« 暑中お見舞い申し上げます | トップページ | そうめんかぼちゃ »

2018年8月11日 (土)

誕生日と施餓鬼

今日はわたしの誕生日です。

戦後10年ちょっとして生まれました。
陣痛の前に破水してしまい、羊水が空っぽになってから自力で産まねばならなかったからしんどかった、三日三晩かかったと母から何度も聞かされました。

産婆さんは隣の家の人で、この人は大学病院の付属の看護学校を出たインテリ、当時まだ珍しかった自家用車を乗り回してお産に駆けつけるハイカラなおばあさんで、お産以外にもちょっとした病気やけがではお世話になりました。
この産婆さんからも
「れいっちゃんは大きな子やったから、お母ちゃん大変な思いして産まはったんやで」
と言われました。

その大きな子は、大人になってもやっぱり大きめで、血圧やコレステロールを心配する日々です。
このトシになると、誕生日を迎えた感想とか今後の抱負と言ったらただひとつ、健康で暮らしたい、に尽きます。
来年の誕生日も元気に迎えられるように、精進して暮らしたいと思っています。

さて、毎年わたしの誕生日は、お寺のお盆の行事『施餓鬼』法要の日でもあります。
『施餓鬼』とは、餓鬼に施す・・・

Preta_s
生前の悪行によって仏になりきれていない魂などを餓鬼と呼び、いつもお腹を減らして巷を徘徊しています。
実家の母は、仏壇からお膳を下げるとき、縁側で
「餓鬼に進ぜます」
と言って庭先にお茶を撒いていました。
善い行いをしないと餓鬼になる、とも教えられていました。

今日は、わが家のご先祖様の供養と、この餓鬼の供養とをする日で、お寺に行って順番に法要の列に加わります。

お盆の間には、お墓参り、施餓鬼、棚経と、お寺やお墓にお参りする行事が次々とあり、小さいころは家族や親せきが揃うこの時期が楽しみでしたが、大人になると、お金がかかりせっかくの休みに出かけられないというバチ当たりな考えが浮かんできて、暑さだけではないげんなり感が漂います。
が、しかし、お寺のお線香の匂いの中にいるとそれはそれでありがたく、なにやら邪悪な思いが昇華されるような気にもなるから不思議です。

うちの娘たちは、この休みにそれぞれ海外旅行に出かけてしまい、わたしたち夫婦だけでお盆の行事を執り行います。

毎年、あれやこれや先のことを考えたら、少し気が重くなるここ最近の誕生日でもあります。

|

« 暑中お見舞い申し上げます | トップページ | そうめんかぼちゃ »

コメント

れいちさん、お誕生日おめでとうございます!

最近は超未熟児でも育つ時代ですが、すべての器官が胎内で育って無事この世に出てこられたことは幸運なことなのですね。
少し早産で生まれた私は小さい頃は身体が弱くて、流行り病はみんなもらってくる、と言われたものでした。
大きい子、丈夫な子はうらやましかったです。

そちらお盆周辺のお寺の行事が多いように思います。
私の実家も近いものがありますが、B男くんの実家のお寺は行事は少なく、お金もかかりません。内心楽ちんだと思っています。
人口密度の違いでしょうか?!

高齢化社会になって、お金のかかるお寺さんは敬遠されるようになるでしょうが、それもまだ都市部の話で、そうでない地方はどうなるんでしょうね。

投稿: 秀子 | 2018年8月14日 (火) 17時38分

秀子さん
秀子さんは未熟児だったんですか、すらっと背の高い大人になられて、そこは遺伝のなせるワザだったんでしょうか。

わたしの母、小さいんですよ。
身長は150cmくらいしかないんじゃないかなぁ。
でも父が大きいから胎児は大きく育ったんでしょうね。
でもね、毎年春の健康診断で、身長がだんだん縮んでいることは確かです。
これは骨粗しょう症のひとつの表れなんでしょうかねぇ・・・。

先日、この記事を読んでくれたと思われるネッ友さんから『墓じまい』の話題のメールが来ました。
そしたら翌日、NHKの特集でもやっていました。
いわゆる『永代供養』とセットのようなもので、守りをする人がいなくなる前に、自分たちで後始末をしてからあの世へ行きなさい、みたいに感じる内容でした。

お寺の行事が煩雑かそうでないかは宗派による違いです。
浄土真宗はそれほどでもないようですが、浄土宗はご丁寧です。
こちらでも浄土真宗の人のお盆はあっさりしています。
お経、仏壇の色、お数珠のかけ方、全て違います。
お坊さんの呼び方や、世襲であるかないか、細かいことを言ったらたくさん違いがあります。
わたしは実家と嫁家が同じ宗派だったので、いろんなこと、すんなり受け入れられましたが、浄土真宗へ嫁いだB男くんの姉はいろいろ戸惑ったようでした。
その浄土真宗でも東本願寺派と西本願寺派・・・いろいろと複雑なんですよ。
禅宗のお宅もちらほらとありますが、そうなったらもうわかりません。

投稿: れいち | 2018年8月15日 (水) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誕生日と施餓鬼:

« 暑中お見舞い申し上げます | トップページ | そうめんかぼちゃ »