« ほんっま、あつい・・・ | トップページ | 二束三文で本を売る »

2010年8月25日 (水)

酷々猛々残々暑

Photo_2

北欧の夏は短くて、朝晩や雨の日など寒くて上着が要るそうです。

うーじんからは相変わらず写真だらけ、説明不足のメールが来ます。
花と緑があふれており、国民のみなさんが短い夏を楽しんでおられるのにちゃっかりまじっている感じがあふれています。

20100814_193

20100814_247

Photo_6

Oスロから北へ550キロほど、バイキング発祥の地Tロンハイムという町に向かう途中の食事、どのお皿にもじゃがいもがたんまり乗っています。

20100815_027

Photo

トトロのヒントになったという説のある森の妖精トロル。


Totoro
TロンハイムにはCリスの通う大学があり、彼はアメリカへ留学するときに一旦アパートを解約しているので、今回新しいアパートに家財道具とともに移動です。

20100823_025

ともだちの家で寿司パーティー。
米は現地で調達、日本からは『すしのこ』持参。
ネタは鮭だけ?

20100823_053
以前Cリスから聞いたハナシでは・・・
国立大学は授業料が無料、学生アパートは月額4万円ほどで、みんな学生ローンを借りていて、それも一定の成績を確保すると半額ほど返済が免除されるそうです。
卒業しても仕事がなかったり、病気になったりしても返済が猶予されるという手厚い政策、将来に不安がないから貯蓄もあまり関心がないみたいです。

あとはB男くんが『ベタベタくっついてやがる』と評した写真ばかり、送ってこない写真はもっと『ベタベタくっついてやがる』に違いないのに、そこまでは気がついていないようです。

|

« ほんっま、あつい・・・ | トップページ | 二束三文で本を売る »

コメント

carouselponyなんとまあ、青春だこと・・・
北欧の夏は知りませんが、
ハイジな景色の美しい夏は経験ありです。
もっともやることがあって出かけたのでありましたが、
もし遊びで出かけたなら
楽しく伸びきってもとに戻らなかったかも^^;

青春だったなあ・・・30の声聞いてたけど。

しかし日本人から見たら
夢のように美しい景色の中で暮らしていても
現実は現実としてちゃんとあるのであって、
その時知り合った日本人女性は
旦那も子供も日本語は話さない、
一生懸命頑張ってきたけど、
自分の(日本人としての)アイデンティティや
生きてきた人生を振り返ると
旦那と子供徒の間に深くて暗い河を感じる・・・と言うのでした。(当時そのかたは40代入ったばかりだったかな、と記憶。)

もう一人の日本人女性の息子さんは
ハイジの国の兵役で(あの国は兵役があるんでした。)魚の目を悪化させて「掘って、取った。」と
怖いことを言ってました。

う~ちゃん、たのしくベタベタして、
また次の段階に踏み出してたくさん悩んでね。
(おほほ。ネット小姑?)smile


投稿: miyuki | 2010年8月25日 (水) 20時07分

capricornusmiyukiさん
オスロ近郊のご両親のおうちでは、借りてきた猫状態だったらしく、きれい好きのママのお手伝い、ゴマすりに終始していたそうです。
そのころの写真は『ベタベタくっついてやがる』ものでも、撮影者がご両親なので、くっつき方が遠慮がちです(笑)
危うく化けの皮がはがれそうな頃合いにちょうどお引越し、ほっとしてただ今伸びきり生活満喫中みたいですぅ~bleah

>また次の段階に踏み出してたくさん悩んでね。
まだいいよねぇ、今は。
来年まで続いていたらお互い就職というモンダイが出てきて、さてどうすることやら・・・。
それより何より、寒いのが大の苦手の子ですから、夏でも革ジャンの風土にそろそろ閉口していると思われます。

わたし次に欧州に行く機会があったら絶対に夏の北欧にしようと思います。
昨年のイタリア灼熱ぢごくで夏はもうお手上げです。

ハイジの国もよろしいなあ・・・。
隣のおばあさん(ネギの方ね)が絶賛してました。
夜も明るいからいつまでも遊べると。
そう言ってたのはつい数年前だったのにdown
そういえば、バチカン市国のサンピエトロ寺院の警備兵はハイジの国からの派遣兵でした、なぜにハイジの国から?

投稿: れいち | 2010年8月25日 (水) 21時19分

riceballれいちさん
まあまあ、emptyの青いこと!!
家だけじゃなくて花の色までクッキリですね。
湿気とは無縁の北欧の夏shine

福祉が充実している国…たぶん税金は高いんですよね。恩恵をあずかれる側はうれしいけれど、払い続けるときは苦しいかも。黒い髪、黒い瞳の日本人は目立つのだとも聞きました。
暮らすってことになると、どこに暮らすのも覚悟はいるから、こうして何回が行き来して考えるのも青春ですわね。

ところで
>ネタは鮭だけ?
これ、笑えましたhappy02
西洋では「海苔」のように黒いものは食べないと聞きましたが、こちらはどうかしら。黒いキャビアの軍艦巻きなら食べる??

そうそう、うちの息子もいつのまにかfacebokデビューしていました~

投稿: 秀子 | 2010年8月25日 (水) 22時54分

capricornus秀子さん
まあ、美しいところだけ写真に撮っているんでしょうが、それにしてもきれいな景色ばかりです。
それがオスロなのかどこなのかはちょっと不明ですが・・・。

福祉は充実していますね、たしかに。
聞けば聞くほど羨ましい話です。
いくら税金が高くても、将来しっかり面倒見てくれるなら払い甲斐があるというものです。

ただ今、skypeで電話がかかってきまして、中座(?)しておりました。
シャツにアイロンをかけたいのだけど、どうやるのか?だって・・・とほほです。
お寿司は好評だったようです。
あちらでもjapanese sushiは人気があるようで、ともだちのところでは、それ用のグッズがいろいろ揃っているんだとか。
海苔、わかめなどの海草は食べませんでしたねぇ、Cリスも2mくんも。
でも好きな人は食べるそうで、海苔巻きも作ったそうです。

facebookはおろか、mixiさえようわからんのに、twitterなんてシロモノも登場して、もうさっぱりついていけません。

投稿: れいち | 2010年8月26日 (木) 00時09分

しゅてきですね
北欧デザインと 北欧POPが好きなので
いつか行きたいんですよね

税金はめったやたら高いですけど
確か小学校は教材費を含め無料
社会人で無職になっても無料の大学で勉強しなおして
キャリアアップして再就職可能だとか
子供(大学生まで)と老人に優しいので
贅沢しなくても我慢なんでしょうかね?

パパは心配なんでしょうね(笑)

あまりにも寒くて引きこもる時期があるので
その発散部分(?)として 北欧ヘビメタが意外と有名みたいです

また写真紹介してくださいね

投稿: むさ | 2010年8月26日 (木) 19時24分

capricornusむささん
北欧はすでに寒いらしいです。
shoe近くの山でトレッキング、ロッジにお泊りを計画してて靴も買ってくれてたそうなんですが、なんと、山頂は冠雪のニュースeye
よって、計画中止だそうです。
昼間は暑くて当たり前の夏だそうですが・・・。

Cリスは大学ふたつ目、延々8年目、その間1年アメリカ留学です。
まさにキャリアアップのためらしいです。
大学3年目でシューカツに走り回る日本の学生とえらい違いです。

>あまりにも寒くて引きこもる時期があるので・・・
そうそう、うつになる人も多いんだとか。
へえ~、ヘビメタで発散するんですか・・・
カラオケは自宅でやるそうですよ。
土日は必ずパーティと称する飲み会だそうです、発散ですね。

町で見かけたグッズなどの写真もちらほらありますので、また載せますね。

投稿: れいち | 2010年8月26日 (木) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165468/36213273

この記事へのトラックバック一覧です: 酷々猛々残々暑:

« ほんっま、あつい・・・ | トップページ | 二束三文で本を売る »