« “しゃあなし”のおでかけ | トップページ | 湖畔を北へ・・・ »

2009年5月28日 (木)

東西味くらべ

あねの職場でマスクの支給があり、一部は“ご家族様用”とのことだとかで、さっそく送ってきてくれました、料金着払いで(涙)。                                 先日の初任給の使い方の指導に続き、家族思いのいい会社です(涙)。ダンボール箱の中にはマスクの箱とどん兵衛が1個・・・。     こないだから「東京のカップ麺はひと味もふた味も違う」と言ってましたので、食べ比べてみて、とのことでしょう。さっそく関西版を買ってきました。

ふたや原材料の下に“E”“W”の表示があります。

        Photo

        Photo_2

ふたを開けるとスープの袋の色が違います。油揚げの色もやや違います。

        Photo_3

お湯を注いで5分間、スープの色が全然違います。

Photo_4

お味は・・・

E(東)はダシの風味にキレがあります。色から想像するほどしょうゆ味は濃くありません。                                                          W(西)はダシの風味をより強く感じます。味付けもやや甘めでまろやかです。油揚げも西の方が甘く煮てあり、これがスープに溶け出してなお甘くなります。

原材料は・・・

        Photo_5

東のものに入っていない“昆布エキス”“酵母エキス”“さば”なるものが西の方には入っています。薄い色に慣れた関西人には東のものの方が味付けが濃いように感じますが、エネルギー、塩分はほとんど変わりません。ほとんどと言うのは、数値は同じなのですが、西のものの方がわずか1gだけ総重量が重いからです。

今回、カップうどんの“どん兵衛きつね”だけ試してみましたが、そばやラーメンはどうなんでしょう。機会があれば色んなものに挑戦してみたいです。

|

« “しゃあなし”のおでかけ | トップページ | 湖畔を北へ・・・ »

コメント

cloudreiさん こんにちは。

>料金着払いで(涙)
ははは・・・わかりますよcoldsweats01
送料の方が中身より高いっちゅーねんpunch
(トラからの荷物は毎度明らかナリよsweat02
>どん兵衛が1個・・・ってのもなんか笑えます~( ´艸`)

ほほーflair
カップめん、東西でそんな違いがあるのですか~。
麺の具合?は同じでしたか?
ああ・・・原材料見て股しょーもないことを思い出しました、トラ語録sweat01
 「ママ~heart “でんこ”(でん粉)ってなん?」

で、どん兵衛に関して言うと・・・
私は断然“そば”派ですわscissors
うどんよりそば好きってのもありますが(呑み助bottleだから~)
あのサクサクあとのせ天ぷらとめんの相性は、バッチグーgood(死語?)と思いますwink

  
                 

投稿: のりりょん | 2009年5月28日 (木) 14時02分

noodleのりりょんさん
ほんっまsweat01
大きなダンボールの中に靴の箱がひとつ、マスクの箱がひとつ、そしてころり~んとどん兵衛がひとつ・・・1200円な~~~りぃdollar
わたしは何を送るのも詰め放題500円のエクスパックに必死のぱっち(これも死語?)で詰め込んでるっちゅうのにpunch
“でんこ”のトラきっちゃん、ママに荷物送ってくるんだ、かわいい。
マメな子やないですか。

麺は同じでしたよ。
実はわたし、あと乗せさくさくの天そばも好き。
(B男くんはどろどろ天ぷらが好きなので先に入れる、余談だけど、天丼もぐたぐたに天ぷらを煮て、てろんてろんになったのが好きという変わり者)
そばはたぶん東西で変わらないと思います。

でもそばはやっぱり“ざる”だがね。
わさび利かせてつ~んとしたのをちゅるちゅると。
ああ、おいしいおそば、食べたいなぁ。
わんこそばなら、横綱にはなれないけど、関脇くらいは確実だと思うscissors

投稿: れいち | 2009年5月28日 (木) 18時03分

れいちさん お久振りです。。。
カップ麺東西対決ならぬインスタントラーメン対決では、その昔、横浜に住む姉一家に奨めた日清の広東風味揚げてないメンが関東では売っていないと知り、一箱送ったことがありました。
その時初めて東西で扱う品が違う事を知りました。
同じものでも味付けが異なるとは、これまた今回初めて知りました。
日本蕎麦ならこちらでは「割り子そば」といってシャーレ型の塗りのお椀が3段重ねてあってタレをかけて戴くものがあります。
コチラから他所に出かけた人が、ざる蕎麦にタレをかけてしまったと言う笑い話もあります。
因みに盛岡の椀子そばを48杯食べたのが過去最高です。

投稿: おみん | 2009年5月28日 (木) 21時28分

rain一回書いたのに送信ちゃんと出来てなかったか・・・???くすん。

関西の人が関東に来るとうどんのツユの色に
驚くって話はほんとうなのでしょうか。
たしかにどん兵衛、色がちがってますね。

時々「赤いきつね」に浮気をしますが
やっぱりどん兵衛でしょうかね。
うちの丼兄さんよろしく、
ちょこっとアルデンテ気味で食べるのが、しゅき。

むかし川谷拓三さんが出てたCMが
忘れられまへん。

投稿: miyuki | 2009年5月29日 (金) 22時04分

noodleおみんさん
“秘密のケンミンショー”っていう都道府県の珍しいものを紹介する番組好きです。
富山では“正座する”ことを“おちんちんかく”と言うとか、広島ではうどんとおはぎを一緒に食べるとか・・・知ってても知らなくてもどうでもいいことを知っちまって、どうにもあきませんわ。
全国各地にはその土地土地で色んな食べ物があるんですね。

東京にいるあねは無○良品のおやつとかスープが好きなのでこちらで買って送ってあげますと、同じものを求めて○印良品へ行くらしいのですが、売ってないものがあると言います。
売れ筋が違うんですね、きっと。

おみんさんのところ出身の友人が、よく実家からそばとかちくわとか送ってもらってました。
おすそ分けいただきましたよ、おそば。
ああ、わんこそば食べたい。
おみんさんで48杯なら、わたしは100杯はイケるだろうな。

投稿: れいち | 2009年5月29日 (金) 23時42分

noodlemiyukiさん
こちら、今日はなんとか降らずにすみましたが、じめ~っとしてて、いやな季節が来ました。

>関西の人が関東に来るとうどんのツユの色に驚くって話はほんとうなのでしょうか・・・

本当ですってばsweat01
いつぞや、名神高速で信州へ行ったとき岐阜のあたりで食べたうどんのお汁が濃い色で驚きました。
お味は、
  背筋を伸ばして歩くすました都会のお嬢さん
みたいだったように思います。
反対に関東の人にこちらのうどんは、やはり頼りなく感じるでしょうか?
では『薄口しょうゆ』なるものは使いませんか?
わたしは煮炊きものやかやくご飯などはたいがいこの色の薄いお醤油です。
かけ醤油は濃い口しょうゆです。

えへへ・・・confident
麺はわたしもぐたぐたより、ちょっと固めの方が好きです。
辛ラーメンなどは熱くて辛くてゆっくりしか食べられないから、かなり硬めで火を止めてゆっくり食べていて最後の方、いい感じです。

どん兵衛の拓ぼんは鬼籍へ、新伍さんも老人ホームで過ごされているそうで・・・昭和は遠くになりにけりぃです。

投稿: れいち | 2009年5月30日 (土) 00時02分

西と東の違い

おぉ凄いね。
今回の日記はまさにレポート。
カップ麺の東西の違い、
噂には聞いていたけど、
こうやって比べてもらうとよく分かる。
感心しました。

もうひとつ 噂に聞く東西の違い がある。
東京のおばちゃんは清楚だけど
関西のおばちゃんは・・・  てやつ。
また機会があれば、一度調べて書いて欲しいな。
是非 お願いします。

あっ れいちさんの背中に ”W” の文字が。


投稿: ふじ | 2009年5月30日 (土) 07時35分

noodleふじさん
そうなんです、わたしたちが一般的だと思って食べていたどん兵衛が、実は一般的じゃなかったんですよ。
こんにゃくに赤色があるように、どん兵衛のスープに濃淡があったんです。

ところでなになに?
おばちゃんも東西でずいぶん違うって?
わたしはこう見えても(どう見えてるんだ?)清楚です。
よく「東京の方?成城?白金台?」って聞かれます。
「いいえ、関西ざますのよ」って答えると「じゃあ芦屋?」とか言われますの、お~ほっほっほ。
本当は彦根城が実家で、嫁ぎ先は長浜城ざ~ますの。
こんなこと、誰にも言うたらあきませんよ。

投稿: れいち | 2009年5月30日 (土) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165468/29824165

この記事へのトラックバック一覧です: 東西味くらべ:

« “しゃあなし”のおでかけ | トップページ | 湖畔を北へ・・・ »