« 準備着々、古着の山 | トップページ | 落ち続け のち パーマ のち・・・ »

2012年3月 7日 (水)

宿場町のお菓子・・・草津宿

江戸時代の五街道と言うのは・・・

東海道・日光街道・奥州街道・中山道・甲州街道

の5つです。

このうち東海道五十三次と中山道六十九次は京都から大津宿・草津宿と街道と宿場を共有し、草津で別れて太平洋側を通るのが東海道、琵琶湖の右岸を北上して山の中を通るのが中山道です。

Map2

赤色が東海道、青色が中山道、矢印が草津宿

東海道五十三次は国道1号線となり、JR東海道線・新幹線などで宿場の名前もよく耳にしますが、中山道は六十九次もあることさえあまり知られておらず、ちょっとマイナーなイメージです。

まだ肌寒い早春の一日、友人のBちゃんと草津宿を散策しました。

Cimg9852
右東海道いせみち、左中仙道美のぢ(美濃路)の道標

近くには大名・公家・旗本クラスが泊まった草津本陣があります。
Cimg9839
この本陣は、東海道筋でもほぼ完全に現存している貴重な史跡ということです。
吉良上野介や皇女和宮に混じり、新選組の土方歳三(heart04)などの名前が記載された大福帳が展示してありました。
歳さん(わたしとBちゃんの中ではすっかりアイドル)が新選組隊士の追加募集にお江戸へ行った慶応3年、新選組は幕臣に取りたてられていましたから歳さん御一行様は本陣に泊まれたのです。
その気性に似合わない優しい字を書いたと言われる歳さんでしたが、残念ながら大福帳の名前は歳さんの字ではなく、宿側が書いたものでした。

さて、宿場のお菓子は国道1号線沿いのドライブインうばが餅家の『うばが餅』です。
(全景写真と菓子の謂れはHPから)

Img_610004_14515451_1

織田信長が天下をとり、近江の守護代となったころのこと。
近江源氏佐々木義賢も信長に滅ぼされ、その一族も各地に散在を余儀なくされる・・・・・・。
その中に三歳になる義賢の曾孫もいた。
義賢は臨終の際にその幼児を乳母である”福井との”に貞宗の守刀とともに託し息を引き取る。
乳母”との”は、郷里草津に身を潜め、幼児を抱いて住来の人に餅をつくっては売り、養育の資として質素に暮らした。
そのことを周囲の人たちも知り、乳母の誠実さを感じて誰いうことなく「姥が餅」と言ったという。

Cimg9856_2 

宿場の茶店のお菓子なので、お抹茶ではなくそば茶とともに出てきました。
羽二重餅をこしあんで包み、上に白あんを乗せてお〇ぱいの形にしてあります、お値段は300円というお手ごろさでした。

今後も機会があれば宿場町のお菓子を訪ね歩きたいと思っています。

|

« 準備着々、古着の山 | トップページ | 落ち続け のち パーマ のち・・・ »

コメント

こんばんは。
今年の冬はやっぱり寒かったみたいですね~。
いつもなら見頃をとうに過ぎたコチラの梅も、
今日はまだ七分咲き?のようでした。

「姥が餅」・・・な~るほど。そんな言われがあるんですねflair
しかし、白あんで包んで、上にこしあんを乗せた方が、お○ぱいっぽくないかい?happy02

投稿: のりりょん | 2012年3月 9日 (金) 19時10分

shoeのりりょんさん
こないだハウスのイチゴ狩りに行ってきましたら、農家の人が、日照時間が少ないのでイチゴが色づかないって言っておられました。
ま、うちらは食べたけど。
今年もイナゴの大群が通り過ぎた麦畑のように、我が親族一党が狩ったあとは、色づいたイチゴがな~んにもなしになってしまったけどね、うっひっひ。

>白あんで包んで、上にこしあんを乗せた方が、お○ぱいっぽくないかい?
上に乗せるあんは、ちょっとピンクにしてもいいかもね、え?リアルすぎ?
以前、この白いあんの部分はお砂糖を固めたものが乗っていて、食べるとちょっとじゃりっとしたんですが、苦情が多かったみたいです。
甘いもの好きのわたしとしては、それもまたましっそよ、だったんですが、ね。


投稿: れいち | 2012年3月 9日 (金) 21時25分

taurus下ネタは書くまいと思っていたが・・ ふじ です。

あのお餅、僕にはお〇ぱいには見えんなぁ。
お〇ぱいと言えば、もっと丸くって、柔らかくって、触れるとこう・・
あっ、ひょっとしてあのお餅はれいちさんの・・

いかん、いかん
これ以上想像すると、鼻血がでてくるわ。
黙って寝るとしよう。
れいちさん、変な格好で夢に出てこんといてやぁ~。

投稿: ふじ | 2012年3月10日 (土) 16時35分

shoeふじさん
このお餅を売っている茶店はおそばも有名でして、わたしたちがお餅を食べたのは夕方の中途半端な時間でしたが、国①を通る車の人が、ちらほらをおそばを食べに寄ってました。
そういえば、昔、わたしもこの近くで働いていて、お昼に食べに来たなあ・・・宿場そば。
あちらへお越しの際は、ぜひ一度味わってみてください。

ところで・・・
>あっ、ひょっとしてあのお餅はれいちさんの・・
はぁ?
なにぃ?
しぼんでて、硬くて、触りたくもない・・・なんて続くんじゃないでしょうね。

>れいちさん、変な格好で夢に出てこんといてやぁ~。
変な格好ってなにさ?
たとえば、このお餅をお胸にくっつけて、ほ~れほれ、ふじさんよ~、触ってみるかぃ?食ってみるかぃ?・・・な~んてね。
あ~あ、ちゃんとお布団かぶって寝なさいや、けっこう冷えるよ、今夜。

投稿: れいち | 2012年3月10日 (土) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165468/44256228

この記事へのトラックバック一覧です: 宿場町のお菓子・・・草津宿:

« 準備着々、古着の山 | トップページ | 落ち続け のち パーマ のち・・・ »