« 明けのご挨拶 | トップページ | 次女イズム »

2009年1月 4日 (日)

金城の『K-20怪人二十面相・伝』

年の暮れも押しに押し詰まった31日の午後、『K-20怪人二十面相・伝』を見てきました。

            002

時は1949年・帝都。富裕層のみをターゲットとし、次々と美術品や骨董品を魔法のような手口で盗んでいく怪人二十面相の出現が世間を騒がせていた。二十の顔を持つ、正体不明の大怪盗・怪人二十面相・・・人は彼を“K-20”と呼ぶ。
主人公は怪人二十面相に騙され、二十面相に仕立て上げられたサーカスの曲芸師・藤堂平吉。類稀なる身体能力と頭脳を武器に、二十面相に狙われた令嬢・羽柴葉子、そしてその婚約者であり名探偵と謳われる明智小五郎とともに二十面相との戦いを決意する。
「二十面相に変装し、二十面相を追いつめる」かくして息をもつかせぬ戦いの火蓋が切って落とされた。繰り広げられる激闘の中、無実の罪を着せられた平吉は、汚名を晴らすことができるのか?

『RED CLIFF』では冷静沈着な諸葛孔明をさらりと演じた金城武が、ここでは結構人間味のあるサーカスの曲芸師平吉を颯爽と、ときにお茶目に、ときに汚れながら好演してました。ちょっと滑舌の悪いあたりも国際的スターの証しみたいで、きゅん♥            わたしはやや色あせた背景のこういう年代モノ(過去、『ALWAYS三丁目の夕日』『メトロに乗って』など)が大好きです。B男くんも平吉の相棒源治を演じる國村隼が住む長屋の部屋の造りがこじんまりしていいと絶賛でした。

こういう映画はラストに「え~っ」というどんでん返しがなくては締まりません。そこはちゃあ~んと念入りに準備されていて後味良好!監督は女性ながら大胆なセットと仕掛けで圧倒されました。

『怪人二十面相』は昭和の中期に江戸川乱歩が書いた小説で、今回の映画の原作は北村想の『怪人二十面相・伝』です。この北村想さんは・・あれ?めっちゃ地元ですやん、しかもうちの家族のひとりの高校の先輩です。

ああ、おもしろかった。                                        我が家の2008年映画鑑賞のトリを飾るにふさわしい、よくできた映画でした。

|

« 明けのご挨拶 | トップページ | 次女イズム »

コメント

reiさん 遅くなりましたが・・・
あけましておめでとうございます。今年もエロしく~

へぇ~~。大晦日に御夫婦で映画!よゆうのよっちゃんやね~
で、大晦日の映画館ってどんなん?混んでるの?ガラすき?

映画自体は観てないので絡めないんだけど・・・
 >わたしはやや色あせた背景のこういう年代モノ(過去、『ALWAYS三丁目の夕日』『メトロに乗って』など)が大好きです。

わたしも好き~~
で、思い出したんですが、お正月に○HK(たぶん)で一挙?放映してた、『阿修羅のごとく』はじめ向田邦子シリーズもそんな感じでしたよね~。
特に、JJ似の小林薫と田中裕子の絡みの回はなんともドキドキで~大好きなドラマでした。
毎年楽しみにしてたのに、いつからヤラなくなったのかなぁ。。


投稿: のりりょん | 2009年1月 4日 (日) 17時57分

私もまだ未見ですが、
面白そうですね。
仲村トオルさんは、超近所の中学と、miyukiの通った県立の女子高の坂ひとつ隔てた隣の高校出身ですだ。(通学時期、当然まったく
かぶってないのが残念なんですが。)
おっちゃん臭くならないところがしゅてき。

向田邦子シリーズ、あれはたぶん、
演出の久世光彦さんも亡くなられて
出来なくなっちゃったんでないかなあ・・・
私もあれ、大好きでした。

投稿: miyuki | 2009年1月 4日 (日) 19時08分

のりりょんさん
こちらこそ今年もエロエロとよろしくお願いします。
明日の仕事始めに備え、お酒は昨日でおしまい、今夜はコーヒーでしっとりとした夜を迎えています。
そちらさぞ賑やかなお正月だったことでしょうね。

大晦日の映画館は・・・
けっこうな入りでしたよ。
一昨年かなぁ、元旦に映画館行ったときも満員でびっくりしました、後で聞いたらファーストデイだって、なるほど。
姑が亡くなってからB男くんのお姉さま方も滅多に来ないし、元旦からゆっくり起きて楽チンなお正月でした。

小林薫と田中裕子の絡みシリーズ、うちでは民放でした
女だらけのドラマで、加藤治子さんも常連でしたね。
『阿修羅のごとく』はわたし映画館で見ました。
なんと言っても大竹しのぶでした。

向田邦子さんって、真面目な顔して『寺内貫太郎一家』も書いてらしたってあたりが素敵だわぁ。
まぁ、わたしも真面目な顔してあんなのやこんなの書くけどね~

投稿: れいち | 2009年1月 4日 (日) 20時28分

miyukiさん
うちら夫婦は、ものごごろつくかつかずで茶の間にテレビがやってきた世代ですので、こういうジャンルが大好きでして、もちろんその時代のドラマ、アニメの主題歌などす~らすらと歌えちまいます。

仲村トオルさん、ご近所なんですか?
(年代的にかぶらないと念押しされるとwikiあたりへプロフィール探しに行ってしまうじゃないですか!?)

最初テレビなどに出てこられたときはセリフを棒読みする感じがあまりうまい演技とは思えませんでしたが、いつの間にかそれがあの方のスタイルになってしまいましたね。
そういえば・・・トークがめちゃおもしろい方で、真面目な顔して話の間をとるのがとてつもなくうまいんですよ。
映画『ロストメモリーズ』の西郷どんと坂本ちゃん、トークに関しては西郷どんを演じたトオルさんが何枚もウワテざんすね、みあねよ

投稿: れいち | 2009年1月 4日 (日) 21時16分

ほほほ・・・・
ウチの坂本・丼兄さんは、
仲村トオル・西郷どんに「ひょん、とよんで
ええですか?」とかゆっちゃったみたいですよ。
可愛いですねえ。
その後、西郷さんで大鐘賞助演男優賞を
日本人として初めて受賞したトオルさんは、
ブラザーフッドの試写会も現地で参加されてたと
記憶しておりますだ。

トーク、面白いですよね。
新たな魅力発見かも~~。

(ロスト・メモリーズ、見たくなりました。じつは初めてソウルに行った時、光化門の李舜臣像見てこの映画のシーンをまず思い出した私。
あの銅像を映画とはいえ秀吉像にすりかえるなんざ、
今思えば大胆すぎる映画でしたよね。)

トオルさんのご両親は今もたぶんご近所さんです。
場所は存じ上げませんが。

かつて隣のK市にあるトイ○らすで、ご夫婦そろって
買い物されてるのに私の友の息子(バイトしてた)が
遭遇、「すんげえ、カッコよかった~!」と
男子高校生、興奮して帰ってきたそうです。

投稿: miyuki | 2009年1月 5日 (月) 11時09分

れいちさん、おめでとうございます(今年2度目?か)
お美しいお顔、ありがとうございました
それにしても良いお写真でした
美的センス!ですね

のりりょんの「向田さん」に反応してしまいました!
大好きでした
あの夏は、ショックで・・・昭和の上品な香りのする人でしたよね・・・

我が娘、この不況のなか就活です
1年早く産んであげれば良かったか?

今年も楽しい話題期待しています

投稿: シン | 2009年1月 5日 (月) 18時32分

miyukiさん
こちら久しぶりの仕事で何だか時差ぼけのような気分、10時ころにお腹が減るわ、4時ころに帰りたくなるわ・・・で困りました。

さてさて・・・
さかもっちゃんにいたく反応していただけて光栄です。
西郷どんとさかもっちゃん、映画の出来はともかく(坂本の怪しすぎる日本語・・)ふたりの共演はそれぞれの俳優としての魅力を引き出すという意味においては相乗効果でしたね。
そうですか・・・
「ひょん、とよんでええですか?」
ですと?
愛い奴よのう
やっぱり“受け身”なのね、こらこら

仲村さんの奥さん、華奢なのに“鷲尾いさ子”って、字づらだけ見たらどんだけいかつい女なんだぁ??って思いますよね。
徹子の部屋だったかで「トオルさんと結婚できてシアワセ・・」みたいに言いながらほろほろと泣いておられましたがな、ああなんてかわゆいぃぃぃ
ドンゴン氏も早うあのような、可愛くて、家をしっかり守り、夫を支える鉄骨娘を娶らねば、どっかにええ人おらんかのう、姐さん

投稿: れいち | 2009年1月 5日 (月) 20時41分

シン姫さま・・・
姫さまの足元には及びませんが、お正月くらい格調高く、今年の年賀状は宮殿の外壁など取り入れてみました。

向田邦子さんお上品で才気あふれる面差しで、ほんと素敵な方でしたね。
プロフィールで亡くなられたときの年齢見て愕然としました。わたしらよりはるかにお姉さまだと思っていたら・・・もmごもごg・・・

お嬢さん、シューカツですか。
最近やっと女子学生にも門戸が広がり、就職状況も明るくなってきてたのに、というより売り手市場気味だったのに、ひどい世の中ですね。
内定者としてシューカツセミナーなどのお手伝いに行ってる娘は、今年の学生さんたちは目つきがド真剣だと言ってます、質問も鋭いとか。
娘と同級生で、浪人や留年をしたために今からシューカツ始める人たちも気の毒なことです。

B男くんが
「お父さんの就職のときはオイルショックでなぁ・・・」
と言い出せば、娘に
「はいはい、10回は聞いた話ですわ」
と言い返されてます。
でもオイルショックは今よりひどかったですよね、なんせトイレの紙がなかったんですから・・・
今でもついつい買いだめるくせが、ひえ~~~

投稿: れいち | 2009年1月 5日 (月) 21時01分

れいちさ~ん!!
背筋と臀筋と大腿筋と上腕筋が、イタイよぅ~ッ
って言う前に、「今年もヨロシクお願いします!!」でしたね・・・

ほんっと、エロエロとヤッてきましたよ~
私、ナンでも、チョコっとつまみ食いがスキなので・・・
新年早々これじゃ、今年も股、動きっぱなしの1年になるのかな~

あっ体重マックスのれいちさん、腹筋、シテますかぁ?

投稿: mojo | 2009年1月 5日 (月) 22時15分

mojoちゃん
おかえり~^^
南国の楽園、男前のインストラクター付き年越しは楽しかったですか?

うちら棒だらや黒豆や煮ながら台所の壁を見ては
「あそこちょこちょこっと拭いたらきれいになるかもしれない・・・」
とか思って、どんどん大掃除のドツボへはまり込んじゃってたのにさ。

>あっ体重マックスのれいちさん・・・
あれ?
見つかったかっ

>腹筋、シテますかぁ?・・・
そ、そんな懐かしい響き、今さらあ~た・・・

投稿: れいち | 2009年1月 5日 (月) 23時34分

おくればせながら、
新年おめでとうございます。

おおっ、帝都を跋扈する怪人二十面相とそれを迎えうつ明智小五郎!!
いいですねぇ、このレトロな感じ。
レッドクリフの諸葛孔明で密かに金城武を気に入ってしまったので、ますます興味があるところです。

正月メタボという言葉があるそうですが、
この何日かで意志の強さもまったくくじけてしまった模様です。
わたしに日常の生活と日常の体重をぉぉぉ~!!

投稿: 湖知流 | 2009年1月 7日 (水) 08時58分

れいちさん、
映画鑑賞で年越し、ぜいたくですね~。大人の休日って感じです。「レッドクリフ」も「K-20」も見たい映画ですが、インフルエンザが流行っている今、受験生の家庭は家族も欲生活でございます こちらで鑑賞日記を拝見して、観たようなつもりになっております

昔テレビのドラマで、明智小五郎とか子供の探偵もの、よくやっていた気がします。江戸川乱歩は私の子供の頃は、読書で一度は通る推理小説ではなかったか

仲村トオル君ね、教育実習に行った学校で、「芸能人にスカウトされた生徒がいる」って、言ってましたっけ。トオル君とはカブッてないですが、miyukiさんとはもしかして同じ電車に乗ってたかも~~~

投稿: 秀子 | 2009年1月 7日 (水) 18時18分

湖知流さん
おめでとうございます。
今年もみなさんをあっと言わせる、もとい!おえっ~と言わせる胸やけネタ、たのんます。
わたしもあとからついていきます
年越しケーキはなかなかいい企画でした。
バタクリ食べて、胸やけ一歩手前でざるそば。
ちょっと胸が空いたところでさっとあぶったエイヒレとワイン。
そしてさっとあぶったカワハギにワイン。
またまたさっとあぶったししゃものみりん干しにワイン。
駄目押しで、残しておいたバタクリのバラ・・・

おえ~~~っ
書いている自分でも胸やけしますわ。

さて、この映画本当におもしろかったです。
昨年、娯楽映画をたくさん見ましたが、これがno.1です。

DVDが出たらモンブラン食べながらぜひご覧ください。

投稿: れいち | 2009年1月 7日 (水) 22時25分

秀子さん
お正月明け早々、B男くんの職場でインフルエンザが伝染してます。
ばい菌くん、うちにお越しになるのも時間の問題かと思われます。
家族は全員予防接種を受けていますが、受けてもかかりました、過去。

昨年はうちもぴりぴりしてましたっけ。
お宅も今しばらく大変気を揉むことになるでしょうが、大学受験は長期戦ですから、家族一丸となって乗り切ってください。

『怪人二十面相』のモトとなった『エミールと少年探偵団』とか『名探偵カッレくん』で少年探偵のとりこになり『やかまし村』シリーズや『長靴下のピッピ』シリーズ、大好きでした。
わたしの妄想癖の基本はここらへんの児童文学です。
ともだちとわいわい遊ぶのも好きでしたが、ひとりでいろいろ妄想するのも大好きな少女でした。

miyukiさんと秀子さんがニアミス?
ああ、世間って狭いわぁ・・・

投稿: れいち | 2009年1月 7日 (水) 22時39分

お正月もすっかり明けてしまった今頃ですが、
明けましておめでとうございます
今年もワクワクするお話、楽しみにさせていただきます。

言い訳ではないのですが、
主人が出社して少しのんびりできると思っていた矢先
久しぶりにダウンしてしまい、
2日間食べられなかったせいで2kgも痩せてしまいました。
インフルエンザでなかったものの、やはり病気は辛いもの
皆様もくれぐれもお気を付けくださいませ。

『レッドクリフ』『K-20』、面白そうですが未見です。
金城くんは実物に会って以来のファンですが、
シリアスもコメディーも両方こなせる素敵な役者さんでは?
若い頃より、今の方がより魅力的だと感じています。
それを言えば、地元(実家の方)が生んだスター、
仲村トオルくんも年々魅力が増している気がします。
(個人的にはドンゴンさんも若い時より最近の方が良い
ドンゴンさんと共演してくれた時も嬉しかったけれど、
最近の活躍にはホクホクしています。
未だ直接会えていないのが残念!

>miyukiさんとはもしかして同じ電車に乗ってたかも~~~

秀子さま、
ふふふ… 実は私もその可能性が…
ホント、世間は狭いですね。

投稿: スワロ | 2009年1月 8日 (木) 09時34分

スワロさん
みんなが正月メタボに陥っているときにあなたひとり痩せていたんですか、ひょえ~~~

んで、なになに?
金城くんのおナマに会ったことがあるんですか?
どこでぇ?
どんなシュチエーションでぇ?

すごいいいですね。
男前ってなもんじゃないざんしょ?
顔小さかった?
手足、長かった?
日本でも韓国でもモデル出身の俳優さんはどこか違うよね。
韓国映画、ドラマにはまった人というのはその前に中華圏を通過している人が多いから、金城ははずせません。
ほんと、いい感じに年を重ねて、いい男になりましたね。
ドンちゃんもそうです、これからどんな風になっていくのかとても楽しみでもあり、がんばれ~~~

そうそう、たしかmiyukiさんと近いのはスワロさんだったなぁ・・・と夕べ思い出してたんです。
以前そちらに大きなショッピングモールができたときにそんなことが話題になったような・・・
(こういうことだけよく覚えている、夕べナニ食べたか忘れたのに)
ではつまり・・・
myukiさん、秀子さんの住まいとスワロさんの実家は同じエリアであるということですね。
なんだか・・・いいなぁ

と、まぁ
こんなゆるゆるな感じで、今年もよろしくお願いします。

投稿: れいち | 2009年1月 8日 (木) 17時54分

ぬふふ・・・呼んだ?(とかなんとか。^^)

実家が至近で、今のお住まいもけっこう近いのは
スワロさん、
その昔通った学校がとっても近くだったのが
秀子さん、であります。
秀子さんのお住まいは関西から見れば同じ関東ですが
あんまりお近くではないかな。
しかし、エリアと時代の共通の話は出来る
不思議な三人、どこかで接近していたかもしれない青春時代。
そう考えると楽しいですよね。

投稿: miyuki | 2009年1月 8日 (木) 19時56分

こんばんは、再び登場です。
れいちさん、どうぞご安心くださいませ。
2kgぐらい痩せても、ほとんどわかりませんから
(…って笑えない!)

以前にも書いたかもしれませんが、現在住んでいるところは
ドラマなどのロケが非常に多い所でして
金城クンもロケで我が家の裏の通りに来ていました。
覚えていますか? 深キョンがHIVになってしまうドラマ。
深キョンの家に訪ねてくるという場面で、スポーツカーに乗って、
そりゃあ、もう後光が射しているのかと思うほど素敵
正直はっきりとは観察できなかったような気がします。
その後ドンゴンさんに会っていなかったら、
あのまま金城クン命になっていたでしょうね。

他にこの近辺で遭遇した俳優さんといえば、
米倉涼子さんはとっても大きい人というイメージ。
SMAPの草彅クンはとっても普通な人(笑)というイメージでした。

有名人も何人か住んでいるのですが、
あのオシム監督も2列離れたところに住んでいました。
急病の時に救急車が呼べなくて大変だったそうですが、
ここは外国人や海外経験者など英語が堪能な人が多いだけに
もう少しご近所と仲良くされていたら…と残念でした。
先日無事に帰国されたとか、安堵しました

>不思議な三人、どこかで接近していたかもしれない青春時代。

miyukiさん、
なんだか涙が出そうなフレーズです。 
ああ、なつかしき青春時代

投稿: スワロ | 2009年1月 8日 (木) 20時40分

miyukiさ~ん
呼んだよ、聞こえましたぁ?

そうなんだ、スワロさんとmiyukiさんは今も昔も近いのね?
年齢も近いのかな・・・
秀子さんは近そうなんだわ

わたしの高校時代は制服を見ただけでどこの高校ってすぐにわかったものですが、今ではたくさん高校ができておまけにちょこちょこ制服が変わり、おまけに制服のないところまであり、おまけにおまけによその学校の制服を着る子、かばんを持つ子など出てきて、もう何が何だかさっぱりわかりません。

女子高生のmiyukiさん、スワロさん、秀子さん・・・
どんなだったんだろ、そのころ出会っていても今のように話せただろうか、などなど考えたら不思議ですね。

ところでお三方は実際のところ出会っているの?

投稿: れいち | 2009年1月 8日 (木) 23時43分

スワロさん
そうでした思い出しました。
お宅は、かのテーマパークの近くなんでした。
きれいな街ですよね。
深キョンが家に帰って来るのを迎える田中好子ママ、覚えていますとも、玄関の風景。
わたしはあのドラマで金城くんの美しさを知ったんでした。

へえ、金城くんやはりいい男でしたか、ああくんくんしたらきっと男前のいい匂いがしたでしょうね。

いいなぁ、有名人とご近所。
『突撃!となりの晩ご飯』な~んて番組で紹介してくれないかなぁ
あと、成城とかね。
こちら時代劇のロケは多いです。
なんと言っても彦根城と琵琶湖です。

そう考えると、ソウルなんて町は芸能人に遭遇する確率がとっても高いエリアですよね。
一ヶ月ほど住んでみたいです、屋根部屋でいいから

投稿: れいち | 2009年1月 9日 (金) 00時02分

れいちさん、
miyukiさんとは、たもあさん時代、関東オフ会と称してお会いしたことがあるんですよ 私の実家が、miyukiさんたちのお住まいの方面なのですよ。

スワロさん
お初にごあいさつ申し上げます。
>ふふふ… 実は私もその可能性が…
そうだったんですね~K駅の朝の改札の混み様ったら、すごかったですね。それともマツキヨの聖地M市かしら…
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 秀子 | 2009年1月 9日 (金) 00時15分

秀子さん
え~~~@@
秀子さんとmiyukiさんはすでに出会っておられるんですか~

ナマmiyukiさんを知っておられるんですね。
miyukiさんもナマ秀子さんを・・・

K駅とかM市とか
ああ、なんという地域限定な・・・
ああ、なんという関東お嬢連合・・・

わたしにもだいたい位置関係がわかってきました。
しかし、東京より北へはあまり行ったことがありません。
みなさんこちらへお越しの節はお気軽に声をかけてくださいませ~

投稿: れいち | 2009年1月 9日 (金) 01時18分

ううっ・・・・
なんか、生miyuki、妙にあちこちで
興味持たれてますかね?はじゅかしい・・・
(ただの膝の痛いおばちゃんですわい。とほほ。)

秀子さんははつらつとお綺麗でありました。
生スワロさんにはまだお目にかかったことが
ないのですが、
きっとやっぱり美しくたおやかな
お方だろうと想像しております。

その昔はみんな
東京近郊片田舎の女子高生でありましたとも。^^
ツイこのあいだのような気がするんですが・・・


投稿: miyuki | 2009年1月 9日 (金) 02時00分

>ああ、なんという関東お嬢連合・・・

こ、これじゃあ、まるで昔のトオル君のお友達!?
それとも、『ひろみとお蝶夫人とお蘭
とか想像なさっています?
どちらにしても、妄想膨らみすぎダス

秀子さん、
こちらこそご挨拶が遅れまして… 
今後とも宜しくお願いいたします
実は私の実家、KでもMでもなく、N市でございます。
TXが通ったおかげで、随分と都会に近くなりました。
miyukiさん宅とはたぶんと~~ってもお近くなのですが
同じ市なのかは未だ解明されておりません。

miyukiさん、
一生お会いできなくなってしまいますので、
プレッシャーもほどほどにお願いいたします

投稿: スワロ | 2009年1月 9日 (金) 23時07分

miyukiさん
謎の女miyuki・・・

幼いころの七五三では“小梅太夫”を髣髴と。
(あっ、最近見かけませんがお元気になさっているんでしょうかねぇ)
この残像がときどきわたしの脳裏に浮かんできて困ったものです、すみません。

それなのに、ああそれなのにそれなのに・・・
>ただの膝の痛いおばちゃんですわい。とほほ
これは湿布臭くってあきません。
もうちょっと夢のある痛さ、例えば
「鎖骨のあたりが時々痛むのよ」
などと言われると、恋に身をやつした女、心の古傷とともに・・・みたいな情緒に浸れますのに。

あほなこと言ってるうちにまたもやちらほら雪が舞いだしました。
この三連休は強烈な寒波とか。
あったかいおこたなどに入って膝をいたわって過ごしてくださいな、ごほごほ・・

投稿: れいち | 2009年1月10日 (土) 17時16分

スワロさん
えへへ・・・
もうインプットされちゃったよ~~~ん
>きっとやっぱり美しくたおやかなお方・・・

縁あって長女が4月から関東お嬢連合のお仲間になります。
なんせ初めて親元を離れます。
東京ではうどんのお汁が濃い色をしている、肉じゃがは豚肉で作る(合ってる?)ってことを知らない娘です。
また教えを乞うアカツキにはよろしくお願いします。

miyukiさんのお住まいがスワロさんと同じ市内かどうかは存じませんが・・・

広いお庭に四季の花が咲き乱れていて、最近タイフーンで倒れた木を処分するときに神主さんにお払いしていただいたおうちです。
(ほらまた、こういうことだけ覚えているんですわ、ごほごほ・・)

投稿: れいち | 2009年1月10日 (土) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金城の『K-20怪人二十面相・伝』:

« 明けのご挨拶 | トップページ | 次女イズム »