« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月30日 (火)

高速道路を使わないぶらり旅・・・1

江戸時代の五街道のうちのふたつ、東海道と中山道は、京都から大津、草津まで同じ道で、草津から海側と山側に分かれ、江戸日本橋へつながっています。

Photo_116

東海道は難所が多く、川や海では渡し船で越す箇所が多かったのに対し、中山道は道は険しかったものの川止めの心配がないことから女性に好まれ『おんな道』と呼ばれていました。
皇女和宮のご降嫁は中山道を使っていましたね。
東海道は国道1号線となり、鉄道もそのまま東海道線と言われていますが、中山道の方はあまり親しみがありませんでした。
両方の街道の分岐点があり、たくさんの宿場町が残る滋賀県民としては、ぜひ中山道をたどってみたいと思っていました。

GWに入り、厚めの上着がいる寒い気候の中、B男くんと一緒に車で出かけました。

鳥居本~醒ヶ井~柏原・・・この辺までは聞き覚えのある地名が続きます。

1_1

いよいよ岐阜県に入りました、関ケ原です。

Photo_117

この旅では主要幹線のあちこちにある『道の駅』にも注目していました。
トイレ休憩ができるうえ、土地の名産品や農産物を見るのも楽しみのひとつです。
まずは、岐阜県土岐市にある『道の駅志野織部』、その名のとおり焼き物を中心に、というか焼き物だらけの道の駅で、和風の小ぶりなカレー皿を買いました。

Img_6535
この日はあと2日で元号が変わると言う日、『祝』という垂れ幕とともにこんなカップやお皿が並んでいました。

Photo_118

さて、すでにお昼を回っていましたが、目指すランチは『道の駅そばの郷らっせぃみさと』です。
来年のNHKの大河ドラマへの期待が高まっているようです。

123

ここは手打ちそばが有名で、そば打ち体験もできます。
ちょうどお昼どきでしたので少し行列に並びました。 
厨房で忙しく立ち回っているのはすべて熟年の女性、元気がいいです。

Img_6541

この蕎麦が冷たくて歯ごたえがあって何より香りがよくて、とってもおいしいものでした。
野菜の天ぷらはすごいボリュームで、カリッカリに揚がっていて、口の中がキレそうでした。
なので、五平餅でお口直しをしました(こらっ)

さて、次に目指すのは、中山道69次のうちの34番目、奈良井宿ですが、ここからしばらく風景の写真がありません。
なぜなら、天ざるでお腹いっぱいになったB男くんが助手席で熟睡していたからです。
中山道でもこのあたりは『木曽路』と呼ぶらしいです。
ところどころ桜の咲く山道を、わたしはひとりで♪木曽のな~ぁ中乗りさ~ん、木曽の御嶽山はなんじゃらほい・・・などと唄いながら運転しました。

B男くんのイビキがやかましいので、寝覚ノ床で起こしました。
「なんやここ、寒うてほんまに目が覚めるわ」
ひゅ~ごぅ~とうなる風に驚いていたことったら。
季節はずれなのでしょうか、あまり観光客がいませんでしたので、遠慮なく写真が撮れました。

Img_6556

奈良井宿です。
4年前の秋にBちゃんと歩いた隣の馬籠、妻籠とここ奈良井は、昔ながらの景観を色濃く残す宿場町として人気です。

Photo_119
あれ?
人がいない。
おまけに雪がちらついてきた。
B男くんが地酒と奈良漬を買った酒屋のおかみさんの話によると、ハイシーズンはもう少し先なんだそうで、
「おまけにこの寒さでしょ、みなさんびっくりしておられます」
とのことでした。

Img_6635
さあ、この先は宿泊予定の松本まで、ノンストップで行きました。

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

平成最後の・・・

・・・って言うたらええってもんやないですよねぇ、なんでもかんでも。

平成最後の紅白歌合戦、平成最後の満月、平成最後の花粉症、あ、これはわたしのことでした。
日々が過ぎたらその先に令和元年が来るのに、ですよ。
だいたい元号の発表のときだって、ちょっと待てば発表されるのに、テレビ各局が特番を組んでの大騒動。
まぁ、わたしもその瞬間はテレビの画面を見つめていましたけど・・・。
この調子なら令和元年もいろんな特集が組まれることでしょう。

ところでこの『令和』ですが、官房長官が額を掲げたとき一瞬
『令知』
に見えたんですよ。
え?
れ・い・ち?
わたしの時代が来たのか?
『れいち元年』って、なかなか治まりがいいんじゃないでしょうか!?

先週末から平成元年生まれのう~じんが帰ってきていました。
働き方改革のおかげでしょうか、入社当時に比べてずいぶん休暇が取りやすくなりました。
ラーメンの作り方、洗濯物の干し方など、ちょっと首をかしげたくなる場面が随所にあり、この8年余りのひとり暮らしで自分流が身についたようです。
地元のお祭りを堪能して、友だちとも会って
「平成最後の帰省でした~」
と言って、カップめん、冷蔵庫の中のもの、商品券、お昼用のおにぎりなどを持って帰りました。

平和なわが家、なんやかんや言っても、令和はあと10日ほどでやってきます。

| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

かかりつけ医の引退

先日、かかりつけの医院へいつもの血圧の薬をもらいに行ったら
『K先生は今月末で退職されます。今後はT先生が診察にあたります。』
との張り紙が・・・。
え?
そんな急に・・・。

お薬だけもらって帰ろうと思っていたけど、お礼も言いたいので、最後の診察を受けました。
先生はわたしと同年配で、平成元年の開院からずっとお世話になってきました。
胃腸の調子の悪いのから頭痛、腰痛、胆石、膀胱炎、ばね指・・・思いつくだけでも両手に余るほどの箇所を診てもらい、健康診断結果を持って行って精密検査もしてもらいました。

今後は、昨年から週に2回診察に来ておられた(これも初めて知った)少し若い先生が、建物とスタッフを引き継いでいかれるそうで、
「しっかりと申し送っておきますから、安心してください」
そう言われても、医者と患者って信頼関係や相性と言うものがあるし、今の先生の口癖の『心配ないですよ、ね、ね』というのがお守りみたいになっていて、本当に心配のない結果につながってきたから、頼りにしていたのに・・・。

ちょっと長期の休みに入るんだそうで、医者を辞めるわけではないとのことです。
気取らない雰囲気のご夫婦で、奥さんも街で出会うと
「その後どうですか」
などと気軽に声をかけてくれる感じのいい人でした。

思えば、20年ほど前に子宮がんの検診で異常が見つかり、ずっとかかっていた婦人科医院の先生も数年前に退職、B男くんの同級生の眼科医も昨年あっさりと廃業しました。

理由は年齢的なもの、少子高齢化は開業医の世界にも打撃を与えているようです。

| | コメント (4)

2019年4月14日 (日)

引き出物事情

結婚式の引き出物やお祝い返しは時代とともにどんどん変化しています。

タオルやお盆やお湯のみなどをいただいて、押入れの奥にしまったまんまと言う昭和時代から、カタログギフトが中心になってしばらくはとても便利で重宝したものですが、そのうち、特に欲しいものがない、食べ物でもいただいておこうか・・・となり、いったいどなたのお祝い返しなのかわからなくなってしまう、あるいは申込期限が過ぎてしまうという憂き目を見たりしていました、実にもったいない話です。

う~じんは友人の結婚ブーム(やや落ち着きつつありますが)で、大きな陶器のお皿やペアカップをいただいて困っていましたがついに
「何にも欲しいものがない、お母さん好きなもの貰ってもいいよ」
と言いました。
後で送ると言ったカタログはDEEN&DELUCAの電子カタログで、暗証番号を入れると閲覧や申し込みができるんですって。
あれまぁ、パソコンで見て、マウスでぺらぺらとページをめくり、必要な部分は拡大して見られる、ふ~んハイテクだなぁ。

こういうの、便利なのに・・・

Ddbe
わたしはこのすっきりしたデザインが大好きです。
ちょうど欲しかったホーローのポットを見つけたので迷わずいただきました。

Img_5355

1.1ℓ入るポット、休みの日はたっぷり紅茶や日本茶を淹れてちょうど一日で飲み切る量です。
冬場は冷めるから家族がそろったときにしか出さなかったけど、これからの季節、常温好きのわたしは重宝しそうです。

| | コメント (2)

2019年4月10日 (水)

韓ドラ熱ふつふつ・・・と

最近韓国ドラマをよく見ています。

同時進行で3作品を見ることもあり、毎日・・・
早く家に帰りたい
早くご飯を食べて後片づけをしてしまいたい
早く二階へ行ってゆっくりドラマを見たい
と切に願って暮らしています。

ところで、相変わらず韓ドラでは・・・
仕事のやりすぎで鼻血を出す
熱で寝込んでいても三度のメシは抜いてはならない
富豪の家ではリビングに階段がある
富豪はシルクのパジャマ、一般民は着替えないで寝る
会社では若造が簡単に重役になる
などというお約束が随所に見られ、ちょっと嬉しくなります。

さて『純情に惚れる』というドラマで、久しぶりにこの人を見ました。

Chongyonho1

往年の韓ドラファンならご存知チョン・ギョンホくん(36歳)です。
わたしの愛するソ・ジソブ氏の『ごめん愛してる』では女優の息子ユン役、今回も相変わらずええとこのぼんぼん役で泣かしてくれました。

『ごめん愛してる』のころ(20歳くらい)

Photo_115

これはこれでかわいいのですが、大人になったギョンホくんは美しく、品があって、何より演技が抜群にうまくなっていて見ごたえありました。
ああ、ギョンホくん、ちょっとヤラレ気味の今日このごろです。

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

桜・梅・椎茸

Img_6224

隣町にしだれ桜が有名なお寺があり、毎年見に行くもののいつも少し遅く残念な思いをしていましたが、今年は週末にどんぴしゃの満開、お天気も快晴でいいお花見ができました。

境内から墓地にかけて大きな枝が張り出しており、花の下ではどの墓石も清らかに誇らしげに見えること。
花が散ると青葉が強い日差しを和らげてくれることでしょう、まったく素敵なお寺です。

さて、我が家の鉢植えの紅白のしだれ梅は、今年もしょぼしょぼっと白色だけが10輪ほどの花を付け、それでも精一杯の芳香を漂わせてくれました。
これはB男くんが退職した年に買ったもので、今年で10年、これを機に地へ下してやることにしました。

Img_6264

B男くん管理の鉢なのでわたしは手出し口出しをしないと決めてきましたが、肥料はどこにあるとか聞いてくるし、鉢から抜いた木をそのまんま掘った穴にぼそんと入れようとするし、どうしても口出しせなあかんかったんですよ、奥さん。
こうして梅の木の植え替えは完了、来年は花を付けるか・・・待ち遠しいものです。

お次は、椎茸。
以前、信楽の陶器祭りで買ってきた椎茸の原木、これは面白いように椎茸がぽこぽこと収穫できて、結構食卓を賑わせてくれたものでした。

Photo_4_1

2007年10月、このときの記事を読むと、1本700円で購入したとあります。

今日、農協のスーパーへ行ったらありました、椎茸の原木。
菌を入れてないものが1本300円くらい、菌を植え付けたものは1,400円、すでに菌を入れてある方を買いました。

Img_6269

湿気を保てる場所に立てて置き、菌が早く全体に回るようにときどき木の上下を置き換えて、夏場は水をかけること、そうすれば来年の春ころから椎茸がぽこぽこと顔を出すでしょうとレジのおじいさんが丁寧に教えてくれました。 

気の長い話ですが、楽しみがひとつ増えました。

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

不具合にイラつく

先月、このブログを管理するココログのサイトがリニューアルされて以来、スマホでPC表示に切り替えるボタンがない、コメント数が表示されない、コメントがすぐに反映されない、などの不具合が起こっています。
記事の作成画面でもコピペができないし、画像の挿入などで面倒なことが増えました。

それらは徐々に改善されているようですが、とりあえずわたしができる改善策をご紹介します。

まず、スマホでPC表示にする方法ですが、

①ブログのトップ画面を表示させます。
余談ですが、タイトルと生地の間に大きな広告が出てきます、最近検索したものに関連した広告が表示されるようで、この日は『薄毛に悩んだら』などと言うもの、そんなん検索した覚えはないけど・・・その部分は消しました。
『おかげまいり』の記事に写真がないようになっています、これも不具合。

Photo_114

②URLの右横のマークを長押しします。

S2

③すると下の方にこんな画面が出ますので、『デスクトップ用サイトを表示』をクリックします、完了です。

S3

④もうひとつの方法、画面下の『共有ボタン』をクリックします。

S4

⑤表示された画面から『デスクトップ用サイトを表示』をクリックして終わり。

S5

⑥これで、PCと同じ画面で見ることができますので、コメント数が見られ、広告の表示も少なくてすみます。

S6

これらはiphone向けの説明ですが、Androidでも同じようなボタンやアイコンがあるようですので、ぜひお試しくださいね。

| | コメント (2)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »