« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月26日 (水)

日曜の午後

日曜日の午後、特に用事のないときは、向こう3日間くらいの晩ごはんのおかずを作り置きしています。

日曜日に作り置きするのは、日・月・火曜日の3日間分くらいで、水曜日はワークライフバランスデーで、ほぼ定時で帰りお買い物ができるので、そこはそのときどきで考えます。
作り置きと言ってもできることとできないことがあり、下ごしらえだけというものもありますが、これをやっておくと毎日帰宅してからの作業がとても楽なのです。

今回は、生春巻き・新じゃがのきんぴら、エビマヨ・豆苗のおひたし、カレー・・・を作りました。

途中、あねこから電話がかかってきて
「ほうれん草を油炒めするときって、アク抜きするものなん?」
と聞いてきました。
そんなん、したことない。
茹でたときは水にさらすけど、油炒めするときはそのまま炒めてる。
・・・などとしゃべっていたら、あねこも1週間分を作り置きしているそうです。

この子は、通勤路にスーパーがいくつかあり、最初のうちは出来合いのおかずが値引きされているものを買って帰っていましたが、パックを裏返すとその原材料が外国産であったり、保存料や着色料が入っていたり、かといって添加物の入ってないものは、日持ちさせるためか味付けが濃かったりして買う気になれないと言い、今では自分が納得できる材料で納得のいく味付けをしているそうです。

えらいなぁ・・・

そうそう、上に書いたエビマヨはLINEのタイムラインで紹介されてたもの、この動画は進行が速いので、急いでいるときはいいですが、何回も見直したり静止画面にしたりしなくてはついていけません。

Img_0087
あと、よく似た動画に『DELISH KICHEN』というものもあり、こちらは少し進行がスローリーです。

せっかくの休みの日に台所に立つのはもったいないと言う向きもあるでしょうが、わたしはそれが苦痛ではなくて、テレビを見ながら、コーヒーを飲みながら、結構楽しんでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

春がきた

う~じんはこの春、新入社員に対する研修をする部署に異動になりました。

この研修をする人になるための研修というのが、なかなか手強いものらしく、う〜じんはひぃひぃ悲鳴を上げています。
人の達成度を見極めるためには、当然ながら自分はすべて習熟していなければなりません。
内示があってからしばらくは落ち込んでいましたが、今では座学・実技とも、一生懸命取り組んでいます。

しかし、その忙しい中でも必ず参加出席するのが、友だちの結婚式と高校のクラス会です。
それはもう、何を置いても、どんなに疲れていても皆出席、そしてそのクラス会で新カレができたようです。

背が高いこと、オトコマエであること、いい人であること・・・
今度のカレもう~じんの希望に合致しています。

前カレは、
「もうかりまっか~?」
と聞くと
「あんまりもうからない」
と返事したり、吉本新喜劇を見て
「これのどこがおもしろいの?」
と言ったとか。

新カレは面白い人らしいです。
そのうちきっと家に連れてくるでしょうから、楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

朝ドラ『ひよっこ』

NHK朝の連ドラ『ひよっこ』が視聴率的に苦戦しているらしいです。

前作の『べっぴんさん』は好調な滑り出しだったのに、中盤からストーリー展開がもったりして、同じところをうろうろしているような、2~3日見なくてもついていけそうな、申し訳ないけどおもしろくなくなりました、これはわたしの個人的な感想ですので、おもしろかったという方はお許しください。

低視聴率のあとのドラマは、その視聴率を引きずってのスタートになりがちですから、大変なんでしょう、きっと。

これもわたしの個人的な意見ですが、NHKはスポンサーがないのだから、そこまで視聴率を気にすることないんじゃないの?と思うんです、素人考えですかね。

さて、今年の『ひよっこ』に戻ります。
ストーリーは省きますが、物語の舞台がまさにわたしのこどものころ、東京オリンピックの開催を目前にしたニッポンです。

にわとり小屋にたまごを取りに行く場面、そうそう、そうだった。
ざるを持って、入り口の小さい扉を開けて、身をかがめて入りたまごを集める。
にわとりにつつかれるのが怖いからさっさと済ませたいのだけれど、あわてると足元のわらの下にたまごが隠れているのを見逃したり踏んづけてしまったり・・・

そして、ところどころに当時の映像が挟まれます。
『ひょっこりひょうたん島』
『インド人もびっくりS&Bカレー』
などなど・・・

増田明美さんのナレーションも心が温まるようで、今のところ毎日楽しみに見ています。
さあ、そろそろ『しぇ~』が出てくるぞ、まちがいない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

お茶

菜種梅雨などと言われる雨が続いています。
このうっとうしい長雨が終わると八十八夜、お茶摘みの季節です。

お茶が飲みたいとき・・・ 

B男くんは年がら年中ペットボトルの冷たいお茶を飲んでいます。
雪が降る寒い日でも、夜中に起きたときでも、冷蔵庫を開けて冷えたお茶を飲みます。

わたしは暖かいお茶が好きで、真夏は別として、だいたいお茶を淹れて飲みます。
しかし、ひとり分だけ急須で淹れるのが面倒で、こんなものを使っていました。

Img_9460

しかし、これだと細かい茶葉が下に落ちてよろしくない。
そこでいろいろ試しました。
お茶出し袋は捨てるとき便利だけれど、袋自体に熱いお湯をかけることに抵抗があって(表面の化学物質みたいなものが溶けだして、味を損なっているような気がする)あまり使いません。

Img_9456
左は100均、右はIKEA。
両方とも空間が狭くて茶葉が膨らまずイマイチ。
そしてたどり着いたのがこれです。

Img_9457_2
普通の茶こしではありません。
網の部分が長くて、底が平たいのです。
これだと少々深めの湯のみでも、少ないお湯でもしっかり対応できます。

ところで、実家の近くには『生水』あるいは『清水』と書いて『しょうず』と読む湧水があります。
鈴鹿山系の山水の水脈が通っているんでしょうか、年中水が湧いています。
村人はこの水を大事にしていて、水の湧いているところをコンクリートで囲い、蓋をして、水路の両側に足場を作り、誰でも使えるようにしています。
一番上は飲み水を汲むところ、次は野菜など食べ物を洗うところ、次は衣類を洗濯するところ、そして一番下はおむつを洗うところ、わたしが子どものころは近所の女性たちのサロンのようでした。

これは昨年の秋の写真、洗い場からずっと下に下がったところですが、昔の面影が残っていたので思わずパシャリ。
メダカやザリガニがいたところです。
今では水を汲む人も洗濯をする人もなく、コンクリートにはところどころ亀裂が入っていましたが、水は枯れることなくこんこんと涌き続けていました。

Img_8716
実家の父は、この水で淹れたお茶が一番おいしいといって、今でも散歩がてら行ってはやかんに汲んでいるそうです。
なんとものどかで贅沢な暮らしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

before・・・途中

B男くんがフィットネスジムに通いだして2ヶ月ほどたちました。
ほぼ毎日、少しの時間しか取れなくても行っています。

経過報告です。

ずばり、効果てきめんです。
本人いわく、体重に大きな変化はないそうですが、見た目が変わってきました。

まず、あごのラインが少しだけすっきりしてきたのと、背骨の線がこれも少しだけへこんできたのです。
わたしはたいして気になりませんでしたが、たまに帰ってくる娘たちには変化がよくわかるようで、明らか痩せてきたと言います。

ジムに行きだして食べるものや食べ方に気を使うようになり、気のせいか家の中での移動をさっさとするようになりました。

さて、毎日13階建のビルを上り下りしてちょうど1年たったあねこは、足が細くなりました。
これは気のせいではなくて、自他ともに認める変化です。
しかし、それも耐性化したのか、痩せどまりしてしまいました。

お父さんの効果を見て、この子も決心しました。
今月から会社の帰り道にあるジムに通いだしたのです。
都会のジムですので、フィットネスマシーンも豊富、ホットヨガやプールもある総合的なジムで、月々の料金もB男くんの倍です。

そしてそして、B男くんの会社の女性事務員さんも会社の近くのジムに行き出したそうなのです。
この人はわたしの倍くらい太っているそうで、ジムでも激しい運動はせずに、のんびり歩いたりゆ〜らゆらしたり、とにかくド真剣ではないそうです。
そんなゆるゆるでも痩せたらわたしも焦ります。
B男くんの行っているジムには家族会員の割引があるので、本気で考えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »