« 七草がゆ | トップページ | ひとりもんじゃ »

2010年1月10日 (日)

『THIS IS IT』を観た

        B4547462065681

彼の音楽は世界中に響いた。彼の夢は世界を魅了した。そして彼は願った。みんなと一つになる事を―。
多数の楽曲と圧倒的なダンス。パワーに満ち溢れたパフォーマンスを披露したリハーサルにより、最高傑作となるはずだったロンドン公演。天才と謳われたマイケルが舞台裏で見せる素顔、完璧を追い求めたシンガー、ダンサー、クリエーターとしての姿、そして長年に及ぶスタッフとの友情と深い絆。世界が愛したキング・オブ・ポップの姿が今、スクリーンに甦る。

マイケル・ジャクソンはわたしと同年代です。
若い頃はあまり興味のあるジャンルじゃなかったし、最近では彼の本業とは関係のないスキャンダルな噂を聞くくらいで、マイケルと言う人をよく知らないままその評判につられて映画『THIS IS IT』を観ました。

圧倒されました。

音楽に注ぐ情熱がずんずん伝わってきて、すっかり魅了された2時間でした。
随所に溢れ出る才能、納得するまで追及する努力、そこから作りあげられるエンターテインメント性は素晴らしいのひとことです。

今年になってアンコール上映があったのでもう一度観てきました。
マイケルがもうこの世の人でないことから、彼の死でロンドン公演に関わっていた人たちが受けた衝撃にまで想いが及んで、隅々まで見逃すまいと欲張りました。

冒頭に、ステージのオーデションに集まった人へのインタビューがあり、マイケルは自分の夢そのもの、みたいに語って泣き出す若者がいて、1回目ではあまり気にとめなかったこのシーン、2回目はこちらも泣けました。

ステージに賭ける厳しい姿勢とはうらはらに、ところどころ見せるシャイな一面、スタッフへの気遣いやかける言葉を選んでいるあたり、あながち作り上げられた偶像ではありますまい。

世界中のシンガー、ダンサーにたくさんの夢を与えたスターが、キング・オブ・ポップスの称号と引きかえのように早逝したことは残念のひとことです。

こちらでリハーサル中のダメ出しからだんだん完成していく流れが見られます。

|

« 七草がゆ | トップページ | ひとりもんじゃ »

コメント

taurus昔流行った時、みんなと一緒にムーンウォークを練習した ふじ です。


   ♪ ポォ~ウゥッ!


投稿: ふじ | 2010年1月10日 (日) 13時35分

cloudreiさん こんにちは。
こちらでも昨日からmovieアンコール上映始まったようです。
今月いっぱいやってるかな?3回目観にいくか考え中ですwink
お正月に弟と喋っていて何気に『THIS IS IT』の話を振ったら、
弟ったら、すでに3回観たというじゃありませんかっsign02
いつの間に~~?@@;
今月末?に発売のDVDもしっかり予約しているとか。
「なんべん観ても感動するわ♪」だそうですが、
「やっぱりアレは映画館で観んといかんわ!」と姉弟は口を揃えて言いましたとさ。
さーて、ヤツはあと何回観に行くつもりなんでしょうかね?happy02

話変わりますが・・・
加ト吉の『カレーうどん』イケますやろ?delicious
B男サンもお気に召したみたいでヨカッタですhappy01
私は、スーパーの冷凍食品半額DAYに買いだめ(買い占め?汗)するんですよgood
今日も、とんどさん(どんど焼き)から帰ってきて食べたとこ。
今日は、しゃぶしゃぶ餅もサービス(?)しましたsign03
大満足のお昼ごはんでした~heart
・・・文句あっか?O男さんやsmile

投稿: のりりょん | 2010年1月10日 (日) 13時46分

noteふじさん
あはは・・・happy01
昔、電車の中の通路をムーンウォークでつつつーっと進んでいった高校生がいたのを思い出しました。
ご丁寧にドアのところでくるりんとターンしてましたっけ、制服のずぼんも短くして、なりきっていましたわ。

映画の前半はビートの利いた(この言い回しが昭和の人間です、ふっ)曲で、後半にバラードが散りばめられています。
ジャクソン5でやっていたころの歌、画像も流れます。

ん?
映画の中にムーンウォーク基本形はあまり出てこなかったような・・・。
そちらでも昨日から再上映やってます。
ぜひ、映画館で確かめてきてくださいmovie

投稿: れいち | 2010年1月10日 (日) 13時55分

noteのりりょんさん
そうやねん、何回観ても感激の感動の感極まる映画です。
これ、記事にしようかどうか迷ってて、画像やYoutubeで動画を検索していたら、やはりこの感動を言葉にしたくなってイッキにあ~~~っぷsweat01
わたしも3回目検討中。
あきれるB男くん。

弟さん、DVD予約しましたか・・・。
その気持ちわかるわぁ。
んでおねいちゃんはコPーさせてもらうんでしょ?
ひひひ~。

カレーうどん。
いつも行くSいゆうにはなくて、地元民御用達のH和堂(二日前のニュースステーションで中国でなかなか派手に儲けているらしい様子が紹介されてた)にいっぱいあったそうで、B男くんが10個買ってきました。
今日のお昼にふたりで食べたから、ただ今ストックは8個、冷凍庫ぱんぱんです。
そうか、198円だけど冷凍食品半額デーに買ったらいいのか。
牛肉やおネギも入ってて100円はお得やねぇ。
シャブ餅・・・カタカナで書くとちょっとやばいなぁ・・・しゃぶもちも入れたら、そりゃおいしいし、腹持ちもいいでしょうね。
しばらくこのブームは続きそうです。

投稿: れいち | 2010年1月10日 (日) 14時10分

carouselponyワタクシも昨年ちゅうに見ております、この映画。
しかし、ちょっとレビューにするには気合いが要りすぎて。coldsweats01

あんなによく踊れていたのにね。
(びーといっとやら、すりらーのオリジナルのMVで
一緒に踊っていた当時のダンサーはもう
おじちゃんおばちゃんで引退してますよね、とうに。)
マイケルだけがマイケル。
ひんと、まさにそういうしかない人でありました。

・・・ちなみに、私も当然同世代(ほほ・・・)
若いころはとくに転びもしませんでしたが、
自分が年取ったいま、
しきりと彼の人生に思いを致す今日この頃です。

投稿: miyuki | 2010年1月10日 (日) 23時46分

coldsweats01↑とほほ・・・
勢い余って「ひんと」誤字×
「ほんと」○
すんません・・・

投稿: miyuki | 2010年1月10日 (日) 23時48分

notemiyukiさん
そうですわねぇ、イキオイで書いてぐだぐだ悩まない、でないと書けませんです。
あと、細かいところまで思い入れたら、とことん長くなってしまうし、難しいですね。

特にファンではなかったけれど、これは見てよかったです。
どこをなにをどう理解したのか?と彼をよく知る人に突っ込まれたらひとたまりもないけど、数あるスキャンダルを吹っ飛ばすくらいの偉業を成し遂げたひとということはよくわかりました。

スリラーのゾンビたちも時代の移り変わりとともに、よりリアルに、より美しくなっていってるように見えました。
『Human Nature』の“Why”の高音部なんか50歳と思えないくらいに、ふんと、もとい!ほんと、声が伸びてますのにね。
幻の公演、伝説の映画、悲しいことです。
(文中、わたしも勢い余った箇所あり、許されて)

投稿: れいち | 2010年1月11日 (月) 00時14分

movieれいちさん、またご覧になったんですね~^^
私は3回観ましたが、毎日でも観たいくらいデス。
冒頭のインタビュー・・・ダンサーの端くれとしては、毎回胸にグッときちゃいマシタweep
DVDでは、オーディションの様子も見られるみたいなので、今から楽しみデス。

私は子供の頃に、全盛期の彼のパフォーマンスを観る機会に恵まれたんですケド、ホントにもう、「これ以上ナイ!!」ってくらいスゴかったデス!!note
タップやパントマイムといったクラシカルな要素を巧みに取り入れたムーブメントは、彼にしか表現できないモノなのに、
振付そのものには、誰にでも出来そうな親しみやすさがある・・・
だからこそ、「King Of Pops」なんでしょうね・・・

ちなみに、妹のジャネットは、バレエ少女だった私をストリート系に転向させたダンス・ディーバなんデス!!
彼女のダンスを見て、「私、コレやりたい!!」って・・・
MV見ながら真似したりして・・・懐かしいなぁ・・・

明日は、まだ観てないB男と4回目にイクつもりデス。
3回目までは、ダンサー男子たちとイッちゃったので・・・smile

投稿: mojo | 2010年1月12日 (火) 23時04分

notemojoちゃん
こんばんわ~^^
ダンスは見るもの歌は聴くものと思っている世代のわたしでさえ、こんなに夢中になれるなんて、自分でもびっくりです。
見るたびに新たな発見と感動を与えてくれる映画ですね。
ダンサーmojo子、映画館でカラダがうずうずしていませんか?

わたしはあれ以来、youtubeでマイケルを探して見ています。
若い頃はやっぱり動きにすごいキレがありますね。

この映画『情熱大陸マイケル特別版』みたいなドキュメントですけど、完成されなかった場面は過去の映像などとうまくつなげてありますね。
特典映像の入っているDVDは魅力ですが、わたしってDVDは手に入れたらおしまいで、封を切らないことも多いんですわ。
だから、DVD買ったと思って、その分映画館へ足を運ぼうかな・・。

あしたはB男さんと仲良く鑑賞して、そのあとはいっぱい語らってきてね。

投稿: れいち | 2010年1月13日 (水) 00時00分

わたしはまだ一回しか観てませんcoldsweats01(小声)すみません。。。
あれだけの方ですからね、名前を知らないなんてことはあり得ません。
いろんなニュースでもお目にかかるのでなんとなく動向も知ってました。
でもとりたててファンというものじゃなかったのです。
でもそんな私が観ても大変感動しました。
音楽やダンスそのものにもですが、
少しでもいいものをとなんどもなんどもやり直していく姿勢や
スタッフに話しかけるときの紳士でソフトな態度に
“あの大スターが・・・”
と驚きました。
観終わった後、
こ、これは、特にファンじゃなかったくせに映画だけ観て
もっともらしく彼のことを語ったら申し訳ない!!
そう思えてなにも書けなかったくらいです。

偉大な才能を失ったんだなあ。

投稿: 湖知流 | 2010年1月13日 (水) 09時14分

appleすっかりご挨拶が遅くなりましたが
今年もどうぞよろしくお願いいたしますhappy01
(気が抜けた受験生の母、年末からの風邪が長引いております)

学生時代には洋楽musicを聞いて英語が上達したというくらい
とにかく洋楽にはお世話になりました。
特にマイケルのファンというわけではありませんが
ほとんどの曲は歌詞を覚えていて歌えます。
全然世代の違う子供たちも、
子供番組で曲が使われていたりしてかなり知っています。
娘の学校の音楽の先生は、時々ちょっと教科書から脱線して
〇ートルズなどの洋楽も歌わせてくれるようですが
これからはもっと楽しく英語を勉強するためにも
音楽の力notesってあなどれないと思うのですが…。

もう少しでそちらにも新鮮な海外からの風typhoonが吹き込みますね。
本場仕込みのAmerican Englishshineは、どんな感じでしょう?

投稿: スワロ | 2010年1月13日 (水) 09時54分

note湖知流さん
ほんま!
>特にファンじゃなかったくせに映画だけ観て
もっともらしく彼のことを語ったら申し訳ない!

こわいもの知らずのわたし、インガスンガス~ン。
こわごわアクセス解析画面へ行ってみたら、ありゃりゃんりゃん、えらいたくさんの人が見に来てくれてますがな・・・。
こりゃもう穴があったら入りたいってもんですわ。

でもね、こうやって天国へ行ってもなお新たなファンを生み出すチカラ、すごいです。
大変申し訳ないのですが、彼が普通に生きて、ロンドン公演を果たしていたらたぶんわたしはこんなに感動しなかったと思うんです。
ロンドン公演が幻となったがゆえに、映画で知った彼の魅力、偉大さ、なんとも皮肉なことです。

『Earth Song』の背景と『アバター』での自然破壊、なんとなくかぶってましたでしょう?

投稿: れいち | 2010年1月13日 (水) 21時23分

noteスワロさん
早めにサクラ咲いておめでとうございます。
大変お疲れ様でした。
ゆっくり休んできっちり風邪を治してくださいね。

さて、マイケルが全部口ずさめる・・・
すごいです。
でもかく言うわたしはカーペンターズがほとんど口ずさめます。
ああ、ちょっとだけ年代の差がありあり・・・。

映画に出てきた曲は、今聴いても新鮮です。
マイケルはリハーサルに心血注いでいますが、それをどことなく楽しんでいる風にも見えて、胸が痛いです。
だって、亡くなる二日前まで、歌って踊っていたんですよ。
ほんと、残念のひとことです。

さて、自称『誰よりも会話が身に付いた』とヌケヌケと言う娘(好きよ、とか、会いたいわ、なんて言葉ばかりと違うやろか・・・)カレシとカラオケにも行ったようです。
料金はとても安いそうです。
いったいナニを歌ったんでしょう、気になります。

投稿: れいち | 2010年1月13日 (水) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165468/32915168

この記事へのトラックバック一覧です: 『THIS IS IT』を観た:

« 七草がゆ | トップページ | ひとりもんじゃ »