« 謹賀新年 | トップページ | 対決 »

2019年1月 9日 (水)

どの婿殿オシ?

今期のNHKの朝ドラ『まんぷく』がおもしろい。

事実に基づいたエピソードの数々は、つらいこと、悲しいことの繰り返しだけど、夜明けの来ない夜はないと言う人生の指針や戒めを表現していて元気を与えてくれます。
いや、そんな難しいことを言うまでもなく、次々苦難を乗り越えていく福ちゃん夫婦を見ているとほんと、元気が出ます。

さて、このドラマには3人のムコ殿が出てきます。
先日ネットで、どの旦那さんが好きかと論じられていて、わたしも少し考えてみました。

亡くなった長女の夫、元証券マンの真一さん。
次女の夫、画家の忠彦さん。
そして主人公の三女の夫、発明家の萬平さん。

このドラマを語る上で欠かせない存在に、萬平さんの嫁の福子の母親があります。
その昔、バニーガール姿で一世を風靡した松坂慶子さんが演じていて、それがものすごーくいい。
この人がドラマをゆるめたり・ゆるめたり・・ゆるめたり・・・しています。

暴走するとムコ殿たちになだめられるのですが、このときのムコ殿の対応の仕方がまたおもしろいのです。

Otrh        真一さん(大谷亮平さん)のインスタからお借りしました。

理系男子の萬平さんは、考え方が一直線で言葉も飾らず、なだめるどころか火に油を注ぐタイプです。
真一さんは零細沈着で、優しく理屈を説いてなだめるタイプ。
忠彦さんはお義母さんの弱点をよく理解しており、持ち上げていい気持ちにさせてその場を収めるタイプ。

一般的には真一さんが最もまともな考えと行動で、安定した存在です。
忠彦さんは、孤独を愛するナルシストかと思っていたのですが、最近、家族愛に溢れる面が見えてきて好感度アップ、ただし、お義母さんに対しては女性の扱い方を知ってか知らいでか、とても慣れている面が見られます。

わたしはやっぱり真一さんオシかな。
この歳になると危ない橋は渡りたくないもんね。
でも若いころだったら忠彦さんに惹かれていたと思います。
わかっていても、褒められてオンナゴコロをくすぐられるとふらふら~っとなびいてしまいそうです。

さて、ドラマは約半分過ぎました。
チキンラーメンへの挑戦が待ち遠しい思いです。

|

« 謹賀新年 | トップページ | 対決 »

コメント

れいちさん
遅くなりましたが、
本年もあちらやこちらでも、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントご無沙汰しておりますが、ギガの話など、そうそう、と楽しく拝見させていただいています。

ところで、「まんぷく」の婿さんたちね、やっぱり真一さんでしょう!?
大谷亮平はちょっと竹野内豊似で、ルックスも惹かれます。

ああ、それにしても、インスタントラーメンにたどり着くまで、待ち遠しいです。
「まんぷく」放送中には、みなとみらいの「カップヌードル博物館」に行ってこようっと!

投稿: 秀子 | 2019年1月 9日 (水) 14時27分

fuji秀子さん
おめでとうございます。
こんなぐだぐだブログですが、今年もどうぞよろしくお願いします。

やっぱり真一さんですよねぇ。
クールで少し儚げな眼差しで、だけど情熱的な面もあり、そそられますわ、じゅるっ。
大谷亮平さんは、俳優になって最初に韓国で人気が出たのだそうです。
髭を生やして史劇に出ていました。
いかにも似合いそうです。

ところで、年明けからドラマはいきなり8年過ぎていましたが、真一さんは再婚しないのかしらね。
楽しみ楽しみ。

投稿: れいち | 2019年1月 9日 (水) 17時31分

「まんぷく」の婿さんたち・・・う~~~む。。catface
あのせらサンに嫁と子どもがいて、しかも浮気はしたことないってかhappy02

「私は武士の娘ですから」の母さま、可愛いくて大好きheart
嫁にしたい(笑)

投稿: のりりょん | 2019年1月 9日 (水) 21時16分

waveのりりょんさん
昨日、韓ドラの「師任堂」を見てたら、夢龍(もんりょん)と言う言葉が出てきて、あぁ、のりりょんさんのHNはここからきてるだったなぁとしみじみしました。

さて、日本のドラマです。
松坂慶子さん演じる武士の娘、面白いですよねぇ。
全く天然の可愛さです。
8年経って、福ちゃんの髪型は変わっても、お母さんは少しも老けていない。
ずっと登場してほしいものです。


投稿: れいち | 2019年1月10日 (木) 18時13分

ご無沙汰してます。
うひひ、「まんぷく」おもしろいですね。前のと違って、着地点が分かっているので、安心して見ていられます。
松坂さん、いいわ~。
若かったころは、それはすてきにきれいだったけど、「武士の家計簿」なんかでもみせた、ちょっとコミカルなお母さん世代の役がぴったりはまるようになりました。
大谷さん、ディーンフジオカと同じ、逆輸入俳優さんですね。私も韓国ドラマでみたことありますわ。安心して頼れる真一さん役にぴったりですね。

投稿: みや | 2019年1月13日 (日) 11時25分

tvみやさん
松坂慶子さんは、岡崎友紀の「おくさまは18歳」とか「なんてったって18歳」で、ご近所さんの役で出ていたのですよ。
「可愛い可愛いけいこちゃん」って自分のことを紹介する、コミカルな役でした。
忘れられないのは、映画「人生劇場」です。
ものすごくきれいなカラダ、皮膚でしたっけ、うっとりしました。
最近では、本当に上手にお母さん役にスライドしましたね。
福ちゃんのお母さんとして、ずっと登場してほしいものです。

真一さんの役どころが一番安心して見られますね。
しかし、今週は忠彦さんに怪しい動きがありますので、次は真一さんに何かエピソードが回ってくるかもしれませんね。
おっしゃるように、着地点がわかっていますから、逆境がきても少し安心です。
そう言えば、前回のドラマは、全く先が読めませんでしたから気が抜けずにイラっとしましたわ。

投稿: れいち | 2019年1月13日 (日) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165468/74841332

この記事へのトラックバック一覧です: どの婿殿オシ?:

« 謹賀新年 | トップページ | 対決 »