« 雲の形の宝庫 | トップページ | パンケーキとホットケーキ »

2014年1月12日 (日)

『永遠のゼロ』

Photo

原作はすごくいいのに、映画化されるとちょっと、という映画はたくさん見てきましたが・・・

『永遠のゼロ』は原作も

Img_1837025_68639527_0
映画も

Photo_3

とてもよかった。

作者が力を入れて描いたと思われるところを映画は余すことなく、実にうまく表現していたと思います。
わたしは、エンドロールで流れた桑田佳祐の『蛍』でどっぷり泣きました。

感想を書きかけたら際限がなくなりそうです、ぜひたくさんの人に見てほしい作品です。

奇しくもこの方が丁寧に作品紹介と感想を書いておられますので、そちらも合わせてお楽しみください。
(なんとなく他力本願めいていてすみません)

|

« 雲の形の宝庫 | トップページ | パンケーキとホットケーキ »

コメント

この映画はお正月一番に観に行った ふじ です。

小学生の頃はゼロ戦のパイロットに憧れた。
大人になって、戦争や特攻も勉強した。
原作も読み、これが映画化されると聞いた時は絶対に観に行こうと思った。

で、映画はすごく良かった。
主人公の岡田准一も清楚な奥さん井上真央も、
三浦春馬も綺麗なお姉さん吹石一恵も、
戦争の語り部たる個性あふれる俳優陣、みんなみんな本当に良かった。

でも泣けなかった。
主人公の生き様にはすごく憧れるけど、どこかどうせ無理だろうと冷めた自分が・・・。
生きて帰ってほしかった。
生まれ変わらずに、そのまま生きて帰ってほしかった。
もし、映画だけでも生きて帰っていたら、号泣していたような気がする。

泣けなかった僕、少しおかしいかな?
皆さん、ネタバレになっちゃってたらごめんなさいネ。

投稿: ふじ | 2014年1月12日 (日) 21時55分

『蛍』だけで泣けるのに・・・

明日観に行きます。
今年初の、映画館リニューアルオープン後初の映画鑑賞デス

投稿: のりりょん | 2014年1月12日 (日) 22時14分

れいちさん
娘は大学で観るように勧められたそうです。
「観てよかった」と言っていました。

>作者が力を入れて描いたと思われるところを映画は余すことなく、実にうまく表現していたと思います。

そのとおりでした。
構想から制作まで長くかかったと思いますし、監督さんの作品への情熱を感じました。
岡田准一の後半の鬼気迫る演技も、何かが降りてきた感がありました。

>感想を書きかけたら際限がなくなりそうです、ぜひたくさんの人に見てほしい作品です。
「ぜひ、見に行ってください」それに尽きます。
拙ブログへのリンク、ありがとうございました。

投稿: 秀子 | 2014年1月13日 (月) 00時05分

ふじさん
映画の宣伝CMで号泣する人とか、出口調査でよかったよかったを連発する人とかを取り上げるのやめてほしいと思いません?
わたしはあれ、全く信用していません、評価は自分で下したい。
しかも泣けたらいい映画みたいに紹介するのもやめてほしい。
だから、ふじさんのように感動したけど泣かなかったって人がいても当然です、泣く=いい映画とは限りませんからね。
要は、感じ方は人それぞれってことですかね。

でも、ふじさん涙出なかったの?
明日あたり出てくるかもよ(笑)

わたし、組長の役をしていた田中泯さん、かっこよかったと思います。
彼も自分を犠牲にして・・・守ったんですよね。

つくづく、平和な時代に生きていることをありがたいと思える映画でした。


投稿: れいち | 2014年1月13日 (月) 14時19分

のりりょんさん
今ごろ映画館でしょうか?
わたしは、劇中では泣くのがちょっと恥ずかしいタチでして、しかし、エンドロールで滂沱の涙っていうパターンが多いんです。
これもその類でした。
とにかく桑田の歌がぐいぐいきました。

M崎駿サンがこの映画を嘘八百と酷評して、原作の百田サンがショックを受けたとか?
映画界に影響力のある人なんだし、何と言っても同業者の悪口を言うってどうよ?
映画は芸術として評価されるべきだし、戦争に関する基本理念を述べるなら別の機会に持論を展開すればいいのだし、何よりこの映画の公開前に映画を見ていない人が言うべきでないと思うんだけど。
あら、熱くなっちまったわ。

とにかく、映画館のリニューアルおめでとうございます。
うちの方も、タレント映画とアニメが中心の映画館で、鑑賞意欲が失せますが、なんとか残ってくれることだけを祈っています。

さて、見終わったころかな?
また感想などお待ちしております。

投稿: れいち | 2014年1月13日 (月) 15時16分

秀子さん
客席の反応ですが、随所ですすり泣きでしたね。

宮部はなぜ最後の最後に特攻を選んだのか?
わたしは、宮部が生き残りたいと思えば思うほど、彼を死なせてはいけないとする者が増え、結果的に仲間や部下を死なせることになるから、だと思ったのですが、B男くんはちょっと違うような気がすると言います。

宮部の選択は苦しいものだったでしょうね、でも、その苦悩の大きさに比例するほど大きなものを家族に残しました。
組長、かっこよかった・・・。

秀子さんがおっしゃるようにこれは一流の反戦映画ですね。
あちこちとてもキナ臭い状況が続く世界の中で、辛うじて平和を守っている日本、アメリカ軍の基地を抱える沖縄、靖国神社に参拝する首相・・・
すべて先の戦争から端を発しています。
若い人たちには、本でも映画でも写真でも・・・何でもいいから戦争と平和について考えるきっかけになればいいと思っています。
娘たちにも強く勧めました。

投稿: れいち | 2014年1月13日 (月) 15時30分

>M崎駿サンがこの映画を嘘八百と酷評して、原作の百田サンが・・・

私もこの一件にはビックリでした。M崎サンのイメージがねぇ
パッと見?百田サンの方が、こういう過激なこと言いそうなのにね(笑)

そこんとこも含め、↑皆さんのコメントも熟読し、秀子さんのところも拝見し、もうネタ大バレバレすっかり観た気で明日行って来まっす!
(本日急な野暮用で出かけられず

投稿: のりりょん | 2014年1月13日 (月) 17時31分

のりりょんさん
百田さんは映画の宣伝もあって、最近メディアへの登場が多いですね。
ニコニコしながらおもろいこと言うて、学生時代とイメージが違います。

そうですか、あちこち読まれましたか。
先入観を捨てて見て、エンドロールの海と曲を感じてきてください。
心に残る一作になればいいですね。
あ、岡田くんオトコマエやよ、ふふふ。

投稿: れいち | 2014年1月14日 (火) 06時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『永遠のゼロ』:

« 雲の形の宝庫 | トップページ | パンケーキとホットケーキ »