« 韓風の夜 | トップページ | 1日3000円生活 »

2009年12月10日 (木)

2012年はすぐそこに・・・

12

「2012年12月21日・世界終末の日」
高度な天文学・数学の知識をもって栄えたマヤ文明の暦は、この日を最後に記述がない。これはただの偶然なのか、それとも…。
2012年、ジャクソン・カーティスは離れて暮らす二人の子どもたちと久しぶりの旅行に出かける。行き先はイエローストーン国立公園。しかし、そこで彼は政府が隠す重大な秘密を知った。まもなく滅びる世界で、人類は愛する者のため最後に何が出来るのか。ついに未曾有の天変地異が地球を呑み込みはじめる―!

『デイ・アフター・トゥモロー』では地球の温暖化により南極の氷が溶け出して、世界各国で異常な気象現象が起こりました。東京では大きなひょうが降り、アメリカでは豪雨と高潮、そして急激な氷河期がやってきて、アメリカ全土は瞬時に凍りつく・・・でもその中を逃げきる高校生がいたっけ・・・。

『2012』古代マヤ人が予言した地球の終る日は2012年の冬至、今度はいよいよ地球の核が溶け出します。
世界各地でマグニチュード9~10の地震が頻発し、ロサンゼルスではパックリ地割れにビルも車も人も落ちる、火山が噴火して溶岩が流れ火山灰が降りたくる、ヨーロッパでは大聖堂の天井画がメリメリッとひび割れ、リオの山の上にあるキリスト像はあえなく崩壊する・・・などなどでそれはもう手に汗握る場面の連続でした。

        Photo

        14

        13

        11

前半は、世界各国で起こる異常現象と地球の崩壊で息つく間もなく進みます。
後半、実は助かる道が残されていて・・・
それは、地球が壊滅したあとに新しい世紀を作るための人を乗せる巨大船が秘密裏に作られており、これには各国の要人やチケットを買った富豪しか乗れないという何ともいやらしい設定。前半のスピード感あふれる展開からちょっと歩調が変わり、巨大船とそれに乗った人々の試練が描かれ、ここらあたりから既視感のあるパニック映画の様相を帯びてきます。

ともあれ、今まで地球の危機を救うのはアメリカに決まっていて、『アルマゲドン』では惑星との衝突回避のための重大任務は、石油の採掘人であるブルース・ウィルスひとりの肩にかかってました。
それが今回は、核の異常を発見するのはインドの科学者であり、巨大な宇宙船は中国で作られ、そして何より地球の未来は各国首相の合議で決めるという世界協調路線は目新しい展開です。しかし、アメリカの大統領は宇宙船に乗らずに国民と運命を共にするというかっこよさは残してましたけど。

今朝、10年ほど前に南極大陸から流れ出た巨大な氷山(マンハッタン島の2倍)がゆっくりとオーストラリアに向かっているとのニュースを聞きました。
地球は、大丈夫なんでしょうか・・・。

|

« 韓風の夜 | トップページ | 1日3000円生活 »

コメント

かつて先端科学技術といえば日本が登場していたというのに
今回あの船を作ったのは中国。
負けた!と思いました。

しかし、ノアの方舟よろしく動物たちを積み込んだところで、
各種一、二頭ずつじゃその後繁殖すらできないぜ、とか、
各国のチョー金持ちオジン、オバンだけ生き残ったって、
人類としてどーなんや??とか、
あれだけの天変地異後の地球、
生き残った人たちは原始生活から始めなアカンよなあ、
さぞかし苦労することだろう、生きていけるんかいな・・とか、
イランことばっかり考えながら観ておりましただ。。。

投稿: 湖知流 | 2009年12月10日 (木) 19時06分

まあ、死ぬときゃ皆一緒やしね・・・

そうそう、来週のレディースデー
『母なる証明』とコレと、どっち観ようか迷ってます。
たぶん本年〆の鑑賞やし、観た後、あんまりなるのはねぇ。。
どっちも重たそうだけどさ~

投稿: のりりょん | 2009年12月10日 (木) 19時57分

湖知流さん
そちらのHPで簡潔明瞭な感想読ませていただいてから、必ず見ようと思っていました。
はあはあ すごいCGでしたねぇ。
予告編で『アバター』やってましたが、アソコまで行ったらやりすぎ。

今回動画からキャプチャーとるために静止画を見てたらすごい細かいところまで実にリアルに作ってあってびっくり!でした。
ほんまに、犬連れた婆様とか、おいおい、あなた子孫繁栄に協力できるのか。。。ってね。
ただ、舟の行き先が行き先なんで、皆さん真っ黒になって未開の地を耕すことになるでしょう。
ラスト近く、地殻変動で大きく変わった大陸の位置、必死で日本を探しました、たぶん・・・なかったみたい。

投稿: れいち | 2009年12月10日 (木) 20時58分

のりりょんさん
ネタバレあるから飛ばして読んでくれました?

明るいお正月を迎えようとすると『母なる証明』より『2012』です。
ちょこっと未来が見えますので。
しかもこれは大画面で見てこその迫力です。

妻・日本人、夫・アメリカ人の家族も寝込みを襲われます。多分そこはうちやお宅じゃなくて東京です。
うーじんのいるカリフォルニアの南部も早々に壊滅、津波の高さは何千メートル級ですから、札幌や函館どころか、富士山の頂上に登ってでもいない限り全滅ですわ。

ああ、すごかった、前半。
(え?後半はどうなのさ?って?)
後半は後半で見せ場がたっぷりです。
ちょっとイケメンのパイロット、ああ・・・。

投稿: れいち | 2009年12月10日 (木) 21時08分

reiさん、こんばんは。
映画、未見でありますが、
終末のハナシはノストラダムスの昔から
怖いであります。

きっと本編見たら湖知流さんのところの感想と
まったく同じかもです。
あっさり早めに苦労せず死なせてくだせえ、と希望~~。
この間テレビでビートたけしさんも、
そんなことおっしゃってましたで。

ところで、CGって見てるとぐるぐる目眩がするのって
あっしだけ??

投稿: miyuki | 2009年12月11日 (金) 03時02分

地球の行く末より、奥さんのご機嫌の方が気になる ふじ です。


大地震に大津波。
世界をひっくり返すような天変地異。
もし、現実に起こったと考えると・・

大変だねぇ~、怖いねぇ~。

でもまぁ、もし現実にそのような事が起こった時は
何も抵抗できないし、なるようにしか、ならない。


それよりも、身近にもっと怖いモノが・・・
コタツで寝ないようにするから
掃除、片づけ 手伝うから
あぁ、ごめんなさい。
僕のビールをひっくり返さないでね。

投稿: ふじ | 2009年12月11日 (金) 18時23分

miyukiさん
わたしだってみんなと一緒にあっさりとひと思いに死にたいですが、ひょっとして生き残れるもんなら生き残りたいと俗っぽい感情もむくむくと・・・ああ往生際の悪いこと。

実はわたし、パニック系が苦手でして、トンネルとかの狭いところもちょっとダメ。
ですからポセイドンアドベンチャーとかタワーリングインフェルノなどもお○っこちびります。
この2012は後半が、こういう作りになってます。

えっ?
miyukiさん、CGで目がぐるぐる~ ってするタイプ?
じゃあ、ポケモン見るときは部屋を明るくして、画面から離れて見てね。

投稿: れいち | 2009年12月11日 (金) 21時36分

ふじさん
つらいねえ、きびしいねえ・・・
原因は『こたつ』かな?
休みの日も朝からこたつでごろごろとテレビ見てるんじゃないでしょうね。

うちの向かいの旦那さんはゴルフとパチンコに行きたいものだから、土曜日は朝から奥さんの言うがままに働きます。
奥さん怖いよ~。
こどもを叱っているのかと思えばどうやら旦那さんが言われているようです。
まるで三橋美○也です。
旦那さんの得意技は網戸洗い延々と、です。
網戸洗いが終ったら次の仕事を言われるから延々と網戸を洗っています。
で、日曜日は解放してもらえるみたいです。

ふじさん、がんばってね~

投稿: れいち | 2009年12月11日 (金) 21時44分

れいちさん、こんばんは。
「ディープインパクト」「デイ・アフター・トゥモロー」
の頃はまだ余裕で見てられたけれど・・・
「2012」この映画はパニック好きの私でも
怖くて見れません・・・
あちこちの異常現象、現実だもの・・・
地震だけでも超怖いのに・・・
2012年ってすぐそこやし・・・

映画の予告見てたら、絶望的に思えるけれど、
最後ちょっとは希望あるんですね。^^;
よかった!

死ぬときはみんな一緒で一瞬がええわ・・・

投稿: みつこ | 2009年12月11日 (金) 23時41分

CGモノは苦手な私ですが、コレはちょい心引かれちゃったんですよね・・・
ってイッても、大音量でエンディング・テーマが聴きたかっただけなんですケドね~笑

「Time For Miracles」を歌うアダム・ランバート、最近の超お気に入りなんデス
デビューでいきなりエメリッヒ作品のサントラって、なかなかスゴイでしょ!?
ルックスはプレスリーで、声はフレディ・マーキュリーやスティーブン・タイラーなカンジで・・・
ステージもなかなか過激なヒトなので、早くおナマ体験してみたいな~
実は、来週のクリスマスイベントで、彼の曲を使うんですよね~ソフトSMなカンジのフリで・・・

で、ハナシはまったく変わりますが・・・
うーじんちゃん、充実した留学生活を楽しんでるみたいですね~^^
んでも、ちょい健全すぎ?でお姉さんはつまんないかも・・・って、れいちさん、怒らないでね~ッ!!

投稿: mojo | 2009年12月12日 (土) 00時33分

みつこさん
大震災を経験した人にとっては、なんとも心が痛む題材です。
確かにあちこちで揺れまくります。
が、それは人間の都合のいいように自然を破壊してきた、あるいは高度な文明におごった人間の世に、神が鳴らした警鐘なのだと受け止めながら見るといいかもしれません。

『ディープインパクト』『アルマゲドン』が他の惑星が地球を直撃するのに対して、『デイアフタートゥモロー』『2012』は地球本体から異常な現象が起こるという点で、なんとも怖いですね。

ラスト、希望は残りますよ。
大陸の形はちょっと変わってしまいますけど、船の行き先に希望があるんです・・・・・・

投稿: れいち | 2009年12月12日 (土) 06時46分

mojoちゃん
久しぶりです、忙しそうですね。
世間はクリスマスか・・・
今年の我が家はイマイチ盛り上がりに欠けますねえ、って言ってもケーキの予約はしました、モチバタクリで、ふふふ。

エンディング、よかったよ~。
そうなんですか、デビューなんですね?
でもちょっと懐かしい感じのサウンドで、それが映画のイメージと合っているのか?って思わせるところがまたツボでした。
「Time For Miracles」は「Time For 美奈子」じゃないっすよね(笑)
そうそう、あまりオトコマエが出てきませんが、パイロットはややイケメンです、たぶんmojo好み系。

ところで、うーじん。
送ってくる写真には色んなともだちが写っていましたが、最近は特定の人物がやや多いのが目に付きます。
相変わらずコメントなしの写真だけなので、なんとも理解のしようがないんですけどね。
まあ、見守りましょう。
おねいさん、つまんないなんて言わないでよぅ
今日からディズニーランドに行くそうです。

投稿: れいち | 2009年12月12日 (土) 07時02分

しまったぁ~ ふじ です。

久しぶりに映画を見ようと
DVDを借りてきたよ。
できるだけ、迫力満点のものを
と思って選んだ「2012」
レンタル1位にもなっていたしね。

しかし、見ていると次の展開がなんだか読めてしまう。
このストーリー、どっかで聞いたような・・
なんて考えていて、思い出した。

しまったぁ~、ここで読んだんや。
ネタバレの日記を。
思わず、口にでそうになった時、
僕の仕草を横目で見ている奥さんに気がついた。

「私に内緒で、誰かと見たのでしょう?」って
やっぱり、奥さんの方が怖いや。

投稿: ふじ | 2010年4月19日 (月) 14時19分

ふじさん
疑惑のオンナ、れいちです。
そうですか、奥さん怖いですか・・・
でももっと怖いのは地球上の大陸の位置が変わってしまうことです。
でもでも、も~~~っと怖いのは助かる人がいるということです。
これには腹立ちました。
貧乏人には助かる道はないのかっ?って思いましたねぇ。
おもしろかったでしょう?
次はデッドコースターシリーズでもいかが?
決して知ってる素振りは見せないで、しかしこれ怖いよ~。

投稿: れいち | 2010年4月19日 (月) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年はすぐそこに・・・:

» 2012 [ミステリな日常]
マヤ文明がのこした2012年に地球が滅亡するという予言。 ちょうどその3年前、 活動が活発化した太陽から放射されたニュートリノが地球の核で活性化し・・ いやもう、 巨大地震が起こるわ、 山は大噴火するわ、 大津波が襲うわ、 大陸まで移動して形が変わる大騒ぎ。 そんなのに巻き込まれたら人間の世界なんてたまったもんじゃありません。 ビル崩壊、大波襲いかかり、火山弾飛び交いなどなど などなど、などなど・・・ 人間はなすすべも... [続きを読む]

受信: 2009年12月10日 (木) 19時08分

« 韓風の夜 | トップページ | 1日3000円生活 »