« 酷々猛々残々暑 | トップページ | 携帯歯ブラシ »

2010年8月30日 (月)

二束三文で本を売る

読み終わった本を売りました。
我が町には買取りをしてくれるところがBook 〇ffしかありませんので、比較検討の余地なくそちらへ持ち込みました。

文庫本『龍馬がゆく』全8巻、1冊30円×8冊で〆て240円でした。

Cimg7335
ちなみに、表紙が日焼けしてて、紙にシミがついているこちらは引き取ってはくれませんでした。ただし、お店の方で捨ててくれるそうですからお願いしました。

Book2
これで、本棚にある本を整理する基準がはっきりしました。

Book 〇ffでは、きれいか汚いかが買取りの主な基準で、希少価値のあるものもないものもひとからげで買取りします。
よって、『背取り』・・・掘り出し物を安く手に入れて転売する商売、最近ではもっぱらネットで売られる・・・が成り立つわけです。

売った後、浅田次郎さんの文庫本を買ってきました、定価590円を350円で。
けっこうボロい商売だなぁ・・・と思いましたねぇ。

そこで・・・
わたしは、古書籍を売ったり買ったりできる古物商の許可をはるか昔にとったことを思い出しました。
Photo_2 もう四半世紀も前のこと、結婚して仕事を辞めたもののこどももできないことだし、なにかひとつ商売でも始めようか・・・と思い立ち、古本を買って売ることを思いついたのです。
半年くらい売ったり買ったりをしましたが、そのうちこどもができて商売どころではなくなりました。

利き目を持っていないので希少価値のある本は扱わない、というやり方は今のBook 〇ffと同じ方式、しかもわたしが思いついたのはBook 〇ffの会社設立よりより数年も早くて、目の付けどころはよかったのなぁ・・・と、古本の概念を吹き飛ばすようなきれいな店内で、つい感慨に浸る夏の夜でした。

|

« 酷々猛々残々暑 | トップページ | 携帯歯ブラシ »

コメント

あつ~~い!!!
お久しぶりです、暑いです。
ガリガリ君を一日に二本ずつ食べていたら、
体重が戻らなくなってしまったワタシですが、
ご無沙汰いたしました。

古本といえば、ワタシお盆に京都の下鴨神社参道で開催される
下鴨納涼古本市に行ってまいりましたよ。
古本屋さん30軒くらいのテントがずら~っと!
本好きのサガとして、本が並んでいると
どう考えても関係ないと思えるような分野でも
一応一通りみないと気が済まなくて
いくら木陰とはいえ、疲れ果てました。。。

古物商の許可・・ということは、れいちさんもあそこで売れるジャン!

投稿: 湖知流 | 2010年8月30日 (月) 22時01分

bookれいちさん、渋い資格をお持ちですなあ。
履歴書に書いたら面接の時どんなリアクションが・・・
ってこれは資格とはちょっと違うか。

文庫本が大好きな私は
かつて新○社のキャンペーンで
パンダの腕時計を2本ゲット致しました。
そんくらいかつては本を読めたのですが、
最近眼がしょぼしょぼで。

本に執着があって悟りを拓けないあっしは
古本屋で買いこんでも売ることがないので、
家の中に本がたまる一方です。^^;

投稿: miyuki | 2010年8月30日 (月) 23時02分

eyeglass湖知流さん
ほんっと、お久しぶりです、お元気でしたか?

また読むかもしれない、と残しておいた本は表紙が日焼けして、紙が黄ばみ、なんだかカビと虫の死骸のようなにほいが漂う・・・
こうなったらもう二束三文以下です。
はっきり言って表紙が日焼けしてたら買い取ってはくれません。
図書館で借りると返却日が気になるし、新品ばかり買ってたらいくらお金があっても足りないし。

ところで、最近の本の単価って高くないですか?
文庫のぺらぺらが500円くらいしてて、これじゃ本離れも進むはずだって思います。

暑い中、古本市、お疲れ様でした。
帰りは荷物が重たかったんじゃ?
そういえば、そんなタイソウな市じゃないけど、あちこちに売りに行ったなあ・・・けっこう楽しかったかも。

投稿: れいち | 2010年8月30日 (月) 23時22分

eyeglassmiyukiさん
こんな許可を持っていたこと、さっぱり忘れていました。
履歴書を書く機会もなかったからよくわからないけど、これってやっぱり『特技資格』になるんでしょうかねぇ?
今の仕事をリストラされたら、またやってみるかな。

パンダキャンペーン、あはは^^
ガチで取り組んだんですね?
わたしも本は文庫です。
かばんに忍ばせるもよし、縁側で根っころがって読むもよし、なんとも愛着のある大きさと軽さ。
わたしもちょっと遠ざかっていた読書でしたが、電車の中で揺れながら読む感覚を思い出したら、もうとりこです。
ますます老眼すすんでまあ~すng

投稿: れいち | 2010年8月30日 (月) 23時30分

あしたから9月というのに、この暑さどうなってんの?

ほんま二束三文であっさり売っちゃったんですね。
私はもっぱら図書館利用なんで(なんせ重々ご承知のとおりケチ・・・)「竜馬がゆく」では随分待たされましたcatface
図書館では文庫本はふる~い本しかなく(竜馬は文庫本で読みました)、ほとんど単行本を借りることになります。
お弁当と500ccの自家製茶と単行本の入ったカバンは重いですsad
全何巻モンが好きな私は、ときにより2冊持って出ることもあり・・・たった3分、1駅乗るだけなのに・・・そんな本好きではないのに、電車の中が手持ち無沙汰なんよねえ

「古物行商許可証」と「古物商許可証」の二つあるのね。
どうちがうの?
行商って、売り歩くこと?

投稿: bonn | 2010年8月31日 (火) 16時28分

taurus読書はもっぱらお風呂 ふじ です。

おぉ、『龍馬がゆく』が文庫本で8巻全て揃ってる。
僕に声をかけてくれりゃぁ、1,000円で買ったのに。
はははっ、残念っ。絶好の商機をのがしたでぇ。
古本屋の女社長には、まだまだほど遠いね、れいちさん。

僕は、お風呂での読書にとりこです。
湯舟に揺られながら、読む感覚を思い出したらもう・・・
 この前も、単行本を没にしちゃったけど、こればっかりは止められません。
 れいちさんも、騙されたと思って一度やってみれば?
 僕のお薦めやでぇ~。

投稿: ふじ | 2010年8月31日 (火) 21時32分

eyeglassbonnちゃん
ほんま、暑いねえ~。
明日からまた電車が混む、しかも体育祭の練習で汗臭い高校生がわんさか・・・考えただけでも身震いします。

うちの本棚、スライドするんだけど後ろ側にある本、ぜ~んぶホコリと色あせとカビだらけ。
追々捨てなくっちゃ。

さて、うちらよく駅で待ち合わせするけど、改札口の近くで本を読みながら待ってくれているbonnちゃんは、乙女のようでかわゆいであります。
しかし、いつも単行本を持ち歩いているのが不思議です、重たいの持って歩いているのね。
bonnちゃんの『ケチ』は、尊敬していますのよ。
使うときはば~~~んと気前いいじゃん。

『行商』はね、出先で売ったり買ったりするためのもの、だと思う。
わたし、ねじり鉢巻で、本を行李に入れて、天秤棒で担いで売り歩いてたんだよ~bleah

投稿: れいち | 2010年8月31日 (火) 22時20分

eyeglassふじさん
え~?
『龍馬がゆく』全8巻、買ってくれたの?
しまったしまった島倉千代子
しかし、わたしが届けるのか、ふじさんが取りに来てくれるのか・・・1000えんって言うけどガソリン代はどうします?

>古本屋の女社長には、まだまだほど遠いね、れいちさん。
商売はおもしろいけど、やっぱり勤め人の方が楽チンやろうなぁ。

お風呂で読書は、わたしは無理です。
わたしはカラスより早い行水タイプで、だいたい夏場はシャワーのみです。
しかも家では本は読みません。
パソコン開けています。
でもi-padで読書するつもりはないです。
読書は、本でするものですっsweat01

お子さんたちの夏休みも終ったね。
明日から家の中静かになりますね、あはは。

投稿: れいち | 2010年8月31日 (火) 22時32分

れいちさん、こんばんは。
お久しぶりです。
あれからぼぉーとした毎日でした。(;^^A

母に取られていた時間が空いたにもかかわらず、
何をしたらいいのか・・・また何もしたくないような・・・
変な感じでした。
でも韓ドラは見てましたが・・・(^^;)))


うちの近くの古本屋さんは、文庫本はダメで
いい本もほんま二束三文でした・・・think
だから、この頃は近くの団地内にある「ふれあい図書館」
って所に持って行ってます。
そして後日置いた本がどうなったか見にいきます・・・^^;
でね、持ち帰られていたらなんだかうれしくなりますねん。
scissors^^scissors


投稿: みつこ | 2010年9月 1日 (水) 22時39分

昔今より都会に住んでいた時
当時好きな歌手のCDを探していた時に
「レアなのに安い」物を見つけたときは転売してましたね
ので一瞬その資格を取ろうかと思ったことが(笑)

本やCDを手放す時ネットオークション→BOOKOFF→捨てるですかね
写真を撮るのが面倒な場合はアマゾンという手もあるらしいです
(これは買う方しかしたことないですけど)

今回の引越しを機に本がさらに減りました
また読みたくなったら図書館で借りようかと
本や画集などで2箱?3箱って感じになりました
スッキリ!

投稿: むさ | 2010年9月 2日 (木) 16時18分

eyeglassみつこさん
御仏様を冥土へお送りする毎週の法要もつつがなく進んで、無事49日をお迎えになったころでしょうか?
(うちの宗教中心に喋ってすみません)
寂しかったり、ぼ~っとしてたり、やる気が出なかったり・・・
それはそれで、もうちょっとの間、なすがままに暮らしておられたらいいのでは?
亡き人を偲ぶことにかける時間は人それそれだと思います。


>「ふれあい図書館」って所に持って行ってます。
ああ、図書館に寄贈するって手があったのね?
ほんと、二束三文だったら、誰かに喜んでもらったほうがこちらの気もよくなるってものですね。

でも韓ドラをご覧になっているって、お元気そうですね、ほっwink
わたしは『アクシデントカップル』を見終えました。
『ファンタスティックカップル』もおもしろかったけど、アクシデント・・・もよかったです。
キム・アジュンは映画『カンナさん大成功です』以来、やっぱりかわいかったです。
みつこさんは何をご覧になっているのかしら~?

投稿: れいち | 2010年9月 2日 (木) 21時55分

eyeglassむささん
わたし、ネットオークションでモノを売り買いしたことがないんです。
B男くんは会員登録していて、いつでも売ってくれるっていうんですが・・・慣れないことに首を突っ込むのが億劫なお年頃なもんで、はい。
Bookoffで韓流関係の本やCDがたくさん並んでいるのを見ると、みなさんわりと手放しておられるんですね。
それらは、offのお店で売れ残っているのを見るより、欲しい人のもとへ買われていくオークションに出したほうがいいような気もします。

>今回の引越しを機に本がさらに減りました
わたしも引越しで、本棚に納まるまで冊数を減らしました。
でもまたいつのまにか増えてて、そこらへんに平積みです。
おまけにこどもの本もありますからたまりませんわ。

本より手放せない韓流CD、DVDcd
その上まだあるVHS。
Mさんじゃないけど、どこへ行ったのかな?と探していたら、とんでもないところから出てきたって・・・笑えません、とほほ・・・coldsweats01

投稿: れいち | 2010年9月 2日 (木) 22時07分

nightれいちさん、こんばんは。
お陰さまで、四十九日も無事終えました。
しかし・・・百か日、納骨とまだまだやること
いっぱいありますです・・・catface
ぼ~っとばかりしてられへんわ・・・^^;

「パパ3人、ママ1人」見終わって、
今、TVで「拝啓、ご両親様」と「千秋太后」見ています。
そして、今日から「ラブレター」も見はじめました。
ヒョンジェ君、若くて可愛いね~~lovely
「ソドンヨ」も男前やった~
私、内容より顔ばかり見てる?∠(^^;)sweat01

投稿: みつこ | 2010年9月 2日 (木) 22時43分

eyeglassみつこさん
>ぼ~っとばかりしてられへんわ・・・^^;
ほんま、初盆あるし、次の年にはもう3回忌だしね。
まだまだ暑い日が続くみたいだから、カラダをいたわりながら、ぼちぼちね。

>「拝啓、ご両親様」と「千秋太后」
はまったく知りませんが『ラブレター』はじぇったいおススメです。
もう、ヒョンジェの顔ばかり見ていていいんです!!
きれいすぎて、まともに見たら腰がくだけます。
毛糸のとっくりセーターがあんなに似合う子はいません。

わたしが見た当時、OSTを探し回りましたが、本国にもなくて、ネットでもなくて、歌っていた人たちも解散してて、結局ドラマ集のCDに主題歌が入っているのを見つけ買いました。
気高いアンドレアの眼差しにぴったりの主題歌でした。
こちらに見えるH子さんのご家族は、サビの部分がごく自然に口をついて出てくるそうですよ。

投稿: れいち | 2010年9月 2日 (木) 23時25分

れいちさん
お久しぶりです。そうですか、愛読された「竜馬がゆく」を売られたのですね。よく手放す決心をされましたね。文庫本はだいたい10円がふつうですものね。

と書いてる私は、けっこう○ックオフで売ったり買ったりしています。売る方はまさに二束三文ですので、あまり愛読書は売りませんの。B男くんは100円の単行本とか掘り出し物を買うのがうまいです。それを「処分してあげる」のも私ですcoldsweats01

オークションやアマゾンも時々利用しますが、こちらは発送を素早くしなければならないし、たくさん出品するとけっこう面倒です。住所をちゃんと書いてくれない人や、近所に同姓同名の人がいたりして誤配なんてこともあって…。フルタイムのお仕事をされてる方には、おススメしませんわ。

で、れいちさん、お商売やってたのね。古物って、本だけじゃなくて他のものも扱えるのですか?資格をとるのにお金とか勉強とか要るんですよね。れいちさん、タダ者じゃないと思っていましたが、若い時にそのようなことを考えるというだけで、もう尊敬のまなざしですshineeye。珍しいものを見せていただいて、けっこうマジで感動してますlovely

投稿: 秀子 | 2010年9月 3日 (金) 18時19分

eyeglass秀子さん
小さいころのわたしの夢は本屋さんになりたい!でした。
本屋さんのレジに座っている人は、入荷した本をどれでも好きに、一番に読めると思っていたのですねぇ。
たしかに、わたしの知る本屋さんの人は、いつもヒマそうでした。
息子さんは大学を、もう後がないってほど留年して、結局卒業したのかどうか定かでない人、ヒゲを生やして下駄をはいて、ぶ~らぶらしながら店番してましたっけ。
そして、その本屋さんはレコードも扱ってて、レコード売り場の奥は、中学生の恋の告白場所だったんです。
ああ、なつかしや・・・

あ、あのですねぇ。
古物商の許可は、若干のお金が要りましたが、勉強しなくてもとれます、余程の悪人でなければ。
取り扱い品目の多少によって金額が変わるわけではありませんが、わたしは書籍しか持っていません。

秀子さんとこのB男さんは、物語を読む人でしょうか?
うちのB男くんは、実用書のエリアにしか興味のない人です。
B男くんの部屋は、わたしに言わせれば『グラフと数字の多いつまんない本』ばかりです。

オークションで売るのってけっこうタイヘンなのね。
ちょっと考え直そう・・・っと。

投稿: れいち | 2010年9月 3日 (金) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165468/36426336

この記事へのトラックバック一覧です: 二束三文で本を売る:

« 酷々猛々残々暑 | トップページ | 携帯歯ブラシ »