« お誕生日・母の日 | トップページ | しばらく甘いものは要らない »

2012年5月21日 (月)

鶏嫌いの鶏ハム

何を隠そう、知る人ぞ知る・・・
わたしは鶏肉が苦手、鶏の皮・脂の部分が特にダメです。

でも、知人に鶏ハムの作り方を教えていただいたので作ってみました。
「鶏嫌いでも絶対にイケるから」
とのおススメものでしたが・・・

                   《材料》

 鶏むね肉                 1枚
 はちみつ(なければ砂糖)       大さじ1
 塩                      大さじ1
 ミックスハーブ(パセリやバジル)   適量
 黒胡椒                   適量

                   《作り方》

Photo_2
①鶏むね肉は皮と脂肪の部分を取り除き、表面に胡椒以外の調味料をすり込みナイロン袋に入れて冷蔵庫でひと晩置く
②ナイロン袋から出した肉を、水を入れたボールに漬けて約30分~1時間塩抜きをする
③肉に黒こしょうをたっぷり塗りつけたらラップで筒状に巻いて、両端を飴ちゃんのようにひねり輪ゴムなどでとめる

④鍋にたっぷりのお湯を沸騰させてラップごと肉を入れ、再度沸騰したら火を止め冷めるまで置く

Photo
鶏臭さがなく、あっさりとしておいしい。
ミックスハーブオイルをつけてパンにはさんでみました。

Img_20120520_082023

おいしいじゃないかっ。
サラダや冷麺にも使えそう。

たしかにこれは、鶏嫌いでもイケるおいしさでした。

|

« お誕生日・母の日 | トップページ | しばらく甘いものは要らない »

コメント

sunおはようございます。

はいpaper 一晩寝かせた鶏肉を、ただいま塩抜き中でーすwink
『塩鶏』と、どっちがイケるおいしさかな?楽しみnote

次のカキコミも、まだこのpcからイケるんだろうか?
毎回ドキドキですsweat01

投稿: のりりょん | 2012年5月23日 (水) 09時37分

鶏、大好きですlovely
おいしそうじゃないですか!
早速やってみます~。

投稿: みや | 2012年5月23日 (水) 11時10分

beerのりりょんさん
今夜我が家はこの鶏ハムをタテにさいてサラダに乗せました。
ちょっとカフェごはん系のサラダ、見栄えがよかったです。

お店で食べる棒棒鶏の鶏がとってもやわらかいのは、きっとこうして作っているんだと思うわ。

ところがどっこい!
こてこて系のB男くんはこの鶏については
「脂肪分がなくておいしくない」
と言います。
痩せたい痩せたいって言うくせに、もう、好きにしてちょうだい!って感じです。

さて、いよいよPCくんがヤヴァいのね?
このコメント読めますか~?

きのう仕事中、隣の席のつぶやきさんのPCの画面が突然英語だらけになって、ザッザッザと行進曲のように次々とプログラムが湧いてきて、ついに真っ黒けになりました。
わたしとつぶやきさんが、なすすべもなく画面を見ているうちにプォ~~~ンと断末魔の叫びをあげて・・・終わりました。
今日は一日つぶやきさんにわたしのPCを貸してあげたので、お礼に大好きな名古屋のえびせんをいただきました。

新規購入のお知らせをお待ちしていますhappy02

投稿: れいち | 2012年5月23日 (水) 21時44分

beerみやさん
ちょっと時間がかかりますが、作り方はとっても簡単なのでぜひお試しいただきとう存じます。
要点はふたつ、もも肉ではなくむね肉を使うことと、塩分摂取過多を気にして、塩を減らすとハムではなくなるようです。
1週間から10日くらいの日持ちはするそうですし、これから火を使うのが億劫な夏にぴったりだと思います。
新しい食べ方があったらまた教えてくださいね。
お宅のシェフ①男くんだったらどんなふうにして食べるかなぁ?

鶏肉って好きな人と嫌いな人、極端ですね。
わたしは嫌いだけれど、こういう食べ方なら全くOKです。
だいたい学校給食で、鶏肉に皮がついていて、その皮のぶつぶつから毛が出ていた!それが鶏嫌いのこどもを作った大きな原因です。
こないだともだち4人でランチしていて、その話で盛り上がりました。
自分のこどもには好き嫌いは許さなかったくせに・・・どうよ?自分(笑)

投稿: れいち | 2012年5月23日 (水) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165468/45334060

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏嫌いの鶏ハム:

« お誕生日・母の日 | トップページ | しばらく甘いものは要らない »