« 台風が来る | トップページ | みそ玉もいいけど・・・ »

2016年9月 7日 (水)

21世紀のターザンはイケメンである

『ターザン-REBORN』をみました。

今世紀のターザンは、スタイリッシュな英国貴族、しかしこの貴族、脱いだらすごいんです。
演じているのはスウェーデン出身のアレクサンダー・スカルスガルドという俳優です。

225117
政府の要請を受けて生まれ故郷のコンゴへ行き、様々な陰謀に立ち向かいながら嫁と奴隷を救うという、ま、ざっといえばこんなストーリーです。

相棒はゴリラ、ジャングルの中を走る、崖から飛び降りる、綱から綱へ片手で飛びわたる、そりゃまあ超人的な活躍をします。

こちらジョニー・ワイズミュラーのターザン、「あ~あ、ああああ~」っていうターザンと言えばの代名詞のような叫び声のターザンです。
1932年の作品、わたしはリバイバル映画として観たことがあります。

Tazan1
チータという小猿がお供していましたっけ。
水泳のオリンピック金メダリストだっただけあって、ジャングルの中の池で美しく泳いでいたシーンが印象的でした。
余談ですが、わたしの父はこのワイズミュラーのターザンが大好きで、いろんなシリーズを知っています。
そして、「このターザンは泳ぎがうまい」と我がことのように自慢します。

さて、21世紀のイケメンターザンは、葉っぱで局所を隠したアダムとイブを彷彿とさせるようなふんどし型のおぱんつではなく、半ズボンを穿いてます。
走るシーンが多いです。
速いです。
ラスト、ジャングルの動物を味方に付けて悪と戦うシーンは圧巻でした。
ああ、爽快、おもしろかったです。

|

« 台風が来る | トップページ | みそ玉もいいけど・・・ »

コメント

おはようございます。
本当におしゃれでイケてるターザンですね!
ほんま、脱いだら凄い!腹筋割れまくり!

この頃は映画館に足運ばなくなって、DVD鑑賞ばかりですが...^^;
こういうジャンル好きなので絶対見ます。
CG技術が進んでるので映像は凄いでしょうね...
楽しみに待ってます。^^;

私もターザンと言えば、ワイズミュラーです。
れいちさんとおんなじ、
父からさんざん聞きました。声が凄かったとも。

ほんとに、れいちさんはアクティブでお元気ですよね~~!夏バテ無し?
やっぱりこの五つ差って大きいわ...ね...

投稿: みつこ | 2016年9月 8日 (木) 11時25分

みつこさん
ね、このターザン、いかしてますやろ?
ちょっとうつむき加減のまなざし、なかなか母性本能をくすぐるってやつです。
ジャングルの中より、都会で暮らす貴族の方が素敵かも・・・

でもね、ヨメがねぇ・・・
わたし的には、ちょっと似合わない夫婦に見えるんです。
もうちょっとおとなしめ、ひかえめな感じの奥さんがよかったかな、守ってあげたいって感じが全くしないっちゅうかなんちゅうか・・・。

ん?
なんだか歯切れの悪い言い方ですか?
はい、でははっきり言いましょう。
あの派手な顔立ちのやんちゃなヨメは、口数少なく思慮深いターザンには似合いませんっ!!
ふがふが・・・

それでも、ジャングルでは奥さんも必死で戦います。
あらまあ、まだ見てない人にあんまり言ってはいけませんね。

ワイズミュラー、ストーリーや演技はあんまり覚えてないのですが、フハフハキィ~っていうサルがいつもそばにいて、危険を知らせる役目もしてましたっけ。
この人もいいカラダをしてました。

現代で言えば、リオのオリンピック水泳で金メダルを何個もとったフェルペスがターザンやるようなもんですね。
彼はあまりターザンって感じがしませんけど。

そういえば、イケメンターザンって泳ぐシーン、あったかな?
みつこさん、ご覧になったら確かめておいていただけませんか?

投稿: れいち | 2016年9月 8日 (木) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 21世紀のターザンはイケメンである:

« 台風が来る | トップページ | みそ玉もいいけど・・・ »