« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月24日 (木)

終電の終点

先日の雪の降った夜のこと・・・

B男くんから
「仕事の仲間で飲んでるから、終電で帰る」
と連絡があり、駅までわたしが車で迎えに行くことにしました。

しか~し!!!

その終電から降りてきた人の中に我が夫の姿がないのであります。
電話をかけても呼び出し音がむなしく鳴るだけ、メールをしても返信がない。
ありゃりゃ・・・
本当に終電に乗ったのか?
あるいは途中で具合が悪くなって電車を降りたのか?
いいえ、おそらく眠りこけて乗り過ごしたに違いないのです、むかっ!

さあ、ここからが怒り心頭に達した深夜のお迎え劇の始まりです。
ずっとケータイで呼んでいるのに出ないということは、時間的に見て終点に着いているころ。しかし、もうこちらへ向かってくる電車はないことを時刻表で確かめました。
タクシーで帰ってくるだろうか・・・
いや、それなら電話に出てそう言えばいいのです。

終点の駅のホームのベンチで、眠りこけているかもしれない。
電車の中で眠ったまま、回送電車が並ぶ機関区みたいなことろにいるかもしれない。
どちらにしても凍死する可能性がある。
相変わらず電話に出ないということは、気持ちよく寝ているに違いない、むかっ!。

しゃあない、終点まで行ったという想定のもと、迎えに行くことにしました。
しかし、わたしはその駅に行ったことがないので、いったん家に帰ってカーナビのついている車に乗り換え、ちょっと怖いのでう~じんにもついてきてもらうことにして出発。
このとき午前1時ころ、むかっ!。

あぁ、雪がちらついてきたよ~。
明日も仕事やっちゅうのに夜中にナニをやってるんだ、わたし。
助手席ではう~じんが電話をかけ続けています。
やっと電話に出ましたが「はぁはぁ」と苦しそうな息遣いが聞こえてすぐ切れた、というではないですか。
「お父さん、ちょっとおかしい、倒れているのかもしれん」
「今の電話、お父さんやないかもしれん」
「誰かに追いかけられているかもしれん」
などと不安をあおるようなことを言います。
そしてその後二度と電話はつながらない。
母娘ふたりの思いは悪い方へばかり向かいます。
雪の中、走ること30分。

夜の駅って終電が行ってしまっても明りがついているものなのですね。
店も住宅も明りを落として眠る街の中に、明るい駅舎が見えてきました。
人っこひとり見当たらない真っ暗な駅前広場、雪が矢のようにフロントガラスに向かってくる中・・・

Photo_3

                 写真は全くのイメージです。

歩いているおっさん発見、上機嫌!
「何してんのよ!」
「メールを打とうとしてもこの電話、打てへんねん、ふにゃふにゃ」
「そしたら電話に出たらええやん」
「駅の反対側に降りてしもたみたいやさかい、あっちへ行こうとして、ふにゃふにゃ」
「ここ、どこかわかってる?」
「歩いて帰ろうと思ってんけど、駅の反対側に、ふにゃふにゃ」
どうやらここが終点だと気付いてなくて、自分の降りる駅だと思っているようです。
「あ、車掌さんが終点ですよって言うたような気がする、なんでもっと早うに起こしてくれへんねんって、ふにゃふにゃ」
迷惑な客で、車掌さんすみません。
このとき午前1時半ころ、むかむかっ!

この後もB男くんは車の中でわけのわからんことを言い続け、午前2時ごろ自宅に着きました。
階下ではまだ何やら独り言を言っておりましたが、もう放ったらかしてわたしたちは2階で寝ました。

ほんと、さんざんな夜でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

立て!立つんだ・・・

3

映画『あしたのジョー』

昭和40年代の東京下町。
殺伐とした生活を送る矢吹丈は、元ボクサーの丹下段平にボクサーとしてのセンスを見出されるが、問題を起こし少年院へ送られる。
そこでジョーは、チャンピオンレベルの力を持つプロボクサー力石徹と運命の出会いを果たす。
『あしたのために』
で始まる段平からのハガキには、ボクサーとしてのトレーニング方法が綴られていた。
ジョーは、次々と届くハガキをもとにトレーニングを重ね、ボクサーとしての力を身に付けて出所する。
反目しながらも互いの力を認め、ライバルとして惹かれあう二人。
やがて、キャリアも実力も、さらには命を削ってのウエイトの差すら乗り越えたジョーと力石は、決戦の時を迎える―。

1

山下智久のジョー

4
この寂しそうでいて頑固そうなジョーが実によかった。
鍛え上げた美しい肉体を見るだけでも価値があります。

伊勢谷友介の力石

5

力石は無理な減量がたたって・・・ですが、この人のストイックな役作り、鍛えすぎてとぎすまされた刃物のような肉体は芸術です。

香川照之の丹下段平
6

これはもう何も申しますまい。
想像どおりの段平でございました。
ただ・・・
出っ歯なマウスを付けているせいか大きな口を開けられないのがやりにくそうで残念。

ジョー、力石、段平、三人の持ち味が充分に発揮された素晴らしい作品でした。
ストーリーを知っているだけにラストシーンにはもっとも興味がありましたが、期待を裏切らない素直な演出だったと思います。

そうそう!
「立て、立つんだ・・・」
本来はこのあと
「ジョー!」
と続くのですが、ああ、この日のわたしは
「立て!立つんだ力石!」
と叫びたかったです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

信長公あれこれ

京都市内の北、船岡山の一角に『建勲神社』があります。
正しくは“たけいさおじんじゃ”と読みますが、一般的には“けんくんじんじゃ”と呼ばれています。

ここは祭神が織田信長ということで、例のごとく歴史上の人物のお墓参りが好きなB男くんとお参りしてきました。
この日の移動手段はやはり自転車、いいお天気で早春の風が気持ちよかったです。

石段が100段ほど、日頃の運動不足がこたえます。
信長を祀ってある神社仏閣は全国に20余箇所あるそうで、安土城址や本能寺はすでに訪れました、その安土城の石段に比べればなんてことはないのだけれど・・・。

Cimg7996

Cimg7999
船岡山は応仁の乱のときに西軍が陣を構えたことから、このあたりが西陣と言われる所以になったところです。
風水的によい“気”が満ちているらしいので、いっぱい深呼吸してきました。

さて、この神社のもう少し北には映画やドラマの撮影によく使われる大徳寺があり、その広大な敷地の中にも信長が祀ってある総見院があります。

Photo_3
こちらでは信長の墓や木像の特別展示をしています。
信長亡き後、「よく似ている」と秀吉がOKを出したという信長の像はこれです。

Photo
あれ?
わたしの描いているイメージとちょっと違うような・・・。

ところでこの日、NHK大河ドラマ『江』ではいよいよ本能寺の変が起こり、評判のよかった豊川悦司演じる信長の登場は終わりました、残念。

NHK大河では過去にいろんな方が信長を演じています、あちこち探してみました。

Photo_2

① 高橋幸治 太閤記 昭和40年 
② 杉良太郎 天と地と 昭和44年
③ 高橋英樹 国盗物語 昭和48年
④ 藤岡弘   おんな太閤記 昭和56年
⑤ 役所広司 徳川家康 昭和58年 
⑥ 石橋凌    武田信玄 昭和63年
⑦ 緒形直人 信長‐KING OF JIPANGU 平成4年
⑧ 渡哲也    秀吉 平成8年
⑨ 反町隆史 利家とまつ 平成14年
⑩ 館ひろし  功名が辻 平成18年
⑪ 吉川晃司 天地人 平成21年
⑫ 豊川悦司 江‐姫たちの戦国 平成23年 

わたしは高橋幸治さんの信長が好きでした。
が、昭和40年って、生まれてませんがな・・・(汗)
この方はそのあと昭和53年の『黄金の日々』でも信長を演じているそうですので、わたしの知っている高橋版信長はそのときのものかもしれません(ということにしておこう)。

こんなものを見つけました、興味のある方は挑戦してみてください。

NHK大河ドラマ検定

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

歯医者さん、まだ通っている

先日、いつもの歯医者さんへ行ったら
「れいちさん、こないだそこのコンビニで出会ったのに僕のこと無視したやろ」
って先生に言われ、
「え・・・?」
まじまじと先生の顔を見ました。

Photo
「先生いつもマスクしてはるし、先生の顔はっきり知りません。わたしは毎回大口あけて間抜けな顔して、のどち〇こまで見せてるのに」
と言って大笑いされました。

う~む、この絵、ちょっと似ているかも。

歯医者さん通い、まだまだ続きます。
もう1年たつっちゅうのに・・・ぶつぶつぶつ。

【追記】2/11 23:30

miyukiさんがコメントで、「この歯医者さんは初恋のジョンナムさんでっか?」とおっしゃるのでジョンナムさんの画像にマスクとメガネを足したら、な~るほど先生に似ています。
しかも、ジョンナムさんけっこう男前かも。
(韓国ドラマ『初恋』のジョンナムを演じたソン・ヒョンジュ氏)。

Dr

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

豆まき

よそ様の掲示板で、最近は節分に豆まきなんぞやらないお宅が増えてきたというような話題になりましたが、我が家の近隣でも豆まきの掛け声はおろか、家の玄関先に豆をまいたあとも見当たりません。
以前は節分の翌朝ともなれば、こどもたちが気前よくまいた豆を目当てに鳥が寄ってきたり、車が豆を踏みつぶすとあとあと掃除が面倒なので早めに箒で掃いて集めたりしました。

「派手にまいたもんやなぁ」
「豆代もバカにならんわ」
などと言い合いながら隣近所、みんながそうしたものです。
今年、うちの前の道路にこぼれている豆は、ケチってまいたうちの10粒ほどだけです。
(庭にまくと水分でふやけて掃除が面倒なので、庭を通り越して道路にまく)
クリスマスやバレンタインなどの西洋風行事は年々盛んになっていくのに比べ、日本の伝統的な行事がおざなりになっていくのはどうしたもんでしょう。

ところで、節分には歳の数だけ豆を食べますが、我が家では歳よりひとつ多めに豆を数え、そのうちのひとつを後ろに投げるのが慣わしです。
そして、同じく歳の数だけ包んだ豆は、厄除けで霊験あらたかな神社へ持って行って橋の下へ投げ落とすのです。

あ、こんな名前もある・・・。

Photo
最近口の周りの毛が白くなってきて、動きも鈍く、夜中に寝ぼけておねしょをすることがあります。
お客さんが来てピンポ~ンと鳴ると何をおいても玄関先へ走って行って狂ったように吠えていたものですが、最近は首だけもたげて『う~』と『ぐ~』の間のような声をひと声しぼり出すだけです。

おいおい、大丈夫か?
どうか、元気で長生きしてほしいものです。

Cimg7970

「掃除機かけるから、そこどいて」
と言ったら30cmほど横へよた~っと動いただけでした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

新旧交代

パソコンを新しくしました。
今までのものより容量もぐ~んと増え、機能も抜群によくて、必要最低限のソフトは入っているのにお値段は前のものの半分くらいです。
(実はせっかくの機能も使い方がよくわからない、持ち腐れという感じがせんでもない)

前のパソコン、思えば酷使したもんなぁ。
バッテリーがあっちっちになり、後ろ側から異常な騒音が漏れていました。
動きが怪しくなってきたころから少しずつ大事なデータを取り出していましたが、メールアドレスをコピーしている時点でついにチカラが尽きたのか、液晶が万華鏡のようになり、やがて3D画像のようになり、そして・・・昇天しました。

Pc              *画像はイメージです

取り出せなかったものが何だったのか、今となってはよく思い出せません。
人間がトシをとると色んなことを忘れて、それでもたいして困らずに生きていけるように、この際パソコンにとってもかえってすっきりしたかもしれません。

ただ・・・
メールのアドレス帳を取り出せなかったことで大変困っています。
そこでこの場を借りてお願いです。
こちらへ来てくださる方、お時間のあるときで結構ですので下記に空メールをいただけませんでしょうか。

          ××××××××××

お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »