« ぽっくり寺、改めボストン展 | トップページ | お泊り付き喋りまくる会 »

2018年2月21日 (水)

機種変更ストレス

スマホを買い替えました。

前回は2年前のiphone5から6への機種変更でしたが、このときは5の操作が不能になりかけて、データのバックアップを取ってなかったことが痛恨の極みでしたから、今回はときどきパソコンにバックアップを取っていました。
しかし、そういうときに限って問題なく動くんですねぇ。
とにかく2年半、そろそろ何があってもおかしくない時期なので、早めの対応としました。

今回は6から8への機種変更です。
しかし、キャリアはdo・・moなので、電話帳や写真などのデータの移行やアプリの移行などまったくやってくれません。
「Galaxyにしはったらどないです?」
と言わんばかりの仕打ち・・・
平野ノラが持っているような携帯電話を持ち出してからすでに20数年do・・moひと筋なのに
「わからないことがあったらここへ電話してください」
と『Apple careセンター』の連絡先の書いた小さい紙をくれただけでした。

スマホからパソコンへitunesを使ってデータを取り込み、新しいスマホに戻す、こう書けば簡単ですが、simカードを入れたり出したり、かなりの時間がかかりました。

そして、アプリの移行がこれまためんどくさい。
特に手続きのいらないものがほとんどでしたが、個人情報を使うものはIDやパスワードが設定されていて、これまたIDやパスワードを、すっかり忘れているものもあり、新しくパスワードを設定する手続きをごちゃごちゃしているうちに、どこまでできたのかわからなくなり、ロックがかかったり
「大阪のどこそこであなたのデバイスにログインがありました」
な~んて警告が出たりして、結局Appleのサポートセンターのお世話になり、長瀬智也のような声のお兄さんが対応してくれました。

「お客様の大事なデータですのでご心配はごもっともです、しっかりとサポートさせていただきますのでご安心ください」
なんて言われた日にゃ奥さん、涙がちょちょぎれましたがな。

今日びは、わたしのスマホとサポートセンターで同じ画面を見ながら、長瀬さんがわたしのスマホの画面で赤い矢印を動かして、ここをクリックしてください、とか、ここにこの数字を打ち込んでくださいとか、遠隔操作みたいなことができるんですね、とってもわかりやすかったです。

そうこうして、ほぼ丸一日かかってやっと使えるようになりました。

これはかなりのストレスです。
次回は、データの移行をやってくれる優しいおねえさんのいるショップを探そうと思いました。

翌日、Appleサポートセンターからお問い合わせ対応のアンケートが来ましたが、それはそれは褒めちぎっておいたのは言うまでもありません。

|

« ぽっくり寺、改めボストン展 | トップページ | お泊り付き喋りまくる会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機種変更ストレス:

« ぽっくり寺、改めボストン展 | トップページ | お泊り付き喋りまくる会 »