« ♪ボンジョルノ!イタリア -2- | トップページ | ♪ボンジョルノ!イタリア -4- »

2009年7月31日 (金)

♪ボンジョルノ!イタリア -3-

欧米人の名前は、先祖の職業がそのまま苗字となっていることが多いそうな・・・。例えば大工はカーペンターさん、仕立て屋はテイラーさんというふうに。                                   
3日目の現地ガイドさんは苗字が石を切る人という意味で、先祖はガラス細工に使う石を山から切り出す仕事をしていたそうです。名前はシルバーノ(銀)さん。                     
「つまり石切銀次郎とでも訳して、銀ちゃんと呼んでください」                  
と上々のつかみでヴェネチア巡りがスタートしました。

        ship・・ヴェネチア~フィレンツェ・・ship

ホテルからバスで間もなく、トロンケットという港から水上バスでヴェネチアに向かいました。ヴェネチアは120もの島で成る水の都として世界遺産に登録されています。島と島の間はヴァボレットという水上バスで、また、ヴェネチア本島では縦横に流れる運河をゴンドラで移動します。                                           
この島では法律により車を乗り入れることが禁止されていて、一般の自動車はもちろん自転車もダメ、救急車は救急船、消防車は消防船となります。島の人も観光客も歩くか船に乗るかしか移動手段がありません。

近年、満潮時に海水面が上がることが多く、地盤沈下とともに歴史的建造物への影響が憂慮されているぎりぎりの町並み。

        Photo_2 

14~15世紀には共和国として栄華を極めた国らしく、住民は誇り高く、建造物は近隣の国からぶんどった(註・銀ちゃん談)戦利品で建てられていて、装飾は豪華絢爛の極みです。これはその代表、サンマルコ寺院。

        Photo_3

黄金と宝石でまばゆいばかりの天井に溜息。

Photo_28

こちら隣接するドゥカーレ宮殿。大きな広間の天井には一面、フレスコ画と言われる漆喰に直接顔料で描くという手法で宗教画が描かれています(撮影禁止のため外観のみ)。        

        Photo_5

サンマルコ広場、座り込んで悩む若い神父。炎天下にこの衣装、周りは肌を露出した女性ばかり、苦悩の原因はそのあたりでしょうか。

        Photo_6

「Don't sit here」と言って回るおまわりさん、オトコマエは汗もかかない。

           Photo_8

ガイドの銀ちゃんとわたし。

        Photo_10

この島では路地を入るとお土産物屋さん、寺院、ブランドショップが混在しています。

        Photo_24

ほっと一息つく土産物屋の女性。

        Photo_30  

ランチはイカスミのスパゲッティ、シーフードのフライ、ティラミスで、ワインはハウスワインの白にしました。旅行中のランチではこれが一番おいしかったかも。

Photo_25

さて、お腹もいっぱいになったあとはゴンドラクルーズです。我らのゴンドリエーレ(船頭)はこのおっちゃん、ああ~ん、あの若い兄ちゃんがよかったなぁ・・・。

        Photo_31

        3

建物がせめぎあうように立ち並ぶ間を縫うように進みます。

          Photo_17

きれいな外観のこんなところやそうでないこんなところも。

          Photo_18

        Photo_23 

ゴンドラはそれぞれ装飾に工夫を凝らしています。

Photo_20

少し先を行くゴンドりエーレが歌を歌い始めると、狭い空間に歌声が響いてB男くんはうつらうつら、船頭さんでもないのに舟を漕いでいました。

ヴェネチアでゆったりとしたときを過ごしたわたしたちはまた水上バスでトロンケットに戻り、バスでフィレンツェへ向かいました。                                 
フィレンツェでは小高い丘の上のミケランジェロ広場から街を一望、おお、真ん中あたりに見えるのは八角形のクーポラを有するドオゥモです。ここは『冷静と情熱の間』で恋人が再会する場所として美しく描かれてました。

Photo_29 

広場の中心にはダビデ像(レプリカ)、ダビデのレプリカは他にもあちこちにあるんです。

           Photo_22

ホテルに着いたわたしたちは、周辺を散歩してスーパーマーケットを見つけ、食料品を買いました。イタリアを代表するチョコレートのバッチやジャンドゥーヤもお土産物屋さんよりずいぶん安いので、大量に買い込みました。スーパーのカゴは底に直接コロコロがついていて取っ手が長くコンパクトで便利なものでした。

        Photo_26

           danger・・本日のびっくり・・danger

        Photo_27

これはランチをいただいたお店の向かいの魚屋さんの店頭に並んでいた、おそらくカニの仲間だと思うのですが、片方のはさみがトイレのふたくらいありました。B男くんは              
「フライもええけど、そろそろわさびで刺身が食べたいなあ」                   
と言いました。

|

« ♪ボンジョルノ!イタリア -2- | トップページ | ♪ボンジョルノ!イタリア -4- »

コメント

昔の栄華はありがたい、今でも子孫にdollarをもたらす、そんなことを思わせてくれる豪華なshine寺院の天井です~

あっちもこっちも写真が拡大できないかしらと、ついついクリックしてしまいました(オトコマエを見たさに、ダビデの像までhappy02)。

しかしさすが、パスタの本場。イカスミがたっぷり~restaurant

投稿: 秀子 | 2009年8月 1日 (土) 00時38分

taurusふじ やでぇ~

ウワァ、凄イ。
ナンテ 豪華ナ 建物ナンダ。
ナンテ美味シソウナ 食べ物ナンダ。

ふぅ、
今回のコメントは、完璧でしょう。
で、もうトイレネタは終わっちゃったの?
次は、物忘れのお話かな?
それとも、どっかで転んだ話とか。

期待してるでぇ~。

投稿: ふじ | 2009年8月 1日 (土) 00時58分

rainおはようございます。
昨日梅雨明けしたはずなのに~sweat02

それにしても連日本当に良いお天気で!sun
そのせいか?どの写真も綺麗に美味しそうに撮れてます~shine

camera 汗をかかないオトコマエ&イルハン似のあんちゃん・・・もう少しアップの見たかったなwink
camera 銀ちゃん、お髭生やしてる?reiさん、髪の毛切った?
(3D見るが如く、目細めたり、寄り目にしたり・・・coldsweats01
camera >座り込んで悩む若い神父・・・
暗殺に加わるべきかどーするか悩むニセ神父・・・by 『アマルフィ』bleah
camera >おそらくカニの仲間だと思うのですが、片方のはさみがトイレのふたくらいありました。
 さりげなく便所ネタ。次回に期待しましょうnote >ふじサン

投稿: のりりょん | 2009年8月 1日 (土) 11時02分

cafe今回も素敵な写真の数々、堪能させていただきました。

ヴェネチアとフィレンツェ、甲乙つけがたいですが
イタリアの中で一番のお気に入りです。
どちらももう15年も前に行ったっきりですが、
石畳や橋だらけの街を、ベビーカーを押して歩くのは
かなり大変だったのを覚えています。
そして、いつも水が見える生活はとても心地よく感じました。
そういえば、我が家はいつも水の近くに住んでいるかも。
水没が深刻なおようで、本当に心配ですthink
フィレンツェではキョロキョロ観光していたら、
主人が花売りの少女にお財布をスられそうになり驚きました。
今回、そういう被害はなかったのですよね?
美味しいものrestaurantに美しい風景waveそして現地のトイレ事情toiletまで、
とても充実した旅行で羨ましいです。 

>トルコのサッカー選手、イルハン似
soccerサッカー、お詳しいのですね。
実はトルコ人って過去からの色んな人種が混ざっていて
時々ビックリするようなハンサムがいますlovely
親日的だし、お料理も美味しいし、観光地としても面白いですから、
いつか是非いらしてみてください。

投稿: スワロ | 2009年8月 1日 (土) 11時20分

carouselpony今回も素敵な景色を堪能しました。
悩む神父さん、オトコマエおまわりさんに
えろうそそられましたが、
私が若かりしころの放浪で
なぜかやたら船頭さんみたいなタイプのおっちゃんには
やたらもてたもんです。なじぇなんだ・・・
(自慢してんじゃないんだすよ。
きっと美意識のありかとか、反応ふぇろもんの
違いとか、いろいろあるんでしょうな。)

ヴェニス・・・(あえて紛らわしい「べ」を使わない。笑。)
一度行ってみたかった・・・

大昔、超マイナー映画で、
バブル期日本のミニシアターで買い付けた
「私はヴェニスで生まれた」っていう、
私の師匠ベジャールおじさんが作った
「趣味の映画」(爆)があったんです。
当時お気に入りの男子が出演して
(迷宮ヴェニスに迷い込んだ旅人青年)
一代目ドンちゃんがヴェニスの怪しい太陽王で、
三角肌色Tバック(ダンサーがタイツの下につける
サポーターっす。)一丁で、二人で踊りまくる
シーンがクライマックスという・・・^^;

いまの説明でわかりましたかい?(汗)
ま・・・「趣味の」映画ですから、おぢさんの。
幻想ですね。
でも、綺麗だったんですわ。(遠い目)
おぢさんは、ヴェニスが大好きでした。

その映画のらすとは、ゴンドラにすっぽんポンの青年がうつぶせに乗せられて、運河をゆったり流れて行く俯瞰図なんですが、
脚を微妙に開いてる体制で、船頭さんからは
たぶん丸見え。(爆)
日本で公開されたときは当然
ボカシが入ってて、私はひっそり泣き笑いしたものです。

その青年役のベルギー人は一時期仲良くしてもらいましたが、二つ年上だった・・・ということは
今頃渋いおっちゃんになってるんだろうなあ・・・・
(さらに遠い目)

投稿: miyuki | 2009年8月 1日 (土) 13時19分

ship秀子さん
ほんま、立派な歴史というものはとても貴重な観光資源ですねdollar

ちょっと前、イタリアのレストランで日本人カップルが法外な料金を請求された件で、このたびイタリア政府からお詫びの意味を込めて無料でご招待したいとのお誘いがあったのを・・・
「レストランの一件以外はとても素晴らしい思い出ばかりなので、また行きたい、しかし実費で行きます」
と、政府の好意を尊重しながらも毅然たる態度で断ったとのこと、なかなかうまい対応でした。
うちらならタダに目がくらんでほいほいと出かけていくことでしょう。。。

イカスミは生臭さが全くなくて、とてもおいしかったです。
おはぐろの写真もあるけどさすがに載せられないcoldsweats01
ただ、このお店、勝手にクラリネットを吹くおっちゃんが来て、頼んでもないのに『荒城の月』とか吹いてあとでチップを要求して回るんです。
まあ、チップの要求に関しては後日もっとおもろいネタがありますので、そのときにでもゆっくり・・・。

ダビデの像、拡大してもはっきり写ってないです。
でもアソコ、きれいな形をしていました、恥。

投稿: れいち | 2009年8月 1日 (土) 14時02分

shipふじさん
トイレねたは終わりですっsweat01
忘れ物も転びもしていません、残念ながら。

B男くんはパスポートを胴巻きに入れてお腹の回りに巻いていたから、毎晩ホテルではずしたらそこだけ真っ赤になっててあせもができそうって泣いていましたが。
トマト味にもせんどしてました、根性ナシpunch
わたしは快食快便で毎日元気いっぱいでした。

なのにB男くん、帰って来た早々「次はフランス行きたい」などと言ってます。
海外旅行ってクセになるんですよね。
でもわたしはここらへんで韓国を挟まないと、キムチに枯渇してきました。
先祖はイタリア人だってさんざん言ってましたが、やはり違ったみたいです、汗。

投稿: れいち | 2009年8月 1日 (土) 14時12分

shipのりりょんさん

オトコマエはこれ以上近づいて写真撮ったら怪しいイルボンアジュンマですよ。
特におまわりくん、サングラスしてたけどかなりのモノでした。自分でも意識しているのかこの目立つ広場からなかなか動こうとしないです。
「いい?みんなボクの写真撮った?なんなら一緒に撮ってもいいよ」
ってことだったんでしょうか。

銀ちゃん、おひげありません。
よく言えば、ジョージ・クルーニー風でした。
俳優の市村正親さんが何かの舞台前に役作りのために篠原涼子ちゃんときたときも案内したそうで、篠原涼子ちゃんは「めっちゃべっぴんでした」そうです。
イタリアと日本の大学で東洋史を勉強したとかで日本の歴史もわたしらよりよっぽど詳しかったです。
銀ちゃんはこの旅行中のガイドでは詳しさとおもしろさで最高峰のチョモランマでした。

virgoれいちさん、髪切りました、肩までです。
座り込む神父くん、暗殺に加わるかどうか悩んでいたかはわかりませんが、本当にかわいそうでしたよ。
ワイシャツの上からこの黒い法衣、そして黒いズボンとまるで太陽光を一手に集めてくれてました。多分気分が悪くなったんだと思います。まだ若くてわりとかわいい子だったから余計にかわいそう。シャバには快楽がいっぱいあるのにねぇ。

最近のイタリア大使館は毎晩1時、2時に電話しても職員がいてパスポートの再発行に追われているんですってsweat01
映画のように、邦人少女の誘拐に関わって観光地を転々としている職員などいないことでしょうhappy02

投稿: れいち | 2009年8月 1日 (土) 14時30分

shipスワロさん
>ヴェネチアとフィレンツェ、甲乙つけがたい・・・
はい、同感paper です。
町全体の印象がとてもいいです。
このへんまではまだまだ治安もよろしいようで。
えっ?
旦那さん、花売りの少女スリに狙われたとね。
おかげさまで今回わたしたちも一緒だった方たちもそういう被害はなかったようです。
最近はジプシーもそれとわからないスタイルで歩いているらしく、そうなったら普通に親切に道を譲ってくれる人まで怪しく見えてきて困ったものでした。

サッカー選手は詳しくないですよ。
ただオトコマエはすぐにインプットされるという習性がありまして、えへへbleah
イルハンは前々回のWC(トイレじゃなくてワールドカップね)で人気が出て、ヴィッセル神戸に破格の契約金で入団したのですが、どうも入団前から膝を怪我していたらしく、なんの活躍もしないで帰国した選手です。
ただ・・・オトコマエです。

先ほど玉々(スワロさんもこういうおふざけOKな人ですか?)新聞に
 airplane トルコ周遊、11月10日間
   スーペリアクラスホテル利用で10万円ぽっきり
な~んて広告が出てました。
え~?破格やないですか。
でも11月に10日は・・・仕事休めない。
世界三大料理って、フランス、中国、そしてトルコなんですよね。
わたしきっとお口に合うと思うわ、行きたい。

投稿: れいち | 2009年8月 1日 (土) 15時28分

shipmiyukiさん
船頭さんにもてもて?
あ~ん、どんなジャンルからでもいいからもてたい。
(そういえばわたし、若かりし頃は爺ィからやたらもてたっけ、おもしろい子や、退屈せんとか言われて)
この写真でいうと、「ようこそおこしやす」って言ってるおっちゃんみたいなのからもてもてだったのね。
ガイドブック見ると、ゴンドリエーレは若い男の子がニコッと笑ってる写真ばかりで、しかも某俳優さんお好みのボーダーTシャツ着てるのが普通なのに、おっちゃんたち白いジャンバーに黒ズボンなんですよ。
ジャンバーの襟がセーラーになってるというのがまたミスマッチィ~~~happy02
年金生活に入っているような人が多かったです。

>私はヴェニスで生まれた
ぐぐってみたら出てきたですよ、姐さんほんと濃い人生送ってこられたのねぇ。

このたびイチオシのオトコマエはもうちょっとあとで登場です。
今取り溜めた写真を確認してきたら、あまりオトコマエに写ってなくて紹介するのがちょっとはじゅかしいわdown


投稿: れいち | 2009年8月 1日 (土) 15時52分

うーん、ほんっとに建物が豪華だなあ。
日本の建物とケタが違うって感じ。
美しいんだろうなあ、わが目で見てみたいよ~。。
↓ ミラノの大聖堂もモネの絵と一緒で感動した。

その他、のりにょんさんをまねて箇条書きに・・
airplane卒業旅行に彼氏とイタリアに行った娘のツーショット写真ばっかり見せられてたので、てっきりB男様とのラブラブツーショットかと思ったら、
ガイドさんとかい!!

airplaneスーパーのかごがすごい!!

airplane旅行記冒頭の『一口メモコーナー』(ンなコーナーあったか?!)が大変にためになる。

airplane旅行記末の『トイレコーナー』(だからちがうって!!)が今回はないのか・・と思ったら、やっぱり便器とカニをくらべてたのねぇ・・。

airplaneそういえば、なんでトイレに便座がないんだ??めっちゃ大変ジャン!!

投稿: 湖知流 | 2009年8月 2日 (日) 08時46分

ship湖知流さん
写真の撮り方が下手で、感動を伝え切れてないのが申し訳ないです。

娘さん、カレシとイタリアって・・・
わたしそんなことになったら冷静でいられませんかも。
しかも帰ってきて母親に写真を見せるって・・・
あ・あかんsad 倒れるかも。
見えないところでやってくれって感じです。

B男くん、写真撮られるの嫌いだそうです。
命まで吸い取られると思っているんでしょう。
歩くの遅くていつも後ろの方を歩いていたし、わたしはガイドさんの話は顔を見て聞きたいタイプだし、全くすれ違っていました。

>一口メモコーナー・・・
あっちゃhappy02 次の記事でも作らないといけませんか~?
トイレねたは・・・もうないよ。

投稿: れいち | 2009年8月 2日 (日) 15時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165468/30752725

この記事へのトラックバック一覧です: ♪ボンジョルノ!イタリア -3-:

« ♪ボンジョルノ!イタリア -2- | トップページ | ♪ボンジョルノ!イタリア -4- »