« お土産たくさん遠足 | トップページ | 『母なる証明』に見る母の“業” »

2009年10月30日 (金)

『沈まぬ太陽』

      315x210

過去数々の話題作を発表してきた山﨑豊子原作の『沈まぬ太陽』を見てきました。

昭和30年代。巨大企業、国民航空社員・恩地は労働組合員長として職場の環境改善に取り組んだ結果、会社から海外赴任辞令を受ける。パキスタン、イラン、ケニアへ・・・。会社は帰国をちらつかせ、彼に組合からの脱退を迫る一方で、露骨に組合の分断を図っていた。ともに闘った友の裏切り、家族との長年にわたる離れ離れの生活。孤独と焦燥感が恩地を次第に追い詰めていく。恩地の左遷は10年にも及んだ。
本社への復帰直後、逆境の中、悲劇は起きた。ジャンボ機墜落事後の発生。遺族係を命ぜられた恩地は、前代未聞の悲劇に直面し苦悩する。この墜落事故は、起こるべくして起きたものだったのか?

原作は『アフリカ篇』『御巣鷹山篇』『会長室篇』の三部作からなる、1995年から99年にかけて週刊新潮に連載されたフィクション、しかしモデルとなった航空会社は当時機内から新潮を排除するなど、物議をかもした作品です。

映画は三部作をひとつにまとめた3時間22分の上映で、スケールの大きさ、テーマの難しさ、その上、我らの年代にはまだまだ記憶に新しい墜落事故の悲惨さと遺族の慟哭とが相まって、何から感想を書けばいいのかわかりませんが・・・

恩地が受ける報復人事の描き方はかなりえげつなく、重役にまともな人はいないのか、恩地のライバル行天(三浦友和)とCA美樹(松雪泰子)のキスシーンは必要か?・・・など興ざめしそうな場面は少々ありましたが、恩地役の渡辺謙さんの目がよかったです。怒り、哀しみ、慈しみ・・・そのときどきの感情が目から全身に広がっていくようで、今や日本を代表する俳優として海外の作品でも活躍するだけあって渾身の演技でした。                                 また重役、官僚など実在の人物を彷彿とさせられる名前の脇役たちを大物が演じており、ストーリーに信憑性と重みが感じられました。ただ、やはり三部作をひとつにまとめた“はしょり感”は否めず、できればドラマでじっくり見てみたい作品ではあります。

山﨑豊子の作品には日なたをぐんぐん駆け上る人物と、陰の人生を歩む人物の両方を対比させて描かれることが多く、カネと権力にしがみついて破滅の道を歩むものと、貧しくも清廉な人生を送るもの(こちらはたいがい家族が犠牲)・・・終ってみるとどちらが陽でどちらが陰なのか、よくわからないわたしです。

日本の高度成長期には、おそらくどこの企業でも盛んだった労使交渉。わたしが電車通学しているときにはストで休校という嬉しい事態が、長いときで1週間も続いたことがありました。しかし航空会社の場合の“労”側の不満は即、機体の安全性に跳ね返ってくるということを当時のわたしは知り得ませんでした。

フィクションとはいえ、現在経営再建中の航空会社を容易に連想させる設定で、最近飛行機をよく利用する我が家にとっては、公的資金を投入するか否か云々より、安全性を第一に考慮した再建策を強く望みます。

|

« お土産たくさん遠足 | トップページ | 『母なる証明』に見る母の“業” »

コメント

こんばんは。
いっとき、女性作家のものばかり
山ほど読んだ時期があったんですが、
山崎豊子女史、新聞記者出身でいらっしゃるだけあって、取材力と豪快さ、ピカいちですよね。
といっても、「白い巨塔」「大地の子」だけです。
こちらの原作は家にあるのですが、まだ手をつけられません。
この映画も、見に行きたいのですが
これは一日二本鑑賞をよくやる私でも
さすがに単独で行かないと・・・ですよね。

さんざ海外に出かけていたころ、JA○には
一回しか乗ったことがありませんでした。
去年、ソウルに行くのに使ったのがじつに
二回目でした。
憧れのエアラインだったあのころ。(遠い目)
国営なのに無くなっちゃった
ベルギーの航空会社、民営化したロシアの飛行機、
(操縦は、上手かった)
エールフランスはだいたい着陸が荒かったよな・・・とかいろいろ思い出します。

もう二時間以上は飛行機に乗れないかもしれない
miyukiですだ。

投稿: miyuki | 2009年10月31日 (土) 01時40分

reiさん おはよう~。
今週は久々のバイト?が入り、バタバタしているうちにすっかり出遅れてしまいました

『沈まぬ太陽』・・・ああ、コレ初日の舞台挨拶の時、渡辺謙さんが感極まって泣いてしまったってヤツですね。
「映画じゃなくて、この映画が完成するに至るまでの色々な人の苦労を考えると・・・」みたいなことを仰ってたっけ・・・

来週から股ちと忙しくなるのですが、
コレとまいこ~♪の映画とどっちかは観たいなと思ってます

さて本日の余談・・・てココで話すのもどーかと思われますがついでなので。ぷぷ
ぢつは~○AL勤務のブランコ男とは御巣鷹山の墜落事故から約半年後にお別れしたのでした(これが原因ではないが)
で、この夏にシカゴに転勤になったんだとか。
四半世紀ぶりのご対面は夢と化しましたとさ~

投稿: のりりょん | 2009年10月31日 (土) 10時17分

れいちさん
山崎豊子、すごいですね。どれほど緻密な取材をされるのか…と思います。
現在ドラマで放送中の「不毛地帯」のシベリア編は迫力ありました。重すぎて私はちょっと敬遠ぎみですが、人間を描いたと言われる推理小説作家松本清張を思い出します。

御巣鷹の事故も労使の話も、私の身近な友人・先輩から直接聞いたこともあり、見たいと思いながらも、そんなことも重なって、見る決心がつかない私です。見る時は覚悟しよう。

昨年だったか、某航空会社を再建するためのプロジェクトに協力するアンケートに何度か答えたことがありました。経営が安定しないと、乗ったときのCAの雰囲気に現れるから不思議です。

JRと同じで、赤字でも日本各地を結ぶ役割をしている航空会社。地方空港廃止する前に、天下り・高すぎる退職金にもっと早く手をつけるべきでした。
って、話がズレてますね

投稿: 秀子 | 2009年10月31日 (土) 11時06分

miyukiさん
とにかくすごい人ですね、山崎豊子さん。
この作品が発表されたころには労使の“使”側の取材がなおざりだとずいぶん批判を受けて、文芸批評でもなにかと激論が飛び交っていたようです。

わたしも苦手だった女流作家のものに有吉佐和子さんから急に入り込み、どっぷりだった時期があります。
女流ったら実にいやらしく生々しく描くのね、人間を。
最後の方は林真理子まで・・・
あの方、年齢を重ねてなんとなくいいお顔になられました、はあ・・・。

わたし、JA○には海外、国内、乗ってます。
機内食にいつもおいしいお寿司が出ました(食べることだけ強くインプット)
映画のような紺色にトリコロールのスカーフを巻いてなさったころ、なんと美しい業界であることよ、と信じてましたのに、おっとどっこいでしたのね。

>もう二時間以上は飛行機に乗れないかもしれない
・・・って韓国くらいしか行けないってことね、ぷぷぷ。
この映画3時間22分はけっこう短かく感じます。
でもその時間は、ここらへんからだとソウル往復できちまうのか。

そうそう、明日姐さんとこUPの映画見に行く予定です。
楽しみだ~。

投稿: れいち | 2009年10月31日 (土) 15時59分

のりりょんさん
え~~~っ
ブランコ男はJA○にお勤めなのですか?
あらあら、ではこの映画はぜひ見てください。
ブランコ男改め!“じゃる男”さんもきっと見たと思いますよ。
わたし123便の墜落事故の日のことよ~っく覚えているんですよ。
じゃあ、あのころあなた方はまだまだるんるんでしたのね?
のりりょんさんもじゃる男と結婚したら今ごろシカゴでピザ生活か・・・。

玉~に、あのときあの人と結婚していたらわたしの人生どうなっていただろう、と思わないでもありませんが、こどものことを思うと、この人生以外には考えられないと溜飲を下げるのであります(なにか詰まっているのか?)

映画で、香川照之が三浦友和にそそのかされて株主優待券(多分)を大量に換金する場面が出てきます。
そんなたくさん持ち出したらバレバレやろう、って突っ込みました。
配当はないけど優待券狙いで持っている株が少々あるのでJA○さん、早く経営が上向いて欲しいです。

>バイト?
って例のおいしいバイト?
がんばっておくれやす。
また裏バナシ聞かせてよね~

投稿: れいち | 2009年10月31日 (土) 16時21分

秀子さん
そうそう
>赤字でも日本各地を結ぶ役割をしている航空会社・・・
どんどん地方路線が減りました。
娘のいる函館・関空間、JA○は飛んでません。
穴だけが頼りです。

>経営が安定しないと、乗ったときのCAの雰囲気に現れるから不思議です。
そうなんだ・・・
穴のCAさんたち、はつらつとしてますよ。
海外路線では普通におられる年配CA、穴にも見かけました。一番元気に動き回っていましたし、年配の方が機内におられるのは何となく安心でいいものですね。

娘の同級生が今年JA○にCAとして就職しました。
就職したとたんこの状況、かわいそうです。

>天下り、退職金
加えて年金も破格の額もらっているんですよ。
。。。って親戚の方がおられたらごめんなさいまし。

投稿: れいち | 2009年10月31日 (土) 16時34分

この原作、読みたいと思いながら、あまりの長さにまだ手をつけられていません。
読むより先に、映画になってしまったわ。
それもよかったかもしれません。
中に10分の休憩を挟むという大作。
心して、見に行きます。

投稿: みや | 2009年10月31日 (土) 22時39分

みやさん
わたしも山崎豊子さんのは『女系家族』『大地の子』『白い巨塔』など読みました、流れとしてはそこらへんで『沈まぬ太陽』へ行くのが順当ですが、いかんせんみやさんと一緒、長い・・・
図書館で『御巣鷹山篇』だけ手に取り、やはりやめた過去がありました。

映画の二日ほど前にテレビで渡辺謙と樋口可南子の『明日の記憶』を見ました。
そして、実は今夜もスポ根ものを見てきました。
渡辺謙さんの息子さんが出ているのをエンドロールで発見
あとから思い出してもどの人かすぐにわかりましたわ、そっくり
というわけで我が家は最近渡辺づいていますねん。

10分間の休憩、突然入りますから、それも心してご覧くださいね。
そしてまた感想聞かせてね。

投稿: れいち | 2009年10月31日 (土) 22時58分

おぉ、スポ根もの。
先日、箱根の予選がありましたね。
合計タイムのちょっとの差で、明暗が分かれるボーダーライン。落ちる大学の選手が気の毒で…。
みんな出られたらいいのにねぇ。
駅伝、見るのが好きなんです。今日も伊勢路を走っていますが、2区を走る息子の高校の同期の選手、今年の箱根、先月の出雲でもあんまり調子が良くなかったようなので、今回はがんばって~。
(駒沢の4年生のすんごいごぼう抜きにかすんでしまいましたが、がんばりましたよ、偉かったね

「明日の記憶」前やってたときに見ましたが、何ともしんわりと辛かった…。嬉しかったことも、悲しかったことも、忘れてしまうなんて。
宮本さんのオーボエが心にしみます。

投稿: みや | 2009年11月 1日 (日) 09時45分

みやさん
あら・・・
箱根駅伝ものだって、わかった?
えへへ・・・
ダンナがスポ根もの大好きでさ。
地元出身の林遣都クンが出てるし、しゃーない、つきあってやるべってことで行ったのだけれど、これがなかなかおもしろくて、来年の箱根駅伝はテレビの前で腰をすえて観戦しようと決心したのでした。
主役の小出恵介クン、すっかりファンになりました。

みやさんの息子さん、そういえば長距離強豪校でしたね。同い年の子が出ているとなれば、応援し甲斐もありましょう。
箱根の2区は『花の2区』と言われるらしいのですが、伊勢もやはり花形なの?

そして・・・
そして今日、ついに見ちゃったのよ。
Mねえさんべた褒めの作品。
みやさん、神戸まで見に行くことをおススメします。

投稿: れいち | 2009年11月 1日 (日) 21時16分

山崎豊子=長い!!
で敬遠気味ですが、先に映画から入るという手もあるよなあ。
最近映画館から足が遠のいてしまっていますが、
出かけてみましょうか^^

JALといえば、のろまなカメさんがでてくるスチュワーデス物語よりずっと前に、
アテンションプリーズとかいうテレビドラマを見て、憧れたものです。

投稿: 湖知流 | 2009年11月 2日 (月) 08時42分

湖知流さん
おほほ・・・
わたしも堀ちえみのドラマはよく知りませんのよ。
『ドジでのろまなカメ』と罵倒されたり、両手が義手の片平なぎさが『ひろし!あなたのせいよ』と風間杜夫に迫ったり・・・
えっ?
これだけ知ってたら上等ですか?

しかし、紀比呂子の『アテンションプリーズ』もわかるんですわ。
♪わたしは飛ぶぅ~わたしは飛ぶぅ~飛ぶのぉ~・・・
で雲のかなたに消え行く鶴のマークの機体、わくわくするドラマでしたね

『サインはV』でも『アテンション・・』でもみんなに馴染めずに孤立するキャラの范文雀は余貴美子さんのいとこですって。
早逝が惜しまれる女優さんでしたね。

当時の大映のドラマ、クサかったけど、社会に与える影響はとても大きかったです。

投稿: れいち | 2009年11月 2日 (月) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『沈まぬ太陽』:

« お土産たくさん遠足 | トップページ | 『母なる証明』に見る母の“業” »