« 新幹線に乗る練習 | トップページ | 土用干し »

2018年7月12日 (木)

遠足

先日、職場の上司が変わったお茶を飲んでいました。

急須に入っているのは、黒豆・ドクダミ・ハトムギ・・・まで確認できました。
あとカラダによさそうな植物が数種類入っているそうで、急須からはハトムギの香りが強く、少しドクダミの香りも混じって上がってきます。

「れいちさん、知ってます?ドクダミ」
知ってますとも。
家の敷地の中でも北西の湿気た場所に生えていました。
摘んで束にして軒下に欲し、乾燥したら細かく切って保存。
小さいころ、ご飯を食べないでおやつばっかり欲しがると必ずドクダミの煎じたのを飲まされたものです。

B09060101

可憐な花が咲きますが、触ると独特の強い匂いがあります。

当時はその名のとおり毒を出す、つまり抗菌作用があるとだけ理解していましたが、そのほかにも血流が改善され、さらに肌がきれいになり、高血圧や糖尿病の予防などの効能があるようです。
上司は、道の駅で地元産のドクダミ茶を見つけたときは嬉しくなって思わず買い求め、以来続けて飲んでおられます。

さて、そのドクダミですが、上司が湯飲みの湯気をふうふう吹きながら話してくれたところによると・・・

小さいころ、学校では夏休み中にドクダミを採取して、休み明けには一定量のドクダミを持っていかなければならなかったそうです。

さらに、同じく県北出身の同僚Kさんの学校では、薬草採取遠足という学校行事があり、朝から袋を持たされ、全校生徒が一斉に遠足に出かけ、道々、ドクダミを見つけたら採取したんだそうです。

夕方、学校へ戻ると、体育館に広げられたシートの上に採取してきたドクダミを広げ、乾燥したころ業者が引き取りに来る・・・という段取りになっていました。

上司もKさんも滋賀県の北部の伊吹山近くの出身で、伊吹山にはおよそ1,200種類の植物があり、その中でも260種類がなんらかの効能を持つ薬草です。
有名なものは、お灸に使うモグサの材料となるヨモギと、煎じて飲むドクダミです。

Ibky
Kさんは、どこの学校でもこういう遠足があると思っていて、湖北の学校だけの行事だと知ったのはかなり大人になってからだったそうです。
なんとものどかな楽しい行事です。

薬草採取遠足、宝探しの大好きなわたしなら一生懸命、誰よりもたくさん集めたと思います。

|

« 新幹線に乗る練習 | トップページ | 土用干し »

コメント

れいちさん、お暑うございます。
前記事の「新幹線に乗る練習」、私の学校にはありませんでしたが、あってもよかったかなあと思います。
東京が近いとはいえ、中学校で新幹線に乗ったことのある同級生なんてクラスでも1~2人くらいでした。高校だって、ちょっと増えてはいるでしょうが、そんなもんです。

ですから、高校の修学旅行は東京駅に各自集合だったのですが、けっこうハードル高いんです。中学校のようにバスが学校に来て東京駅まで連れて行ってくれるのとは大違い。
クラス委員だったり班のリーダーは、自分が東京駅の乗り場に行きつくかがまず問題で、さらに全員そろうかどうか、ドキドキでした。たしか他のクラスで一人遅れたために、その子だけ翌日から来るグループに入ったと聞きました。(11クラスもあったので、5クラスだけ1日ずらして出発するのです) 団券で乗る修学旅行は1人の遅れは大問題なのですよね。

さて「薬草採取遠足」。製薬会社がある県だからでしょか、とってもユニークですね。ドクダミ茶は苦手ですが、お灸で薬草にはお世話になっています。

わが家なら、夏休みの間に法面からた~んとドクダミを採取していけそうです。日向に生えているドクダミの根は深く、なかなか抜けず増える一方です。

ところで、先日お灸を受けながら、ふと「もぐさ」とはどんなものか疑問に思いました。帰りの電車の中で調べたら、ヨモギの葉にある毛を集め乾燥させたもので、とても高価なものだと知りました。。
それを知ってから、お灸の度にわが家の法面に生えているヨモギのことを思うのです。

投稿: 秀子 | 2018年7月17日 (火) 00時09分

sun秀子さん
ほんま、暑いです。
今日は仕事が休みで、朝から小さな用事で出かけましたが、もうぐったり・・・。
途中でメガネにポタリと水滴が落ちてメガネが曇ったので空を見上げたら、なんと、髪の毛の先から落ちた自分の汗でした。
ひえ~

新幹線の記事も読んでいただいてありがとうございます。
今では笑い話ですが、ほんと、緊張しましたよね。
当時は親も新幹線に乗ったことがなくて、家族で唯一の経験者、兄に聞いてみたら、
「いつの間に発車したのかわからんくらいに静かにす~っと動く・・・」
まさにそれでした。

そして当時の東京駅の新幹線のホームはひとつ、東京が始発の終点でしたから、ホームで迷うことはありませんでした。
秀子さんの年代の集合が東京駅の新幹線乗り場、っていうのもこういう背景だったんでしょうね。
大人になってからも東京から出ている新幹線は東海道新幹線だけでした。
ところが今や、東北、北陸、上越新幹線もありますね。
案内板の色を変えてくれたくらいじゃ、田舎者はわかりませんっ!

最近では新幹線はもっぱら品川駅の利用が増えました。
品川は乗り換えが簡単、たくさん歩かなくていい、好きです。

もぐさ、わたしもこの記事を書くにあたって調べてみました。
ヨモギの葉の産毛・・・知らなかったです。
食べてよし、お灸にしてよし、ありがたいものなんですね。
秀子さん宅の法面、ありがたい感じがします(笑)

投稿: れいち | 2018年7月18日 (水) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165468/73822389

この記事へのトラックバック一覧です: 遠足:

« 新幹線に乗る練習 | トップページ | 土用干し »