« ちょっとした悲劇の餃子 | トップページ | 小ネタ集 [3] »

2008年11月 5日 (水)

まだまだ続きます・・・

前回の記事で

>彦根まで戻ってお茶しているときに、餃子を取りにお店へ寄るのを忘れたことに気付いた・・・

と書いたとおり、彦根でおいしいケーキを食べるのもこの日の楽しみのひとつでした。                                                               彦根城のお濠のほとり、周囲の景観に溶け込むすっきりとしたデザインの外観は、フランス人パティシェが作る繊細なケーキが自慢の『Pomme d'Amour (ポム・ダムール)』です。

       Dsc00380

わたしはチョコレートのケーキ“オペラ”                               チョコはお口に入れるととろ~んと溶けて、しっとりめのスポンジからは洋酒のほのかな香り、全体的には濃厚な味わいでした。

         Dsc00379          

Bちゃんは“ミルフィーユ”です。                                      大好きなカスタードクリームはとろんとろんの仕上がり、とてもおいしいと申しておりました。

         Dsc00378

実は・・・わたしたちはここへ来る前、長浜を散策しているときに見つけたお店で、すでに予定外のティータイムを終えていたのですが、それは昼食後のデザートと位置づけることにしました。

昼食(ホワイト餃子)後のデザートは『カフェ叶匠寿庵』、旧家をそのまま利用した店舗です。      

わたしは“森の華やぎ”というモンブラン。                              マロンクリームから漂う和栗の香りはとっても香ばしく、トップにちょこんと乗っかった栗の甘煮は、お口に入れると栗のうまみを含んだシロップがじゅわ~っと広がる極上の逸品でした。

           Dsc00373

Bちゃんはあんみつ。                                         ほうじ茶で作った寒天とあんことの相性がばっちりでした。

         Dsc00369         

黒が基調の落ち着いた店内からは、敢えて手の加えていない土蔵や井戸がある中庭が見えます。メニューはもちろん和風で、店内のディスプレイから食器、窓の外まで“和”にこだわったお店です。

      Dsc00368

わたしもBちゃんも同じ年に女の子を産んでいて、今年上の娘たちは大学を卒業、下の娘も大学生になって、こどもたちにかかる手間はいっときに比べたら微々たるものになりました。こうやっておいしいものを楽しむ余裕ができたことがとても嬉しい今日このごろです。

              《おまけ》

先日、我が家の愚犬“まろん”が9歳の誕生日を迎え、B男くんがいきなりケーキを買ってきました。

「プレートのお名前はいかがいたしましょう」                           「まろん・・・でお願いします」                                     「まろんさま、それはひらがなですか?カタカナですか?」                           「ひらがなです」                                            「ろうそくは何本おつけいたしましょうか」                                 「9本つけてください」                                         「はい、かしこまりました」

・・・めっちゃ恥ずかしかった・・・                                   そんなこんなで、いったい誰のためのケーキかわからないケーキはこちらです。 

         Photo

                                                  

|

« ちょっとした悲劇の餃子 | トップページ | 小ネタ集 [3] »

コメント

まろんクン、おめでとうございま~すbirthday
んでも、このケーキは、誰のため?まろんクンにはナイの?coldsweats01
ウチのセナは、いつも犬用のcakeを買ってもらいますが、
あっという間に、顔中をクリームだらけにして、食べちゃいマスdog

で、れいちさん、Bさん・・・食べすぎですよ~んsmile

投稿: mojo | 2008年11月 5日 (水) 23時38分

ふじ

おぉ、お洒落で美味しそうなケーキがいっぱい。
でも、バタクリが好きな れいちさん には
少し似あわへんと感じるのは 気のせいか?

投稿: ふじ | 2008年11月 6日 (木) 04時05分

ポム・ダムールのケーキ、おいしいよねぇ。
フランス仕込みというだけあって、
あっさり好みの日本人向けっていうより、
がツンの濃厚なところがよいのですわ^^
既に、モンプラン、チーズケーキ、オペラはチェック済み。
次はミルフィーユ、いってみます。

叶匠壽庵のカフェの場所、
昔はおもちゃ屋さんだったんだけどなあ。
あれで、どんな風におもちゃ屋だったのか、
今となっては謎だよ。
奥の蔵とか、ああなってたんだなあ・・・。

最後になりましたが、
マロンさん、お誕生日おめでとう。
君はとても他人とは思えないぞよ。
ケーキ、君だって食べたいよなあ・・
ていうか、お誕生日なんだから別のモンにしてくれって、
松坂牛とか・・

投稿: 湖知流 | 2008年11月 6日 (木) 10時53分

dogまろんちゃん、お誕生日おめでとう!
ケーキ、ガン見してますが、
ちゃんとなにかご馳走もらったかな?
プレゼントは?
ケーキのダシにされるのはいやよねえ~。(笑)

さてさて、れいちさん、甘いもの三昧ではありませんか。
代謝の低くなったカラダがお互いうらめしいですなあ。
流行のヨガでも・・・とか思っても
そもそも腕があがらない、伸びない。うううう~~・・・(呻き声)

土蔵の扉、ええですねえ。
この年になって、和の古い建物いいなあ・・・と
さらに認識新たにしてますが、
住むのは覚悟もお金もいりそうですよね。
こちらでも田舎道走ってて戦前からと思しき
昔の日本家屋見ることがありますが
鬱蒼と伸び放題になった木や草に埋もれて(柿の木に
実が残ってたりするとしゅてき。)
雨どいなどは曲がって落ちそうになって、
軒下にらくだの股引なんか揺れて
ああ、年寄りが住んでるんだな・・・
なんてのが分かると運転中に一瞬遠い目になります。

子供のころはうちの亡き祖父母の家はじめ、
まだまだいっぱいあったんだよなあ、こんな家。crying

話題、ズレてごめんなさい~。

投稿: miyuki | 2008年11月 6日 (木) 13時11分

cakemojo嬢
へへへ・・・
食べすぎはもとより覚悟の上のケーキ三昧ざんす。
秋には秋にしか食べられないケーキと言うものがあり(春にも夏にもそして冬にもそれぞれ季節感たっぷりのケーキがあるが・・・)呼んでいるんですよ、誘うんですよsmile

まろんはスペシャルなソフトタイプのレトルトご飯のあとでちょこっとだけケーキをもらいました。

>セナは、いつも犬用のを買ってもらいますが・・・
うわぁ・・・色とりどりにデコレーションされた、目にもおいしそうなアレですね?
うちのまろんはごちそうを目の前にすると、どこで食べようかとくわえてうろうろするので(お犬様用カップアイスのときにそうだった)ケーキはご法度です。
アイスは甘くありませんでした、ちょっと舐めてみたらミルクの味がしました。
遠く離れたママを思い出すと言って食べてました。

投稿: れいち | 2008年11月 6日 (木) 19時12分

cakeふじさん
おっと・・・わたしはどうせバタクリ大好きなバタ臭い女だす。

バタクリ出してくれるカフェがあったら通います、通いつめます。見つけたらぜひ教えてください。(彦根のキャッスルロードにある三㊥井あたりにありそうだが・・・)

ポム・ダムールはお食事もできます。
そのあとぶらぶら歩いてfoot キャッスルロードでお店を見て回るのもいとお菓子、もとい!いとおかし。
女の子の好きな小物を置いてるお店、うちの下の娘が大好きです。お嬢さんと一緒にいかが?

そうそう、ひとつ言い忘れたことが・・・
ポム・ダムールの目と鼻の先に、例の“た○や”のカフェがあります。
どっちがどうとは言いませんが、ポム・ダムール、かなり健闘していますcafe

投稿: れいち | 2008年11月 6日 (木) 19時22分

cake湖知流さん
ひとつ言い忘れてましたが、ホワイト餃子のお店を探してて見つけましたよ、エベーヌさん。すぐ隣だったんですね。
ホワイト餃子を食べてエベーヌでお土産にケーキを買ってるんるんおうちに帰ろう・・・
(貯めたポイントシール使ったらなお安上がり)
前回の口コミで登場した30代頭脳系男子曰く・・・
『えっ?ほんまに行ったんですか?ホワイト餃子を食べに?暫まで食べた?うわ~~~』
最後の“うわ~~~”がナニを意味するのかは聞きませんでした。
そう言っておきながら、今度実家へ帰ったときに奥さん連れて食べに行くにちげえねぇ、そんな表情でした。

ああ、そうだわ。
がつんと来るんです、ポム・ダムールのケーキ。だから好きなのかもlovely
わたしも以前にモンブランとチーズケーキはお試し済みです。
チーズケーキはしっかりチーズですよねぇ。
(最近小さくなったというウワサ・・・)

この日は平日にもかかわらず満席でした。
ご近所のた○やさんの方の入りが気にかかりましたが、大きなお世話ですね、はい。

叶さんは、立ち寄る予定じゃなかったんです。でもお店の前を通りかかったらす~っと吸い込まれました。
夏だったら汗が引きそうな・・・薄暗い蔵の中のような店内、おばあちゃんちのようで素敵です。
おもちゃ屋さん・・・それもまた趣きあっていとお菓子、もとい!いとおかし。
もぅちょっとケーキの種類増やして欲しいですよね。

投稿: れいち | 2008年11月 6日 (木) 19時39分

cakemiyukiさん

古民家・・・
柿の木は欠かせませんねぇ。
これからの季節は軒下に干し柿なんぞ吊るしてあったらなおよろし、あのよろし。
あと、縁側突き当りの便所周辺にはいちじくと山茶花、中庭ではゴザ敷いて豆など干してあったら完璧です。

たまたまその民家が通り沿いで目立つところに建つならば・・・
土壁には着流しの水原弘がキンチョール持ってニヒルに微笑む看板と(対で由美かおるバージョンもあれば感激)松山容子のボンカレーの看板でっしゃろ。

こちらこそ話題がずれまくってごめんなさいましo(_ _)oペコッ

さぁ、腹筋やろうっとdash

投稿: れいち | 2008年11月 6日 (木) 19時52分

まろんちゃん、お誕生日おめでとうございま~すbirthday
かわいいですねぇlovely

れいちさん、めっちゃおいしそうなケーキですやん!!
ミルフィーユが食べたいです~happy02
デザートは別腹ですよね(なんて言うから、あとであわわわ)

投稿: みゆっち | 2008年11月 7日 (金) 23時15分

れいちさんは、いいなぁsign04
ケーキbirthdaycafe食べに行ってくれる友達や娘がいて。

今や、同年代の友はカロリーを気にし、夫&娘までも「お母さん、それ食べるとpigになるよ」と、のたもうておる。

そちらは、ゆったりした素敵なお店が多くて、長居しそうですね。

投稿: 秀子 | 2008年11月 8日 (土) 01時01分

cakeみゆっちさん
夏場は手が出ないケーキですが(おいおいpaper 充分出てるやろってか?)秋風とともに栗やチョコの便りが聞こえてきて節操なくなります。

お店の雰囲気も大事、そしてお茶との相性を考えながらケーキを選ぶのは楽しいですね。
最近芸術作品的なケーキが多くて見た目感動の嵐ですが、チョコやチーズの本来の味を生かしたシンプルなものが大好きです。

このまろん・・・
「ほれ、ろうそく吹き消してみな!」
って言われて困惑しているところです。

投稿: れいち | 2008年11月 8日 (土) 02時17分

cake秀子さん
う~ん・・・どうしても和菓子より洋菓子の方がカロリー高いですね。しかし食べたいものを我慢すると精神衛生上よくないと思いますよ、たまにはひとりでゆっくりとケーキをいただくのもよろしいじゃございません?

長女はケーキが大好きですが、次女はケーキがあまり好きではありません。どうもヤツは呑んべえのようです。

ああこんな丑三つ時だというのに無性に甘いものが食べたくなってきました、こりゃあかん、はょ寝ようっと。
あっflair
今日は職場のかしまし娘の飲み会でして、小料理屋を出た後喋り足らずに、喫茶店でパフェ食べたんだった・・・。
なんか血液どろどろと渦を巻いている気がするわhappy02

投稿: れいち | 2008年11月 8日 (土) 02時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165468/24982731

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ続きます・・・:

« ちょっとした悲劇の餃子 | トップページ | 小ネタ集 [3] »