« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月29日 (水)

お宮参り

梅雨の間の少しだけ晴れた日、あねこ夫婦+Aちゃんと両家の家族がAちゃんのお宮参りに揃いました。

無事の誕生に感謝し、これからの健やかな成長をお願いする初めてのお参りですから、赤ちゃんには正装として着物を着せます。
30数年前のあねこのときは、両方のおばあちゃんが色無地に絵羽織を羽織っていたものです。
さすがにわたしもはる男くんのお母さんも洋装にしましたが、それでもちょっとよそ行きの晴れやかな服装でした。

早くから、Aちゃんにかぶせる着物はどうするの?うちが用意するの?あちらのおうちが用意されるの?とあねこに聞いても
「う~ん、決めてない」
臨月になっても
「暑い季節やからねぇ」
などと一向に動く気配がありません。
しびれを切らして
「お金でお祝いするから、自分たちのいいようにしなさい」
と言ってそれっきりでした。

さて当日、はる男くんの家が代々厚く信心する神社に、初孫はレンタルの着物持参でやってきました。
よだれかけと帽子とお守り袋もついています。
レンタルでもお下がりでもいいわ、とにかく神様の前に出るんだから形だけでも整っていれば・・・。

Aちゃんはずっと寝んねのまんま、ご祈祷の間に泣かれるのも冷や汗ものですが、うんともすんとも言わないでぐっすり眠っておりました。
こうして無事にお宮参りを済ませました。
神社の境内に咲いていた紫陽花がとても濃い色で美しい。

Photo_20220625153201

ところで、あねこの住まいの界隈の神社では、お宮参りの授与品に地元の子供服ブランドのファミリアからたべぞめセットなるものがいただけます。

Set

Img_3242

とってもかわいい。
でもこれって、ご近所の子どもはみんな持ってるわけだから、保育園に持っていくとみんな同じでちょっとややこしいことになるんだね、ふふふ。

| | コメント (4)

2022年6月25日 (土)

はじめまして・・・2

例年より少し遅い梅雨入りがニュースになった日、初めて孫の顔を見に行きました。
少し長い帰省中のう~じんも一緒です。

「はじめまして、ばあばですよ」
激しく泣かれる・・・。

Hbabd

その前日に乳児の1ヶ月検診があり、体重と身長の伸びは平均的、体調は万全とのことでホッとしました。

この日あらためて出産時の話を聞いてみると・・・

産まれてすぐ元気に泣くAちゃんの様子にスタッフみんながホッとする中、助産師さんが「泣きすぎる」と異変に気付いてくれて小児科の先生に連絡、あれよあれよという間にAちゃんはNICUに連れていかれ、あねこは何が起きているのかわからないまましばらくして分娩台で説明を受けたそうです。

あねこはこの妊娠に際して、初期のころには個人のクリニックで診てもらっていましたが、『何かあったときのために』と、自宅近くの総合病院で出産することに決めて、途中で転院しました。
今となっては産科・小児科・NICUの整った総合病院でよかったと思います。
その後、我が子より先に退院したあねこは毎日母乳を届けなければならず、実家へ帰って来て静養とはいきませんでしたが、はる男くんとふたりで初めての子育てを頑張っている様子が見られて、これでよかったとつくづく思いました。

あねこが母乳をやっている間にはる男くんがちょい足し用のミルクを用意し、母乳が終わったら交代。
ゲップのさせ方もなかなか上手でした。

おむつ交換もふたりでちゃっちゃと素晴らしい連携ぶりで、感心するやら笑えるやら。
「夜中はひとりでやってくれていますから、昼間はできることはやります」
産休と育休を取って、炊事、洗濯、掃除と頑張ってくれているはる男くんには感謝です。

わたしたちがいる間、Aちゃんは寝てるか飲んでいるか泣いてるかでしたが、元気に育っている様子に安心して帰ってきました。

 

| | コメント (0)

2022年6月17日 (金)

トップガン・マーヴェリック

映画『トップガン マーヴェリック』

Bd695b3eb37bf83a
毎日これでもかとテレビやネットで宣伝されるとかえって観る気がそがれるというか、1作目から36年もたっていてトム・クルーズは来月還暦を迎えるっていうのに、そこらへんどうなん?痛々しくないのか?と心配でした。

しかし・・・
1作目で華々しく殉職したマーヴェリックの親友グース、この人はドラマ『ER緊急救命室』の心穏やかなグリーン先生でした。

Photo_20220611173401

そのグースの遺児(劇中のことね)が出てくるとあっては観ないわけにはいかんかったんですよ。

Photo_20220611173501

似ている、やはり血は争えん(何度も言うけど劇中のことね)。
うまいキャスティングです。

いやあ、手に汗握る戦闘機アクションでした。
トム・クルーズは教官という立場だけれど、そんなことはお構いなしに自ら飛ぶ、そしてその思考と動きには無駄がない。
戦闘機のことは詳しくないのですが、ものすごい轟音と迫力に身体をあちらにこちらに傾け、足を突っ張り、大声を出しそうになり・・・とにかく息を吐く間もない展開に、終わったとたんぐったりしました。

パイロットひとりひとりに名付けられたコールサイン、1作目でのグース(ガチョウ)の子はルースター(雄鶏)です。
ここらへん父親へのリスペクトと、親友を亡くし自責の念に苦しむマーヴェリックの姿が描かれます。

ルースターも父親と同じように命を落とすのではないかとハラハラしながら・・・結果は皆さんの目で確かめてください。

近日公開で紹介されていた『ミッション・イン・ポッシブル』もそうだけど、トム・クルーズはド派手なアクションが似合う、かっこいい、どんなピンチにも負けない、決して死なない・・・今の険悪な世界情勢を救えるのは彼しかいないのではないかと思わせてくれる映画でした。

*画像は公式HPからお借りしました。

| | コメント (2)

2022年6月11日 (土)

普通に・・・買える

ちまたではヤクルト1000がないらしい。

ヤクルト1000とは、宅配用のYakult1000と小売店で売っているY1000のことですが、ストレス緩和と睡眠の質向上に効果があるらしく、クチコミでどんどん広がって製造が追いつかなくなり、今ではどちらも手に入らないらしい。
そういえば、先日行ったスーパーの乳酸菌飲料の売り場に『売り切れすみません』みたいな張り紙がしてありました。

そのことをB男くんと話していると、
「ストレス緩和と良質な睡眠?ほな、飲まなあかんなぁ」
いやいやあなた、毎日楽しそうに仕事に出かけ、夜はぐっすり眠ってますがな。

しかし、手に入らないとなったら欲しくなるのが世の常人の常、B男くんは職場の近くの販売店へ行ってみましたって。
そしたら奥さん、すんなり買えましたそうな。

Img_3107

さっそく、試してみました。
これ、1本100mg入りでけっこう飲みごたえがあります。

夜中に目が覚めることなくぐっすり眠れるか、それはどれだけの期間続けたら効果があるのか、ネットの口コミでは『悪夢を見る』というものもあるけど、そこらへんはどうなのか?

とりあえず寝る前に飲んでみました。
ん?
1日目、お腹がゆるくなりました。

3日連続で飲んでみました。
今までどおり、深夜の0時ころと朝方の4時ころに目が覚めます。
でも、よく眠れるはずだ、との暗示のおかげかすぐにまた眠れます。
そして夜中のトイレには行かなくなりました。

『ヤクルト1000』で検索すると『悪夢を見る』というものが引っかかってきます。
悪夢と言うほどでもないけど・・・

①乗る電車を間違ってしまった夢
②座っているだけでいいからと参加したセミナーで、すごいたくさんの人が来ていて、どうやらわたしに質問が飛んできそうな夢
③何か覚えてないけどめっちゃ焦っている夢
を見ました。

悪夢を見ると言うのは、ストレスの解消の一因であるとか、目覚めがすっきりとしているから、夢の内容をよく覚えているとか解いているサイトがあります。
そういえば、いつもはぼんやりとしか覚えてない夢の内容を、やけにしっかりと思い出すことができている気がします。

とりあえず、チカラがみなぎると言うほどではないけれど、だるさがなく、しょんとしていることだけは確かです。
もしかしてこれも自己暗示かもしれませんね。

| | コメント (0)

2022年6月 8日 (水)

ばばバカ全開

孫は順調に回復して、産まれて2週間で退院することができました。

ご心配いただいた方、励ましてくださった方、ありがとうございました。
自宅に帰ると、抱っこされて眠りに落ちても、下ろすと泣くの繰り返しで、若い夫婦はヘロヘロになっているそうな。

当初、父親のはる男くんにそっくりなこの孫のことを『はるちび』と書きましたが、日にちが経つにつれ、顔つきがどんどん変わり、はる男くんの家族の方々から
「我が家の系統ではない」
「こんなかわいい顔をした子は一族にいない」
と評され、どうやら、はっきりくっきりした顔立ちのあねこに似てきたようで、
「あねこさんのご実家の方、う~ちゃんに似ているんじゃない」
とまで言われているようです。

よそ様の子をけなす人はいないにしても、かわいいと言われると身内としては嬉しいものです。
(読み捨ててください)

関西の情報番組内で、毎日その日産まれた子を紹介する『芽ばえ』というコーナーがあるのですが、それに出てくる子たちよりかわいい。
(もうほっといてください)

あねこ夫婦の自宅での子育てがちょっと落ち着いたようなので、近々顔を見に行きます。
今後はAちゃんと呼びます。

| | コメント (4)

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »