« 『永遠のゼロ』 | トップページ | アメリカで出会った男女のその後 »

2014年1月17日 (金)

パンケーキとホットケーキ

最近のパンケーキブームは、甘いもの好きのわたしにはうれしい現象で、出かけた先でランチ代わりに、あるいはがっつりとお茶したいときなどパンケーキを選びます。

日本に本格的なパンケーキが上陸したときからわたしは、パンケーキとホットケーキはどう違うの?という疑問があり、調べてみたら次のように判明しました。

パンケーキはフライパンで焼く甘くなく薄いケーキで、ベーコンなどを添えたりして朝食などで食べ、ホットケーキはベーキングパウダーを混ぜた生地でふわっと厚く焼いて、バターとシロップなどをかけおやつなどで食べます。

え?
そうなの?
でも、ホットケーキのように分厚く焼いたものの上にクリームやフルーツでデコレーションしたものをパンケーキと称して出すところがあるようにも思います。
ま、わたしとしてはどっちでもいいんですが・・・。

Photo

遅く起きた休みの日の朝、ホットケーキを焼いて、冷蔵庫にあるものでトッピングしてみました。
う~ん、おいしいじゃないの。
パンケーキでもホットケーキでもどっちでもいいや、甘くてやさしいお味で・・・おなかいっぱいになりました。

|

« 『永遠のゼロ』 | トップページ | アメリカで出会った男女のその後 »

コメント

taurus説明読んでもパンケーキとホットケーキの違いが分からない ふじ です。

れいちさん家の冷蔵庫には、バナナが入ってるんやね。
そういや、昔バナナは特別な時しか食べれない高級食材やったとか。
僕の時代は、メロンが特別な果物。
風邪ひいた時か、お正月の親戚一同集まった時しか食べれなかったなぁ~。

バナナを乗せたホットケーキ。
とても、美味しそう。
良かったね、れいちおばあちゃん。banana

投稿: ふじ | 2014年1月18日 (土) 19時02分

bananaふじさん
寒いですね。
今朝は雪が積もっています。

TV番組で年代ごとに文化や流行の違いをおもしろおかしく紹介するってのがありますね。
たしか、古い順にバナナ世代、キーウィ世代、マンゴー世代だったかな、あれ?メロン世代なんてなかったぞ。
ひょっとしてそれは、バナナ世代より古いのか?
ふじさん、本当はわたしより‥ぷぷぷ

バナナはいつもありますよ。
メロンやマンゴー、ドラゴンフルーツばっかり食べてると、たまには庶民の味バナナが食べたくなるもんでね、お〜ほっほっほ。

投稿: れいち | 2014年1月19日 (日) 06時21分

●ホットケーキ=日本のおやつ
●パンケーキ=おフランスのプチデジュネ(朝食)
(お~ほっほ♪いちおう第二外国語は仏語選択でした。ぷぷ)
の、イメージかな?
どっちもご無沙汰だなぁ。。coldsweats01

↓『永遠の0』
私も本編では泣けませんでした。
理由はtaurusふじさんの感想に近いかも?
でも、エンドロールのnote『蛍』では、やっぱりグッと来ましたね~。
あと、夏八木勲サンの遺作だと知って・・・crying

投稿: のりりょん | 2014年1月19日 (日) 19時28分

snowのりりょんさん
おやまあ、おフランスの人は朝ごはんをちょっとしか食べはりませんの?
ぷちデジュネも食べ~の、ブランチも食べ~の・・・のわたしはどうがんばってもフランス人にはなれないなぁ。
そういえば最近、メニューにプチデジュネとかブランチなどと謳っているカフェを見かけますね。
ああ、こんな時間なのに、良質のバターを乗せたホットケーキが食べたくなってきたわ、どうしよう。

さて、永遠のゼロですが、記事に書いたとおりわたしも本編では手に汗を握ったりドキドキしたりはしましたが、泣くほどではありませんでした。
泣いたのはエンドロールです。
でも、よくできた映画でしたね。
職場のゼロ戦評論家みたいな人は、CGが良かったと絶賛でした。
かなり忠実に描いてあるそうです。

そうそう、う~じんは本編から泣きっぱなしだったそうです。
今の仕事をしていなかったら映画評論家になりたかったらしいのですが、そんなにしょっちゅう泣いてたら評論できないじゃないの、ってことですよね。
なんせ、幼稚園くらいの時にディズニーの『ライオンキング』を見てワンワン泣いた子です。

夏八木勲さん、とても存在感のある脇役でしたね。
次々貴重な俳優さんが天国へいっちゃいます、残念です。

投稿: れいち | 2014年1月20日 (月) 23時48分

れいちさん
私もかねてから、パンケーキとホットケーキの違いは何?と思っていました。ちゃんと区別があるんだ~と思わず納得。

というのは、むかしむかし、小学校5年生の頃、家を新築したばかりのM代ちゃんの家に呼ばれたのです。その日は確か平日で、両親が共働きで一人っ子だったM代ちゃんは、「お腹すいたね。パンケーキ焼いてあげるね」と「パンケーキ」なるものを作ってくれたのです。

見かけはホットケーキじゃん、と思ったのですが、ホットケーキと違っていたのは、ベーキングパウダーは入れなかったことです。たしかバターで食べたと思います。

ホットケーキミックスしか使ったことのなかったわが家からみると、「パンケーキ」なるものを作り慣れているM代ちゃんが何だかとてもハイカラに思えたのでした。(なんか「ちびまる子ちゃん」の話みたい)

れいちさん、きれいに焼けましたね。フライパン使用ですか?ホットプレート?

投稿: 秀子 | 2014年1月21日 (火) 18時22分

banana秀子さん
M代ちゃんのハナシ、ほのぼの読ませていただきました。
ほんと、ちびまる子ちゃんの情景ですね。
おなかが減ったからおやつを探そうとか、何か買いに行こうとしないで、何か作ろうと考えるのはわたしたちの世代ですね。
よそ様のお宅でいただくものは、また格別のお味だったことでしょう。
わたしも同じような場面の思い出があります。
わたしの場合はT子ちゃんちで、パンケーキなどというハイカラなものではなく、冷蔵庫から卵を出してきて卵かけご飯でした。
おいしかったなぁ。

さて、写真のホットケーキは、ホットケーキミックス、しかも賞味期限がきれてました。
バターとクリームが溶けて流れて、写真を撮るのに焦りました。
その痕跡が見てとれますね、ははは。

昔、母はこんな便利な粉の存在を知らず、いや、田舎だから売ってなかったんでしょうね、ベーキングパウダーを使って焼いてくれましたっけ。
ふくらし粉と呼んでいたそのパウダーの登場に驚いたものでした。
デパートの食堂で出てくるのと同じだったからとても嬉しかったなぁ。

フライパンで油をひかずに焼きました。
フライパンを温めたあと、一度濡れぶきんの上で冷ますのがコツみたいです。

投稿: れいち | 2014年1月22日 (水) 07時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165468/54571542

この記事へのトラックバック一覧です: パンケーキとホットケーキ:

« 『永遠のゼロ』 | トップページ | アメリカで出会った男女のその後 »