« 久々の韓ドラ | トップページ | お誕生会 »

2018年9月15日 (土)

うなぎもどき

大津の駅前に、食事のできるお豆腐屋さんがあって、豆腐づくしのフルコースが人気です。

お豆腐の料理と言えば『梅の花』が有名ですが、上品な器に少しずつ出てくる梅の花に対し、ここのお豆腐屋さんのものは量が多いのが特徴です。

すくいながらいただく湯葉や豆腐のみそ漬け、ウニを乗せた豆腐のグラタン、田楽など・・・
このあたりは豆腐の形が見えます。

「今日は広島のええカキが手に入って・・・」
と言いながら店主が出すカキフライは、口に入れたら豆腐。
「はい、浜松から直送のうなぎです」
これも見た目もお味もかば焼きなのですが、よく味わうと豆腐。

他にも豆腐のうどんや
「ジジィが作ってもババロアとはこれいかに」
と出される豆腐のババロアなど、笑いながらいただくのも楽しいものです。

さて、うなぎが高級化する中、TVの情報番組で、かまぼこ屋が作ったうなぎのかば焼き風と言うものを見て、買ってみました。

Img_2603
商品名は『うな次郎』
素材はかまぼこです。
開けてみると・・・こんな感じで、たれと山椒粉も付いています。
見た目はきれいに骨切りされたうなぎ・・・かな。

Img_2606_4
説明書きのとおり電子レンジで加熱して・・・

Img_2609
うなぎのエキスが入っていることと、たれの風味もあって、お味はそこそこうなぎに近いのですが、うなぎ本来の脂っぽさがあまりありません。
食感は・・・少し柔らかめのかまぼこです。

こうしてご飯にで~んと乗せるより、刻んでご飯に混ぜ『まぶし』としていただく方が、よりうなぎに近かったかもしれないです。

ともあれ、ちょっと珍しい食べ物でした。

|

« 久々の韓ドラ | トップページ | お誕生会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165468/74078477

この記事へのトラックバック一覧です: うなぎもどき:

« 久々の韓ドラ | トップページ | お誕生会 »