« 平成最後の・・・ | トップページ | 高速道路を使わないぶらり旅・・・2 »

2019年4月30日 (火)

高速道路を使わないぶらり旅・・・1

江戸時代の五街道のうちのふたつ、東海道と中山道は、京都から大津、草津まで同じ道で、草津から海側と山側に分かれ、江戸日本橋へつながっています。

Photo_116

東海道は難所が多く、川や海では渡し船で越す箇所が多かったのに対し、中山道は道は険しかったものの川止めの心配がないことから女性に好まれ『おんな道』と呼ばれていました。
皇女和宮のご降嫁は中山道を使っていましたね。
東海道は国道1号線となり、鉄道もそのまま東海道線と言われていますが、中山道の方はあまり親しみがありませんでした。
両方の街道の分岐点があり、たくさんの宿場町が残る滋賀県民としては、ぜひ中山道をたどってみたいと思っていました。

GWに入り、厚めの上着がいる寒い気候の中、B男くんと一緒に車で出かけました。

鳥居本~醒ヶ井~柏原・・・この辺までは聞き覚えのある地名が続きます。

1_1

いよいよ岐阜県に入りました、関ケ原です。

Photo_117

この旅では主要幹線のあちこちにある『道の駅』にも注目していました。
トイレ休憩ができるうえ、土地の名産品や農産物を見るのも楽しみのひとつです。
まずは、岐阜県土岐市にある『道の駅志野織部』、その名のとおり焼き物を中心に、というか焼き物だらけの道の駅で、和風の小ぶりなカレー皿を買いました。

Img_6535
この日はあと2日で元号が変わると言う日、『祝』という垂れ幕とともにこんなカップやお皿が並んでいました。

Photo_118

さて、すでにお昼を回っていましたが、目指すランチは『道の駅そばの郷らっせぃみさと』です。
来年のNHKの大河ドラマへの期待が高まっているようです。

123

ここは手打ちそばが有名で、そば打ち体験もできます。
ちょうどお昼どきでしたので少し行列に並びました。 
厨房で忙しく立ち回っているのはすべて熟年の女性、元気がいいです。

Img_6541

この蕎麦が冷たくて歯ごたえがあって何より香りがよくて、とってもおいしいものでした。
野菜の天ぷらはすごいボリュームで、カリッカリに揚がっていて、口の中がキレそうでした。
なので、五平餅でお口直しをしました(こらっ)

さて、次に目指すのは、中山道69次のうちの34番目、奈良井宿ですが、ここからしばらく風景の写真がありません。
なぜなら、天ざるでお腹いっぱいになったB男くんが助手席で熟睡していたからです。
中山道でもこのあたりは『木曽路』と呼ぶらしいです。
ところどころ桜の咲く山道を、わたしはひとりで♪木曽のな~ぁ中乗りさ~ん、木曽の御嶽山はなんじゃらほい・・・などと唄いながら運転しました。

B男くんのイビキがやかましいので、寝覚ノ床で起こしました。
「なんやここ、寒うてほんまに目が覚めるわ」
ひゅ~ごぅ~とうなる風に驚いていたことったら。
季節はずれなのでしょうか、あまり観光客がいませんでしたので、遠慮なく写真が撮れました。

Img_6556

奈良井宿です。
4年前の秋にBちゃんと歩いた隣の馬籠、妻籠とここ奈良井は、昔ながらの景観を色濃く残す宿場町として人気です。

Photo_119
あれ?
人がいない。
おまけに雪がちらついてきた。
B男くんが地酒と奈良漬を買った酒屋のおかみさんの話によると、ハイシーズンはもう少し先なんだそうで、
「おまけにこの寒さでしょ、みなさんびっくりしておられます」
とのことでした。

Img_6635
さあ、この先は宿泊予定の松本まで、ノンストップで行きました。

|

« 平成最後の・・・ | トップページ | 高速道路を使わないぶらり旅・・・2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成最後の・・・ | トップページ | 高速道路を使わないぶらり旅・・・2 »