« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月31日 (日)

どん・どん・どど~んと丼三昧

先ほど酷寒の地から帰ってまいりました。
滑り止めつきスノトレのおかげで一度も転ばないで、無事にイカの一夜干しを持って帰れました。

一日目のお昼(わたし)

        Cimg6134_2           

二日目の朝(わたし)

        Cimg6166

三日目のお昼(わたし)   

        Cimg6213_2

三日目のお昼(あね)

        Cimg6214_2  

        Cimg6133               

あっ、そうそう!
今回街で出会ったイカたちをご紹介します。

        Cimg6199

        Cimg6266

        Cimg6208

丼とイカ以外の話題については、またのちほど・・・。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

酷寒の函館へ

わたしは今の職場で非常勤嘱託職員として10数年働いてきましたが、ついに来年度は契約更新がないらしく、3月で退職します。
そこで、残っている有給休暇を諸般の事情に照らし合わせて、できるだけ使っている毎日です。

来月、札幌では雪まつりが催されます。
メイン会場の大通公園では着々と準備が進められているようです。

        13

         本日午後1時ころのライブカメラでの様子

雪まつりの前後の飛行機は早くから満席で無理だけど、今月末に休みが取れたので28日からあねの住む函館に行ってこようと思います。

例年、函館にはほとんど雪が積もらないそうですが、今年は異常なほど降って、歩道は歩行者に踏み固められた雪でちゅるちゅるらしく、あねに言われてスノーシューズを買いました。

      Photo_4                  

     凍った道ではこの金具をカシャっと出して滑り止めにします

前頭葉を冷やさないために暖かめの帽子も買いました。

        Hat

ちなみに週間天気予報では、31日の最高気温は-2℃、最低気温は-8℃らしいです、びぇ~~っ!
でも、へこたれへんぞっ!!

今回は、平日にはひとりで行動、土日にはあねと一緒に観光したり、近くの温泉へ行く予定です。
ああ・・・当然、おいしいものもがっつり調べ上げています。

というわけで、転んでアタマでも打たない限り、日曜の夜にはイカの一夜干しをぶら下げて帰ってきます、みなさんお元気でお過ごしくださいませ。

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

う~じんの近況

1182010_320 

カリフォルニアにいるはずの娘から「パソコンが壊れたかも・・・」と連絡があって、その後、家族ブログにコメントを入れないばかりか見にも来ていないことがわかり、消息不明となって5日め・・・
「ニューヨークに行ってました~!」
とのメールと画像が送られてきました。

ワールドトレードセンターの跡地は今、このような状態だそうです。

        1182010_401

最近のわたしの好みを熟知しており、こんな写真も送ってきました。

          Mj

ふっ・・・
楽しそうですが、クレジットカードの請求額がハンパじゃないって、帰ってきたらお父さんに叱られるぞ~!

          Jmny_2

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

初雪

初夢、初恋、初雪…

           Photo

なんでも“初めて”のものはきれいで、はかないもんですなぁ、お昼にはとけてしまいました。
北海道のあね宛てに、初雪のお知らせにこの写真を添付してメールを送ったところ、送り返されてきたのがこれ、マンションの窓からの景色だそうです。

          Photo_2

最近大好きな福山雅治の『はつ恋』PVを貼っておきます。

ところで・・・

先日来の映画鑑賞以来、ネットでマイケル関係の動画を繰り返し見ているわたしです。
映画のエンドロールで流れる『Heal the world』などはイントロを聴いただけで涙が出てきます。

しかし、偶然見つけたこの動画、いったいどうなってるの?

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

ひとりもんじゃ

Cimg6105 近所のお好み焼き屋さんのメニューにもんじゃ焼きが加わり、すっかりあのゆ~るゆるで、のほほ~んとした食感のファンになったわたしは、家でももんじゃ焼きがしたいのですが、B男くんがあまり好きではないのでなかなかその機会に恵まれませんでした。

きょう、やっとB男くんが新年会に出かけましたので“ひとりもんじゃ”を決行する日がやってまいりました。

実は・・・
こ~んなものを買っておいたのです。

        Cimg6109_2 
大きさがよくわかるように350mlのペットボトルを置いてみました、ミニホットプレート¥980

        Cimg6098

ちょっと具のエビとホタテが大きいようですけど、まあいいか、海鮮のだしが出ておいしいでっしゃろ。
もんじゃもんじゃと混ぜて混ぜて、ぷつぷつとおいしそうな音がしてきて、いい感じに焦げ目もついたらへらでちょちょいのちょいとすくってぺろり。

        Cimg6104

カラダにいい赤ワインもいただいて、ああ、おいしかった。

将来、ひとりで暮らす日が来ても、食生活はきちんとしようと自分に誓った夜でした。
(自分の方が長生きする気まんまん、ごめんねB男くん)

          

    

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

『THIS IS IT』を観た

        B4547462065681

彼の音楽は世界中に響いた。彼の夢は世界を魅了した。そして彼は願った。みんなと一つになる事を―。
多数の楽曲と圧倒的なダンス。パワーに満ち溢れたパフォーマンスを披露したリハーサルにより、最高傑作となるはずだったロンドン公演。天才と謳われたマイケルが舞台裏で見せる素顔、完璧を追い求めたシンガー、ダンサー、クリエーターとしての姿、そして長年に及ぶスタッフとの友情と深い絆。世界が愛したキング・オブ・ポップの姿が今、スクリーンに甦る。

マイケル・ジャクソンはわたしと同年代です。
若い頃はあまり興味のあるジャンルじゃなかったし、最近では彼の本業とは関係のないスキャンダルな噂を聞くくらいで、マイケルと言う人をよく知らないままその評判につられて映画『THIS IS IT』を観ました。

圧倒されました。

音楽に注ぐ情熱がずんずん伝わってきて、すっかり魅了された2時間でした。
随所に溢れ出る才能、納得するまで追及する努力、そこから作りあげられるエンターテインメント性は素晴らしいのひとことです。

今年になってアンコール上映があったのでもう一度観てきました。
マイケルがもうこの世の人でないことから、彼の死でロンドン公演に関わっていた人たちが受けた衝撃にまで想いが及んで、隅々まで見逃すまいと欲張りました。

冒頭に、ステージのオーデションに集まった人へのインタビューがあり、マイケルは自分の夢そのもの、みたいに語って泣き出す若者がいて、1回目ではあまり気にとめなかったこのシーン、2回目はこちらも泣けました。

ステージに賭ける厳しい姿勢とはうらはらに、ところどころ見せるシャイな一面、スタッフへの気遣いやかける言葉を選んでいるあたり、あながち作り上げられた偶像ではありますまい。

世界中のシンガー、ダンサーにたくさんの夢を与えたスターが、キング・オブ・ポップスの称号と引きかえのように早逝したことは残念のひとことです。

こちらでリハーサル中のダメ出しからだんだん完成していく流れが見られます。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

七草がゆ

こどもの頃から慣れ親しんだ風習とは怖いもので、人生の折り返し地点をとうに過ぎたこの年でも親から教えられた季節の祭事はわりと頑固に守り続けています。
それは例えば
『冬至にかぼちゃを食べないと風邪をひくのではないか』
とか
『節分には玄関にヒイラギを挿さないと悪いものがくるのではないか』
という一種強迫観念であり、この“バチ当たりの文化”を伝承することこそが、未来の日本の道徳を支えると信じているわたしは、常々この意思をなんとかこどもに伝えたいと思っています。

さて、ことしも正月7日、邪気を払い万病を防ぐと言い伝わる七草がゆをいただく日がやってきました。
小さいころには母と近所の土手で、セリこそ無理でしたが、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラなどを摘んだものです。
これらにスズナやスズシロにあたる大根を足して材料はほぼ揃い、冬休み最後の日の朝はさいころに切ったお餅入りのおかゆをいただきました。

Name        

今でも近所の公園の周りには七つとは揃わないけれど、3種くらいの草が生えているのは知っていますが、車が通る、犬が散歩する、では菜を摘む気にならずスーパーのパック入りで済ませています。

今年はふたりなので、おかゆに混ざる菜の割合が多くてちょっと青臭いおかゆになったものの、年末来の暴飲暴食で疲れた胃腸にとても優しいお味でした。
そして、この七草がゆはうーじんの大好物。
「うーじんがいたら喜んでおかわりするのになあ・・・」
「帰ってきたら何が食べたいって言うやろ・・・」
と言いながら、遠く離れて暮らす娘たちの無事を祈る寒い朝でした。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

休暇は終わった

10日間の休暇を終えてあねが赴任先へ戻りました。
その間、自分のベッドで寝たのはたったの3回、あとはこたつでぐだ~と夜を徹してました。お風呂に入ったのも3回、あとは朝方にシャワーを浴びておしまい。
懸案の部屋の掃除は全くやらずに、帰って来たときに広げたスーツケースはそのまんまで、持って帰るものをぽいぽいと放り込んでいました。
だらしないのは以前のままです。

        Cimg6030
      初詣の帰路に見つけた水車は凍りながら回っていた

新しい発見もありました。

one雪道を車で走ることが平気になったこと。

two甘いカクテル系のお酒しか飲めなかったのに、ビール、日本酒、ワイン、なんでも飲むようになったこと。

three死んでも歌わないと公言していたのにカラオケで歌うことがあるんだそうで、しかもリクエストに応えて松田聖子とか森高千里とか、そんなんどこで覚えたんって歌を歌うらしいこと。

以上3点は『仕事だと思えば何でもできる』という観念からきているそうで、自分でも世界が広がったと言っております。

年末に集まった高校時代、大学時代、それぞれのともだちから得た情報では、体調を崩してずっと休職中だったり、すでに転職していたりする同級生がいるそうです。
休暇中、あねの身の上に変事のきざしがあれば・・・と気をつけていましたが、おかげさまで気楽に過ごしていて、仕事にも前向きに取り組んでいる様子がうかがえました。

年末、台所でおせちの準備をするわたしのそばで棒だらをつまみ食いして
「やっぱりお母さんの煮物はおいしいねぇ」
としみじみ言うもんだから、わたしの胸がじわ~んとしたことは内緒です。
次に帰ってこられるのはGWになるのかな、そのときはまたちょっと違う姿を見せてくれるんでしょうか、楽しみにしています。

さて、こちらはず~っとお気楽な娘のお正月です。

        1_050

やっぱり文章なしで、ディズニーランドでのカウントダウン、ハリウッドサイン、ビバリーヒルズ、どこかの砂浜の写真が送られてきました、満喫です。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

新年のごあいさつ

Photo_5 

昨年の後半はタイトルからかけ離れたような穏やかな日々で、何てことのない話題が続いた当ブログへわざわざお越しいただいた方々、そしてコメントをお寄せいただいた方々、どうもありがとうございました。

早いものでもうすぐ嵐を呼ぶ娘がアメリカから帰ってきます、そしてまた怒涛の毎日が待っていると思うと、年頭に当たりふんどしのひもを締め直して武者震い!の心境です(は~ぁ)。

そんなこんなで体調整えて今年も頑張ります、皆さまなにとぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »