« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月28日 (日)

むすこさんは・・・すねた

職場のN女史はGLAYの熱狂的なファンです。
若いころはファンの聖地である函館詣でを繰り返し、今年の全国ツアーも大阪城ホールへ行ってこられました。

N女史がGLAYの信奉者であるとは知らずに、ひと月ほど前おもしろいCMのことを話してしまいました。N_2 
「カップヌードルのCM見た?GLAYが夜中に腹が減りませんかとかなんとか歌ってるの」
「ううう・・・あれ、許せへんのやわ」
「・・・?」

PVをそっくりそのまま使ってあって、途中からTERUの口元がCG処理してあり、歌はご本人が歌っているのか、これまた機械的に作ってあるのかはナゾなんだそうです。
「そりゃ、GLAYにいっときほどのイキオイはないにしてもや!NISSINがその業界ではトップの企業としてもや、あれはあかんやろ!」

どうやらファンの間では評価が分かれているらしく、なかなかノリがよろしいじゃんとの肯定派と、GLAYの沽券に関わるという否定派、N女史は否定派の最先鋒のようでした。

M_cpndlcm
N女史激怒の『GLAY篇』は・・・こちら

CMとPV(However)を比較してある映像は・・・こちら

そんなことも忘れかけた先週、N女史がにこにこしながら言いました。
「れいちさん、やっとGLAYが終って今度はボン・ジョヴィやねん、これは笑えるえ」

え?
ボン・ジョヴィがカップヌードル?
英語で?

Bonjovi_main

ようこの仕事引き受けてくれましたの『ボン・ジョヴィ篇』は・・・こちら

もとの動画(You Give Love A Bad Name)は・・・こちら

会場の人たちも一緒に♪受験勉強して~た~♪歌っています。
笑わせていただいたお礼に、ボン・ジョヴィのニューアルバムを貼っておきます。
これ、最近テレビでCMやってまして、パッと見カップヌードルなのかアルバムなのかどちらを宣伝しているのかようわかりません。

ザ・グレイテスト・ヒッツ−アルティメット・コレクション ザ・グレイテスト・ヒッツ−アルティメット・コレクション

アーティスト:ボン・ジョヴィ
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2010/11/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

超氷河期のシューカツ

現時点で、来年3月卒業予定の大学生の就職内定率は男子で59.5%、女子で55.3%だそうです。
多くの企業が10月1日に内定式を終え、すでに3回生の就活も始まりかけたというのに、まだ就職先の決まっていない4回生が約半分もいるということです。

さて、3回生のうーじんも就活を始めました。
髪を黒く染めて、スーツや靴を買い足して、日経新聞や四季報とにらめっこの毎日です。
ただでさえ低い求人倍率の中、何の資格もない文系女子にはさらに厳しい状況で、採用側は大学で何を学んだのか、どういう職種に就きたいのか、はっきりと主張してほしいと言いますが、求職側としては理想ばかり言ってはいられないのが現状です。

Cimg7677
ともあれ・・・
「FTAは知っているけどTPPってなんやねん?」
とか
「関税を撤廃したら日本は得するのか、損するのか?」
などとやたら国際的な経済の話題が出て、よくわからないわたしを尻目にうーじんとB男くんのふたりで盛り上がっているかと思えば
「くどくてんってどっちがてんでどっちがまるなん?」
「・・・」
どうやら『句読点(くとうてん)』のことらしく、なんとも幼稚なオツムが露呈する今日このごろです。

ところでうーじん・・・
大学はときどき遅刻していて、先日はどうしても遅れられないとお父さんに泣きつき、車で高速道路を飛ばして送ってもらうというていたらく。
さらに最近、小学校の先生の補助というアルバイトを頼まれ、初出勤の日、
『今から行くんやけど、住宅地の中みたいで行き方がようわからん』
と、外出中のわたしのところへメールが来ました。
車にはカーナビがついてるんだし、PCで地図を調べて行くという方法もあるんだし、だいたいそういうことは前日に用意しておくものなのに、とごちゃごちゃ愚痴の混じったメールを打っていたら
『お父さんが先導してくれるってさ』
とのメールが来ました。

は~あ・・・
こんなんでうーじんはシューカツを勝ち抜き、社会人になれるんでしょうか。
そして甘々お父さんは、この娘からとことん搾り取られるんじゃないでしょうか、とても心配です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

パスポート

パスポートの有効期限が切れました。
さしあたって海外へ行く予定はないけど、とりあえず申請しておくことにしました。
初回のパスポートは10年用でしたがたいして使わず切れたまま放置、なので次は5年用にしましたら、初めての韓国からその後けっこうあちこち行き、あっという間に有効期限が来ました。
そして今回、10年先も元気に海外旅行に出かけられるようにとの願いをこめて10年用にしました。
前回の写真は睨みつけているようなくら~い顔、かなりの人相の悪さだったので、今回はスピード写真ですが100円upの800円で『ファイン』仕上がりを選びました。
そしたら・・・しわひとつない美しいお顔、むふっ。

申請の日は混んでいるかと思い、わざわざ休みの日に行ったのに順番待ちゼロ、用紙の記入もカンペキだったので5分ほどで手続きが終りました。

以前は居住確認のため、申請のときに往復ハガキを添えて出し、自宅に届いたハガキを持って受け取りに行くという面倒さでしたが、最近は申請から1週間後以降に受け取りに行くという仕組みです。

受け取りの日、パスポートセンターは職場から近いのでお昼休みに散歩がてら紅葉の道を歩いて行きました。
余談ですが、画面左側は琵琶湖、中央の丸い屋根はびわ湖ホールで、この日は高橋真理子のコンサートでした。

Photo

おお!!!
パスポートの写真は申請用紙から転写されるので、その過程で画質が落ちるかと思いましたがなかなかどうして、かなりきれいです。
(お見せできないのが残念です、えへへ・・・。
もしかして10年先、本人とのあまりの格差に出入管でトラブルが発生するかも。

Passport   
パスポートといえば・・・
2004年のフジテレビ系ドラマ『東京湾景』

Tw
仲間由紀恵演じる美香が高校の修学旅行で海外に行くとき、みんなと違う緑色のパスポートを持ち、帰国の際にひとりだけ再入国のレーンに並ぶという、彼女が在日韓国人であることを強く意識する場面が思い出されます。

しかし、いつぞやわたしは緑色のパスポートで普通に日本人用の列に並んでいる人を見かけました。
調べてみたらそれは『公務旅券』と言われるもので、公務員が公用で海外に出張するときとか、公用の委託を受けた民間人とか、海外協力隊員などに一回限りで発行される旅券だそうです。
そして外交官は茶色、これを持っている人にちょっと遭遇してみたいものです。

ともあれパスポートって、持っているだけでなんだかうきうきしてくるから不思議ですね。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

3対1

突然ですがしゃぶしゃぶは牛肉と豚肉、どちらが好きですか、と問われれば我が家では全員一致で間違いなく『豚肉!』となります。

ではタレはごまダレとポン酢、どちらが好きですか、となると3対1で『ポン酢』となります。
1はB男くんです。

ところで先日からあねが帰省しています。
大学時代のサークルのOB会に参加するためですが、その前後に休暇をとって4日間、我が家でゆっくりする機会がありました。
食べたいものは『豚しゃぶ』との希望でしたので、久々に家族4人で鍋を囲みました。
ポン酢派の3人は、ポン酢に大根おろしと青ネギを山ほど入れます。
例えば今回の鍋でおろした大根は丸々1本、ぺろっとなくなりました。

その山盛り大根おろしをテーブルに置くときにわたしが・・・
「はい、ジャスターゼ、たっぷり食べましょか」
と言いました。
すかさず娘ふたりが
「お母さんっていっつも食べものを出すときにそういうこと言うなぁ」
「朝のかぼちゃのスープ(註1)もβ-カロチンがどうのこうのとか言うてたし」
「いちいち講釈たれるのやめてほしいよな」

たしかにわたしは詳しい根拠は知りませんが、食べ物に関する聞きかじりの情報をこういう形でポロッと言ってるかもしれない。
しかし、大根おろしのジャスターゼは消化酵素のひとつで、脂っこいものと一緒に摂ると胸焼けしないし、かぼちゃのβ-カロチンは皮膚や粘膜を丈夫にするから、これからの季節のどやかさつくお肌にとってもいい(らしい)んですが・・・。

娘がふたり揃ったとたん、口々にこういう強気の発言が出てくるのがむかつきます。
おまけにB男くんまで
「そやそや、お母さんは思い込みが激しいねん」
などと追い討ちをかけます。
3対1で、完全にわたしの孤立です。
なんやて~?
ちょっとでも身体にいいものをと思って、日夜考え考えして台所に立っているのになんなん、その言い草っ!
ふん、まあええわ、あんたら娘も主婦になったら母の苦労がわかるってもんや。
そやけどB男くんまでなんやねん!!
・・・との大人気ない言葉はぐっと飲み込んで
「はいはい、たくさんお肉食べや」
とニコッと笑いながら、鍋の中のお肉をさりげなく自分の方へぐいっと引き寄せました。

ともあれあねは、大学時代のともだちと出会い、アウトレットでお買いものをしたり夜中までDVDを見たり、家族団らんを楽しんで今朝函館へ戻っていきました。

そしてしゃぶしゃぶをごまダレで食べたB男くんは、翌日も胸焼けがすると言って朝ごはんは珈琲とヨーグルトだけですが、わたしと娘たちはしっかりがっつりいただきました。

(註1)
            《かぼちゃのまんまスープ》

Photo
1 かぼちゃは皮をむいて種をとり、適当に切ってバターで炒める
2 ひたひたの水とコンソメの素を入れて軟らかくなるまで煮る
3 荒熱をとってミキサーでなめらかに攪拌する
4 鍋に戻して濃度と味をととのえる
  * β-カロチンは皮と種の周りの綿に多く含まれるので皮と
          綿は
あまりこそげとらないようにする
  * β-カロチンは油と一緒に摂ることでより吸収が高まる
  * 
かぼちゃの甘味が足りないときは砂糖を加える
  * 濃度は固形と液体のぎりぎりの間くらいがおいしい

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

秋の遠足~窯元編~

Photo我が県が誇る陶芸の里『信楽』では、ただ今『信楽まちなか芸術祭』というイベントが催されており、町を散策しながら陶芸作品や窯元を見る、焼きものを体験する、というような趣向があちこちに凝らしてあります。

この日はB男くんと一緒でした。
F1010303 実はB男くん、小学校のときに写生大会でこの町に来て登り窯を写生したことがあるのだけれど、そこをもう一度見てみたいと言うのです。
しかし、記憶はおぼろ・・・。

カエルがお出迎えのここ・・・?
山の傾斜を利用した登り窯、こちらはもう使っていないそうですがきれいに保存されています。
最盛期には町のあちこちから窯の煙が立ち上っていたそうです。

F1010276_2 
周りの景色がちょっと違う。
じゃあ、現役で使っておられるこれはどう?

F1010265_2 
違う・・・。
もう50年近く前のことです、しかもしっかり腰を落ち着けて、見て、描いたかどうか怪しいものです。

では、屋根の付いたこれはどうですか?
ここはカフェもあって、松茸ご飯に小鉢とお吸い物が付いて500円なりよ。

F1010255_2
どうもピンと来ないようですなぁ。
町にはポイントにガイドさんがおられ、窯の仕組みや歴史のことなど説明していただけます。
こちらは火鉢を焼いていた窯でしたが、ストーブの普及で廃窯となったそうです。
この窯では、レンガの色や雑草の様子が写真家に好まれるんだとか。

F1010270

上から下から、験す眺めつしていたB男くんでしたが
「これでもない・・・」
当時小学校のひとつの学年、約200人が全員集合できる広場があったから、もっと広かったように思うと言います。
やっぱり、もうなくなっているんでしょうか。

それではそれはひとまず置いといて、ここらへんでランチにしましょうか(やはり食い気)とせかすわたし。
ここに来るまでに、古民家や空き倉庫を利用したカフェや小さなレストランをたくさん見かけました。
実は先ほどの窯元で、
「おいしいお昼ごはんやったねぇ」
と言ってらした夫婦がおられ、こっそり場所を尋ねておいたのです。
それは、英山窯峯照庵。

F1010257_2 
ひとつひとつが丁寧に味付けしてあり、とてもおいしかったです。
「うちでもこれくらいの薄味で頼んまっさ」
とB男くんは言うけれど、なんにでもすぐにお醤油かけるくせに、さ。

F1010261_2
野の花がまるでそこにあるように、自然な感じで古信楽に入れてありました。

時おり雨が落ちてくる秋の日はつるべ落とし・・・。
懐かしの窯を探すのはまた今度、夕方にはちょっと寒さを感じる信楽を後にしました。 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

秋の遠足~鳥羽伏見~

新撰組、坂本龍馬などの足跡を訪ねて幕末の京都を巡る遠足も終盤、今回は鳥羽伏見の戦いの舞台となった伏見へBちゃんと行ってきました。

大政奉還後のニッポンはすんなり明治時代を迎えたわけではなく、官位と領地を手放そうとしない幕府軍と、それらの官有化を迫る新政府軍は日本のあちこちで戦闘を繰り返して行きます。
昨日の敵は今日の友、勝てば官軍の風刺格言が示すとおり、正義と信じて疑わなかった自軍が、錦の御旗を掲げた軍の前では賊軍として追われるハメになるという日和見的戦いが戊辰戦争、そのひとつが鳥羽伏見の戦いです。

淀の競馬場の向かい側、千両松東軍西軍激戦の地。
道端にひっそりと、ここで亡くなった兵士を弔う碑。

Cimg7505

旧幕府軍は徳川慶喜の側近だった稲葉正邦の淀城を頼って行きますが、錦の御旗に戦意を喪失した淀藩は城門を閉ざして旧幕府軍の入場を拒みます。
このとき、藩主の稲葉正邦は江戸に滞在しており、留守を預かる家老田辺権太夫の判断でしたが、城門を閉ざしたにもかかわらず旧幕府軍の数人が城に入った責任を取って後日田辺は切腹、江戸より帰った正邦は留守の間のいきさつを知り、『自分がいたら他の判断もできたものを・・・』と田辺の死を悼み供養塔を建立します。

Cimg7519

弾痕の桜。

Cimg7518

さて、鳥羽伏見の後は宇治まで足を伸ばし、平等院へ行きました。
なんとわたくし平等院は四半世紀ぶりでございます。
以前はもっと大きな構えだったように思いますが、建物もお庭も案外小さいものでした。

Cimg7534

Cimg7541 
Cimg7543
さあさ、おひるおひる、お昼ご飯です。
宇治茶の老舗、中村藤吉平等院店で茶そばセット。Cimg7529

Cimg7528

デザートは場所を変え、上林で甘味。

Cimg7551

Cimg7550
さて、この日の特記事項はこのおっちゃんです。
わたしとBちゃんが淀城址で石碑文を読んでいると、どこからともなく現れて、それはこういう意味だとか、城壁の石は伏見城からの使いまわしだとか、この神心石は秀吉の息子の病気平癒を願ったものだから城壁には使わなかったとか、とにかくこのあたりの歴史に詳しいことったら・・・。

Photo
おかげさまで、このあたりの地理歴史、よ~くわかりました。
実は上記の淀城にまつわる逸話はこのおっちゃんの受け売りです、あしからず。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »