« テレビ解禁 | トップページ | 官兵衛 »

2014年4月27日 (日)

席を譲る譲られる云々・・・

先日、仕事帰りの電車で同僚と吊り革を持って話し込んでいたら、前に座っていたアベックの女性から
「あのぅ・・・席代わります、座ってください」
と言われました。

おっ、ついに来た!
席を譲られるシーン。
わたしはまあいいとして、一緒にいた同僚はわたしより10歳も若くてきれいな人です。
よって、高齢だからってわけではなく、ただ単にわたしたちの話がうるさかったか、唾が飛んで嫌だったかなんかで、現場離脱したかったようです。
ありがたく座らせていただいたけど、ちょっと複雑な気分でした。

その1週間くらい前のこと、京都市バスに高齢のお坊さんが乗ってこられたので、わたしが席を替わりますと言ったら
「構わんといてください、すぐに降りまっさかい」
とやんわり断られました。
これはちょっと気まずい。
しかも、すぐに降りると言っておきながら、バス停を5つも6つも過ぎて、わたしの方が先に降りました。
この『すぐに降りますから』というのがクセモノで、どうやら相手を傷つけずに断る言葉らしい。

京都では、人さまのお宅を訪れ・・・

「もう遅いさかい、お茶漬けなと食べて帰らはったらどうどす?」
と言われたら
「へえへえおおきに、そやけどもうこんな時間かいな、そろそろおいとましまっさ」
と言って帰らなくてはなりません。
「へえへえおおきに、ほなそうさせてもらいましょか」
と待ってても何も出てこない、
「お茶漬けなと食べて・・・」は「早う帰っとんなはれ」ということ、つまり思っていることと言ってることが全く違うという笑い話は落語の一節ですが。

さて、話は戻って・・・

今日、電車で杖をついたおばあさんに席を替わったら
「えらい悪いことですなぁ、おおきにありがとう」
とお礼を言われ
「いいえ、わたしはすぐに降りますから」
と言ってから、すぐに降りるわけではないのに言ってしまったよ、と気づき、これまた気まずい時間が流れました。

席を替わるのも替わられるのも、楽ではないという話でした。

よく晴れた日の遠足は、山科から蹴上まで、琵琶湖疏水沿いの13km、いつものようにBちゃんと。

山科、毘沙門堂の青もみじ

Photo

南禅寺、水路閣の青もみじ

Photo_2

永観堂の青もみじ

Photo_3

最近の京料理はすいぶん味付けが濃くなったように思います。
ピラフにカレー、ナス田楽の味噌、しんじょうのあん、どれもしっかりしたお味でした。

01903216a201e136b2229734adc834750be

|

« テレビ解禁 | トップページ | 官兵衛 »

コメント

まだ、席を譲られた事がない ふじ です。

はははっ、結局最後は席譲られたんでしょ?
別に立っているのが全然苦痛じゃないのに。
まわりの人には、そんな事全く分からない。

少し怒ってるのかな?
れいちお婆ちゃんっhappy01

投稿: ふじ | 2014年4月27日 (日) 23時10分

あ~も~めんどくさっbearing
譲りたかったら譲ればエエし、譲られたら素直に「おおきに」でエエやんねぇ?

ちょっと違うけど。。
ソウルの地下鉄で優先席に座ってたら、ハラボジが寄って来て、エラい剣幕annoyで説教(たぶん)されたっけなcoldsweats01

青もみじ。イイよね~shine
身も心も洗われるようです。紅葉の頃より人少ないから、じっくり浸れるし。。
今年も行きたいなーup

投稿: のりりょん | 2014年4月28日 (月) 19時30分

chairふじさん
あのね、だから、その日のうちらはふたりとも仕事帰りのスーツ、決しておばばな恰好ではなかったちゅうねん。
会話の内容は、足腰が痛いとか、健康診断の結果が思わしくないとかじゃなくて、今年の夏休みはお盆休暇にプラスして何日まで取れるかとか、どこにいくかとかしゃべっていまして、決して上司や同僚の悪口を言ってたわけじゃないから、前に座っていたのはその関係者の身内でもなさそうだしねぇ。

でもさ、ええ若いもんがシルバーシートに座るのってやっぱりおかしいよね、まだ、30代40代のうちらが座っている方がサマになってる。

え?
なんか変なこと書きましたか?
文句ある~?

投稿: れいち | 2014年4月29日 (火) 15時03分

chairのりりょんさん
ええっ?
ソウルの地下鉄ではらぼじに説教されたん?
地元の人と思われたんかな?
ソウルへ行くたびに道を聞かれるPさんって人もいるけどね(笑)

そうそう、めんどくさいわ、公共の場の親切って。
でもこういうことが自然にできる人にならないといけないんだけどね。

青もみじ、どこもきれいでしたよ。
特にお金を払って入った永観堂が見事でした。
観光客は少なかった、外国人がちらほらいたくらいでした。
初老の仲良し三人組西洋マダムが、本堂の仏壇がビューディホーだと言ってしばらく眺めていました。
「入ってもいい?」
って聞かれたので「どうぞどうぞ」と言いましたが、おばちゃんたちさっきから撮影禁止のイラスト入り看板無視して写真撮りまくっているのに、何をここにきて「入ってもいい?」ですか?
笑えました。
水路閣は若干人が多かったですが、秋に比べると少なかったです。

琵琶湖疏水は、大津から京都まで舟で通ろうって計画があって、こないだ大津の市長が舟に乗りました。
ほとんどがトンネル、コウモリがすごく多かったんだって。
次回はそのトンネルの上、山科から三井寺までを歩く予定です。

【私信】
先日の研修で午後から気温が上がって・・・
斜め前に座っていた男性が、上着を脱ぐと・・・
ワイシャツの袖口に、えんじ色で王家の紋章の様な剣の様なマークが刺しゅうされているのを見ました。
はっは~ん、これか、とひとりほくそえみました。

投稿: れいち | 2014年4月29日 (火) 15時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165468/55960616

この記事へのトラックバック一覧です: 席を譲る譲られる云々・・・:

« テレビ解禁 | トップページ | 官兵衛 »