然な演技により磨きがかかっています。
ナチュラルなメイクとリネン系ファッション、飾らないインテリア、森の木々を眺めながらテラスでお茶・・・
こんなペンションに泊まってみたいと思わせる背景です。

そうそう、同じく聡美さんの『パンとスープと猫日和』という2013年のドラマは、スープがメインの食堂で、聡美サンが人とつながる様子を描いています。

Photo_20230505131703

聡美サンのドラマは、ステイホームでゆったりとした気分で観るドラマ、観終わった後ほんわかするドラマなんですねぇ。
わたし個人的には、これらのドラマに共通して言えることは、出てくる食事がどれも美味しそう、と言うことです。
ああ、読みかけの小説と気になる新刊を何冊か持って、土地の野菜をおいしく食べさせてくれるところへ行きたいなぁ・・・。
*画像は、U-NEXTの紹介サイトからお借りしました。

 

|

« 端午の節句 | トップページ | 「ザ・グローリー」イッキ見 »

コメント

『ペンションメッツァ』2巡目イってます♪
実は最初は1.5倍速でさ~っと観てしまったので、今度は毎日1話ずつじっくりと。。^^
Netflix…色々観たけど、2巡目は初めてかも!

『めがね』(与論島に行きたくなる)
『プール』(ツェンマイ(タイ)に行きたくなる)
…も、お勧めです♪

お料理は、たぶん全作品、飯島奈美さん監修だと思います。
他の映画・ドラマなどでも、もしや?と思って調べてみると、彼女だったことが何度もありました。

今、例のアレ?も楽しみな週末です^m^♪

投稿: のりりょん | 2023年5月12日 (金) 09時32分

のりりょんさん
2回目視聴ですか、なんと。
なんかねぇ、ココロが平安なときに見るべきですね。
そして視聴後はもっと平安になるドラマです。

めがね、プール、どちらも我が家の視聴環境で無料だわ。
早速見てみよう、っと言ったものの、ただいま「ザ・グローリー」にハマってて、ちょっと他のものは見られないんですよ。
例の悪いおんまも棚上げです。
おんまのムスコくん、グローリーではとってもいい役です。
ソン・ヘギョと競演した若手男優さんはだいたいブレイクしますけど、このムスコくんも伸びていきそうです。
あとは知らない俳優さんばかり、ヘギョちゃんにギャラ使いすぎたんかなぁ?
とにかくおすすめです。

投稿: れいち | 2023年5月12日 (金) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 端午の節句 | トップページ | 「ザ・グローリー」イッキ見 »