« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月27日 (金)

泣いて笑って『ALWAYS』

Always

最近では、映画の公開に合わせて関連映画をテレビで放映してくれるので、『ALWAYS三丁目の夕日』シリーズの①と②を見てから映画館で③を見ました。

いやあ、泣いた泣いた、笑うた笑うた・・・。
今回封切りになった最新作が一番傑作だったように思います。

建物、大道具、小道具の細部に至るまで目が離せず、ミゼット、こどもたちのセーター、路地の塀に貼り付けた看板の数々も見逃せませんでした。

昭和39年、東京オリンピックの年、わたしはどこで何をしていたんだろう・・・!?
 (え?家のテレビでオリンピック見てたやん!)

以下に、小物に注目して予告編からキャプチャしたものを紹介します。

誰もがこんな写真の1枚や2枚は持っている『シェー』でございます。
今どきの子がVサインをするのと同じようなものでしょうか。

1_3

ここのお宅のテレビは両サイドにスピーカーのある上等なものです。
我が家のテレビにはカバーがついていて、見ないときにはカバーをおろしていましたっけ。

2_3

ブロック塀にみやこ染めの看板、“こ”の字が変体仮名の“古”なんですねぇ。

4_2

ミシンカバーとポットが郷愁を誘います。
あと、卓上の灰皿も奇抜なデザインです。

5_2

昭和39年、日本は敗戦からの復興を果たしどんどん豊かになろうとしていた時代、誰もが幸せを求めて頑張り、日本の明るい将来を信じていた時代。
早かったなぁ、ここまで。

この映画には悪い人がひとりも出てきません。
心が疲れているときにおススメの映画です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

ハンドメイド作りだめ

NHKの朝の連続テレビ小説『カーネーション』がやたらとおもしろい。
主人公の糸子は元気はつらつ、持ち前のパワーで魔法のように周りの人を幸せにし、そしていつもミシンを踏んでいて、これまた魔法のように次々と洋服を作り上げていくのです。

こちらの過去記事の『ミシン買った~♪』にお越しになる方が最近増えているのは、このドラマの影響ではないかと思います。

さて、ハッピートイズのトナカイから、こちょこちょとミシンで小物を作りだめしてきました。

最初はネットオークションやハンドメイド専門のネットマーケットへの出品を検討していましたが、オークションでモノを買うのは比較的簡単な反面、売るとなるといろいろな手続きがあり、登録や出品、落札に手数料がかかるなど面倒だということを知りました。
売れるかどうかわからないものにお金をかけるのもどうかと思うし、しかも手違いがあったり発送が遅れたりすると評価が下がり、以降の出品に支障が出るなど、わずらわしいことが多いので、フリマ―ケットで売ることにしました。

ティーポットカバーと最新作のスマホ入れです。

Photo
Photo_2

モデルさんなどのカバンの中身拝見を見ると、スマホはカバーをかけずにこういうバッグ式のものに入れている人多いのですね。
ああ、こういうことを教えてくれる娘がいなくなるって、ちょっと困るなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

面接・・・②

タイトルの『面接・・・②』
ああ、この数字はどこまで増えるんだろう。

最初にご報告です。
先週受けた旅行会社の面接ですが、先日採用の連絡がありました。
でも・・・
お断りしました、心苦しかったけれど。

さて先日、とある法人の職員採用の試験と面接に行ってきました。

年齢制限なし、資格がなくてもよし、あったらなおよし、何が魅力って・・・正職員なんです。
勤務時間は公務員並みで、正職員だからボーナスも退職金もあります。

仕事自体は若い人向きではないので、おばちゃんの熾烈な戦いを予想して行ったら・・・

なんと!

う~じんのような学生がちらほら、関係の資格を持っている人がちらほら、この日はひとりの求人に10数人が来ていました。
待合い室で学生はソファの背にはもたれず、背中を伸ばして手はおひざ!正しい受験態勢です。

隣に座ったわたしくらいの年齢の人が、
「季節柄学生も来るとは思っていたけど、こんなにたくさん来てるとは・・・」
と耳打ちしてきました。
この方は、資格も経験もないという点においてわたしと同じ立場です。
もうひとり、わたしよりちょっと年上そうな人も作文が書けずにあきらめたと言っておられて、3人は似たり寄ったり、作文なんていつから書いてへんやろとか、漢字が出てこぉへんかったとかでひそひそと、しかし盛り上がっていました。
それにしても、正職員とはいうものの大卒の初任給としてはちょっと低く、勤務条件が良いとは思えません。
この時期の就活ですから、卒業も間近と思われます。
わたしはわが娘の就活を思い出してちょっと切なくなりました。

「競争率上げに来てごめんね」
おばちゃん3人組のこのひとことで、何人かの顔がほぐれました。
面接は3次まであります。
「次、うちらは来てへんと思うから、みなさん頑張ってね」

さて、肝心のわたしの面接では・・・
ひと通りのことを聞かれた後は世間話でした。
「得意なことはなんですか?」
「エクセル以外のパソコン操作です」
「では、不得意なことはなんですか?」
「ケンカです」
・・・失笑・・・
「そのような答えは初めて聞きます」
「あのぉ、わたしって場違いでしたね」
「いえいえ・・・」
・・・失笑・・・

この流れは全く脈なし!ってところですなぁ。

おまけ

だしをとった後の昆布は捨てがたい、二番だしをとってもなおもったいない気がする・・・
ってことで、すかすかの昆布で五目豆を煮ました。
な~んか昭和のかほり、ふるさとのかあちゃんを思い出しました。

7

減塩食にしてから、毎日のメニューの写真を撮っています。
ほとんど下味をつけていないシュウマイは、せめて見た目だけでもおいしくしようと、ひとり分ずつせいろに白菜を敷いて蒸しました。
野菜もいっぱい入れたのでゆるゆるでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

久しぶりの韓流イベント

最近K-POPにハマっているう~じんと『ゴールデンディスクアワードin大阪』というK-POP界のレコード大賞授賞式みたいなものに行ってきました。

ちまたでは・・・
「なんで韓国のレコード大賞を日本でやるねん?」
との声があることはあるのですが、なんせ韓国のトップアーティストの曲をいっぺんにたくさん聴ける・見られるってことで、松花堂弁当とか盛り合わせ定食とか大好きなわたしは、面接をひとつ受けて(こちらも泣き笑いの出来事あり、後日記事UP予定)事前にう~じんが用意した出演者の代表曲を聴きながら出かけました。

開演前に出演者がレッドカーペットを歩いたみたいですね。
うちらはぎりぎりにしか行けなかったけれど、みなさん小雪が舞う中長いこと待ったんでしょう。

司会はSUPERJUNIORのイトゥクくんとKARAのギュリちゃん。

Photo
ギュリちゃん、日本語を交えながらがんばってました。
ふたりとも司会はせんならん、受賞して着替えて歌ったり踊ったりせんならんでおおいそがしでございました。

大賞はSUPERJUNIOR

O0500029210204710948
太ったり痩せたりのシンドンくん、愛嬌たっぷりで、ステージサイドのスクリーンにアップが映し出されるとひときわ大きな歓声が沸きあがりました。

Sindonhi

そのほか・・・

CNBLUE・・・うちらはこれがお目当て♥左から2番目のギターのジョンヒョンくん、にこにこしててとってもかわいかった。

1112050320294_1

KARA

Kara2
BEAST

Beast_shock_main_small
INFINITE

Infinite11
B1A4・・・この子らみんなかわいくて曲もダンスもよかった

29217_1138730685504_1744500250_2640

その他、MBLAQ Jay Park f(x) Apink Dal★shabet RAINBOW

みんなが2~3曲を披露してくれたのでたっぷり3時間楽しめました。

ちょっと前の韓流イベントでは、わたしくらいの年齢層が大半を占めていたものですが、この日の会場は圧倒的に若い子が多く、合いの手(ふるっ!)のかけ方も心得ていて、おばちゃんは大きな波に身を任せて拍手するくらいしかなく、ひとつの時代が終わった寂寥感がありました。
ただ、ここまで韓流を支えてきたのは、冬ソナを原点とする中高年齢層であることは否めなく、その主流が若年層に移行したことで人気のサイクルが短くなり、やがて引く波のように去ってしまうのではないかと・・・ちょっと心配した夜でした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

面接

先日、う~じんと一緒にお買い物に出かけた際、卒業旅行のパンフレットが欲しいと言うので立ち寄った旅行代理店の入り口に
『スタッフ募集・旅行好きな方なら誰でも!』
の張り紙を見つけました。

帰ってから電話してみると責任者の方はとても穏やかで
「興味を持っていただいてありがとうございます」
と俄然こちらがやる気になる応対です。

時給はあまり高くないのですが、パートながら各種社会保険も完備していて、何より年齢は問われないのと我が家から近い、自転車でも行けるのが魅力です。

さっそく面接の段取りをつけて昨日行ってきました。

詳しく聞いてみると、夜9時まで働かなければならない日が月に4~5回、土日祝はほとんど出勤、そのわりにはパートの宿命でけっこう休まなければならないので、収入は多くないとのことでした。

はっは~ん、それで人気がないのか・・・。

簡単な計算と漢字の読み書きの試験をやりながら、どうしようかなぁと悩んでいると最後に言われました。
「明日の新聞の折り込み広告に募集を出しますので、そちらが終わってから合否の連絡をします。なるべく長く働いていただける人が欲しいというのが正直なところです」
うへっ?
若い子の応募があったらそっちを採るってことですね!?

世の中、全然甘くありませぬ、いい勉強になりました。

ところで・・・
今年はうまく作れた七草粥、塩味であっさりとおいしくいただけました。

5

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

新年のごあいさつ

Photo

家族そろって穏やかな新年を迎えました。

今年はう~じんが就職して、盆暮れ関係なく働くことになると思われ、みんながそろうお正月を、みんなが大事に思っているような雰囲気が漂っております。

我が家の一年もこのブログも、方向が変わっていくかもしれませんが、今までどおりやっていくつもりです。
今年も相変わりませずよろしくお願いいたします。
そして、みなさまのご健康とお幸せをお祈りしております。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »