« 進化するチャミスル | トップページ | 責任の一端 »

2021年6月16日 (水)

『丁寧に生きる』

作家で歌手で映画も撮る辻仁成さんのインスタグラムをフォローしています。
中山美穂さんと離婚して以来、パリで息子さんと二人暮らし、きれいに片付いたキッチンで、見た目も素晴らしいお料理、息子さんのお弁当、スイーツなどを作り、季節のケーキを買いに出かけ、自称『父ちゃん』はコロナ禍でも豊かで前向きで楽しい日常を送っておられます。

インスタから飛んでいけるdesignstoriesにはまとまった文章がupされていて、それら情報発信が仕事というものの、まめに自分の思いをつづっておられて読みごたえがあります。

彼が、髪を長くして中性的に変化していったころは、変わった人だなと思うくらいでしたが、日常から見えてくる真面目さ、子どもへの思い、友人や隣人との関わり合い方などを知ると、なんと素敵な生き方なんだろうとうらやましくなります。

6月18日、午後10時からBSプレミアムで『ボンジュール!辻仁成の春のパリごはん』が放送されます。
2月から5月まで、ロックダウン下の生活を中心に『父ちゃん』の日常が見られます。
最近、パリの郊外に購入したアパルトメントも紹介されるようです。

「日常を丁寧に生きる」ということがコロナ禍を乗り越えていく一番大事なことだった・・・
外出規制や飲食店、デパートの休業などが続く中、日常生活のちょっとした場面で「めんどくさい」「おっくうだ」「どうでもいいや」など負の気持ち、もっと荒んだ気持ちが出てくることがあります。
厳しい規制の出ていないわたしの地域でもそうなんですから、大都市に住んでいる人たちの日常は推して図るものがあります。

辻さんの住んでいるパリではロックダウンが続きました。
そんな中で「日常を丁寧に生きる」と言う発見、なるほど、場所や状況は違えど参考になる場面が見られそうで、とても楽しみです。

|

« 進化するチャミスル | トップページ | 責任の一端 »

コメント

れいちさん
早速番組予約しました♪

>彼が、髪を長くして中性的に変化していったころは、変わった人だなと思うくらいでしたが
私も同様な思い。
彼のような男性は若い頃は日本ではなかなか受け入れてもらえなかったけれど、今は違和感がなくなったのでしょうね。

以前BSプレミアムで「チョイ住み」という番組があり、辻仁成とまだ新人だった頃の(?)成田凌がロンドンに一緒に住んだことがありました。
彼なりの人生哲学を若者にちらりと語る様子や料理を作る手際の良さなどを見ていて面白かったです。

投稿: 秀子 | 2021年6月17日 (木) 14時24分

れいちさん
私も同様、辻仁成さんを以前はどのように捉えていいのかわかりませんでしたが、コロナ禍でフランスから出演されるのを見て、真面目なお人柄を感じました。
明日の放送、予約します。

ところで、近所のスーパーでチャミスルが売られていたので買ってきました。
韓国ものは全く知らないので、れいちさんの紹介がなかったら目にとめることもなかったでしょうが、、、
ゆず味をソーダ割りでいただきました。
美味しかったです。
休肝日をつくらねば!と思っていた矢先なのに、しばらくは色々お味を変えて楽しむ事になりそうです😆

投稿: bonn | 2021年6月17日 (木) 22時15分

秀子さん
辻さんは、離婚して息子さんを育てると決まったときに、しっかりと料理をして食べさせると決めたそうです。
もう、息子さんは10代後半になり、ガールフレンドとのお出かけに父ちゃんはヤキモキしているみたいですが、それでも美味しいものを作って食べさせると言うスタンスはブレてない、揺るぎないですね。
その息子さんはまっすぐいい子に育っているようで、おばちゃんは嬉しい限りです。

チョイ住みは意識しては観てないですが、なんとなく観た回が何回かありました。
今となってはとても無理な企画ですが、もっと観ておいたら良かったと思います。
スペイン編、ニューヨーク編など観ました。
パリは見逃しました。
辻さんご出演となると、チョイ住みじゃないのでは?笑

今、旅ランという番組が面白いです。
東京編が記憶に新しいです。

NHK-BSって面白い企画を考えますね。
何で地上波で再放送やってくれないのかなぁ。

投稿: れいち | 2021年6月18日 (金) 21時19分

bonnちゃん
辻さんの面白さを教えてくれたのはあねこです。
最初、え?と思いましたが「先入観抜きでインスタ見てごらんよ」と言われ、なるほど多彩な人だなとすっかりハマりました。

世界不思議発見でも、日本から出られないので、現地に住む人たちにレポートしてもらうと言うカタチで放送されることがあります。
そう言う点において、パリ在住の作家の情報発信は十分値打ちがあるものでしょうね。

チャミスル、お試しいただけましたか。
日本の缶チューハイと量的には変わらないのですが、瓶に入っているところが、そそられますねん。
韓国の人は直接瓶に口をつけて飲むことはしないで、ぐい呑みくらいの大きさのグラスで飲みます。
氷を入れたり、水や炭酸で割ることもしない。
グイッと飲みます、ドラマではね。
実際のところどうなのか、もしまた韓国へ行ける日が来たら、確認してきます。

さて、まもなく辻さんの登場です。
わたしは、最近購入された郊外のアパートが気になってます。
部屋そのもののレイアウトやファブリックもそうだけど、周りの風景を見るのも楽しみです。

投稿: れいち | 2021年6月18日 (金) 21時34分

こんばんは~☆

辻仁成さんのブログ、コロナ禍の昨年たまたま見つけて、以後お気に入りに入れてます^^
今一緒に居るのは、中山美穂との間の息子さんですよね?
南果歩との息子は…気にならないのかなぁ。。(^^;
などなど、色々ありますが、彼自身はとても真面目で愛情深い素敵な父ちゃんであることは間違いありません(^_-)-☆

トラキチは学生の頃から、小説家「辻仁成」のファンです♪
引っ越しで送り返されてきた本、半分近くが彼のもの(ハードカバー)でした。。

投稿: のりりょん | 2021年6月19日 (土) 19時16分

のりりょんさん
今の息子ちゃんは、中山美穂との間にできた子です。
父ちゃんの方についたのですね。
抱っこして寝ていたぬいぐるみが濡れていたってクダリ、ちょっと泣けました。
大人の事情で不本意な生活を強いられる子ども、父ちゃんが食事に込める強い思いの原点を知り、さらにウルウルです。

わたしは辻さんの小説は受賞したものしか読んだことはないですが、彼は歌うより書く方が向いているように思います。

息子ちゃん、ここ最近、ちょっと父ちゃんの心配のタネですね。
さて、どうなるんだろう。
男の子のいない我が家では、興味津々です。

投稿: れいち | 2021年6月19日 (土) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 進化するチャミスル | トップページ | 責任の一端 »