« NY・・・1 | トップページ | NY・・・3 »

2017年8月26日 (土)

NY・・・2

日本での事前の調べでは、わたしたちの旅行中、NYのお天気はあまりよくないとの予報でしたが、そこはわたしの日ごろの行いの良さが雨雲を吹っ飛ばしたのか、予報は外れ、いいお天気が続きました。
気温は27〜29℃くらい、適度に湿度もありましたが、風が吹くと気持ちのいい気候でした。
旅行はお天気が良いと悪いでは、楽しさに雲泥の差がありますね。

2日目のスタートは街に出ての朝ごはんからです。
パン好きのあねこのリクエストで、オーガニックカフェのル・パン・コティディアンへ行きました。
このお店は最近日本でも店舗を展開していて、朝から行列だそうです。

20
ル・パン・コティディアンは街でよく見かけますが、この後行くグリーンマーケットの近く、ユニオンスクエア店に行ってみました。

12

11
土曜日のせいか、店はがらーんとしていて、ゆっくりメニューが選べて、ポットで出されたコーヒーをたっぷり楽しめました。

こういうことができるのが、個人旅行のいいところですね。

食後は街歩きです。
おっ、フラットアイアンビルです、横を歩いていたら気が付きませんが、角まで来るとこの鋭角なデザインに驚きます。
古い建物で、柱や窓枠が凝ったデザイン、美しい。

21

ユニオンスクエアの近く、グリーンマーケットのテントが見えてきました。

地元の農家がとれとれのものを並べているとあって、カートを押したご夫婦を多く見かけます。 また、ここは有名レストランのシェフも食材探しに来ることがあり、彼らに会いたい人たちも来るそうです。

Gm
フルーツや野菜、花、ハチミツなどがお手軽な値段で出ています、と言っても日本の食品より少し高め、だいたいNYでは食べるものが高いですねぇ。
魚、野菜、果物など、きれいに並べられています。 トマトやきゅうりの形が日本のものと全然違うのを見るのもおもしろく、また試食をさせてくれるお店もありました。

25
『マンハッタンで蜂蜜を作る男』アンドリューさんの蜂蜜。

13
さぁ、この日の計画は少しハードなもの、次行くでぇと、近くの公園を横切るつもりで足を踏み入れたところで…
なんと、あねこの会社の先輩に遭遇。
「あねこの母でございます、いつもお世話になっていることと思います」
とご挨拶、記念撮影。
世間は広いようで狭いのねえ、とは世界でも通用するものなのね、びっくり。

町歩きの途中で、ストランドという本屋さんや大好きな雑貨店アンソロポロジーやフィッシュズエディなとでキッチン雑貨のお買いものをしました。
わたしら母娘はこう言うお店を見るのが好きです。
その食器を使うたびに、旅の場面を思い出せるから、重たいのについつい普段使いのカップやお皿を買ってしまいます。

24

28
この日のランチは、スモーガスバーグという週末だけ開催されるフードマーケットへ行きました。
場所は、ブルックリンのイーストリバー沿い、川向こうにマンハッタンのビル群が臨めるエリアです。

23
テントがたくさん並ぶ、日本流にいうところの屋台村みたいなもので、世界のB級グルメが味わえます。

14
26
醤油の香ばしいにおいに誘われてこんなものを買いました。
ただし、ビールは決められたエリアでしか売ってなくて、そこでしか飲めません。

Img_3390
みんな思い思いのスタイルで食べ歩きを楽しんでいました。
ここには南米系、スパニッシュ系の人が多いように見えました、たぶん観光客だらけ。

突然ですが、『世界の果てまでイッテQ』というTV番組で.出川さんのはじめてのおつかいシリーズをご存知でしょうか。
外国の初めての街で、カタコトの、いいや、カタコト以下の英語力で与えられたミッションをクリアしていくものです。
そのひとつに、NYで航空母艦を探すというものがありました。

出川さんは街でいろんな人に空母のことを訪ねて回り、
「Do you know sky mama?」
と聞いてました。
空母のことは『Aircraft Carrier』というらしいのですが、漢字の空と母をそのまま『sky mama』と訳すあたり、笑えるやら見ているこちらが恥ずかしいやら、そしてこの英語力で見事空母にたどり着く彼のど根性にいつも勇気をもらいます。
その『sky mama』を見に行きました。
イントレピッドという名前です。 わぁ、大きい。
大東亜戦争にも出撃した空母は、現在宇宙開発の博物館になっています。

Img_3365_2

Img_3364

なんだかわたしたちの旅行は食べたり飲んだりばっかりという印象ですが、飲食も観光のひとつととらえて吟味したところへ行ってますので、それだけでもわたしたちはとっても充実した気分になっています。
ということで、飲み食いのためなら電車を乗り継いで向かいますねぇ。
ファーマシー&ソーダファウンテンという、レトロなカフェは地元でも人気店で、少しの行列ができていました。
昔、アメリカでは炭酸水は薬のひとつだったそうで、その名残りか店名にファーマシーとつき、ソーダを中心としたオーガニックなドリンクがいただけます。
お昼に食べたイカ焼きが辛かったのと、あまりのお天気の良さでのどかからから、大きめのグラスに入ったソーダをぐびぐび飲んでしまいました。
ライムとグレープです。

17_2

27
奥の席では、お子様のお誕生会をやっているらしく、ハッピバースデーの歌とともに大きくて派手なパフェが運ばれ、ひときわ大きな歓声。
お店の外も中もレトロなディスプレイで、禁酒法時代ってこんな感じだったのかなぁと思いました、 あぁおいしかった。

ブルックリン大橋に夕日がかかるころ、すみません、ウソです、NYはサマータイムで夜の8時頃まで明るいのですが、一日中遊び回ったわたしたちにとっては、夜のとばりが降りている心地です。
一旦ホテルに帰ってシャワーで汗を流し、ブロードウェイにお出かけ。
今回は『王様と私』を見たかったのですが、上演してなくて、他にはあまり見たいミュージカルがなく、わかりやすそうな『アラジン』にしました。

18_2
事前にディズニーのアニメを見ておいたので、セリフがわからなくても楽しめるかなぁとの思いは杞憂、歌もダンスもとってもスケールが大きくて、見応えがありました。
お猿は出てきませんでしたが、絨毯は空を飛びました。
ピアノ線で吊ってあるにしてもくるりくるりと、回転するのはいかがしたものでしょう。
主役はアラジンではなくてランプから出てくるジニーです。
ジニー役の俳優さん、ひょうきんで表情豊かでとっても存在感ありました。

あぁ、この日もこってり遊びました。
ホテルに戻ったらバタンキューでした。

 

|

« NY・・・1 | トップページ | NY・・・3 »

コメント

れいちさん
遅まきながら、おかえりなさいませ。
旅行の余韻が続いて、日常生活に戻っていけていますか?

>飲食も観光のひとつととらえて吟味したところへ行ってますので
色々と情報を集めて検討し、計画された旅のようで、「2度めのNY]って感じです。
(お姉ちゃん、れいちさん、ともに計画作りにマメなのでしょう

か?)
本場のミュージカル、私も是非見てみたいなものです。

旅日記、続編も楽しみにしています。


投稿: 秀子 | 2017年8月28日 (月) 23時20分

airplane秀子さん
今まで海外旅行から帰って時差ボケと言うものを経験したことがないわたしですが、今回は昼夜が逆転したようで、夜中に4時間くらいで目が覚めたり、昼間に強烈な睡魔が襲って来たり・・・ちょっとしんどいです。
トシですかねぇ、もう13時間の飛行時間は無理です。
ビジネスクラスなら行けるかもしれないけど・・・がはは。

わたしとあねこの旅行ではあねこが計画係です。
今回もわたしの希望を取り入れた綿密な旅のしおりを作ってくれました。
任せられます、楽ちんです。

今回2回目ということで、東西南北の感覚は大丈夫だったのと、細かい場面でのルールやマナーと言ったものは困りませんでした。

帰ってからもう半月、なのにちょっと恋しいNY。
また行きたくなっています、こまったこまった。

投稿: れいち | 2017年8月29日 (火) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165468/71481916

この記事へのトラックバック一覧です: NY・・・2:

« NY・・・1 | トップページ | NY・・・3 »