« 頭の中の予定表 | トップページ | GoTOトラベル ~中国地方~ »

2020年7月29日 (水)

GoToトラベル ~四国~

GoToトラベルキャンペーンが始まった日から、四国~中国~山陰方面へB男くんと車で旅行してきました。

キャンペーンが始まったとは言うものの
「そんなん待ってたらあちこち混んでホテルが取れへん」
とのB男くんの信念のもと、キャンペーン無視の予約です。

結果的には3泊のうち、ひとつのホテルでキャンペーンの割り引きが受けられて、ひとつは最安値が売りの海外旅行サイトを通じての申し込みなのでただ今参加を認めるかどうか検討中とのこと(対象は国内の旅行業者に限る)、あとのひとつはキャンペーンに参加するかどうかわからない旅館に電話で直接申し込んだので、無理かなぁ・・・。
ここが一番高かったので、できたらキャンペーンに参加して欲しい。

しかし、今後政府の方針がどう変わるかも知れないので、宿泊証明書(これは申請書や領収証と並んで必要書類)はもらってきました。

さて、神戸から明石海峡大橋を渡って淡路島へ、その後鳴門海峡を渡ったら四国。

Img_4544
いいお天気になりました。
この橋の下あたりで鳴戸の渦潮が見られるのですが、わたしたちが通ったときは渦のない時間帯でした。
近くには大塚美術館もあって、ここはまた別の機会にゆっくりと訪れることにして、先を急ぎます。

2_20200729140501


だって、花よりだんご、芸術よりグルメのわたしにはこの日、讃岐でうどんを食べるという目的があったんです。
事前に人気店を調べ、開店時間や駐車場の有無、クチコミ、食べ方のルールもしっかり調べていました。
ところが、人気NO.1のお店は臨時休業、では次の候補店へ、あれ?ここも休業中、助手席からあちこちと指図されて閉口ぎみだった運転係のB男くんは
「どこでもええやん、讃岐で食べたらそれが讃岐うどんや」
と言うのですが、軒並み閉まっていて、ついに次の目的地の金比羅(こんぴら)さん、正式には金刀比羅宮(ことひらぐう)へ着いてしまいました。

ここでもお土産物屋さんで尋ねると
「コロナの影響でこの辺のうどん屋は全部閉まってるよ」
と言うじゃありませんか・・・ち~ん。

参道で買い食いでもするか、と785段の石段を上がりかけたら、両側の飲食店はほぼ閉まっています。
お土産物屋さんは開いていて呼び込みの声がしていますが、いかんせん観光客の姿がまばら・・・。
しかし、この長くきつい石段を上って参拝しようとする還暦過ぎの善男善女の前に、営業しているうどん屋さんがあったのです。

4_20200729140501

店内にはわたしたちだけ、こりゃみなさん休業するはずやわ。

讃岐うどんはコシが強くてもちもちしていて、麺の断面が四角いのが特徴です。
対して大阪うどんは柔らかくてだし汁にからみやすく、『角を立てずに丸くおさめる』という大阪人の商売の気風から麺の断面が丸くなっています。

どちらのうどんもスーパーに売っていますが、我が家の冷凍庫には讃岐うどんが常備されています。

3

冷たい山菜うどんのおつゆまですっぺり平らげたB男くん。

さて、785段のうちまだ100段ほどしか上っていません。
写真を見てもわかるように、人にすれ違うことがないので、ところどころマスクを外して深呼吸をしながら進みました。

5 
休み休み登っていくと、立派なお社が見えてきました。
しかしここはまだ途中。

6

さらにへえへえぜろぜろ言いながら上ります。
最初のうちは遅れを取っていたB男くんが、後半俄然チカラを発揮してきました。
くそ、ヤツは最近またジム通いを再開したからなぁ、負けてなるものかと踏ん張ってやっと頂上の本殿へ到着。

24

映画『二十四の瞳』では、小豆島から金比羅さんへ修学旅行に来た先生と生徒たちが、参道のうどん屋へ丁稚奉公に出された松ちゃんという同級生の女の子と出会うシーンがあって、それはそれは涙を誘うという説明をB男くんにしてあげました。
ほかにも戦争で失明した男の子が、同窓会で小学校時代の集合写真を指でなぞりながら「これは○○ちゃん、その横は○○ちゃん」と言うのですが、その指の位置が少しずつずれているシーンも号泣です、ってハナシがそれましたね。

さて、下りもガクガクブルブルする膝を労わりながら下りて行きましたが、この日の筋肉痛はこの旅の間じゅう残りました。

うどんと金比羅さんでずいぶん時間を取ってしまいましたが、あとはこの日の旅館へまっしぐら。
カーナビって便利なものですね。
こんな先に本当に旅館があるのか、というような岬の先にちゃ~んと導いてくれました。
 7

いいなあ、この旅情をくすぐる部屋。
見晴らしのいい温泉に浸かったあと、海の幸をお腹いっぱいいただきました。

8 
これはこの宿の名物、焙烙(ほうろく)焼き。
今治の来島水軍が戦勝の際に食べたと言われるもので、焙烙という素焼きの皿の上に石を敷き詰め、魚介や卵を盛り合わせて蓋をして焼いたもの。
この日は鯛とサザエと地鶏の卵でした。
ほかにも伊勢海老や珍しい魚のお刺身、アワビややタコの丸揚げ、鯛めし・・・覚えられへん。
ああ、食った食った。

部屋の窓から眺めた景色、まん前は遠浅の海。

23

ここを教えていただいたネッ友のNさん、どうもありがとうございました。

|

« 頭の中の予定表 | トップページ | GoTOトラベル ~中国地方~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頭の中の予定表 | トップページ | GoTOトラベル ~中国地方~ »