« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月30日 (月)

結婚式

つい数日前まで連日の雨で、それは軽井沢でも同様だったようですが、25日くらいから急にお天気が回復、暑いくらいの日が戻って来たそうです。
「雨の後は緑も濃くてきれい、写真が映えますよ」
と、ホテルの人が言いました。

あねこの結婚式は、星野リゾート軽井沢の石の教会で、両家の家族だけが参列して行われました。
明治・大正期、日本におけるキリスト教の伝道師であった内村鑑三を顕彰して建てられた教会は、清廉で厳かで異教徒のわたしたちでも十分敬虔な気持ちになれました。

Photo_20210830153101
あねこもはる男くんもにこにこしています。

入籍から半年、すでに夫婦としての生活はスタートしているふたりですが、やはりけじめとしての結婚式は必要ですね。
この日、あねこはわたしたちの手を離れ、はる男くんに任せるのだとの思いが実感として沸いてきました。

はる男くんのお母様はときどき涙をぬぐっておられました。
「いいお嬢さんに出会えて、はる男は幸せ者ですわ」
「はる男くんこそ優しいいい子、上手に育てはりましたね」
両方の母は手を取って喜び合いました。

このあとの披露宴も、和やかにときににぎやかに、新郎新婦の小さいころの思い出などを披露したりして笑顔の絶えないものでした。

コロナ禍の昨今、感染拡大はますます深刻な状況で、果たして無事に結婚式ができるのか、披露宴ではシャンパンで乾杯ができるのかどうかと気をもみましたが、本人たちはもちろん、家族も万全の感染予防をしてこの日に臨みました。
ホテル側も感染対策に過剰なくらい取り組んでいただいて、そんな中でも思い出に残る1日をと配慮していただいたことがひしひしと伝わる、特別な日でした。

| | コメント (4)

2021年8月24日 (火)

傘、リメイク

お盆に帰って来たう~じんが、強風のためついに折り畳み傘が壊れたというので見てみたら、本当に骨がぽっきりと関節のところで折れていて補修はできそうにありません。
お馬さんに乗ってボールを追いかけるデザインの傘は、上品な色合いがとても気に入ってたようだけど、直せないなら捨てといて、と言うので何とか再利用できないものかとれいちリメイク店では頭をひねりました。

Img_8946

丈夫な生地で撥水性もある。
三角にしか切れないのでつなぎ合わせる必要がある。
NHK『ソーイングビー』のリメイク編ほど奇抜なアイデアは思いつかないから、無難にエコバッグを作りました。

Photo_20210825155601
つなぎ合わせた三角の斜め部分が少し伸び気味だけど、違和感のないデザインになりました。
マチを付けた底と持ち手の部分は何度も縫い返して丈夫に仕上げました。
クッションがひとつ入るくらいの大きさで使い勝手はよいと思います。

ミシンを踏むわたしの横でう~じんは端切れを利用してマグネットを作っていました。
こんな光景、ずっと前にもあったなぁ。
わたしがミシンを使うと、う~じんは足元でお人形さんの服やポーチを手縫いしてましたっけ、幼いころ。
アップリケや簡単な刺繡を教えてあげたら、食い入るようにわたしの手元をのぞきこんでいたものでした。

かわいかったなぁ・・・。
穏やかで楽しい日々、この娘にもそんな日が早く来たらいいのにと、ふと思ったのでした。

| | コメント (4)

2021年8月21日 (土)

やっぱり来たか、副反応

わたしのコロナワクチン接種は、職域の集団接種でモデルナ使用、日程としては早い方でした。

なので、周りに2回目の副反応の参考となるケースがなかったのですが、友人の中にはすでに接種を終えている60代の女性がいて、聞くところによると2回目はもれなく熱が出るようです。
1回目より軽く済んだという人はいません。

Img_8954

よ~し、来るなら来てみろ!
R-1と炭酸水の伝説を身をもって証明してやるぞ。

結果、接種当日は帰宅したら眠くて眠くて午後8時ころに寝て、翌朝6時まで10時間ほどぐっすり寝ました。
接種部位は腫れて熱を持ち、痛くてかゆい。
その後、お昼ころから熱が出てきましたが、計ったら37.5度ほどと言う程度で、だるさはありませんでした。
しかし、夜になって38度を超えて頭が痛くなってきました。

ロキソニンと胃薬を飲みました。
頭痛と腕の痛みはすぐになくなりましたが、熱が思ったほど下がらず、37.7度前後。
朝方に地震があり驚いて起きたときにはすっきりとして、平熱に戻っていました。
ロキソニンの効き目は切れているころだったので、たぶんこれで本復と判断です。

元々が病気で発熱しているわけではないし、そういうこともあると身構えていたのでわりと軽く受け止められたし、食欲もあり、ほぼ一晩で熱は下がったので副反応としては軽い方だったと思います。

LINEで報告し合った友人たち(60歳代前半)の熱状況

Photo_20210816155101

最終的に、ファイザーのTちゃんは38.6度、モデルナのSちゃんは38.7度まで上がったそうです。
ともあれ、これで心の負担が少し軽くなったことは確かです。


 

| | コメント (0)

2021年8月18日 (水)

ワクチン接種記・・・②

日本列島に活発な雨雲がかかり、線状降水帯がどっぷりと雨を降らせたお盆休暇の中ごろ、わたしはコロナワクチンの2回目接種の予約日でした。

B男くんはわたしの実家の初盆の行事のお手伝いで朝早くから出かけ、娘たちはこの日の朝にそれぞれ家へ帰る予定で、電車の運行状況とにらめっこです。

遅延、運転見合わせの情報の中、やっと電車が動きだしたのを確認して娘ふたりを駅まで送って行き、駅で何か新しい情報がわかったら連絡をしてもらうように頼んで見送ったら、すぐに連絡がありました。

「まさかの事態よお母さん、ついさっきから琵琶湖線・京都線が動いてへんって、やられたわ」

つまり、JRは滋賀県の北から琵琶湖の東岸を通り、京都を経由して大阪の高槻までの間、電車が止まっている、京阪電車も大津市内は止まっている・・・

ええ?
ふたりとも帰れへんやん。
そしてわたしのワクチン接種会場は大津なので、モロ影響受けてるやん。

娘たちはしばらく駅で運転再開を待っていましたが、諦めてレンタカーを借りて帰りました。
途中、伊丹空港へ寄ってう~じんを降ろし、その先でレンタカーを返すという乗り捨てプランで。
Uターンラッシュには少し早いので高速道路はガラ空き、すいすいと空港まで行けたそうですが、途中のインターで、後ろから追いかけるようにインターが閉鎖されたそうです。
なるほど、レンタカーか、そういう方法があったのね。
若いと考えも柔軟ね。

さて、わたしです。
何としてもワクチン接種を受けたい、キャンセルすると次はいつになるかわからない。
しかし、電車は止まったまま、さらに終日運転取りやめとの情報。

車で行くしかない。
豪雨の中、自分で運転して行くしかない。

しか~し、接種会場の商業施設は混雑が予想され、駐車場に入るのに時間がかかり接種予約の時間に間に合わないことが十分予想されるので、公共交通機関を利用するようにとの指示が出ていました。
さらに、まんぼう措置で琵琶湖周辺の駐車場が閉鎖され、行き場を失った人がこの駐車場へ来ることも予想される。
その他の市内の駐車場は、普段から休日はどこも『満』です。

兄に事情を説明して、実家でお盆のお手伝いをしているB男くんに帰ってきてもらい、会場まで送ってもらうことにしました。
道路が渋滞していたら困るのでずいぶん早めに家を出たら、ありゃりゃ、す~いすい、接種の予約時間の1時間半ほど前に着いてしまいました。
案の定、会場周辺には路駐の車とハザードランプを点けた車がたっくさん。
ずいぶん早いけど会場へ行ってみたら、どうぞどうぞって感じですぐに打ってもらえました。
多分こんな天候でキャンセルが出たのだと思います。

こうして無事2回目のワクチン接種を完了したわたしは、なんだか世の中が少し明るくなったような気分でB男くんに夕飯をおごり、帰宅したのでした。

※副反応については次回の記事で・・・。

| | コメント (2)

2021年8月16日 (月)

今年のお盆

今年のお盆休暇は例年になく予定が詰まっていて、早くから気が休まらない日々でした。

娘たちの帰省、我が家のお盆の行事、亡父の初盆、わたしの誕生日、ワクチン接種・・・
書き上げてみれば何でもないことですが、それぞれコロナ禍を意識しないといけない行事ばかりで、自然と行動が制約されたり行事自体の見直しを考えさせられました。

亡父の初盆、これについては田舎のとんでもなく丁寧な行事が続き、身内の初盆を初めて経験する兄は早くから準備をして備えていましたが、ところどころちょっと戸惑っていました。
町内の方の家に入ってのお参りはご遠慮して、縁側に祭壇を設け、靴は脱がないでお焼香だけという形で済ませました。

その際、身内の男衆が『お相伴』と称する役割に就き、兄の息子ふたりと我が家のB男くんも駆り出されました。
お参りに来てくださった人にお礼を言ってペットボトルのお茶を渡す、初盆に先立ち『施餓鬼』という行事で卒塔婆を上げてくださった方には特にひとこと多めにお礼を言う、さらにお供養の品を渡さなければならないケースもあるらしいのです。
生活改善が進み簡素化されているにもかかわらず、この状態です。

午後からワクチン接種の入っていたわたしはこの日は実家へ行ってませんでしたが、お昼ころB男くん電話してみたら
「大変や、次々来てくれはるし、もう誰が誰やわからんし、失礼ですけどどちらさんですかって名簿を見せて聞いてる」
と悲鳴を上げていました。

お葬式は家族葬でしたから参列ができなかったけれど初盆だけでも、と思う方がお参りしてくださって大層にぎやかなことになっていたそうです。
お年寄りのワクチン接種が進んだことも影響していると思います。

お葬式は葬儀場でできますが、初盆の行事だけは自宅でやらなくてはならない。
いきなりやらざるを得なかったお葬式より複雑で面倒(失礼)な行事だったかもしれません。

 

| | コメント (0)

2021年8月 8日 (日)

トマトの食べ方

暑中お見舞い申し上げます。

うだるような暑さの毎日、滋賀県ではコロナの感染者の急増で、まん延防止等重点措置が発令されました。
加えて、熱中症警戒アラート、どこへも出かける気がしません。

子どものころはこんなに暑くなかったように思うなぁ。
クーラーがなくても昼寝をして、夜も蚊帳を吊って寝ていたし。
何より子どもには夏休みという素敵な時間があったもんなぁ・・・。

わたしが小学生のころの夏休み、家にミシンの修理のおばさんが来た日のことでした。
修理が終わって分解掃除も済み、母が冷たいお茶を出したら、
「立派なトマトですねぇ」
と修理のおばさんがうちの庭のトマトを指さしました。

母が、朝にとって冷蔵庫で冷やしたものがあるのでそれでもよかったら、と冷えたトマトをお皿に乗せて出そうとしたら
「悪いけど少しお砂糖をかけてくださいな」
というのです、味見もしないで修理のおばさん。
言われたとおりにお砂糖を振りかけている母を見て、変わった食べ方があるんだなぁ、トマトにはお塩でしょと思ったものでした。
大人になってトマトにはケチャップやウスターソースをかけると言う人もいて、味覚というのは千差万別なんだと知りました。

さて、少し前の記事にも書きましたが、最近わたしがハマっている韓国のバラエティ番組『三食ごはん』でイ・ソジンが、カットしたトマトにお砂糖をかけてしばらく置いておいたものを食べて
「デザートだ、まるでフルーツだ、おいしい」
と言っているのを見ました。
これを見てわたしは、もう半世紀も前のミシンの修理のおばさんを思い出したのです。

やってみましたよ、トマトの砂糖がけ。
トマトの皮をむいて切り、白砂糖をかけて冷蔵庫へ。
2時間ほどしたら、浸透圧でトマトから水分が出てきて、代わりにトマトに甘みが入ったようです。

Tomato

これが・・・おいしいんです。
フルーツとは言いませんが、この時点でトマトは野菜ではなくなっています。

そういえば、もう10年以上前に韓国へ行ったときに立ち寄ったケーキ屋さんで、ホールケーキの上にプチトマトが飾ってあるのを見ました。
韓国の洋菓子業界ではトマトはいちごやメロンと並んで果物の扱いだったのです。

B男くんは甘いトマトを食べてみて
「まずくはないけど、やっぱり塩がいい」
と言いました。
好みは人それぞれですが、あまり甘くないトマトで試してみてください、おいしく食べられますよ。

| | コメント (0)

2021年8月 4日 (水)

自分を褒めてあげたい

今年の職場での健康診断の結果が出ました。

血液検査の結果、昨年「低・正・高」のうち「高」に*印がついていた悪玉コレステロールが今年は「正」に、その他、正常範囲内ではあったもののギリギリだった数値は、そこそこいい数字になりました。

体重はマイナス4.3kg、腹囲はマイナス5.5cm、これだけ見たらすごい減り方ですが、そりゃ体重が40kgの人にとっての4.3kgとわたしのように●●kgのようなものにとっての減り方とワケが違うので単純に喜べませんが、とりあえず減ったことには変わりなく、それはそれで嬉しいことです。
先日、お肉を1kg買って
「これを4つ分、カラダにまとっていたのね、ワタシ」
としみじみしました。

今年の2月から間食をやめて、夕食は野菜から食べて炭水化物はほぼ食べない食生活。
通勤は、できるだけ速足で歩く。
50肩で腕が上がりにくいので腹筋ローラーはお休み、その代わり倒れるだけで腹筋ワンダーコアを週に数回7~8分やっています。

昨年、かかりつけのお医者さんに健康診断結果を見せたら、コレステロールの薬を出すか出さないかギリギリのところ、努力で改善してください、と言われたのですが、ふふふ、先生これ見てくださいよ。

職場では、女子はコレステロールと中性脂肪で、男子は血圧と血糖値と尿酸で、それぞれ話題沸騰中ですが、ごめんあ~さ~せ、わたしはその話題には入れませんことよ、お~っほっほっほ。

しかし、体重と身長で割り出す内臓脂肪の蓄積因子を表すBMIの数値がまだ少し高いので、あとちょっと努力を続ける必要があります。

あねこが「体重って減りだすと楽しくってもっと頑張ろうと思うもの」と言いましたが、まさにそれ。
元気な老後を目指してがんばろうと、わたしはふんどしのひもを締めなおしたのでした。

 

 

| | コメント (2)

2021年8月 1日 (日)

忘れたころに副反応

1回目のワクチン接種後、いたって機嫌よく過ごしていたわたくしでしたが、接種から11日後の夜、オリンピックを見ていたらどうも左腕が痒い、あれ、赤くなってる、虫さされかな、だんだん赤みが増していく、そして範囲が広がっていく・・・。

 11_20210730170701

注射は黄色い矢印のあたり、赤くなった部位は、注射の針を刺された場所ではなくて、その少し下です。
この写真ではわかりにくいですが、少し盛り上がってかなりの熱を持っています。
モデルナアームというやつのようです。

そしてこれはその3日後です。

14_20210730170701

色こそ薄くなりましたが、赤い部分は広がり痒いことには変わりありませんでした。
かくと真っ赤になります。
そして、黄色い矢印の部分に正体不明の青タンができました。
何かに打ち付けた覚えはありません。
5日くらいしてやっと痒さと赤みは消えました。

先日2回目の接種を終えたあねこ夫婦は、接種の当日にあねこが発熱、関節痛で解熱剤を飲んでもあまり熱が下がらず、半日ほど遅れてダンナのはる男くんも発熱で、2人してヒーフー言いながら寝込んでいました。

ところでこれはホントに、ホントに、何の根拠もないことですが・・・

「R-1を飲んでから接種を受けて、接種後には炭酸水を飲むと副反応が出ない」というウワサが、わたしの周辺でまことしやかに流れているんです。
ダメもとで、ほとんどの人がこれを実行して、そしてその効果かどうかわかりませんが、実行した人には副反応が出ていません。
ただし、まだみなさん1回目です。
2回目も効果があるかどうかはまだわかりません。
しかし、わたしはやってみようと思っています。

| | コメント (4)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »