« 春の遠足はボケ封じ寺 | トップページ | VSヒヨドリ »

2018年6月 9日 (土)

恐るべし業スー

韓国発のインスタントラーメンと言えば、『辛ラーメン』が有名です。

4_2

CMでは、このように小さいアルミ鍋で作って、そのままふたを器代わりにして食すというやり方が日本人から見たら「お行儀が悪い」と非難のマトらしいですが、韓国ドラマを見慣れたものにとってはごく普通の光景です。
韓国のスーパーでは、袋麺5個入りにこのお鍋を付けて販売してたりします。

文化の違いを理解せずに非難するのは早計です。

さて、『辛ラーメン』を製造している農心から出ている『カムジャ麺』、過去にここで取りあげたかもしれませんが、わたしはこのラーメンが大好きです。
麺にじゃがいも成分が練り込まれていて、つるつるのしこしこ、スープはやや辛い中にもコクがあり、きりっとしたお味です。
休みの日のお昼はほぼこれを食べていると言ってもいいくらいです。

しかし、いかんせんややお高い。
『辛ラーメン』が1袋80円くらいなのに『カムジャ麺』は100円以下ではありません。
わたしはいつもスーパーに入っている海外商品を扱うお店で4袋入りを600円くらいで買っています、1袋150円くらいですね。

しかし今日、お祭りなどで使う使い捨てのどんぶり容器を買いに業務スーパーへ行って・・・
ちなみにこのPET素材のどんぶり(大)は60個入りで735円、業務スーパーへ行く前にリサーチした100均ショップでは5個で100円だったので業スーの方が格段にお安い・・・

で、1個あたり12円ほどのどんぶり容器を買ってふと近くの棚を見ると、『カムジャ麺』4袋入りが369円で売っているじゃああ~りませんか!

え?
うそ、1袋100円もしないじゃないの!?

速攻お買い上げです。
次に韓国へ行くことがあったらスーツケースいっぱい詰められるだけ買ってこようと思っていたのに、こんな近くにこんなお安く売ってるって・・・(うれし涙)

ちなみに、カムジャ麺は三養食品と言うところからも出ていますが、わたしは断然農心食品派です。

51saasr1tel__sx385_ひと昔前、スーパーには白菜と鶏肉をたくさん買い込む中国の人を多く見かけましたが、この日の業スーには、たぶんタイ語やベトナム語を話すおしゃれな若者を多く見かけました。
そして、カゴの中には出来合いのおかずやサラダが入っていました。

|

« 春の遠足はボケ封じ寺 | トップページ | VSヒヨドリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165468/73651449

この記事へのトラックバック一覧です: 恐るべし業スー:

« 春の遠足はボケ封じ寺 | トップページ | VSヒヨドリ »