« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月30日 (土)

でっかい器

昨夏、ニューヨークで買ってきた アンソロポロジー のカップ

Img_3564

日本で言う『藍の染付け』のような色合いがわたしの好み、飛びつきました。
内底に『1CUP』から『1/4CUP』と書かれた4個のカップが重ねてあり、大きいのはコーヒーや紅茶に、次のは日本茶に、あとはお酒に・・・とそれぞれ重宝しています。
手触りと口あたりがとても軟らかく感じるのも魅力です。

先日、う~じんが仕事で行ったロサンゼルスから
『アンソロポロジーにいるけど、何か欲しい?』
と聞いてくれたので、ちょっと派手なマグカップとボールを頼みました。

Img_3561
Img_3560_2
ところが・・・

実物を見てびっくりぽんeyeだす。
かなりの大きさと重さです。
特にボールの方は、チキンラーメンがぴったり位の大きさじゃないですか。

帰省中のう~じんとB男くんとわたし、お昼にインスタントラーメンを作りました。
3人で2袋、具入りでこんな感じになりました。

Img_3565
この不釣り合いな使い方にアメリカ好きのあねこは憤慨していますが、別段おかしくないと感じました。
本来はサラダが似合うのでしょうが、ご飯を入れて丼物とかワンタンスープなどもイケそう。

さて、どう使うか・・・
楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月24日 (日)

B級パン

テレビのB級グルメや行列のできるパン屋さんで登場して話題になった滋賀県長浜市木之本に本店のある つるやパン のサラダパン。
最近では渋谷ヒカリエでも出張販売して、人気を得ているんだとか・・・。

木之本というのは滋賀県でも再北部、いつぞや遠足で訪れた賤ヶ岳 のあるところで、湖南地域に住むわたしにはあまり縁のない街です。
だからサラダパンには滅多にお目にかかれません。

74f83082484621a89e88bdfcd5cf8f67

こんなものです。
マヨネーズで和えたたくあんがサンドされています。
去年初めて食べました。
正直に書きます。
笑っちゃいます。
マヨネーズとたくあんとパンというミスマッチ具合がハンパなくて、笑うしかありません。
創業以来この組み合わせを守ってきたつるやさんに脱帽です。

さて、そんな記憶も薄れかけた最近、長浜へ行った同僚のM氏がこんなものを買ってきてくれました。

Sds

つるやパンではサラダパンと並んで人気のサンドウィッチですって。

何がサンドされてるかって・・・
“ぎょにそ”です、ちょっと大きめの魚肉ソーセージをスライスしたものがマヨネーズと一緒にはさんであるんです。

う~ん・・・
正直に書きます。
こちらも笑うしかありませんでした。
飽食の時代に警鐘を鳴らすような質素感、田舎を持たない人にも田舎の意味を教えるような懐古感、そして圧倒的なB級感。

つるやさんの名誉のために書き加えますが、普通のパンもあります。
おいしいらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月20日 (水)

何にでも飛びつく

昨年の夏、あねことアメリカに行ったことは こちら に書きましたが、そのときわたしは驚いたことがあります。
それは、わたしのなんちゃって英会話がときどき通じたということです。
これにはあねこもちょっと意外だったらしく、
「なんかめっちゃいい加減な気がするけど、そんなんでも通じるんやな」
と言うのです。
どうやら単語は間違ってないらしい、ただし文法はかなりアヤシイのだそうだ。
そこで、あねこがすすめてくれたのがこれ
LINE毎日英会話
です。
毎日ひとつずつ短い会話文の問題が送られてきて、答えを考え、音声を再生して発音をチェックすることもできます。
あねこは超カンタンだと言いましたが、なんのなんの、否定-肯定、疑問・・・もうごちゃ混ぜのわやくちゃでございます。

もう一度アメリカに行きたい、自分の言葉で話したい・・・この一心で硬い脳ミソをフル回転させて頑張っています。

またまたれいちさん、どうせ三日坊主でしょ?
ふふふ・・・
わたしもそう思います。
なんせ3日前にやった課題をもう忘れているんですから・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年1月15日 (金)

楽しかった同期会

先日、職場の同期生の集まりがありました。
同期は圧倒的に男性が多く、彼らは定期的に会合を開いているようですが、今回なんの集まりもつながりもない女性にも声をかけてくれたのです。

女性で唯一残っている・・・というか復帰したわたしですが、女性の同期には連絡先もわからない人や誘っても辞退する人など、結局女性の参加者はわたしひとりだけでした。
そりゃそうだなぁ、地元に残っている人は数えるほど、あとはそれぞれ出身地へ帰ったり結婚して遠くへ行ったりしてしまったから、わざわざ出てくることなんてないですね。

ひとりで行くのもなんだかなぁ・・・とお断りしようとしたら、幹事の方が
「れいっちゃんだけになるんちゃうかと思ってた、ひとりでもええやん、おいで」
と誘ってくれたので、ちょっと重い腰をあげました。

会場は『びわ湖花街道』という湖岸のホテルです。
これこれ、この玄関先ののれんみたいなの、見たことあるある。

Img_3427_2

ここは、東ちづる扮する若女将が殺人事件を解決していく『温泉女将の殺人推理』というサスペンス劇場の舞台になるところで、ドラマではホテルはもちろん滋賀のいいところ、おいしいものがたくさん紹介されます。
山村紅葉の袴姿はドラマの中だけのものかと思っていましたが、なんのなんの、フロントの人はみんな矢がすりに袴姿でした。

Photo_2
さて同期会は・・・
温泉につかって、おいしいものをいただいて、お気楽な話で盛り上がって、なんとも楽しい一日でした。

停年退職まであと指折り数える年数、みんなよくがんばったねえ。
話題に上るのは若いころの失敗や恥ずかしいハナシなど笑えることばっかり。
髪が寂しくなった人もお腹に太鼓をかかえているような人もこの日ばかりは○○くん、○○ちゃんと呼び合い、時間を忘れるほどでした。

この年齢になると、知り合いやともだちが減ることはあっても増えるということは滅多になく、失いたくない人たちとの関わりは大事にしていかないと、気が付けばひとりぼっちということになりかねません。

重い腰を上げて行ってよかった。
みんなよく来てくれたって喜んでくれて、次も必ず来てって言ってくれました。

次回はぜひ、早めに段取りをつけて女性陣にも参加してもらおうと、心に決めた帰り道でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年1月11日 (月)

手袋

先日、電車の中でスマホミュージックを聴いていたら、降りる寸前に電話がかかってきました。

音楽を止めようとして手袋のまま画面を操作したけどうまくできず(スマホ対応の手袋なのに・・・)仕方なく手袋を片方はずし音楽を止め、イヤホンを外したらマスクもはずれてしまい、焦りに焦りながら電車を降りたら、手袋が片方ない・・・。
どうやら落としてしまったようです。

ちっ!
この手袋には縁がなかったってことか・・・

しまむらでかわいいのを見つけて買ったのはよかったんだけれど、すぐにありえない部分が破れてきて、交換してもらおうとお店に持って行ったら、同じものがないと言われ・・・

Img_2428_2
色もデザインもちょっと気に入らないものに交換してもらいました。

Img_3446
そういう気持ちが手袋にも伝わったのか、今回の片方行方不明。

Photo_4
さて、手袋をなくした翌日、雑貨屋さんでかわいい手袋を見つけました。
毛糸でざっくりと編んである素人の作品のようなもので、指先が空いています。これがけっこうお高い。
こんなんわたしにも編めるやん、と適当に、ほんと超テキトーに編んだのがこれ、う~ん、売っていたのとうり二つだわ、ふふふん。

Img_3445
そしたらB男くんが
「腱鞘炎の人のサポーターみたいやで」
と言いました。
そう言われたらもうそうとしか見えず、これは片方編んだだけでボツです。

そういうわけでただ今わたしは(註)手袋ジプシーをしています。

【註】
ジプシーとは英語で『放浪する少数民族』みたいな意味ですが、フランス語ではジタン、ドイツ語ではツィゴイネルというそうです。
ヴァイオリンが悲しい調べを奏でる『ツィゴイネルワイゼン』ってジプシーの旋律って意味の曲だったんですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年1月 4日 (月)

謹賀新年

Photo_3
穏やかな天候に恵まれた三が日、みなさまいかがお過ごしでしたでしょうか。

我が家は、暮れの30日の夕方にあねこが、同じ日の終電でう~じんが帰省しました。

お鍋を囲みながらの紅白歌合戦。
「あさが来たの主題歌、全部聴いたらええ曲やなあ」
「その距離を競うよりどう飛んだか・・・ってあたり?」
「ちょっと説教くさいけど」

「去年北島さぶちゃん卒業、今年森進一卒業、来年は誰が卒業するんやろ?」
「出演オファーがある前に、今年限りで卒業させていただきますって言うたら出さざるを得んやろかNHK」

「やっぱり小林幸子は必要やな」
「ほな、美川憲一は?」

「乃木坂46はかわいい子ばっかりちゃう?」
「そんなこと言うたら48がかわいそうやがな」
「わ~っはっは」

お酒もすすみ言いたい放題、年越しそばをいただくのをすっかり忘れました。

・・・と、こんな感じで明けた我が家の新年です、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »