« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月28日 (水)

暮れのごあいさつ

Photo

ここ数日の寒さにちぢこまっていましたが、きょう久しぶりにのぞいた青空が目に染みました。

この空は・・・

   地震が被害をもたらせた町にもつながっているんだなぁ
       そちらも青空だったらいいのになぁ

ぼんやりそんなことを思いました。

来年こそ明るい話題がいっぱいの年になることを心から祈ります。

今年一年のみなさんとのお付き合いに感謝するとともに、来年も変わらぬお付き合いをよろしくお願いいたします。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2011年12月24日 (土)

出まくり弥太郎

映画『連合艦隊司令長官山本五十六~終戦70年目の真実~』を観ました。

Img_496_1_b_2
第二次世界大戦初期、対アメリカ戦に最後まで反対しながらも真珠湾攻撃に向かわざるをえなかった山本五十六を描いたものです。
欧州の経済危機と国家の破たんや隣国の指導者交代と政情不安など、世界的にも平和が揺らぎかけている現代と、映画の中の時代背景に共通する部分があるような気がして見ごたえがありました。

ただ、主役の山本五十六は掘り下げられており役所広司が好演していましたが、その他の登場人物が多くて、それぞれの人となりがあまり描きこまれてない印象を受けました。

そんな中で、航空母艦『飛龍』の司令官・山口多門を演じる阿部寛が際立ってよかった。

Photo_3

NHKの『坂の上の雲』での騎兵隊長もいいけど、海軍の黒、白の軍服姿で姿勢よろしく指揮を執る姿には惚れぼれとしました。

006_2

この司令官、最期がまた泣かせるのです。

そうそう、出てきましたねぇ、弥太郎【註】

20110615123730_00_400
新聞社の主幹として、社説で開戦へと世論をあおる嫌な奴を好演していました。
最近、テレビや映画で彼を見かけない日はないくらいです、ほんま、弥太郎出まくり。

なんだか映画の感想からずれた記事になってしまいました、すみません。

【註】香川照之の最高傑作はNHK大河ドラマ『龍馬伝』の岩崎弥太郎だと思っています。我が家では“弥太郎”と言えば香川照之を示し、香川照之は“弥太郎”と呼ばれています。
よりにもよってこの写真、すみませんすみません。

Img_1509335_61213038_9

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

減塩生活

あるときテレビで
『血圧を下げるには減量より減塩です』
と言ってました。

自慢じゃないですけど、わたしたち夫婦は高血圧症です。
食事、運動で減量しようとしてもなかなか続きませんので、とりあえず食事の内容を見直すことにしました。

まずは、料理の味付けを薄くすることから始めると同時に、卓上醤油をだし汁で薄めました。
そして、お醤油入れにスプレーを使うことにしました。

Photo_2

次に、大好きな味噌汁ですが、通常1杯で約2gの塩分を含んでいます。
我が家の目標は1日6gなので、味噌汁1杯で1食分の塩分を摂取してしまうことになります。
そこで、具だくさんにして、汁の部分を少なくしました。
ちなみにこの塩分計(何でもカタチから入るのが好きなわたしはすぐに買った)で測ってみると、0.6%~0.8%の塩分含有量、『うす味』のところを示しています、この濃度の汁を100cc飲んだら0.6g~0.8g・・・まずまずだな。

Photo_5 

お椀もこのように小さなものにしました。

Photo_6 

ストレスのたまらないようにカレーも食べます、お醤油を付けて刺身も食べます。
ただし、具だくさんでガラムマサラで辛みをUPさせたカレーとか、だし醤油で食べるお刺身ですが・・・。
慣れればなんてことはなし、たまに外食すると濃い味付けにびっくりする今日このごろです。
減塩生活1ヶ月、味付けが薄いのでご飯が進みません、体重は少~しですが減ってきました、B男くんはズボンのベルトの穴がひとつ小さいところになりました。
血圧の値については大きな変化はありません。

さて、いつまで続くでしょうねぇ・・・と、弱気な発言。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

遅ればせながら・・・

ケータイ電話の液晶が壊れ、我が愛犬のまろんが温度センサーにかけられたような顔になって早や9ヶ月、揺すったり叩いたり、よう我慢して使ったなぁと思います。
最近では、横にすじが入ったり上下に波打ったりと画面が安定しない状況が続いていましたが、ついに撮った写真が見られない、文字が読めないなど大きな支障をきたすようになりました。

じゃ~~ん!

Photo

スマートフォンです。
何を今さらとお思いでしょうが、嬉しいのです。
使い方は・・・ほぼわかりません。
取扱説明書はぺらぺらで、基本的なことしか書いてなくて、あとはサイトで調べるようになっているんだとか。
「ちょっとぉ、うーじん、教えてよ」
「人に聞かな使えんようなもん買わんとき」
などとつれない態度。
あねこから電話がかかってきて、もたもたしながらやっとこさ通話にこぎつけると
「おっ、ちゃんと電話に出られたやん」
などと小バカにしたような言い方。

「パソコンを持ち歩いていると思ってください、慣れたらとっても便利ですよ」
とお店の人は言ったけれど、パソコンを持ち歩く方がなんぼか簡単で便利だと思います。

ともあれ、がんばって早く慣れよう。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

気楽なリース

最近、オール電化を薦める電話セールスがしょっちゅうあります。
大震災からこの方、節電意識が根付いたのと、家中のエネルギーを全部電気にしてしまう不安から、あまり乗り気にはなれません。

ところで・・・
ガスコンロの五徳やバーナー周りの金具が傷んできたので、きれいなガスコンロでお正月を迎えたいと思い、かかりつけ(?)のガス屋さんに連絡しました、ついでに最近CMで見たガスコンロのリース契約についても知りたいと言いますと、すぐに担当者が来てくれました。

五徳や金具の取り換えは、全部で1万円余りかかるそうです。
そして、ガスコンロのリースはと言うと、我が家の今のコンロと同じくらいの機能のものなら、月々1365円でいけるとのことなのです。
タイマー・天ぷら温度設定付き、ガラストップコートで工事費無料、7年間のメンテナンス付き、7年後からはリース代が要らない、つまりリースと言う名の保証付き割賦販売です。

五徳がどうとかこうとか言ってないで、迷わずリースにしました。
じゃ~~ん!!

Cimg9376
システムキッチンのビルトインタイプですが工事はいたって簡単、おまけに古いガスコンロをはずしたあと周りをきれいに磨いてくれるという至れり尽くせりの対応でした。

我が家では、ガス給湯器も、ガスストーブもリースです。
一時的に大きな出費が抑えられるし、給湯器が壊れたときは修理費が要らなかったし、ストーブはシーズンが終わったら持って帰ってくれるし、とても便利で気楽です。

それというのも冒頭で書いたとおり、オール電化に対するガス会社の対抗策、顧客の囲い込みが目的のようで、わたしはまんまとガス会社に囲い込まれ、他にもお風呂の乾燥機リースのカタログをちらちら見る今日このごろです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

となきちの行方

ハッピートイズプロジェクトのトナカイのぬいぐるみの展示が始まりました。

宮城・仙台パルコ会場
神戸ファッション美術館会場
三宮会場
JR日暮里駅
愛知松坂屋名古屋店会場

そのほかに今年関西では

関西国際空港会場

も増えました。
各地でこのプロジェクトが紹介されて、ひとりでも多くの人に趣旨を知ってもらい、参加者が増えれば嬉しいことです。

もし、うちのとなきちを見に行くとしたら・・・

神戸も関西空港もとなると、ちょっと距離的にも時間的にもタイヘンだなあ、でも関西では三宮会場に展示される量が圧倒的に多くて、去年のうさこも三宮にいましたので、たぶん今年も三宮に展示されているだろうと思っていました。

先日、ちょうど関西空港の展示が始まった日に韓国へ旅行に行くう~じんに、念のため空港ビルの展示を見てほしいと頼みましたが、そんなこと覚えているような子ではありません。
そこでその数日後、函館へ帰るあねこにとなきちの写メを見せて頼むと、この子はしっかり見に行ってくれました。

そしたら・・・

「カラフルな子が多い中で地味なとなきち、すぐにわかったわ」
と関空から電話がかかってきて写メを送ってくれました。

111

222

333

444
となきち、世界中の人に見てもらえてよかったね、寒いけどいいお顔で頑張るんだよ。
もし、関西空港へ行く方がおられたら、空港ビル4階の国際線出発ロビーにあるツリーを見てくださいね。

そうそう、それから・・・

一緒にトナカイを作っていたみやさんちのトナッキーくんご一行様は、三宮会場に展示されていたそうです。
三宮へ行く方がおられたら、神戸朝日ビルディングの1階にあるツリーを見てくださいね。

Miyasan

Photo

さらにみやさんは、関空会場から旦那さんが送ってきてくれた写真でrozyさんちのトナミちゃんご一行様を見つけたそうです、すごい。

Rozy

みんな離れ離れにならなくてよかったですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »