« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月28日 (木)

明るい患者

ある日の仕事中、実家の兄から「母が入院した」とだけメールが来ました。

実家に電話をかけても、兄の携帯に電話をかけても出ない、兄嫁も反応なし。

どうなってるねん、いったい。
緊急な事態で、親族一同がICUの前でうなだれているのではなかろうか・・・
手術中を知らせるランプの下で、みんなで今後のことを相談しているのではなかろうか・・・
心配は尽きません。

ようやく夕方、兄から電話がかかってきて、母は帯状疱疹にかかって、お腹にできた発疹がとても痛むので入院治療と相成ったということがわかりました。

ま、命にかかわる病気じゃなくてよかったよかった。

ということで、たまたま帰省したう~じんとお見舞いに行きました。
痛みも峠を越えて、元気そうな母、84歳。
お風呂で下着を洗っていました。

Photo




モザイクをかけてて残念ですが、このふたり基本的な造りが似ています。

「う~ちゃん、よう来てくれたなぁ、お小遣いあげよか」
「これでお昼でも食べて帰り」
あの世まで持って行けへん、葬式代はとってある・・・などと言いながら気前よく諭吉を出す母。

実家の孫は全員結婚したので、次はうちにいる孫の結婚です。
「う~ちゃん、結婚式はハワイ?おばあちゃん行くさかい早めに言うてや」

え~?
行くんかい!?
はいはい、長生きしてたっくさんお祝いあげてね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土)

ライオンキング

忙しいお盆でした。

娘ふたりがかわりばんこに帰ってきて、そのたびにお出かけやごちそうや・・・散財しまくりました。

そんな休暇中のお天気が今ひとつはっきりしない一日、劇団四季の『ライオンキング』を観てきました。

大阪劇場は、大阪城の近くから梅田に変わっていて、交通の便がよろしくなっています。

Photo
この日は大雨が降り、あちこちで電車が止まって空席ができるかと思いましたが、なんのなんの満席です。

Photo_2
最初は、頭に動物や草を乗せた登場人物に違和感を感じて観ていましたが、そのうちそれらのひとつひとつの衣装や動きに魅せられ、やがて次々登場する動物たちにすっかり感情移入してしまいました。
関西弁あり、六甲おろしありのご当地ネタもちらほらで、大人もこどもも楽しめる、退屈しない作りです。

184_03
小さいころ、映画でライオンキングを観て『シンバのお父さんが死なはった』とぽろぽろ泣いていたう~じんは、残念ながらこの日は仕事したが、ぜひにと薦めておきました。

舞台出演者が登場するTV-CMもなかなかおもしろいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

リラコを作る

ユニクロのステテコ、リラコが売れているらしい。

娘たちは持っているのですが、わたしは943円(バーゲンだと700いくらになるらしい)がもったいなく思えて買っていません。
それならば作りましょう、と挑戦しました。

家にある、できるだけ涼しげな生地で・・・

ほとんど直線に切って・・・

Photo_4
アイロンをかけて・・・
この随所におけるアイロンかけが、きれいに仕上げるコツらしい。

Photo_5

ミシンでソイソイ縫って・・・

ゴムを入れたら出来上がり。

そしたら娘たちが『わたしもわたしも・・・』と言ってきて、こうなりました。

Photo_6

肝心の履き心地は・・・抜群です。
外に着ていくものではないので、少々ミシン目が飛んでたりしても平気。
なんだかとっても得した気分になりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

ソウル旅~3日目~③

今回の旅では、おいしいものが食べたい、お買い物もしたい、スターの事務所も訪ねたい、韓国らしい町並みも歩きたい・・・と、まことに貪欲なわたしたちは、以前その町並みの美しさに感動した北村韓屋村を訪ねることにしました。

三清洞通りから坂を上りつめ、市内が一望できる位置から道なりに坂を下ると、右側が北村地区、左側に『冬のソナタ』のロケ地中央高校があります。
01ff1ede8a0263cc943f4362714bb9bdf76
観光バスがたくさん停まっていて、旗を掲げたガイドさんの後を団体さんが付いて行きます。

景福宮と昌徳宮のふたつの王宮に挟まれた北村は、元は王族や貴族、高級官僚が住んでいた地区で、今もその住居が残されている風雅な街並みですが、個人で住んでおられる家が多く、どの家も門を閉ざして一般に公開していません。

そこを例の国の団体さんが、次々ぞろぞろ大きな声でしゃべりながら歩いています。
梨花洞でも中国語で『静かにしてください』と書かれた張り紙を見かけたとおり、こちらでも住んでいる人はたまったもんじゃないのでしょう。
以前、わたしたちは静かに移動して遠慮がちに写真を撮らせてもらったものですが・・・
この日わたしたちは団体客の多さに閉口して、北村韓屋村の中までは入らずに通り過ぎました。

01f2ded619f252fab6af49c079ed9be7d_2

さて、北村も中央高校もスルーして安国駅まで戻ってきたら、夕暮れどきとなりました。
この日の夕食は安国駅前、裁判所近くの山内里という韓屋での宮廷料理を予約していました。

Photo
伝統的な家屋を維持するのは大変なのでしょう、ところどころ現代の建材で補修がしてあったりしますが、雰囲気は充分残してあります。

Photo_2
01da875d4c2dace97b92c985f486c229308
01cb3e4391c7210d4c9c029d3441dbdde06
鯛のお刺身が冷たく冷やした石の上に盛りつけて出てきました。
Photo_3
以下省略・・・

ああ、この日も食べました。

今回の旅では、どちらでも親切にしていただいて、とっても楽しかったです。
ショップのお兄さん、タクシーの運転手さんは、日韓の関係が冷え込んでいくことを憂い、観光に携わる人たちは、日本からの観光客が激減していることに危機感を感じているとも言っておられました。
個々の人々はたいがいいい人たちで、わたしたちはとっても気持ちよく観光できました。

翌日は朝の早い便で帰国しましたので、旅行記はこれで終わらせていただきます。
延々とお付き合いいただいてありがとうございました。

おまけ・・・

Jisub_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

ソウル旅~3日目~②

地下鉄安国駅から景福宮の方へ進み、すぐ右手にある豊文女子高校という学校の校門を曲がると、静かな散策道が始まります。
ぶらぶらと木陰を選んで歩きます。

San4_3

座るのが申し訳ないような石のベンチ。

01272ea910072230ed8053c226976c83393

続いて趣のある徳成女子高校の校門を過ぎたあたりから、雑貨屋さんや食堂が並びだします。

San6
San1
San2

夏休みのせいか、テイクアウトのトッポキやホットクなどのお店に集う女子高生の姿は見かけません。

このへんでランチにしました。
多国籍麺屋の冷たい麺は、冷麺のような春雨のような・・・無国籍的風味。

01396c40659d7b6edca37297d990ef8282f
あ、グラスを使わないで飲むビールだ。瓶を傾けてカツンカツンとかんぱ~い。

Photo

カロスキルもそうですが、ここ三清洞でもショップの並ぶ道路を車がびゅんびゅん通ります。あちら側のショップも見たい、あちら側からお連れの人が呼んでいる・・・そんな人々が道路を無理やり横断します。韓ドラに多い交通事故はこういうシーンで起こるのかもしれません。

01daa7e619fdd12c285aa38b29c5c5c9ec8

San5

お買い物に疲れて小休止&作戦練り直し。
ここ三清洞通りはメインの通りだけでなく、もう一本裏通りにもなかなか素敵なお店が並んでいたり、横の通りに入るとそこにもまたかわいらしい雑貨屋さんがあって、仁寺洞まで続いていたりします。
が、そこまで歩けたものではありません。

111

01b66f0200a8ceffe5859b11daab63113d7
ハーブティが充実したカフェには韓国色は一切なし、ブリュレの上にシャーベットが乗せてあるのがとってもおいしくてお代わりしたいくらいでした。
016a0d5e9bd3d2825b145ef37c0026f37a4

ちょっと長くなったので、続きはのちほど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

ソウル旅~3日目~①

この日も予定が満載ですから、朝からのんびりお化粧している場合じゃありません。
日焼け止め+日傘+ひんやりシートで街へかじゃ~っ!

地下鉄を狎鴎亭で降り、江南地区が高級化するモトとなったと言われる現代アパート群が林立する通りを進みます。
街のカフェで朝食をとったあと、ロデオ通りへ向かいました。朝早かったのでお店はまだ閉まっていて、飲食店前の昨夜の残骸が目立ちました。

Photo
おしゃれな街でも「キンパはいらんかね~」と大声を上げるおばさん。

Photo_2
ロデオ通りからギャラリア百貨店を経てブランド通りまではおしゃれなお店が並んでいます。
輸入ブランドが多かったかな・・・

01fa570bb568da11f37a73744f5182ddbf7

地下鉄鶴洞駅から5分くらい歩くと、超豪華なホテルに遭遇します。
インペリアルパレスホテル、周囲は広い道路に緑樹が並び、大きな企業が立ち並ぶセレブ感漂う街です。

012d88b70610e9ab57ef20063d4f7deb31d

この前の坂を上がり、角を曲がり、住宅街の中を進むと・・・ありました。

01f1c733305bbf168c3d1f3ecfa84adb854
これは、俳優ソ・ジソプ氏の事務所、すっきりしたシンプルなデザインです。

51k
おかしなポーズをしていますが、住宅街の中なのでひっそりと撮影しました。

Photo_3
『51K』のKの由来はこのKINGDOMのKです。

0106c7cbab5adcf5bb204106d72d7c5dbe5

残念ながらわたしと入れ違いに彼は日本へ出かけておりましたので、留守番の人にこれを渡してきました。

011b8b73248560bca32dbc14969d503accc

これは、冷んやり素材でできたワンちゃんのセーラー服、ジソプ氏はこんなかわいいKIKIちゃんというワンちゃんを飼っているんです。

Photo_6

留守番のお兄さんは優しい感じの人で、いきなり訪ねてきた日本人を温かく迎えてくれて、一緒に写真も撮ってくれました。

ジソプが車を停めるガレージ、いつも開け閉めしているドア、空を見上げる窓・・・それらが見られただけで充分でした。

あ~・・・
今回の旅の目的はほぼ果たせました、脱力・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

ソウル旅~2日目~②

梨花洞をあとにしたわたしたちが次に向かったのは、江南エリアの新沙洞にあるカンジャンケジャン通りです。

カンジャンケジャンとは生のワタリガニの醤油漬けのことで、この日のランチは数あるお店の中から『プロカンジャンケジャン』を選びました。

Photo
想像していたのと違う近代的な5階建てのビル、日本語で『プロカンジャンケジャン』と書いてあります。
夜にはカラフルに電飾されるようです。
椅子の背もたれにはお店のマークのカニが透かし彫りされていてかわいい。

014bfce0a602da375d9e8868c9e29c52826

これで2人前、あと味噌汁とナムルやキムチ、クーポン提示のおまけ、おこげスープが付いてw55,000(¥5,500)です。

011ca4072e05e4b9721b430dd8f7f7626_2
カニの足は、両手の親指と人差し指で挟んで身を押し出し、じゅるじゅるっとすすって食べます。

Photo_4
身はとろんとしていて甘いです。
甲羅の部分にはご飯を入れていただきます。

01f670b3ded95124df67c0e04569b6f1028

玉子かけご飯のような味わいです。
ああ、食った食った・・・

さて、この日の午後はお買い物です。
まずは、新沙洞のお隣の狎鴎亭からカロスキルを歩きました。
カロスキルは街路樹通りと書くように、やっぱり街路樹が繁っているのが似合う街です。

01df77d4deb33e02e243a973b9154ece733
あまりの暑さに小休憩。
011ac91062db5d76feaca9d19b436fbec78
おしゃれなカフェが多くあります。
そして、お値段はどれもけっこうお高い。
あねこと初めてソウルへ行った9年前の薄く甘くぼやけたコーヒーはすっかり影をひそめており、どこでもしっかりしたお味のコーヒーが出てきました。

さて、その後はロッテデパート、ロッテマート、ロッテアウトレット・・・とロッテ御三家を制覇して・・・
そうそう、行く先々の地下鉄の駅通路にも洋服や靴や雑貨のお店がたくさん並んでいて、特に白いブラウスは変わったデザインのものが多く、あねこは何点か買っていました。

こうしてとっぷりと陽も暮れたころホテルへ戻り、予定通り明洞で焼き肉を食べました。

Photo_5
『ゴシレ』というお店でしたが、ヨン様のお店とは関係ないと思われます。
しかし、店内はこんな風になっていて、ちょっと意識はしているのかな?ってところでした。

01375a79ca488949e606c7756adbc627334
この日もやっぱり食べまくりました。
夜には、顔にホワイトニングパック、足の裏やふくらはぎに湿布をべたべた貼って、テレビで『名探偵コナン』の韓国語版を見ているうちに寝てしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »