« GWその後 | トップページ | 『サンドラの週末』に心打たれる »

2020年5月24日 (日)

高山植物

滋賀県では外出自粛の規制が緩和されて、Stay HomeからStay HomeTownへとステイの範囲が広がりました。
それにしても、いちいち施策にキャッチコピーが付くんですよね・・・。
つまり、自宅から出ないでということから、県をまたぐ外出を控えてということになったんです。

お天気のいい休みの日、滋賀県の北部にある伊吹山へB男くんとドライブに行きました。
伊吹山は古くから霊峰とされており、ヤマトタケルがこの山の神を倒そうとして返り討ちにあったという伝説の山です。
この山にしかない固有植物が約300種類群生しており、特に夏場には山頂に咲く高山植物のお花畑を楽しみに訪れる人がたくさんいます。
『いぶきのもぐさ』で有名な薬草の数々はヨーロッパ原産のものが多く、これは織田信長がポルトガル人宣教師の願いを聞き入れ、伊吹山に土地を与えてハーブガーデンを作ったときの名残りとされています。

麓のコンビニでお弁当を買っていたとき、レジに並んでいる夫婦に睨みつけられました。
いわゆる『メンチを切る』ってやつです。
後で気がつきましたが、わたしたち夫婦はマスクをするのを忘れて店内に入ってしまったんです。
高速道路も街の中も人が少なく、外出自粛の規制緩和ですっかり気が緩んでいました、すみません。

さて、伊吹山ドライブウェイの通行料はおったまげ~の3,140円、コンビニでもらったマップに付いていた割引券を使っても2,900円です。
ここまできて引き返すわけにも行かず、ブツブツ言うB男くんを励まして進みました。

道路の両側に咲く藤色の花、上向いて咲いているのはキリの花、下に下がっているのはフジの花。

ほらウツギのきれいな花 Img_3916
Img_3917

Img_3914

山頂近くになると、イヌワシの写真を撮りに来た人たちがたくさん、三脚を立ててチャンスを伺っています。
この日はときどき霧が出たかと思うとさ~っと晴れたりする不安定なお天気でしたが、それでもみなさん辛抱強く待っておられました。
晴れると、立山連峰まではっきりと見えるそうです。

Photo_20200524152301

山頂では・・・
ついに鳥の姿は見えず。

Img_3876

キバナハタザオ

Img_3912

ニリンソウ

Img_3908名も知らぬ可憐な花たち

Img_3910


Img_3907 

Img_3913

わたしの山歩きのバイブル『山と溪谷社の日本の野草』風に仕上げてみました。

Photo_20200524160501

少しボケていますが、クリックするとはっきりと見えます。

花の見ごろは夏です。
また見に行きたいけれど、3,000円ほどの通行料はちょっと気軽に行ける値段ではないなぁ・・・。

|

« GWその後 | トップページ | 『サンドラの週末』に心打たれる »

コメント

れいちさん、伊吹山ドライブ、いいですねー!
高山植物は夏じゃないと咲かないんだと思ってましたが、早くもたくさん咲いているんですね。
今だと少し寒いくらいじゃなかった❓
真夏の避暑にもぜひ行ってください。
3000円の通行料が痛い❓
例の10万円があるじゃないですか。
ジャンジャン使って下さい😊

「伊吹山の野草」、、、バッチリです😊👍
あー、私も行きたーい‼️

滋賀県では山あり、琵琶湖あり、川あり。
stay hometownでも行くところがいっぱいありますよね。
いいなぁ〜

投稿: bonn | 2020年5月25日 (月) 18時51分

bonnちゃん
伊吹山は、スキーでしか行ったことがなくて、B男くんも初めてでした。
事前にHPで開花状況など調べてたら、4月末から5月にかけて咲く花は少しでしたが、行ってみたらお花畑と言われる広場は何も咲いてない様子でした。
でも近寄ってみたら、小さい花がたくさん咲いていて、こう言う小さい花って近くで見るととっても可愛いんですよね。

実はB男くんは現在腰痛が出ていまして、山頂でも歩き回らずに、自慢のカメラの出番もありませんでした。
だからこの花たちはわたしのスマホで撮ったものです。
なかなかでしょ?

途中で車を止めて、キリの花やフジの花の写真を撮りたかったのだけど、次々車が来て無理でした。

例の10万円ね、わたしの使い道は決まってるのよ。
ごっつ現実的な使い方で、つまんねえやつだなあ、って言われそうです(笑)

投稿: れいち | 2020年5月26日 (火) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GWその後 | トップページ | 『サンドラの週末』に心打たれる »