« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »

2022年8月29日 (月)

お食い初め

早いもので、5月に産まれたAちゃんが100日目を迎えました。
お食い初めは、産まれた子が無事に100日を迎えられたことに感謝し、一生食べ物に困らないようにとの願いを込めてお祝いする行事です。
あねこ夫婦が段取りしてくれて、両方のおばあちゃんがお呼ばれしてきました。

Aちゃんのお祝い膳は朱色のお椀に、鯛やお造り、はまぐりのお吸い物などおめでたいお料理が並びました。
歯固めの石も添えられています。
お宮参りのときに神社から頂いた石やお箸も並びました。
このお食い初めのお祝い膳の食器は、男の子は中も外も朱色、女の子は内側が朱色で外側が黒色というのが正式な色だそうです。
古くは平安時代、赤は黒より位が高く、当時は男の子の方が優遇されてきたという経緯があるからだそうです。

Photo_20220829164401

関西では、お食い初めのお祝い膳にタコを用意します。
これは、タコが多幸につながるようにとか、いつまでも丈夫な歯でタコが噛めますようにとの意味合いがあります。
さすがお料理屋さんの仕出し、見た目もきれいに整えてくれました。

はる男くんのお母さんはお赤飯とケーキを手作りしてきてくれました。
事前にあねこから聞いていたので、わたしは果物を用意して行きました。
あちらのお母さんは気を使わなくて済む気さくな方ですが、B男くんは常々「うちの孫やないねんから、ちょっと控えめにしとかなあかん」というとおり、お祝いのときには金額その他ちょっと気を使います、まぁ常識の範囲内ですから気楽ですが。

石を嚙まされたりタコを舐めさせられたり、みんなに見守られてにこにことAちゃんは上機嫌で過ごしていました。
わたしはあねこのお食い初めのときの写真を用意して行ったら、なんとはる男くんのお母さんも偶然お宮参りやお食い初めの写真を持参されていて、ちょっと色あせた写真を見比べながら和やかで賑やかでとても楽しかったです。

この日はおばあちゃんふたりのお誕生日が近かったので、こんなセットの前で記念撮影をしました。

Hbd

| | コメント (0)

2022年8月16日 (火)

手続きあれこれ

今までわたしは、年齢的なことになるとむにゃむにゃごまかしてきましたが、正直なところ先日65歳になりました。

65歳になるとそれまでもらっていた厚生年金に加えて基礎年金が支給され、年金に関しては全て支給されることになります。

公務員なのに厚生年金?
それはいったん正職員を退職して嘱託職員をしていた期間の分です。
そしてわたしは公務員でしたから、公務員共済年金というものも支給されており、国民年金機構や共済年金事務所から通知や確認書類が来ます。
さらに退職者年金という、これは自分で給料から積み立ててきたものですが、これも県の共済組合支部から確認の書類が来ました。

あ、最初に言っておきます。
あちこちの機関から年金が支給されてさぞたくさんもらっているんでしょうね、などと思われるかもしれませんが、それは大きな間違いです。
微々たるものです、何百円というものまで含みます。
以前、支給概算金額のお知らせがあったとき
「ひと月にこれだけしかもらえへんの?」
と言って、B男くんに
「それ、年額やで」
と言われたことがあります。

各機関から通知が来るたびに、言葉の意味を理解するのにかなりの時間がかかりました。
『お問い合わせはこちらへ』と書かれたところへ連絡しても、質問しているこちらが仕組みをよくわかっていないのと言葉の意味を理解できていないので、とことん詰めて聞くことができません。
さらに「それは別の機関ですからそちらへ聞いてください」などと言われてとほほ・・・。
この解決策として
「あまり詳しくないので簡単な言葉でわかりやすく説明してもらうと助かります」
と先に断っておくことを身につけました。

さて何とか書類に必要事項を記入して提出書類を揃えて返信用の封筒に切手を貼って(最近の返信用には切手は貼ってない、料金後納でもない)期日までに提出したと思ったら、またもや別の機関から分厚い封筒が・・・

市から『介護保険証』が送られてきました。
さらに介護保険料は年金から差し引くけれど、算定額が出るのが少し先になるのでそれまで納付書で支払うか口座振替にするか選んでください、という書類も入っています。
これも意味を理解するまで3回くらい説明を読みました。
これらの手続きをわかりにくくしていることに直接関係ないチラシが入っていることがあげられます。
少し前に同じ手続きをしたB男くんに教えてもらってようやく理解できました。

面倒である。
60歳になったときも面倒な手続きをした覚えがあるけど、65歳もなかなか面倒です。

さて、上記の『確認の書類』とは・・・
『65歳からの支給を希望するか、繰り下げにするとこれだけお得ですよ』
というものです。

ここでも『繰り下げ』の意味がよくわからない。
B男くん、B男くんちょっと教えて!
65歳からの支給を65歳から75歳までの間で好きな時期に支給開始時期を選べる、するともらえる金額が増える、というものだそうです。
例えば65歳からの支給と75歳での繰り下げ支給との損益分岐点は86歳です。
65歳から少ない金額をちまちまもらうのと、75歳で増額された支給額を比べたら、86歳でとんとんになるということだそうです。

この『先延ばしにするとこれだけお得ですよ』に関しては、バンバンに押してくる。

Trs
わかりました、でもわたしは86歳まで生きる自信がありません、元気なうちにもらえるものをもらって元気なうちに使います。

こうして節目の手続きは完了したと思います。
うっかりボケてなんかいられない、という節目の誕生日でした。

| | コメント (4)

2022年8月13日 (土)

大葉、大好き

わたしは大葉が大好きです。

お刺身の添え物や料理の香りづけに重要な役割を果たせても、単体では主役になれない少し控えめなヤツですが、天ぷらや大葉味噌、醤油漬けにするとたまらなく美味い!
家族でお刺身を食べるときは、みんながわたしに「はいどうぞ」と言いながら大葉をくれます。

ところで、農協のマーケットに行くと、地元産の変わった野菜が出ていたり旬の野菜が安かったりして、わくわくしながら売り場を回ります。
先日はこんなものが出ていました。

Img_3873

葉っぱが付いたまま枝ごと数本、100円です。
あたり一面に漂うさわやかな香り。
大葉は日本が誇るハーブです、きっぱり。

こんなシールが貼られていました。

1ninni

ちょっとニューアークのリバティー空港のレストランのこれを思い出しました。

Photo_20220813151901

ともあれ、クッキングサイトで大葉の大量消費と検索して出てきた、大葉入りのつくね大葉包み焼きを試してみました。

Tukune

農家から直送で運ばれてきたからか、香りが強くてとてもおいしかった。

実は我が家の狭い庭にも勝手に大葉が生えています。

Img_4010
農協で買って来て花瓶に入れていたものはすぐに茎が腐ってきたけど、庭でひとり生えしている大葉は、切って花瓶に挿しておくと茎の切り口から根っこが出てきて、いつまでも水がきれいなまま持ち次々葉っぱが出てくるんです。

Img_4048

ちょい使いにとても便利です。

| | コメント (0)

2022年8月 7日 (日)

4回目

コロナワクチン4回目の接種をしました。

今までの大規模接種会場での職域接種ではなくて、今回はいつも行くスーパーマーケットの中にある特設会場での接種を予約しました。
前回接種からちょうど5か月あけた日に接種券が届き、最短では2日後に空きがありました。
世の中の人たち、度々の接種に飽き飽きし、緊迫感が薄れ、人気がないのでしょうか。
確かに「これ以上どう気をつけろというのか」という気運もありありです。

さて、予約の当日、お買い物ついでに少し早めに会場へ行ってみると、売り場の端っこの方に白い塀で仕切られたエリアと中が見渡せない狭い入り口があり、案内係のおじさんがひとり。
「30分ほど早いんですけど・・・」
「どうぞどうぞ、全然かまいません」
え?
ひょっとしてガラガラ?

検温をした後、パーテーションの向こう側へ回ってみると、、、
予想以上に明るく広いスペースに係の人がたくさん、そして接種を待つ人も受付、本人確認、問診などのブースに若干の行列ができていますが、滞りなくハケていってます。
『会場内撮影禁止』の貼り紙が見えます、ぷぷぷ。
問診が済むとそのままその医師が注射を打ってくれて、あっという間に終了です。
その後待機時間を経て、20分くらいで終わりました。

今月末、少し長めにあねこが帰省することになっています。
去年のお正月以来、なんと1年半ぶりの帰省です。
Aちびも一緒です。

職場の同僚の孫ちゃんは1歳2か月でコロナに感染し、39度超えの熱を出してヒィヒィ言うてるそうです。
高熱でアタマおかしいならへんやろか、後遺症が出たらどないしましょ、ととても心配しておられます。
うちも他人事ではありません。
出来るだけの備えをして、無事に楽しく田舎暮らしを楽しんでもらえるように心がけています。

元々、わたしたち夫婦は高血圧の持病があり、感染したら入院治療の対象ですが、果たしてすんなり入院できるものか、自宅療養となり高熱でうなされて不安な日々を過ごすことになりはしないか、そんなことをあれこれ考えるより、接種してスッキリしましょうと。
幸いにもわたしたち夫婦はワクチン接種に関して同じ考えを持っていますので、B男くんは10日ほど前に、わたしは昨日と珍しくスムーズにことは運びました。

丸1日経過しましたが、少し腕がだるいくらいの副反応です。

 

| | コメント (2)

2022年8月 3日 (水)

パケ死

少し前のことですが・・・

仕事帰りの電車内で、スマホの動画配信でダウンロード済みの『ブリティッシュベイクオフ』を見ていました。

これについてはまた別に機会があれば語りたいと思いますが、とにかくおもしろい。
〇千人参加の予選を勝ち抜いてきたというわりには「なんで選ばれたん?」という人もいて、推しメンを決めたり、脱落者の予想をしたり、なかなか見ごたえがあります。
最近『ベイクオフジャパン』という日本版ができて、これがまたセットやルールなど、本家のやり方を忠実に踏襲していておもしろいんです。
地域によって違いますが、ただ今、NHKのEテレやBSでも放送しているようなので、興味のある方は探してみてください。

話は戻って、この動画は見終わった回は削除されて、次回の動画を自動でダウンロードするように、もちろん自宅のWi-Fi環境下でのみやるという設定ですから、家の中でも外でも通信料はかからないはずでした。
それが通勤中、何かの拍子に一瞬FREEWi-Fiにつなげてしまったようで、その後Wi-Fi環境から外れ、自動でモバイル通信の4Gあるいは5Gにつながり次回がダウンロードされてしまったのです。

これを知らないで延々とモバイル通信のままになり、高額の請求をされることを『パケ死』と呼ばれています。
20万円超えを請求された人もいるんだとか・・・。
最近では、通信量の上限を設定していて、それを超えると通信速度が遅くなることもそう呼ぶそうです。

わたしはまだ気づくのが早かったのでよかったのですが、それでも月の半ばでデータ通信量が3分の2くらいを超えてしまい、トホホな事態になりました。

そんなおマヌケなことをやらかしているのはわたしくらいなものでしょうが、知らなかったわ・・・という人のためにこれを防ぐ方法をお知らせします。

「設定」→「モバイル通信」→「Wi-Fiアシスト」と進み、これをオフにするだけです。

Photo_20220731164601

みなさん、お気をつけください。

| | コメント (0)

« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »