« 不具合にイラつく | トップページ | 韓ドラ熱ふつふつ・・・と »

2019年4月 7日 (日)

桜・梅・椎茸

Img_6224

隣町にしだれ桜が有名なお寺があり、毎年見に行くもののいつも少し遅く残念な思いをしていましたが、今年は週末にどんぴしゃの満開、お天気も快晴でいいお花見ができました。

境内から墓地にかけて大きな枝が張り出しており、花の下ではどの墓石も清らかに誇らしげに見えること。
花が散ると青葉が強い日差しを和らげてくれることでしょう、まったく素敵なお寺です。

さて、我が家の鉢植えの紅白のしだれ梅は、今年もしょぼしょぼっと白色だけが10輪ほどの花を付け、それでも精一杯の芳香を漂わせてくれました。
これはB男くんが退職した年に買ったもので、今年で10年、これを機に地へ下してやることにしました。

Img_6264

B男くん管理の鉢なのでわたしは手出し口出しをしないと決めてきましたが、肥料はどこにあるとか聞いてくるし、鉢から抜いた木をそのまんま掘った穴にぼそんと入れようとするし、どうしても口出しせなあかんかったんですよ、奥さん。
こうして梅の木の植え替えは完了、来年は花を付けるか・・・待ち遠しいものです。

お次は、椎茸。
以前、信楽の陶器祭りで買ってきた椎茸の原木、これは面白いように椎茸がぽこぽこと収穫できて、結構食卓を賑わせてくれたものでした。

Photo_4_1

2007年10月、このときの記事を読むと、1本700円で購入したとあります。

今日、農協のスーパーへ行ったらありました、椎茸の原木。
菌を入れてないものが1本300円くらい、菌を植え付けたものは1,400円、すでに菌を入れてある方を買いました。

Img_6269

湿気を保てる場所に立てて置き、菌が早く全体に回るようにときどき木の上下を置き換えて、夏場は水をかけること、そうすれば来年の春ころから椎茸がぽこぽこと顔を出すでしょうとレジのおじいさんが丁寧に教えてくれました。 

気の長い話ですが、楽しみがひとつ増えました。

|

« 不具合にイラつく | トップページ | 韓ドラ熱ふつふつ・・・と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不具合にイラつく | トップページ | 韓ドラ熱ふつふつ・・・と »