« 高速道路を使わないぶらり旅・・・1 | トップページ | 高速道路を使わないぶらり旅・・・3 »

2019年5月 3日 (金)

高速道路を使わないぶらり旅・・・2

2日目は、中山道から離れ甲州街道を南下、富士山を山梨側と静岡側の両方から見る行程です。

その前に、松本では朝から松本城を訪れました。

一般的に、豊臣系の家臣は黒い天守閣、徳川系は白と言われていますが、これは全部に当てはまらないようです。
黒いお城は漆喰の上に柿渋や黒漆を塗った黒い板を貼りつける『下見板張り』という方法で、メンテナンスが簡単で安く仕上がるんだそうです。
創建当時の大阪城や熊本城、松本城が黒いお城です。

これに対し白いお城は白漆喰だけで仕上げますので、定期的な塗り替えに莫大な費用と時間がかかりますが、耐火性に優れています。
姫路城や名古屋城、一部に黒い板を貼っていますが彦根城も白いお城の代表格、今日のニュースによると、昨秋の台風でこの白い漆喰が剥がれ落ちた彦根城は連休明けから修復作業にかかるそうです。

Img_6656

気温が低く空気が澄んでいて、遠くの山の頂は白い。
入場には待ち時間が30分と表示されていました。
このお城は平城なので、天守閣に登って遠くを望むより、平地から全体を眺めるだけにして、次なる目的地へGO~!

霧ヶ峰高原から富士山を見ようと向かっていると、あれ?空に大きな虹が、しかし丸くなくてナイキのロゴのような形に・・・

これは霧ヶ峰スキー場のあたりです。
この不思議な現象は『環水平アーク』と言われる珍しいもの、上空の大気中の氷晶が太陽光を屈折させることで生じる現象で、太陽高度が高く、低空に雲がないときでないと見られないそうです。

C958409f38874b62aad145364c6cda84

もう少し高原の山頂へ行って、下の方に小さく富士山を入れて撮ってみました。

Akutoniji

ああ、きれいだった。
感動しました。
お天気がよくて、霧ケ峰高原から見える富士山はすっきりしていました。
霧ケ峰高原は長野県です。

Hidari

さて、霧ケ峰高原から下りたら、諏訪湖のあたりでちょうどお昼になりました。

Img_6692 

わたしは温かい山菜そば、この旅でそば好きになったB男くんはざるそばの大盛り、本当にてんこ盛りでした。
う~ん・・・
山菜たっぷりでやや甘めのおだしはおいしいのだけれど、そばがやわらかすぎるような・・・
B男くんの冷たいそばはちょうどいいと言ってました。
なかなか自分好みのお味に出会えないものですなぁ。

これは道の両側にぶどう畑が広がる『道の駅はくしゅう』のあたりですので、山梨県です。

Img_6701

さて、次に目指すのは朝霧高原の芝桜ですが、この選択が午後の予定を大きく狂わせることになるとは、ざるそばで満腹になり助手席で眠るこけるB男くんは知る由もありませんでした。

この日、朝霧高原のあたりで芝桜まつりが開催されていて、富士五湖のうち精進湖・本栖湖のあたりは大渋滞。
他に道がないので仕方なくとろとろ進みます。
『道の駅朝霧高原』ではお天気が悪くなり、このあと静岡市内に入っても富士山を眺めるどころか、すっかり日が暮れてから三保の松原の民宿に到着したのでした。

【おまけ】
どこだったか忘れたけれど、この日の朝、ゴーカートでぶっ飛ばしスカッとしました。

G

|

« 高速道路を使わないぶらり旅・・・1 | トップページ | 高速道路を使わないぶらり旅・・・3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高速道路を使わないぶらり旅・・・1 | トップページ | 高速道路を使わないぶらり旅・・・3 »