« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月27日 (金)

料理熱

うーじんは、仕事で月のうち3分の1は家にいません。
仕事先ではホテルに泊まっており、食事は同僚と街へ出て食べたり、部屋でカップ麺で済ますという不健康な暮らしをしています。

そのせいか、家にいるときは自分で食事の用意をしており、仕事で帰りが夜9時10時になっても料理をしているようです。

ある日の晩ご飯

01b422c4964dc1f83517b5779270356080b

味噌汁に豚肉が、筑前煮に花かつおが入っているあたり、何とも斬新な発想です。
そして、エノキを豚肉で巻いたものは、ずっと前にわたしが作って送ったレシピ集からヒントを得て、その日ある材料でアレンジするというテクニックも使えるようになったようです。

1361627112846

若い子ですからお肉を使うことが多いのですが、それでも全体的に和食中心になっています。
筑前煮や肉じゃががうまく作れる女子って、なんだかポイント高いなぁ。

レタスとキャベツ、昆布とわかめの違いが分からなかった子が・・・と思うと格段の進歩に涙がちょちょぎれる思い、心からエールを送っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

もろもろのその後

前記事の紅しょうがは、漬かりました。

Photo
あぁ紅しょうがだ、紅しょうがの色とお味だ。
粉もんのトッピング、ご飯のおとも、昔なつかしいかあちゃんのお味だ。
しかし、色は付いていますがまだまだ日が浅いので、しょうがの辛味が前面に出ていてつんつんとしたお味、年端のいかない若造が髪の毛おッ立てて我がもの顔で闊歩しているような・・・。

梅干しと一緒で、ご飯の腐敗を防ぐ効果があるようなので、これからの季節、お弁当に重宝します。
徐々に熟成されて、「もうちょっとでおいしくなるなぁ」と感じるころには残り少なくなる、それが毎年の光景です。

前々記事の梅酒ですが・・・

Photo_2
なぜかこのような状態で鎮座ましましています。
意味は分かりませんが、氷砂糖の溶け具合がよくわかるようにしてあるのだと思います。
片付いた床下収納庫に移動する日も近そうです。

さて、ちょっと前の記事になります。
餃子を早く包む方法を紹介しましたが、その後新たに便利グッズを見つけました。

Photo_4
これはお鍋用のつみれ入れですが、これがなんとも役に立ちました。
え?
また餃子?
はい、我が家ではカレーよりも多い頻度で餃子が登場します。

おまけ・・・

Photo_3
これは玉子の黄身の味噌漬けです。
ねっとりと・・・たとえ方が難しいのですが、玉子のお味は残ってなくて、そうですねぇ・・・カラスミのような、ちょっとした珍味です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

紅しょうが

紅しょうがの天ぷらって、関西以外では食べないんだそうですね。

Photo

こちらではスーパーやデパ地下でも売ってますけど、やっぱり家で揚げたてをはふはふしながらいただき、ビールをく~~~っとやるのが最高です。

しかし、この天ぷらのモトとなる紅しょうがと言うやつ、あんまり売ってないのです。
売っていても不自然な紅色をしていたり・・・。

Photo_2

お寿司に付いてくる甘酢しょうがとは全然違います。
これはこれで漬けています。
今年は超薄切りにしたので、ものすごく早く漬かりました。

Photo_3
天ぷらに使う紅しょうがは、梅干しを漬ける過程で出る梅酢で漬けます。
なので、朱色じゃなくて紅色です。
天ぷら以外にもみじん切りにして焼き飯や焼きそばの上にぱらぱらとかけたり、たこ焼きの中に入れたりする貴重品なのです。

わたしは家で紅しょうがを漬けますが、最近塩分を控えるため梅干しを漬けるのをやめたので、お隣のおばさんからいただく梅酢で漬けています。
しかし、おばさんからいただく梅酢を待っていたら新生姜の季節が終わってしまうことがあり、このタイミングが難しい。

ええ~い、市販の梅酢を買うとすっか!?

かくして紅しょうが漬け込みが始まりました。
しかししかし、ここにきてもうひとつ問題が・・・。

紅しょうがを漬けるとき、しょうがは薄切りにしてから風通しのよい日陰に干して水分をとばしてから使わなくてはならないのですが、この季節はたいがい湿度が高くて風通しなど期待できないのです。
しかも、こんなめんどくさい作業を休みの日にやらなくてはならず・・・。

ええ~い、こんな作戦はどうだ!?

Photo_4
結果のほどは、また後日お知らせします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

断捨離ぼちぼち

ひと月ほど前に手を付けた食器の処分ですが・・・
このたび、滅多に開かずの床下収納庫とほとんど開かずの食器棚最下段を整理しました。
結果、これだけ処分しました。

Photo_2

B男くんが積極的に協力してくれました。
それというのも、B男くんお手間入りの梅酒、8リットル瓶4個+4リットル瓶2個を床下に収納するためです。

Photo_3
楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

Let it go, let it go

『アナと雪の女王』はご覧になりましたか?

巷の評判に誘われて観に行きました。
外国映画は字幕で見るのが好きですが、字幕と吹き替えの両方を見たあねこが吹き替え版をすすめるので、吹き替えにしました。

33129942 

         この中にひとり悪いやつがいるんだな・・・

とにかく映像がすばらしい。
氷や水、雪の透明感、髪や肌の質感、布が揺れる様子・・・
え?
本当にアニメ?
と目を凝らしました。

事前に、松たか子の「ありのままで」は聴いていましたが、なんと、アナ役の神田沙也加が歌う「生まれてはじめて」がよかった。
セリフもお茶目なアナの性格をよく表していて、ストーリーとともにどんどん引き込まれました。

実は神田沙也加という人は、1986年10月生まれでして、一か月先の9月に生まれているあねこと同い年です。
妊娠期間中、わたしが愛読していたプレママ雑誌に松田聖子サンがエッセイを連載していて、ほぼ同じ月齢で妊娠期間を過ごしていたわたしは、妊娠中のいろんな発見や驚き、不安といったものを聖子サンと一緒に味わっていました。

だから、沙也加ちゃんにはちょこっと思い入れがあり、歌手としてデビューしたときからひそかに応援していました。
デビュー曲の『Ever Since 』もいい曲だったんですよ。

ところで、ディズニーのアニメに出てくる男性の顔がどれも同じに見えて仕方ありません。

Photo
あれあれ?
ジェラール・ドパルデューというフランスの俳優さんが混じっています。
この人が混じっていても不自然じゃないように思います。

さて、映画、まだご覧になってない方、ぜひ観てください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

餃子

久しぶりの餃子です。

が、具を刻んで皮で包んで・・・などと言う面倒な作業は、帰りの遅い平日には無理ですので、前の日に具材だけ用意してジップロックに入れ、冷蔵庫へ入れておきました。

そして翌日

皮を並べ、ジップロックの角をちょっと切って具をしぼり出す。

Photo
皮の周囲に着ける水は、こんなものでぺったんぺったんとイッキにやっちまう。

Photo_2
包む。
焼く。
食べる。

Photo_3

う~ん、かんたん、早い、うまい。

ただ・・・

Photo_4
手伝ってくれたB男くんと
「まろんのう●こに見えてしゃ~ないなぁ」
「いやいや、ゲロに見える」
「う◎こや」
「ゲロや」

と、どうでもいいことでモメました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »