« サムギョプサル at home ジョウンデイとともに | トップページ | 神君伊賀越え »

2023年4月29日 (土)

飽きたくない

最近、わたしの韓ドラ鑑賞意欲にちょっと陰りが見えてきました。

昨年の冬クールは日本のTVドラマに気を引かれるものが多く、そちらを観るのに忙しくて韓ドラから遠ざかってしまいました。

韓国のスリル・サスペンス・アクションものでは、韓国特有のリアルさを追及、残忍な場面も惜しみなく見せるのが普通で、わたしはこれが苦手。
恋愛ものはたまにはいいけど、続くとなんだか貴重な時間を無駄にしたような気分になる。
社会派、人間模様を描いたものは好きで
・ミセン
・ディアマイミスター
・賢い医師生活
・刑務所のルールブック
これらは力作として記憶に残っています。

Netflixでは『〇〇を見たあなたにはこちらもおススメ』と次々作品を紹介してくれますが、どれもいまひとつピンと来なくて、1話2話あたりでリタイアしてしまいます。
この間、久しぶりに韓国へ行き、ロッテデパートのスターアベニューの閑散とした風景を見て、韓ドラ初心者として食い入るようにドラマを観ていたことを思い出して、最近のドラマの見方は韓ドラファンとは言えないなと思い至ったわけです。

ユン・ソクホ監督の四季シリーズ、製作順は

①秋の童話(2000年)
②冬のソナタ(2002年)
③夏の香り(2003年)
④春のワルツ(2006年)

秋の童話は韓国での最高視聴率が42%と驚異的なヒットだったので冬のソナタが作られ、そこから夏、春へとシリーズ化されたのです。

わたしが観た順

Photo_20230419172602

Photo_20230419172601

Photo_20230419172502

Photo_20230419172501

冬のソナタが日本で放映されたのが2003年ですから、かれこれ20年前になるんですね。
いっけない!夏の香りなんてストーリーを全く覚えてないわ、どうしよう、ソン・スンホンの衣装がやたらノースリーブで、上腕二頭筋を見せつけていたことくらいしか思い出せへん。
あ、春のワルツも覚えてない、困った、主役のソ・ドヨンくんはこのドラマ以外では見たことないやん。
なんかちょっと寂しいものがあります。

録画をしながらリアルタイムで観ていた冬ソナ、翌日には近所の奥さんが来て「観た?どうなっていくんやろ」と熱く語り合ったものです。

だいたい最近の韓ドラの、おしゃれなキッチンで洋風の料理を作り、大きなベッドが置かれ整然とした寝室で絹のパジャマを着て寝る、という設定に物足りなさを感じてしまいます。
勝手口のあたりでコンロにアルミの鍋をかけてチゲを作るとか、オンドルの部屋でせんべい布団に洋服のまま寝るとか、そういうものばかり見たいわけではありませんが、少し韓国文化を感じられる設定があってもいいと思うんです。

Obdoru

秋の童話のソン・ヘギョは、ドタッとしたブーツを最初から最後まで履いていて、誕生日には大量のわかめスープを作ってもらっていました。
なのに最近のドラマでは、キューバでおしゃれなサンダルを海に落とし、拾ってくれた男性と恋に落ちる、医者として派遣された海外の扮装地帯でもきれいな白衣とサラ髪で颯爽と治療にあたる・・・などなど、韓国らしさが見当たらないんです。

ああ、また心を揺さぶられるようなドラマに出会いたいもの、飽きてしまったとは言いたくありません。
良質なドラマは、わたしの生活に彩りを添えてくれて、生きる糧となり、しなびたココロに注入されるカンフル剤のようなもの、おすすめのドラマがあればぜひ教えてください。

|

« サムギョプサル at home ジョウンデイとともに | トップページ | 神君伊賀越え »

コメント

れいちさん
こういう話題に飛びついてしまう私、れいちさんと知り合ったのも、20年ほど前の某韓国ドラマ掲示板でしたね。

確かに最近の韓ドラはおしゃれ過ぎます。

「夏の香り」は、ソン・イエジンが心臓病を持つフローリストでした。韓国のお茶畑をバックに青いシャツを着たソン・スンホンが映えていて、さすがユン・ソクホ監督の作品でした。
最終回、重体だったソン・イエジンがアメリカで移植手術を受けて復活ってストーリーに、あり得ない!と思いました。って、書いたら、思い出しましたか?


昨日、れいちさんが探しているようなドラマを紹介されました。
https://ciatr.jp/topics/323328

韓国語では「悪い母親(ナップンオンマ)」
ネトフリでは「良くも、悪くも、だって母親」というドラマだそうです。

もし、見ることがあったら、感想を教えてくださいね。

投稿: 秀子 | 2023年4月30日 (日) 12時04分

秀子さん
はっきりしないお天気のGW始まりです。
訪日客も増えてきているようで、お仕事忙しいのでしょうね。
せめて良いお天気の出勤といきたいものですね。

夏の香りの茶畑、覚えています。
ソン・スンホンはこのドラマで初めて見たので、茶髪の上腕二頭筋オトコとスリ込まれてしまいました。
イェジンちゃんが心臓の悪い役というのも、言われて思い出しました、笑。

ご紹介のドラマ、「良くも、悪くも、だって母親」はNetflixでオススメに出てきましたので、1話だけDLして観てみました。
そしたら奥さん、これがなかなかパンチの効いた始まり方、ネトネトの韓国らしさで面白くて、2話もDLしました。
3話からの配信はまだです。
時代はだんだん現代に近づいてくるようですから、さて、オンドルからマンションになるかもしれません。

とにかく、何でもかんでも観ていたあのころ、韓ドラ好きが集う某掲示板の書き込みから学ぶことも多く、楽しい毎日でした、は〜あ。

投稿: れいち | 2023年4月30日 (日) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サムギョプサル at home ジョウンデイとともに | トップページ | 神君伊賀越え »