« 今年の桜 | トップページ | マイクか補聴器 »

2009年4月16日 (木)

『赤壁Ⅱ』は火の海

『レッドクリフパートⅡ~未来への最終決戦~』に関してネタバレあります。

35000

天下統一の野望に燃える帝国の支配者・曹操は、大軍を率いて劉備と孫権を討伐すべく動き出した。追い詰められた劉備軍、孫権軍は敵国ながら同盟を結び、共に曹操に立ち向かう。天才軍師・孔明の奇策と指揮官・周瑜の活躍により、連合軍はこれを撃退。思わぬ大敗を喫した曹操は「赤壁」の対岸に陣を構えた。
しかし連合軍側は、前戦により兵も村人も傷つき、食料も不足している。また疫病で亡くなった曹操軍兵士たちの死体が、連合軍側へと流されたことで疫病が蔓延。劉備軍は自軍の兵と民のため撤退を決意するが、孔明はただひとり戦地に残った。
一方、自分が戦争の発端であることを知った周瑜の妻・小喬は、密かに曹操の元へ向かっていた。

今回闘いの舞台は赤壁へ移り、双方対峙したままの心理作戦から始まります。『パートⅠで興味深かった奇抜な作戦、人海戦術、パートⅡでもありました。特に圧倒的に不足する弓矢を調達する孔明の奇策には胸がすき、火の球(今で言う火炎瓶か?)や連打できる弓など、見せ場はいっぱい。

        C

いざ実戦が始まると、それは天候を利用した火の合戦となり火の球が飛ぶ、はじける、燃える、もう誰が味方で敵なのか、どっちが有利か不利か・・・まったくわからない火の海です。

        332747_010

曹操軍は疫病が蔓延したことや水上戦に慣れていなかったことが打撃となり、また周瑜の妻・小喬が、単身敵地へ向かい曹操を足止めしたこと、これが功を奏して連合軍を勝利に導きます。

パートⅠで人物をしっかり把握できたせいか、Ⅱはかなりおもしろく感じました。しかも主要な人物にドラマがあり、泣かせる場面もあるのです。

そんな中で今回の注目はこの人、孫権。

        C_011_2

パートⅠでは、父の後を継いで一国の長になったものの、若さと経験不足から優柔不断な指導者として周囲から軽んじられていたのですが、周瑜を慕いその影響を大きく受け、Ⅱでは「負けるとわかっていても戦わなければならない戦がある」と言い切り、ラストでは曹操に弓を引きます。

素顔の彼、チャン・チェンはこちらですheart01

        Tt

    *・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・* 

ところで、わたしは先月『チェンジリング』を観たのですが、内容、映像、主演のアンジェリーナ・ジョリーの演技、どれもこれもあまりの重さに記事にもできず、今思い出しても鳥肌が立つくらい衝撃的な作品でした。                                    これは私の中ではアカデミー賞です。

【 追記 】

この映画の出演者が勢ぞろいした画像です(5/6)

        08052006_2

   

 

|

« 今年の桜 | トップページ | マイクか補聴器 »

コメント

いやあ、偶然!!
私も観ましたよぉ!!

諸葛孔明さん、金城さん、
エエトコ取りすぎのかっこよすぎでありました^^
孫権さんは金の鎧と兜がまた・・・


れいちさんのチェンジリングの感想を聞くと、
ドドーン!!ガガーン!のババババッ!
の映画じゃなさそうだと思って、
見逃したのが残念でたまりません。
ところで私は先月「ベンジャミン・バトン」を観ましたが、
別の意味で記事にできませんでした。。。。

投稿: 湖知流 | 2009年4月17日 (金) 09時23分

sunreiさん おはようございます!
昨夜は鼻もつまらず良く寝られ、不思議とピタ~ッとくしゃみ鼻水も止まり、いと爽やかな朝を迎えておりますhappy01
午後から股 tennisですが、一日もつだろうか?
(毎回花粉症のはなしで始まりスミマセ~ン sweat01

・・・って、観に行かれたのですね。『パート Ⅱ』
う~む。『パート Ⅰ』もまだ観てないからな~。(こないだtv movieでチラ観したけど・・・)
やっぱⅠからちゃんと観ないと面白くないよね。

素顔の彼、チャン・チェンさん・・・うふ。ちょっと気になるわ heart01


投稿: のりりょん | 2009年4月17日 (金) 11時11分

れいちさん、こんにちは。
パート Ⅱ見に行かれたんですね。
私、26日に行く予定ですぅ~~
楽しみ!楽しみ!^^scissors

少し前、ドラマ「始皇帝烈伝」にハマってました。
始皇帝役は、曹操役の人でした。
名前覚えてないけれど、時代劇でよく出てる人ですね。
私、「レットクリフ」ではこの人が気になるかも・・・^^;

こんなん、好きとしては、
「ウォーロード~男たちの誓い」も見たいです。
ここでは、アンディ・ラウ見たい・・・happy02

年末公開予定で、チョウ・ユンファ主演で、
孔子の生涯を描いた映画があるそうですよ。
これも見たいわ~paper

チョウ・ユンファはドンゴンさんに堕ちる前の
男です。sweat01
けど、昔の男の活躍はうれしいものです・・・confident
余談ばかりで・・・m(__)msweat01

投稿: みつこ | 2009年4月17日 (金) 13時50分

movie湖知流さん
ほんま、うちらは大木、花見、映画・・・ことごとく同じことやってますね。
自分が記事書いて、湖知流さんとこへ行ってびっくり@@でした。

さて、『チェンジリング』を見た後はすぐに立ち上がれないほど重苦しい気分になりました。
例えば過去に『シンドラーのリスト』を見たときも似たような感想を持ちましたが、まだ未来に向けて明るさがあった、しかし、チェンジリングは救いのない未来しか残りませんでした。
そしてそれが実話だというところがより一層怖かった。

>「ベンジャミン・バトン」を観ましたが、
別の意味で記事にできませんでした。。。。

おほほ・・・coldsweats01
わたしがお口直しに『マンマミーア』を見た、あれね。
ほんと、何が言いたいの?ってことですわ。

ああ、孫権・・・heart02heart02
ずいぶん男らしくなって、きりりとした目つきが、面影が、わたしのハートをがっつりとらえました、らぶ。

投稿: れいち | 2009年4月17日 (金) 18時56分

movieのりりょんさん
なになに?
鼻水がとまったって?
なにか強烈なお薬処方してもらったの?

わたしもきょう急に鼻が通りました。
ひょっとして花粉が全滅したか?

ねっねっheart04
チャン・チェンいいざましょ?
どっちかというとソムチャイ系の人だよね。
香港や中国の俳優のいいとことった!みたいな風貌だよね。
今回役柄もとってもおいしいんですわ。
見に行かれましたらぜひ彼に注目してください。

まあ、金城とトニーは相変わらずかっこよかったけど、金城はパートⅠほど出番はありませんでした。
中村獅堂にいたっては、どうしても出さねばならなかったのか?っていうくらいでした。
あっ、あんまりしゃべっちゃいけませんね。
Ⅰを見てなくても楽しめるかも、です。

投稿: れいち | 2009年4月17日 (金) 19時10分

movieみつこさん
曹操役のおっちゃん好きなんですか~?

曹操はらんらんと野望に燃えるやつですけど、この人にもほろっとさせられる場面があるんです。

この役者さん『覇王別姫』でレスリー・チャンとがっつり組んでた人ですよね?
今回わりと素顔ッぽい老けメイクなんで気付きにくかった。

アンディ・ラウとトニー・レオンなら・・・
わたしはトニーです。
チョウ・ユンファも大好きです。
『王様とわたし』ではもっと恋に落ちろ、落ちまくれ~って応援してましたが、ジョディ・フォスターがわりと王様を寄せ付けないように見えてつまんなかったです。

>ドンゴンさんに堕ちる前の男です・・・
わかりますって、同じ系列の面影ですもの。
親子の役など見てみたいですね。

孔子の役、あらあら楽しみですわheart02

投稿: れいち | 2009年4月17日 (金) 19時31分

またまた、こんばんは。^^;
やっぱり、そうですよね。
『覇王別姫』に出てた人ですよね・・・
(って、私が聞いてる・・・coldsweats01

一時期、ユンファ、レスリー、アンディ、トニー、の映画よく見ました。confident
この四人の後の若いひとは知らないです・・・sweat01
「武林世家」って時代劇ドラマのレスリー・チャン、
どんなに可愛かったか・・・よだれもんでしたよ!happy02

>ジョディ・フォスターがわりと王様を寄せ付けないように見えてつまんなかったです。
そうでしたよね・・・
kissmarkちっすのひとつもするかと思ってたのにね・・・
ハリウッド女優は簡単にさせませんでしたね・・・thinkthink


投稿: みつこ | 2009年4月17日 (金) 21時18分

movieみつこさん
『覇王別姫』では顔塗りたくってましたから~。

みつこさんは映画だけじゃなく、中華圏の歴史ドラマも見ておられるんですね。
わたしも最近の俳優さんはわかりません。
韓流に落ち着く前は中国映画を見てました。
コン・リーなど、うまい女優さんです。
その後、チャン・ツィイーが『初恋の来た道』で衝撃的な可愛さで出てきたまではよかったんですが、やがて映画の作りが派手になりすぎて(CG使いすぎ)離れました。
『グリーンデスティニー』ではチョー・ユンファも竹の上で剣を振り回していましたもんね。

レスリー・チャン・・・
未だに根強い人気ですね。
おもおも・・・
レスリーと曹操は同い年だって・・・
え~~~happy02

投稿: れいち | 2009年4月17日 (金) 22時35分


レッドクリフ
三国志の映画だったんだね。
話題になっていたのに知らんかった。
恥ずかしながら。
TVのパート1を見て初めて知ったよ。

でも、みんな格好良いね。
格好良すぎて想像していた人物とチト違う。
僕の想像していた三国志の登場人物は、もっと厳つく怖い顔ばかり。
イメージ通りだったのは、中村獅堂の顔ぐらいか。

これなら、僕もこの映画の仲間に入れる・・ 訳ないか。
れいちさんが、もし この映画に出演できるとすれば
誰になる?

投稿: ふじ | 2009年4月19日 (日) 00時57分

movieふじさん
歴史とか漢詩の授業で何度か出てきた三国志ですよ。
わたしはアジアも含めて外国モノは人物の名前を覚えるのに四苦八苦するんですが、この映画には主だった人物しか出てきませんから、かる~く見られます。
しかも名前なんか覚える必要まったくありません。

ぜひ見てください。
お嬢ちゃんたちにも勉強になること請け合いです。
大スペクタクル、おもしろいですよ。

わたし?
そりゃ歴史を動かした美女の『小喬』・・・って言いたいところですが、やっぱり『飯炊き婆ぁ』くらいかね、けっbleah
(言われる前に言っておこう・・・)

投稿: れいち | 2009年4月19日 (日) 18時45分

れいちさん、おひさです。^^;
レッドクリフ見てきました。(こそっと・・・)
ほんま、火の海、死体の海でしたね・・・gawk
やっぱり、曹操役のおっちゃん好きやわ~~
なんか、ひとりっぽちみたいで・・・可哀相やった・・・happy02

曹操は悪役にされてるけど、私はけっこう好きです。
「蒼天航路」って、曹操が主役の漫画があるんですが、その曹操はええで~~heart04
色気あって、漫画やけど・・・惚れます・・・lovelylovely


こそっと・・・ってね・・・
私事ですが・・・母が入院してまして・・・
フル装備のチューブも一つ一つ取れて安定しましたので
見に行けました。coldsweats01

昼下がりの至福のコメ入れタイムが、
病院通いとなってしまいましたが・・・
また、隙見つけてお邪魔させていただきます。^^v


投稿: みつこ | 2009年5月 6日 (水) 18時50分

movieみつこさん
看病、お疲れ様です。
わたしにも経験がありますが、入退院とひと口に言いますけど、この入院したり退院したりという時期は一番大変ですよね。
とりあえず送り迎えをしなくてはいけなくて、でもひとりで付き添ったんじゃ手が足りなくて夫婦で仕事の段取り付けて、とアタマの痛いことでした。
みつこさんもご自分を労わりながら、看病なさってくださいね。

さて、やはり曹操がよかったですか。
ほんと、ハダカの王様みたいになってしまいちょっとかわいそうでしたね。
このあと、中国はまた戦乱を繰り返すわけですから、B男くんに言わせると、「曹操がずっと君臨していたほうが丸く収まったんちゃうんか」ということらしいです。

キャストの写真を追加で貼っておきますね。
曹操役のチャン・フォンイーさん、役を離れたら普通のおっちゃんっぽくて、案外いい人なのかも。
立ち姿、スターらしくなくてちょっとぷぷぷwink

投稿: れいち | 2009年5月 6日 (水) 19時30分

れいちさん、ありがとうございます。m(__)m
追加の写真も!^^

>看病、お疲れ様です。。。

B男が4,5日と法事で帰省しました。
(薩摩です・・・^^;)
で、その間、一人では心細いので友人に泊まりに来て貰いました。
一つの部屋に三人で寝て、
プチ修学旅行みたいで楽しかったです・・・
なにやってんだか・・・∠(^^;)sweat01sweat01

投稿: みつこ | 2009年5月 6日 (水) 22時55分

ariesみつこさん
お母さんと並んで一緒に寝てくれるおともだちとプチ修学旅行、いいですね。

うちもこないだ女子組でやって、夜中の2時までトランプ、ウノでした。
わたしが
「おなかが減ったからラーメン食べに行こう」
と娘たちを誘いましたが、
「さすがメタボの考えることは違うなぁ・・・」
とバカにされ却下downでした。

みつこさんのお母さん、早くよくなられてまた安定した日々が訪れ、ゆっくりドラマを見られることをお祈りしています。

投稿: れいち | 2009年5月 7日 (木) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165468/29148662

この記事へのトラックバック一覧です: 『赤壁Ⅱ』は火の海:

« 今年の桜 | トップページ | マイクか補聴器 »